借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 物販大富豪直伝の戦略術(全30話)

【帝】日本の本当の王様である日本銀行の秘め持つ本当の力

level001

僕たちの生まれ育った日本では、中央銀行がどうやって誕生したのか?

今日のお話は、日本におけるお金の歴史である。

日本では中央銀行という考えが、明治時代に日本政府の手によって持ち込まれた。

中央銀行は日本政府の銀行として誕生したのである。

ここが中世ヨーロッパの中央銀行の成り立ちと、まったく異なる点。

ところが1998年、橋本政権下で制定された「日銀法改正」によって、中央銀行である日本銀行が日本政府から独立してしまった。

以降、日本銀行は民間の銀行になったのだ。

この瞬間、日本政府はもう力を失った。

逆に日本銀行が、日本の経済のすべてを操れるようになった。

バブルを起こすのも、起こさないのも日本銀行次第。

どうして日本銀行が、日本政府から独立してしまったのか?

この裏に隠されたエピソードを説明しよう。

日本の中央銀行が政府から独立した日

1970年代から1990年代まで、日本では高度成長期のバブルが起きた。

ご存知の通り、バブルはその後はじけ飛ぶように崩壊した。

この時に日本銀行は、「中央銀行である日本銀行が、金融政策を打てなかったから、バブルの崩壊を見過ごすしかなかった。日本銀行が金融政策を打てなかったのは、大蔵省が日本銀行を管理していたからだ!だから、アメリカとかヨーロッパなど先進国のように、日本も中央銀行である日本銀行を、政府と切り離して独立すべきだ!」という大義名分を打ち出したのだ。

結果的にそれが見事に通り、1998年の橋本内閣の時に「日銀法改正」によって、日本銀行は日本政府から独立をしてしまったのだ。

けれども、これは表向きの歴史。真実のストーリーは、実は別のところにあった。

日本銀行が行った非公式の金融政策

実は1970年代から1990年代までの高度成長バブルの時、日本銀行は非公式の金融政策を行っていた。

表に出てこない、ニュースにも取り上げられない非公式の金融政策。

日本銀行が使った非公式の金融政策・・・それは、「窓口指導」といわれるもの。

1970年代から1990年代の、不動産を中心とした鬼のバブルをつくり上げた原動力だ。

では「窓口指導」とはどんなことなのか?

それは、日本銀行がお金を貸し出す先、お金を創造する対象を、完全にコントロールすることだ。

日本銀行が民間銀行に対して、貸し出し先の業界を具体的に指定する指導をしたのである。

その相手先が、不動産業界だったわけだ。

日本銀行が、民間銀行に対して、「不動産を買おうとしている人たちには、お金をめいっぱい貸し出しなさい!」という命令を下したのだ。

必ず使わなければならない、銀行が創造した利息つきのお金が不動産業界に流れた。

すると、不動産業界にバブルが起こる。

銀行から簡単に融資を受けることができ、不動産を購入できるということで、銀行からの信用・信頼を持っている人たちが、こぞって銀行から融資を受け、不動産を買いまくった。

みんな欲しがる、土地や家、マンション。

「融資してあげますよ。必要なお金の90%、いや、100%融資しますよ!だから不動産を買いましょう!」

銀行からこんなラッキーなことを言われたら、とにかく買える不動産を手当たり次第、銀行から融資を受けて買いまくる。

それがどんなに右肩上がりで価値が上がり続けている状態でも、以前ではありえないくらい高い水準になってしまっても。

しかも、それが右肩上がりで価値が上がっている状態だとしたら、ノーリスクでボロ儲けできる「投資」となる。

銀行融資を受けられる人は全員、買うのは当然だ。

結果・・・異常なまでの不動産バブルが起こった。

「不動産というものは、価値が永遠に上がり続けるものだ」

・・・誰もがそう信じて、疑わなかった。

ところが1991年、日本銀行は突然「窓口指導」を廃止。

そして不動産業界への融資をストップさせた。

結果どうなったのか?

不動産バブルが一瞬にして崩壊した。。

当たり前だ。

銀行が融資をしてくれなければ、高くなった不動産なんて誰も現金で買わない。

価値が上がりに上がった不動産を、自己資金で買える人なんて世の中にはほとんどいない。

そもそも今までは、銀行が融資をしてくれたからこそ、不動産を買えていただけだったのだから。

自分がすでに買った不動産が、自分が買った以上の高値で売れなくなる・・・。

銀行融資が出ないから、自分の不動産を買ってくれる人がいない・・・。

自分が買った不動産の出口が見えない・・・。

売り抜けたくとも、誰も買ってくれない不動産・・・。

こうなったら、価値なんてあったものではない。

とにかく、購入価格よりも値下げした値段でも良いから、売り抜けて現金化したい人が続出する。

持っているだけで価値が下がり続けてしまうから、さらにみんな一斉に売りに走る。

こうして不動産バブルが崩壊したのだ。

そして、不動産を原動力に上がり続けていた、日本の経済成長が止まった。

以降日本は、不況と呼ばれる状態に突入した。

日本銀行が行った「窓口指導」によって不動産バブルが起こり、日本銀行が「窓口指導」を止めたことで不動産バブルが弾けた。

非公式の金融政策として、すべて日本銀行が自分で仕掛けていたのだ。

けれども、日本銀行はこれを政府のせいにした。

「不況の原因は、すべて政府のせいだ。日銀が政府の監視下にあり、独立して金融政策を行えなかったからだ。欧米の先進各国では、中央銀行は政府から独立して、金融政策を行っている。だから日本も彼らを見習って、日本政府から日本銀行を独立させましょう!」

こんな大義名分を高らかに掲げたのだ。

この考えは、国民にウケてしまった。

当時の日本国民は、もともとお金の勉強なんてしておらず、あまりにも無知だった。

いや、国民の代表者にあたる政治家の人たちは、本当に無知だったのか?

それとも、誰かの意思のもと操られていたのか?

真実はわからないが、とにかく結果としてみんなから応援される形で、日本銀行が日本政府から独立してしまった。

これが1998年の「日銀法改正」の裏側である。

この瞬間、何が起きたのか? 

あなたにはわかるはず。

そう、日本銀行が実質的な王様のような存在になった!!

全部、日本銀行が決められるのだから。

銀行融資をすることでお金を創造することも、銀行融資をする先も、自分たちですべて決められてしまうのだ。

日本政府は金融政策を打てないが、日本銀行は金融政策を打てる。

日本政府は景気を良くすることはできないが、日本銀行は景気を良くすることができる。

つまり、お金の創造の部分をすべて握ってしまっているのが日本銀行。

これが、僕たちが生まれ育った日本の現状である。

そんな中、僕がお話していることの核心部分。それは、「大きな流れに逆らうのではなく、大きな流れに従おう!!」ということだ。

日本の王様が日本銀行様になったのなら、僕たちは日本銀行様の思いに逆らうことなく、日本銀行様、そして民間銀行様の傘下である、貴族や諸侯、ナイトになろう!

こういうことなのだ。

【オフィス内でコッソリ確認する時などには「30日メール講座」版が便利】

【物販大富豪直伝の戦略術第15話/全30話】


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】元・銀行支店長経歴の法人審査部門長K先生が立ち上がった理由

お見事!そう、だから・・・ 「北の物販大富豪の戦略術」を公開したあの日から、劇的に変わり始めた運命。 僕の発言のすべてを裏付け

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】物販大富豪たちが秘め持つ必殺の銀行攻略法

「物販大富豪」たちは、必殺の攻略法を持っていた。 攻略する相手は銀行。 香港と北の・・・それぞれの物販大富豪たちは、独自の銀行

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】優しい王様日本銀行様の忠実な貴族になる方法

日本経済を左右するのは誰か? そして僕たちはどうすればいいのか? おわかりいただけただろうか?今さら反抗したってしょうがないと

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】お金創造にまつわる黒歴史を解明してみる

お金の創造者は誰なのか?それを知った僕たちは共に、お金の創造にまつわる過去の歴史も知っておかなければならない。 関連



dept