借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > 動画平城寿@SOHO『影響力の帝王学』

【帝】ブロガーとして稼ぐために「WEBデザイナー」になる必要は無い

level006
【帝】ブロガーとして稼ぐために「WEBデザイナー」になる必要は無い

「私はパソコンとWEBは苦手です。こんな何にも分からない状態では、ブロガー活動はできないのでは?と、あきらめかけてしまっています。」

もしもそういう状態に陥り、独り悩んでしまっているとしたら・・・。一度、これから僕がお話することを聴いて頂きたい。

まずは、パソコンやWEBが出来ないとブロガーとして稼げないのか?パソコンやWEBが得意ならブロガーとして稼げるのか?この部分からお話をさせて頂きたい。

まずはパソコンとWEBのスペシャリスト「WEBデザイナー」について。

巷で人気のWEB系の資格と言えば、筆頭に「WEBデザイナー」が挙げられる。「WEBデザイナー」とは、その名の通りホームページを作る仕事。ユーザーの興味を引く企画づくり、魅力的なデザインのためのフォントや色の使い方。画像やアイコンの配置、使いやすさなどを考えながら、ホームページを作る仕事。

「WEBデザイナー」になるためには・・・HTMLやCSSなど、コーディングに必要な知識。サイトのデザインに欠かせない、画像制作・加工に主に使用されるPhotoshopやIllustrator。ホームページのコーディングに使用するDreamweaver。サイトのコンセプトやイメージを、よりわかりやすく伝える手段のFlashなどのソフトを、使いこなすスキルを修得する必要がある。

パソコンとネット環境さえあれば、在宅でもできる仕事ということで。さらには、多くの企業に必要とされるということで、「WEBデザイナー」は今、非常に人気な資格のひとつなのである。

では、「WEBデザイナー」の資格を取得するにはどうすれば良いのだろうか?資格取得までには、どの位のお金が必要になってくるのだろうか?

そして、パソコンとWEBのスペシャリスト「WEBデザイナー」になれば、稼げるようになれるのか?

国家検定ウェブデザイン技能検定

知っていただろうか?「WEBデザイナー」には、「国家検定ウェブデザイン技能検定」というものがある。

『国家検定ウェブデザイン技能検定』

<ウェブデザイン技能検定1級>
・受験資格:
 -7年以上の実務経験を有する者
 -職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、
 各種学校卒業又は普通職業訓練修了後、5年以上の実務経験を有する者
 -大学卒業後、3年以上の実務経験を有する者
 -高度職業訓練修了後、1年以上の実務経験を有する者
 -2級の技能検定に合格した者であって、
 その後2年以上の実務経験を有する者
 
・試験内容:学科90分、実技180分、ペーパー実技60分
 
・受験料:学科7,000円、実技25,000円、合計32,000円
 
・合格率:約10%
 
 
<ウェブデザイン技能検定2級>
 
・受験資格:
 -2年以上の実務経験を有する者
 -職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、
 各種学校卒業又は普通職業訓練修了した者
 -大学を卒業した者
 -高度職業訓練を修了した者
 -3級の技能検定に合格した者
 
・試験内容:学科60分、実技120分
 
・受験料:学科6,000円、実技12,500円、合計18,500円
 
・合格率:約40%
 
 
<ウェブデザイン技能検定3級>
 
・受験資格:
 -ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者
 及び従事しようとしている者
 
・試験内容:学科45分、実技60分
 
・受験料:学科5,000円、実技5,000円、合計10,000円

・合格率:約65%

・・・以上、「WEBデザイナー」としての資格、「ウェブデザイン技能検定」の詳細。

ご覧いただくと想像できるように、「ウェブデザイン技能検定」に合格し、巷で言う正式な「WEBデザイナー」になるためには、かなりの難易度の高さの検定をクリアする必要がある。第一級検定ともなれば、合格率はたったの10%・・・。10回検定を受けて、ようやく受かるかどうかの合格率。

7年以上の書面上で証明できる正式な実務経験に加えて、受験のチャンスは年間1回のみ。

確率論で考えると・・・1級試験までは順当に行ったとしても、1級試験の合格までに10回の試験、10年間の時間。さらに、検定料だけで32万円のコストがかかってしまう計算になる。。

「WEBデザイナー」の聴こえ的にはチョロそうに感じてしまうが、実体はかなりハードな資格である。

ちなみに、「WEBデザイナー」の資格を、最短の年数で取得しようと考えた場合、真っ先に頭に浮かんでくるのが「WEBデザイナー」の資格の取り方を教えてくれる専門学校に通うと言う方法である。

WEBデザイナー専門学校

「WEBデザイナー」をうたっている専門学校も巷には沢山ある。彼ら「WEBデザイナー」専門学校のウリ文句は・・・WEB業界は重要な宣伝媒体として広がり続けている。

インターネット広告費は、ここ10年間で約800億円から約8,000億円へと10倍もの伸びをみせている。

情報サービス業界の求人も増加の一途をたどっている。今WEB業界で求められる人材は「WEBデザイナー」だ。

業界は慢性的に人手不足状態だから、「WEBデザイナー」になれば、そういったニーズに応えられるようになる・・・とのことだ。

なるほど、もっともだ。

で、そんな巷の「WEBデザイナー」専門学校の受講費用を、確認してみると・・・。

(※各受講費用はあくまでも、単位を一つも落とさなかった場合とのこと。。)

『Nキャリアセンター』
・デザイナーコース:379,500円より
 
『Rアカデミー』
・スタンダードコースWebデザイナー:312,900円より
・スタンダードコースiPhoneサイトデザイナー:501,900円より
 
『Wスクール』
・グラフィックデザイナーコース:427,400円より
 
『Dハリウッド』
・Webデザイナー通信講座:338,000円
 
『Bライブアカデミー』
・ビジュアルデザイン専攻:1,550,000円
・Web・グラフィックデザイナー専攻:1,550,000円
・ビジュアルデザイナー専攻:1,300,000円
 
『Tデザインプレックス研究所』
・WEBクリエイティブコース:483,000円より

・・・これらの受講費用は、表向きに公開されている価格で、実際にどの位にかかるのかは不明であるが。。。必要最低限、奇跡的に単位を一つも落とさずに、全て最短でクリアできれば、この位の受講費用をかけることで、巷で認められる「WEBデザイナー」に、なれるということなのだろうか?

そして「WEBデザイナー」として、仕事に励むことができるのだろうか?

ちなみに、この道の専門家である、平城寿@SOHOに聴いたところ、

平城寿@SOHO:「あー、それは魅せ用の価格ですね。「WEBデザイナー」の資格を取るのに、普通に”年間当たり”60万円から100万円かかりますよ。そして普通、一年間では全てを修得させてくれません。笑」

とのことだった・・・。まあ、これはどんな資格&専門学校に関しても、同じ傾向があり、今更驚くべきことでは無いのだが。。。

「WEBデザイナー」たちの悲惨な現状

ちなみに、平城寿@SOHOや僕は知っている。世の中の大部分の「WEBデザイナー」は稼げないことを。。。

「WEBデザイナー」としてのスキルや資格を取得するために、100万円、200万円・・・沢山のお金や何年間もの時間を費やして。。3級、2級、1級・・・難しい検定に合格できたとしても、稼げるかどうかはイコールにはならないのだ。

確かに「ウェブデザイン技能検定」の1級や2級に合格すれば、「WEBデザイナー」として、企業に「就職」できる確率は抜群に上がると思う。

彼ら「WEBデザイナー」専門学校が言うように、サラリーマンとして会社に雇われる形としては、沢山のチャンスがあると思う。

けれども、会社に雇ってもらえる確率が上がることと、自分で稼げるようになれることは、イコールにならない。

「WEBデザイナー」=「自分の力で稼げる」とは、ならないのだ。

平城寿@SOHOや僕は知っている。「自宅で起業」のスタイルに憧れて、「WEBデザイナー」として独立起業してしまった方々の、大多数が、稼げないで悩んでしまっている。

現役サラリーマン時代の給料維持どころか、生活することがすれすれの状態になってしまっていることを。。

「WEBデザイナー」としての知識・スキルは、いざ自分で稼ごうとした時に、あまりにも多くのものが欠如し過ぎてしまっているのだ。

なぜ、こういう真実の情報を公開しているのか?

ブロガーとして稼ぎたい。ブロガーとして活動を始めるにあたり、パソコンやWEBのスキル自体を上げようとする道を、絶対に歩んで欲しくないからだ。

これから先、いくら濃密に、パソコンやWEBのスキルを鍛え上げたところで、それはブロガーとして稼げるようになることにはならないからだ。

むしろブロガーとして稼ぐためには、「WEBデザイナー」に必要とされるような、知識やスキルは殆ど要らないのだから。

たとえば、WEBエンジニアとして、ずっと仕事をしてきた平城寿@SOHOの場合、「WEBデザイナー」としての知識やスキルは高いレベルであるが。僕、真田孔明の場合なんかは、そんな知識やスキルなど皆無に等しい。

確かに、写真と文章に、背景一色だけのWEBページだったら、僕にもアップすることができそうだ。けれども、基本僕はほとんどノータッチだ。

外注・・・それこそ、「WEBデザイナー」に発注すれば、数万円という格安の値段で、素晴らしいWEBサイトを構築することはできるし、WEBサイトへのページ更新や、ブログ更新なんかは、外注さんが一投稿当たり50円から100円でやってくれる。自分でやる必要など一切無いのだ。

だから僕の場合、ブロガーとしての活動は、MacBook Airの基本的なアプリしか使わない。ブログ記事を書く時、メルマガを書く時、文字数をカウントできるメモ帳アプリ「CotEditor」。

写真を取り込んで、黒い目線を入れたりするだけの基本アプリ「iPhoto」。写真サイズ変更するためのアプリ「Th-MakerX」。

執筆したブログやメルマガの文章を、サーバー世界にアップしてくれる、外注さんにメール送付するためのメールアプリ「Mail」。

たったのこれだけしか使っていないのだ。

でも、これを使うだけで、ブロガーとしても成型を立てることができている。これが証拠だ。

「WEBデザイナー」が持っているような、スキルや知識、資格なんかが無くてもブロガーとして稼げるということ。「WEBデザイナー」が目指す道は、歩む必要が無いこと。僕たちの実例からも、それが真実の言霊(ことば)であることを感じて頂けると思う。

スキルではなく稼ぎ方を教える『平城式Facebook2.0』

あらかじめ、ハッキリと言っておこう。今回平城寿@SOHOが公開する『平城式Facebook2.0』を学んでも、国家検定「ウェブデザイン技能検定」の一級や二級を取得することはできない。

「WEBデザイナー」専門学校のように、パソコンやWEBのスキルや知識を極めたりすることはできない。

けれども、そんな資格を持たなくても、パソコンやWEBのスキルや知識を極めなくても、ブロガーとしてパソコンやWEBを使いこなすことで、最も効率的に稼ぐ手法なら身につけることができる。

『平城式Facebook2.0』は、言わば、「稼ぐことに特化した」専門学校とも言える。サラリーマン時代の給料超えレベルは当然のこと。億超えレベルのビジネスを構築したり、永続的に継続できるビジネスを構築したり、その先の道も歩んで行く事ができる、レベルの頂まで到達するための、叡智が凝縮されている。

時間と場所に囚われないための活動環境を整備。世界中を旅しながら、いつでも好きな時に、しかも格好良くクールに、ブロガー活動を行うために必要なこと。

3種の神器(MacBook、iPad、iPhone)を、効率的に効果的に使いこなし、ブロガーとして最高の結果を残すための実践型のWEB講座である。

この中で、最低限必要な知識だけを修得すれば良い。資格を取得したり、専門学校に行ったりして、「WEBデザイナー」としてのスキルや能力を鍛え上げる必要は一切ない。

平城寿@SOHOが、懇親の力を込めて、公開するのが『平城式Facebook2.0』。先行情報入手フオームが公開されたこと、連絡させて頂く。

『平城式Facebook2.0』先行情報入手フォーム
http://hirajoshiki.com/koumei-m


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
平城寿@SOHOの「ワン・トゥー・ワン」へのこだわり

平城寿@SOHOの「ワン・トゥー・ワン」へのこだわり

平城寿@SOHOが主催する、「神ブロガー」養成所、『平城式Facebook2.0』のメンバーたちが東京某所の会議室に集結した。

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「離婚届」にハンコを押す瞬間スローモーションになる現象

「離婚届」にハンコを押す瞬間スローモーションになる現象

役場の戸籍課に赴く、妻と夫。離婚届出用紙に、捺印をする瞬間、それぞれの反応は、全く違うものになるという。    離婚届にハンコ

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】『命運の成幸フォト撮影会』ステップ2:「成幸フォト撮影」 @リッツ・カールトン・シンガポール

【帝】『命運の成幸フォト撮影会』ステップ2:「成幸フォト撮影」 @リッツ・カールトン・シンガポール

算出した「門」に基づき「魔法のノマドカメラ」で「成幸フォト」を撮影。 「門」を算出した後、生まれながらの囚われに基づいた、写真

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「カチンコチン」と「男女陰陽太極図」にまつわる秘密のお話

「カチンコチン」と「男女陰陽太極図」にまつわる秘密のお話

「男女陰陽太極図」に基づいた秘密のお話 平城寿@SOHOが月官門立門特級、僕が月財門、人によって門が違うと、時空が違うかの如く



dept