借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

なぜいくら学んでもまだ「成功」できないのか?

level001
なぜいくら学んでもまだ「成功」できないのか?

世の中の大多数の方はいくら勉強しても「成功」できない。

その理由はなぜなのか?

本来「成功」を学ぶ中で最優先にするべきことは、誰のどんな「考え方」を「根拠」に、自分の「脳のOS」を作り変えて行くか?

「脳のOS」がベースとしてあった上で、「脳のOS」をベースに、

  • サラリーマンとしてお金をもらう
  • ビジネスでお金を稼ぐ
  • 銀行融資でお金を創る
  • 投資でお金を増やす
  • 物販でお金を回す

・・・などの、「アプリ」を「インストール」して行くか?

自分が「成功者」にになるために、「情報」から学び、自分自身に取り入れる時に、要になって来る部分である。

この際、一番難易度の高いことは「脳のOS」を作り変えるという部分である。

なぜ難しいのか?

どの「成功者」から学ぶか?見極める難しさ

まず、どの「成功者」の「考え方」をベースにして、学んでいくか?

この選定がとてもとても難しい。

本屋に並ぶ膨大な量の書籍、インターネット上の無数の情報。

何万、何十万人単位・・・みんながみんな、「自称成功者」と語っているのであるが、誰のどんな「情報」を参考にして学んで行くか?

自分の「考え方」として取り入れていくか?

この「選定」・・・「見極める力」の部分で間違ってしまうと、大変なことになってしまう。

例えば、一見華やかに成功者として立ち振る舞う方がいる。

豪華絢爛な住居、ズラリ所有する高級車、家族と共に華やかな生活。

「この方こそ成功者に違いない!自分の「考え方」として参考にしよう!」

・・・と決めて、学んで行ったとしても、実はその方は、今日時点では「成功している状態」に見えるかもしれないが、10年後に「飛んでイスタンブール」になってしまうかもしれない。

すると、「10年後に飛んでイスタンブール」になる「考え方」を学び、自分の「脳のOS」としてインストールしてしまうと、もれなく、「飛んでイスタンブール」になる「考え方」が完成してしまうことになる。

その「成功者」が言ってることは本当なの?

もしくは、「偶然のラッキー」で成功を掴み取っただけなのに、後付論的にあたかもその成功が「必然の成功」だったかのように組み立てたものを教えているだけだった場合、

学んでいく途中で、「あれ、これって魔法使いさん必要だよね?」

再現をして行く際に大きく欠落している部分を発見してしまう。

実は「必然の成功」の仕方が分かっている方だったとしても、書籍やインターネットを通して表に「情報」として発信している際には、

商売の都合上、本当の部分をいくつか隠して、「ポジショントーク」で、発信している場合も多い。

例えば、自分が「教祖」となり、「信者」をつくるのが、その「成功者」の目的だとしたら、狙って、「100%ポジショントーク」で塗り固められた「情報」だけが発信されている。

「上場企業の創業者の本」などはこのパターンが多い。
 
自分の下で従順に働いてくれる社員、自分の会社の商品を信者として購入し続けるお客様。

これを狙って獲得するのが、「書籍化」の目的なのだから。

この場合も「ポジショントーク」部分が大きな欠落部分となる。

そもそも、欠落していると、発見できること自体が凄いことなので、結局はみんな欠落ある無しまったく分からない状態で、ただ学んでいく形になるので、もれなく穴だらけの「考え方」・・・「脳のOS」が完成してしまう。

自分基準で自分の好きな「考え方」をピックアップ

もっと沢山あるパターンは、こっちの「考え方」は、成功者Aさんから。

あっちの「考え方」は、成功者Bさんから。

成功者Cさんから・・・

成功者Dさんから・・・

・・・それぞれの「良いとこ取り」しようと、「自分基準」で「良かれ」と思った「考え方」をアッチコッチからかき集めようとする学び方。

この場合は、そもそも「誰のどんな情報から学ぶか?」見極めている基準が、あくまでもご本人基準であり。

ご本人=それまでの人生、勝ったり負けたりを繰り返したり、まともに勝ったことも無い人生の方が、ご自身基準で「これだ!」と思ったものを選定して行く・・・。

「自分基準」で「成功者A」さんからはこの「考え方」を・・・。

「成功者B」さんからはこの「考え方」を・・・。

「成功できてない自分」基準で選定したものを次々に選定して行く・・・。

「成功できない自分」の「考え方」を元に、自己都合で「考え方」を選定しているのだから、まず正しい部分を、メモすることさえできるわけがない。

もれなく、本来どうでもよい部分の集合体で、とんでもなくいびつな「自分基準」のオリジナルな「考え方」が誕生してしまう。

「私は本を毎月何十冊読みます!」

などと言う方々もいらっしゃり、「勉強熱心ですね!」とはお答えするわけだが、実際に彼らがやっていることは、こういうことだ。

ファーザー:「普通の人は100冊の本から学ぶ、オレは1冊の本を100回読む」

どの情報が「脳のOS」で「アプリ」なの?

また、どういう部分が「脳のOS」に該当して、どういう部分が「アプリ」に該当するのか?

自分でその分別もつけることもできないので。「脳のOS」と「アプリ」を同時かつ並列に、ぐちゃぐちゃな状態で詰め込んでいくことしかできない。

すると・・・

パソコンやスマホで、「OS」と「アプリ」がぐちゃぐちゃになって入っているのと同じように。

いよいよ「脳」がパニックを起こして、何も動けない状態まで陥ってしまう。

たった一つ「唯一無二」の「正解」から学ぶ

そんな中、なぜ僕たちの仲間たちが、本当の意味で「進化成長」を遂げていくのか?

それは単純明快であり、

  • 45年以上ただの一度も「無敗」の御方ファーザーから学んでいること。

  • ファーザーの「必然の成功」の「考え方」を22年間以上実践の中で研究されたマスターヒロさんによっって「教科書ガイド化」されていること。

  • 御方々の「情報」には「ポジショントーク」がゼロなこと。

  • 明確な基準や根拠のある「脳のOS」をインストールできること。

  • 本来最も困難な「脳のOS」部分で基準や根拠ができることで、学んだ仲間同士で具体的に指摘し合えること

現状、日本でたった一つ「唯一無二」の「本物」の「考え方」を「脳のOS」としてインストールできる。

このような条件下で、「脳のOS」を集中して「インストール」した上で、

  • サラリーマンとしてお金をもらう
  • ビジネスでお金を稼ぐ
  • 銀行融資でお金を創る
  • 投資でお金を増やす
  • 物販でお金を回す

・・・などの実践的な「アプリ」を入れていくので、次々と「必然の成功」を再現できるような、「無敗の修羅」が誕生してしまうのである。

書籍やインターネット上の情報からどうやって学んでいくのか?
 
今日のお話を参考に頂けると幸いある。
 
『45年無敗神話』10万円スタート一代で大富豪になったひみつ
https://youtu.be/HeJRLFCNiG4


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
死ぬまでに1,000兆円借金したい・・・

死ぬまでに1,000兆円借金したい・・・

とある日、突然、僕のマレーシア携帯が鳴った。 「孔明、今日時間あるか?」 マレーシアジョホールバルの新オフィス完成後、日本の某

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

「プロバイヤー」20年の「設計図」が白日の下にさらされた

東京某所の会議室、「地下」の仲間たちが秘密裏に集結。 ミスタR:「1年後、元手300万円で300万円の利益を出せるようになりま

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【対談】銀行融資?物販?何からはじめればいいの?

【対談】銀行融資?物販?何からはじめればいいの?

真田孔明You Tube チャンネル登録はこちらから! https://www.youtube.com/channel/UCG

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ハワイ

【帝】年末年始にハワイに旅行に来ると大富豪になることが約束される企画

僕は今年の年末年始に、家族を連れてハワイに行く予定を立てた。 2014年12月23日(火)にハワイホノルルに入り、2015年1



dept