借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

久しぶりに到来!新たな「大波&バブル」の兆候

level001
久しぶりに到来!新たな「大波&バブル」の兆候

実は今、オフの世界で頻繁に顔を合わせている「地下ソサエティ」メンバー同士の中ではとある「ビジネススキーム」が、激アツ!トピックの一つになっている。

なぜなら・・・。

落ち着きを取り戻して、冷静にお話させて頂く。

僕は2004年~今日までの過去、ネットバブルの波にドンピシャなタイミングで乗って来た。

* メールマガジンバブル
* ブログバブル
* Facebookバブル
* 超円高・海外投資バブル

・・・大波がやって来た際、オンタイムで乗ることができると、「比較的に小さな労力で大きい結果」を得られることにつながる。

(※「仮想通貨/暗号通貨」バブルはオンタイムで感じたが内容がどこまで行っても偶然性の塊というか仕組みそのものが「フェイク」なので、僕は一切手を出さなかった。自分だけ儲けられても、周りの人たちが死ぬ。)

俗に表現してしまうと、「楽して大儲け!」というやつかもしれない。(「地下」内では「死語」だが。。笑)

なぜ僕がこの「ビジネススキーム」に興奮しているのか?

シッカリとした数字と実績に基づいた「根拠」が存在するのだが、「情報」を表沙汰にできないのが残念であるが。

これ、本当にヤバイ。

その道の先駆者、「地下」の特別講師のひとり、とある某ミスタの実績が、一年ごとに倍々ゲーム。

毎年掛け算で売上・利益が増加してる理由が分かる。

そして、

某ミスタ:「ボク、まだ全然やれてないですよ!涙」

・・・と、言うのも市況の数字と見比べると納得。

某ミスタの発言は、全然謙遜とかでは無いのだ。

ミスタの毎日のお仕事の時間。。

既存の売上・利益維持のためのお仕事毎日1時間。

ミライのための売上・利益のためのお仕事毎日7時間。

夢中になってお仕事にやられている理由も、市況の数字を見るとすべて納得。

これは、ミスタご自身が「超優秀」というよりは(失礼!)、まさに大波に乗って自動走行してる部分も大きいと分析(キッパリ)。

また、今までだったら、「ネットインフォ系」の方々が、揃いも揃って「ローンチ手法」などで、動画で身振り手振り、

「あなたは3ヶ月後には絶対に儲けられます(キッパリ)!」

などと、インチキ臭い説明をして煽るようなネタとタイミングだと思ったりもするのであるが。

幸いなことに・・・ 

ひどく荒れまくった、「仮想通貨/暗号通貨」ローンチ連続の後。

昨年から今年にかけてあちこちのプラットフォームではじまった、「規制強化」によって。

大きな広告費を投入して、「ローンチ」しても、全くリターンが見込めなくなったり、アカウントそのものを突然削除されたり、

インフォ業界全体が以前に比べるとかなりおとなしくなってくれてるので。

(「ローンチ」やれば絶対にあなたは稼げる!とコミットしていた方々は何処へ・・・)

ワケの分からない、ライバルたちが、こぞって入ってくることも、少ないかと。

そういう背景含めて、

「ブルーオーシャン!(死語・笑)」

そう。

今この「ビジネススキーム」はバブル真っ只中!

コッソリと水面下で、「地下」の仲間たちだけで、全部取って行く勢いで臨みたいと皆で話し合っている。

大富豪ファーザー:「どんな船も必ず沈む」

このヤバ過ぎる伸び率の中。

この先、一体どこまで伸びていくのか?失速して落ちていくのか?これはミスタにも、僕にも分からないけど。

少なくとも、ひとつだけ言えることがある。

こういう「バブル」なタイミングでは、「はじめての方々」が新規参入しても、ゼロをイチになりやすい(キッパリ)!

その後、どれだけ伸ばすことができるのは、「バブル」がいつまで続くのか?

それぞれの「外注化・ツール化」への再投資を上手にして、自分の時間と労力の浪費を抑えて、パフォーマンスを最大化できるか?

そして、何よりも真剣さを伴う「考え方」次第。

昔のメルマガ、ブログ、Facebook、海外投資・・・のバブルでも、僕の周りの人間がゼロからはじめてイチになり、稼ぎまくっていたが。。

やはり、ビジネスには「タイミング」というものも重要で。

大富豪ファーザーが、本業とは別に、短期間で200億稼がれた、「伝説的商品」の時と同じく。

「大きな波」というのは、毎年必ず出てきたり、発見できたりできるわけではなく。

オリンピックのように、数年に一度位だけ出現。

そのタイミングにオンタイムで、上手に乗れるかどうか?

大波が来ている時に乗ることができれば、当然ながら、同じ時間と労力を費やして、お仕事したとしても、掛け算の原理で、得られる結果は全く違うのだから。

大波の到来を、的確に掴むために、常にオンタイムの情報を得続けるために、「地下」のような真剣にビジネス・投資に取り組んでいる「本物たち」だけが集うコミュニティの存在が役に立つわけだが。。

ただし、かつてバブルに乗れた人たちの中でも、その後も生き残り続けてる方々はゴクゴク僅か少数であるという「事実」からも決して目をそらしてはならない。

「バブルに乗った=オレは金持ち決定!」ではないということを、クリティカルに考えて行かなければ判断をすぐに誤るようになる。

ある意味の「鉄板」「バブル~飛んでイスタンブールのセオリー」

稼げていない状態でスタート
 ↓ 
すぐにゼロイチになり、結果も出やすいので誰にも言われなくても勝手に頑張りまくる。バブルに乗って短期間で大きく稼いでしまう。
 ↓
「オレの実力!」とドヤったり、散財したり素直さを失い、人の言うことも聞かなくなる。
 ↓
すべての基準を「天才と勘違いした自分」に置き、現状の実績にあぐらをかいたまま、新たに情報を取り入れ続けることも次の準備も何もしなくなる。
 ↓
バブルの終焉と共にゆっくりと海の底に向かって斜めに沈んでいく。
 ↓
調子に乗って、適当な判断基準で再投資したビジネス・投資案件がなぜか立て続けに「飛んでイスタンブール」。
 ↓
普通の人に戻る。

・・・という感じで一度は「修羅」に昇ったにも関わらず落ちていった方々も、本当に沢山いらっしゃる。

マスター長兄ヒロさん:「東京の夏の花火は綺麗だな・・・。夜空に大きな光を描いてはチリチリと散っていく。」

そこでやはり、こういう部分は、

「先人のフリ見て我がフリなおせ!」(先人=孔明の「飛んでイスタンブール」事件含めて。。)

ということで、同じ轍(てつ)を踏んではならない。

ここは、予め厳しく、キッパリと申し上げておきたいと思う。

もしも、この兆候の読みが本当に合っていて、このタイミングでバブルに乗れて大きく儲けてしまった際には、喜ぶ時にはホテルの中でひとり枕に向かって大声で笑う。

人前では、両肩をすぼめて、右足の親指を見つめながら、トボトボと歩かれることを推奨させて頂く。

道の両脇に立ち並ぶ電信柱ひとつひとつにも頭をペコペコ下げてお礼を言いながら・・・。

・・・ということで、何度も同じ失敗を繰り返すこと無く。シッカリと、基礎を一つ一つ丁寧に固めながら歩んで行くこと!

・「5ポケッツ」を通してビジネス・投資に関する「考え方」と連動した「システム」を学ぶ。

 ↓

・「ブルーオーシャン(死語)」状態の某ミスタの「ビジネススキーム」でゼロイチへ。イチになったらバブルが終焉するまで狩猟民族的にトコトンやる。

 ↓

・『成功シンドロームOS』で、「考え方」を「無敗」状態へと変える。

 ↓

・「5ポケッツ」システムを本格稼働させ、狩猟民族的に得た利益を元に、継続につながる農耕民族化へとつなげる。

 ↓

・大富豪ファーザー、マスター長兄ヒロさんに直接学ぶ機会を得ながら、「大人の経営学」へとつなげながら、ゆっくりと第2、第3の「ビジネス」へと紡ぐ。

・・・と言った具合に、バブルをバブルで終わらせてしまうのではなく、目先で稼ぐことだけを、目的と基準に置いてしまうのでも無く、強固な足固めをする、キッカケにしてもらいたいのである。

ということで、バブルを彷彿させる大波が・・・一体いつまで続くかは本当に分からないのだが。

ドンピシャのタイミングで全ノウハウを公開して下さった某ミスタの後に続くことができるかどうかは、先々までに影響する、重要なタイミングかと思う。

後で、「あの時に私もやっておけばヨカッタ・・・」

と後悔することなく、大きな波を味方につけてご自身の躍進へとつなげて頂ければ幸いと思うのだ。

どんな「ビジネススキーム」なのか?

いよいよ間近に迫った6月8日(土)の「5ポケッツ・出版&Amazon新着1位記念セミナー」の中では口頭で少し明かしてしまうと思う。

「修羅」に最も必要な「考え方」の視点や土台を固めた上で、「大波」を活用できること、もしかすると・・・。

新書→オンラインと、最高の機会を上手に活用頂けると幸いである。

出版&Amazon新着1位記念
6月8日(土)13時~18時・東京開催のセミナー
『年収1,000万円10年以上継続を目指すプログラム『5ポケッツ』~必然の成功を手に入れるシステム~』

「5ポケッツセミナー」参加申込フォーム
https://forms.gle/htQJdPYKonMPS8MN9

追伸

「某ミスタ」のお話をそのままお伝えしているだけでは、「軍師」とは言え無い。

「大局を見て先回りを!」

僕は某国に来ているが

  • 弟には国内で「某ミスタ1のビジネス」を。

  • 僕は海外で「某ミスタ2のビジネス」を。

  • さらには「◯◯」で。。(ヒミツ)

・・・で「三角形」を構築できてしまうと、「大人の経営学」的にものすごいことになってしまう。

この計略は、文章に残る形では、明かすことが出来無いので、オフセミナーの後とかで開催される宴の席や、「地下」プラチナ・シャンパンなどの収録不可能ミーティングの中で、口頭でお話させて頂く所存である。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
お金持ちは『重箱の隅をつつく』ならぬ『重箱の隅で勝負する』

お金持ちは『重箱の隅をつつく』ならぬ『重箱の隅で勝負する』

道を歩いているだけで、喧嘩が起こりそうな、オラオラ感を背中に感じる生まれながらの門で身体を鍛えなくても強そうな月官門のS氏。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
狙って手に入れる「必然の成功」体験を積むことが目的

狙って手に入れる「必然の成功」体験を積むことが目的

勘違いしてはならないのは、お勉強が目的ではなく、みんなが欲しがる手に入れにくいモノを、狙って手に入れる「必然の成功」体験を積む

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
45年間以上ただの一度も金利返済に遅れたことがない

45年間以上ただの一度も金利返済に遅れたことがない

景観を重んじるハワイでは、高い建物が少ない中、アラモアナ近辺にそびえ立つ36階タワーの最上階のステーキレストラン『シグネチャー

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【フォローワー3,000名突破記念日】

【フォローワー3,000名突破記念日】

昨年11月から本格稼働した孔明のTwitter 今朝3,000名突破しました これからも毎日淡々とつぶやき続けます。 Twit



dept