借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】●●●●●●●●●のダイレクトと●●●●●●●●●●のミラーを比較してみる

●●●●●●●●●●「Harvest 101」の「ダイレクトファンド」と、●●●●●●●●●●「Premier」の「ミラーファンド」を比較してみました。流石は香港の金融と保険の資格を持っている社長さんです。かなり難しいこの部分の比較を、分かりやすく教えてくれました。

お陰様で僕も、このように詳細に至るまで語れるようになってしまいました。

1

「ダイレクトファンド」と「ミラーファンド」について優越を比べてみる

●●●●●●●●●「Harvest 101」と●●●●●●●●●●「Premier」の2つの代表的なオフショア積立ファンドは、機関投資家向けのものを含めた、有名なファンドの中から、特定のファンドを複数選択して運用していくものですが、そのファンドの形態は「ダイレクトファンド」と「ミラーファンド」に分かれます。

●●●●●●●●●「Harvest 101」は「ダイレクトファンド」を採用していて、●●●●●●●●●●「Premier」は「ミラーファンド」を採用しています。

●●●●●●●●●「Harvest 101」で採用している「ダイレクトファンド」は既成のファンドに直接投資をするものです。デメリットは実際の売り買いを伴うのでスイッチングには3~4日の時間がかかります。一方、ファンドそれぞれの手数料がはっきりしている部分がメリットです。

●●●●●●●●●●「Premier」で採用している「ミラーファンド」はフレンズプロビデント社内で、既成のファンドのコピーを作って、そのファンドと同じ運用をするものです。全て社内で処理ができてしまうのでスイッチングが即日で可能なところがメリットです。けれども、コストが全て内包されてしまっている。言うならば、フレンズ社内のブラックボックスに入っているので実際にどの位の手数料を取っているのか外部から知ることは不可能です。

さらに、「ミラーファンド」は所詮コピーなので、銘柄の入れ替える等のファンドマネージメントのタイミングは必ず遅れます。つまり、この部分では「ダイレクトファンド」以上のパフォーマンスを出せない部分がデメリットです。

●●●●●●●●●と●●●●●●●●●●の籍を比べてみる

「Harvest 101」を提供している●●●●●●●●●社は香港籍、「Premier」を提供している●●●●●●●●●●社はマン島籍です。

すなわち、●●●●●●●●●●社はマン島の投資家保護法令で規定されていますので会社が破綻した際の運用資産の最大90%保証がありますが、●●●●●●●●●にはそれがありません。

ただし、会社の健全性部分。会社の規模、預かり資産、格付けの部分を確認すると、全ての部分に対して●●●●●●●●●社が●●●●●●●●●●社に勝っている形になります。

死亡保障に関しては●●●●●●●●●「Harvest 101」も、●●●●●●●●●●「Premier」も、運用資産の101%に当たる死亡保障があります。

●●●●●●●●●なのか?●●●●●●●●●●なのか?上記の籍と健全性を確認した上で、自己リスクに基いて、選択する形になりますね。僕は●●●●●●●●●の方が運用額が大きい時のメリットが大きいので、●●●●●●●●●に積み立てる金額規模の方が結果として大きいです。

「Harvest 101」と「Premier」プランの設定通貨を挙げてみる

●●●●●●●●●「Harvest 101」の方は、香港ドル、米ドル、ユーロ、ポンド、日本円の中から選択できます。

そして●●●●●●●●●●「Premier」の方は、香港ドル、米ドル、ユーロ、ポンドの中から選択できます。

僕は香港ドルでの収入を再投資している形になっていますので、●●●●●●●●●「Harvest 101」と●●●●●●●●●●「Premier」共に、香港ドルで設定しています。

●●●●●●●●●●の「Premier」が2012年8月10日を持って、日本居住者の方が申込できなくなりました。(海外居住者の方は引き続き大丈夫ですし、既に申込されている方はプランの変更など含めて大丈夫ということです。)

これに伴い、これまで●●●●●●●●●●「Premier」の誘導・勧誘を熱心にして、商売していたWEB系ブローカーたちが一斉に、「●●●●●●●●●の方が良い」と言い始めているとの、僕が抱えるWEBマーケットリサーチ部隊から報告があがって来ています。

あたかも以前から●●●●●●●●●派だったようなことを、急に語り出したWEB系ブローカーたちもいるとのことです。(2012年8月以前に●●●●●●●●●●の記事数が多いのに、以降に急に●●●●●●●●●を急転換で語りだしている方々はアウトです。)

こういう話をコロコロ変えてしまう方々は、もしくはうまくごまかして話をずらすような方々は、信用してはなりませんね。

彼らの大多数は、香港の金融と保険の免許も持っていなかったり、さらには日本居住者であったりと、違法業者ですので、本当に気をつけて下さい。

25年間など長期でお付き合いしていくのが、オフショア積立ファンド、しっかりとした、香港での金融と保険の免許を持っていて、香港に永住している業者さんを通して、参加するべき案件ですからね。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】なぜ香港では毎年沢山の大富豪が誕生してしまうのか?真相が解明された

「時間を味方につける」長期積立投資の活用次第では、どこの国を見ていくべきなのか? 僕たち日本人にとって、最も活用しやすい国とは

【斬】オフショア積立ファンド特有の複利効果を検証してみる

僕の場合は、●●●●●●●●●や●●●●●●●●●●に参加していいるオフショア積立ファンドですが、このオフショア積立ファンドの

【斬】公的年金について改めて考えなおしてみた

オフショア積立ファンドは公的年金の変わりにやってしまっている。これが正直なところです。元々のきっかけは2003年から正式に海外

【斬】あなたが香港を活用して資産増を謳歌する唯一無二の具体策

「時間を味方につける」長期積立型の投資を、香港の制度を活用して、僕たちの人生を謳歌する具体的な方法。 もしもあなたが日本居住者



dept