借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

脳から快楽物質分泌され全身駆け巡るリアルRPGゲーム

level001
脳から快楽物質分泌され全身駆け巡るリアルRPGゲーム

今日のお話目次
・RPG好きは人のために自分を犠牲にできるいいやつら
・RPG好きが現実世界で何もしないのはなぜ?
・僕たちRPG好きは本来人のために生きたいのだ
・脳から快楽物質分泌され全身駆け巡るRPG
・勇者である子供が自主的に選択行動して行く
・「リアルRPGゲーム」が難関たるゆえん
・勇者を見守る両親の方が飛び跳ねて喜ぶ

・「勉強やってなかったよね?」声は耳に届かない
・「両親の血を引きし勇者に光りあれ!」
・『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇
・修羅の世界で活躍できる経営者から逆算
・本当に変わるべきは勇者よりも先に両親

RPG好きは人のために自分を犠牲にできるいいやつら

はじめて小学生の頃ファミコンを手にして以来、僕は大のRPGゲーム好き。

ドラクエ FFだけでなくメガドライブ PCエンジンマイナーRPG含めかなりの種類のRPGゲームを全クリしまくった。

どのくらい好きなのかと言うと、就職活動の際も、入社した玩具メーカー1社内定もらっただけでなく、バカ田大学スポ薦組にも関わらずゲームメーカー2社からも内定もらった程の好き。

これまでの人生、ゲームの中の勇者を操作しながら一体何回世界を救ったのか?数え切れない。

RPGゲームを通して世界を救ったところで、もちろんリアル世界で報酬をもらえるわけではなく。むしろゲーム本体とカセット購入費用にお金を費やしている。

スマホアプリのRPGゲームなら追加課金も必要だ。

どちらにしても、稼ぐどころかむしろ僕がお金を支払ってプレーしている。

幼い頃から母が貯めてくれた、親戚一同からもらったお年玉も、結局全額RPGゲーム本体&カセット代に消えてしまった。

なぜ僕はRPGゲームの中で、これほどまでに世界を救いたかったのか?

自分なりに改めて考察してみた。

特に見返りがあるわけでもなく逆にお金と時間と労力がかかりまくるのに。

RPGゲームには、明確なエンディングというものが設定されていて、地道な努力を積み重ねれば魔王を倒せて必ず世界を救えるということ分かってるからだと気づいた。

明確な結果が見えていると僕でも頑張れるのだった。

RPGゲーム好きは僕だけではなかった。

小学校、中学校、高校、大学、クラスや部活のチームメイト。

それぞれに僕にも勝るとも劣らないRPGゲーム好きがいた。

社会人になってからは、玩具メーカー就職したので、社内にも沢山RPGゲーム好きがいた。

ドラクエ9発売後はニンテンドーDS手に会社の同僚たちとも共同プレーで何度も繰り返し冒険に出かけた。

RPGゲーム好きな彼らに共通しているのは、これだけ世界を救うのに夢中になれるやつらということ。

つまりRPGゲーム好きはみんな人のために自分のお金と時間と労力を犠牲にしまくれる本当はいいやつらなのだ。

RPGゲーム好きが現実世界で何もしないのはなぜ?

けれども、なぜ僕はこの現実世界ではRPGゲームのように世界を救いたいと思い行動できなかったのか?

数々のRPGゲームでこれだけ沢山の世界を救える程、お金、時間、労力を費やしたのだ。

その分、現実世界に全部費やしてもよかったのではないだろうか?

本来、現実世界の方が救うの成し遂げた後の達成感はゲームより大きかったはずだ。

僕だけではない、RPGゲーム好きが現実世界だと世界救おうとしないのはなぜ?

もっと世のため人のために、お金と時間と労力を費やして頑張っても良いのではないだろうか?

僕の場合で考えてみると、世界は僕たちの想像以上に広く。

僕一人が世界を救おうとしたところで何も変えられないのでは?

世界なんて大きなフィールドじゃなくても人一人どうやって変えてよいかハッキリしない。

家族でさえ明確に導くことができないのだから?

これだけお金と時間と労力を費やせばこうなれる。

そういうのが全く見えない。

エンディングの見えないゲームには夢中になかったのが正直な所だったのかもしれない。

僕たちRPG好きは本来人のために生きたいのだ

膨大なお金、時間、労力を費やし。これだけ沢山の世界救って来た僕たちRPG好きは皆。

本来、世の中のために生きたいのだ。

人のために生きたいのだ。

社会のために生きたいのだ。

でも現実世界はゲームの中と違いすぎてネバーエンディングな物語。

自分が現実世界で誰のために何をどうすればどんなミライを創れるのか?

全く分からないから、再びゲームの中へ逃げ込んでいく。

そこには、僕たちの苦労が報われることが明確に分かってる世界が待ち受けているのだから。

かつての僕もそんな多くの仲間達と同じような画面の中の住人だった。

そんな僕に、ある日転機が訪れた。

それがキッカケで僕は、RPGゲームよりも、もっと夢中になれるものを現実世界に見つることができた。

「リアルRPGゲーム」

まるでゲームの中の勇者たちを育成できるかのように。

僕の頑張り次第リアルな人たちが現実世界で勇者と化し、成長する。

できなかったことできるようになったり、冒険に出発してくれて難関クエストクリアして報酬を獲得したり。それぞれの目標に向かって毎日地道に

経験値を詰んだり、LVアップして成長したり、ゴールド集めたり、ジョブチェンジしたり、巨大なボスに立ち向かう如く超難関クエストを全力でクリアしようとしたり。

全てが現実世界の中で体現してくれる。僕以外の人を自由自在に育成できる特別なRPGゲーム。

脳から快楽物質分泌されて全身を駆け巡るRPG

僕たちの予想通りにならないところも面白い。

僕が考えていたよりもキャラのLV上げやパーツ集めが遅れてしまうことがある。

でもそれがまたリアリティがあり面白い。

逆に、僕が予想していたよりもキャラが急成長。

クリア不可能だと思われた、難関クエストを一気に突破してしまうこともある。

そんな時は脳から快楽物質が分泌されて全身を駆け巡るのを感じる

やばいリアルRPG。画面の中のRPGゲームより夢中になれる。

リアル世界のRPGゲーム。そのRPGゲームの名は『帝王学の教育論』我が子の教育篇。

この地球上全てを舞台に繰り広げられる壮大なリアルタイムRPGゲーム。

しかし子供の年齢0歳~18歳まで限定。

長い人生の中でほんとうに限られた年月のみプレイが許される期間限定RPGゲーム。

子供がこの世に生を受けると同時に勇者降臨ゲームスタート。

全く何も無い無垢な状態から、レベルが上がったり、クエスト挑戦したり、ボスキャラのような難関突破したり。

画面の中のRPGゲームでは、単なるデータに自分とかを重ね合わせて、コントローラーで大体予めプログラミングされた決まったシナリオに沿ってプレイするだけ。

プログラミングされた範囲が限界だし、自分が動かした通りにしか勇者も動いてくれない。
 
ところが、「リアルRPGゲーム」では、自分の血が半分入った実の子供が勇者として立ち上がってくれる。

「ロトの血を引きし勇者」ならぬ「両親の血を引きし勇者」。

直接コントローラーで動かすことができないけど、ある条件を満たすと、勇者が自分の意思で動いてくれる。

勇者である子供が自主的に選択行動して行く

勇者長女:「春休みに◯◯に1週間だけ海外留学していい?」

孔明パパ「目的は何?」

勇者長女:「◯◯◯に加えておきたい。他」

孔明パパ:「いいよ!」

留学費用学校が負担してくれる報酬付きクエストクリア。1週間だけ留学クエストを受注できるようになった。

親が強制的に決めた留学でも無く、適当な留学でもなく、大きなクエストクリア目的から逆算した留学クエスト。

このように、勇者である子供のレベルが上がれば上がるほど、勇者自身の行動範囲が広くなるし、勇者自身の選択能力が高くなる。

両親の意思と、勇者である子供の意志の一致が図れた時、勇者は物凄い力を発揮し自力で邁進して行く。

クエストクリア目的に立ち向かう勇者である子供が、自主的に行動選択して進もうとする中、僕たち両親は時には軍師として魔法使いや僧侶として、全力でサポートして行く。

ただし同じパーティなので難関クエスト突破する中には、無理やり進んでしまうのではなく、作戦会議。

互いにできることを入念に確認し合う。

最終的な決定は親がするのでは無く、勇者である子供が自主的にして行く。

「リアルRPGゲーム」が難関たるゆえん

「リアルRPGゲーム」の難しいところ。「明確な答えの書かれてる攻略本」が簡単には手に入らない。

答えが書籍にもネットにもどこにも書かれていない。

それぞれの勇者である子供の両親が自分の過去の経験や、先に歩んだ先輩たちの軌跡を参考に、勇者である子供との一致を図りながら、クエストクリアに向かって、毎日経験値稼ぎしてレベル上げしたり、

必要な武器や道具を集めたり、フラグを回収したりしながら、難関クエスト突破することが求められる。

シナリオは何通りとかのレベルではなくて無量大数レベル。

でもここは両親の腕の見せどころ。

これまでの人生の中で培った人脈とゴールドという大人の力を発揮、「攻略法」を探して勇者である子供に提案する。

勇者を見守る両親の方が飛び跳ねて喜ぶ

過去両親である自分自身が高校・大学合格したり、テストや部活で良い結果出したりした時は嬉しかった。

しかし自分の子供が勇者として立ち上がり、何かの試験に合格したり、テストや部活で良い結果だしたり。たった一つの小さなクエストをクリアしてくれただけでも、勇者である子供よりも勇者を見守る両親の方が、飛び跳ねて喜ぶ程。

自分のことよりももっともっと嬉しい。

例えば、自分が英検合格してもそんなに嬉しくない。

けれども自分の子供が先にある大きなクエストクリアのための、必要なフラグ回収として、サポート装備「参考書」本屋で購入。

頑張って経験値貯めてレベル上げして、クエスト「試験合格」当日に臨む。

ドキドキ合格発表を経て合格通知もらった時、勇者である子供は比較的冷静に対して、我を忘れて喜んでしまうバカ親ブリを発揮。

勇者である子供のおばあちゃんにまで、チャットで報告入れてしまう位。

自分の血を引きし勇者である孫の吉報はおばあちゃん、おじいちゃんも大いに喜ぶ。

「勉強やってなかったよね?」声は耳に届かない

「学校の偏差値」

なんて全然気にしない人生を歩んでしまったパパである僕。

けれども、勇者である子供が、「設計図」を元に、地道に経験値貯めてレベル上げした結果、クエスト「中間」や「期末」「外部模試テスト」を経て。それぞれの、平均偏差値が大幅に上がった時。

勇者である子供は比較的冷静だったが、親であるパパの方がメチャクチャ嬉しい。

「孔明さん、自分はスポ薦バカなのだから勉強なんてやってなかったよね?」

そんな声はパパの耳に届かない。

「両親の血を引きし勇者に光りあれ!」

クエスト「中間」「期末」「模試」の結果を見て分析。

すると、勇者である子供には現在苦手な教科がある。パラメーターのバランスが悪い。平均「偏差値」を大きく下げている。

しかしパパは、自分自身が勇者である子供の身代わりになって勉強することはできない。

あくまでもクエストに立ち向かうのは勇者である子供。

できるのは必要なゴールドを払ったり、「ドラクエ攻略法」を探す如く、最短で結果に導く「設計図」を探して来たりすること。 

そこで、このRPGゲームのチート級ゲーマーでありクリエイターでもある、

マスターヒロさんに尋ねてみる。

コマンド はなす

すると、その教科の偏差値を上げる「設計図」の情報を授けて下さった。

マスターヒロ:「両親の血を引きし勇者に光りあれ!」

その情報を元に「Amazon」で必要な武器装備・道具を購入。

早速チャットを通して勇者である子供に装備してもらう。
 
コマンド 装備

その状態で、経験値稼ぎレベル上げに取り組んでもらった。

すると、次のテスト結果で偏差値が大幅にアップ。

この達成感は画面の中のRPGゲームとは、比較にもならない。

『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇

良くも悪くも僕は、育児から子育ての過程「子供に勉強しなさい!」とただの一度も言ったことがない。

僕自身スポーツ推薦で大学入学。全く勉強をして来なかった。

そんな中、マスターヒロさんに、画面の中でプレイするRPGゲームよりも、もっともっと楽しく夢中になれるRPGゲームの存在を教えてもらったのだ。

そのRPGゲームの名は『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇。

そして、マスターヒロさんから教わったことを元に、勇者である子供よりも先に両親自身が『帝王学の教育論』をインストールする。

すると途端に何気なく暮らしていた日常が「リアルRPGゲーム」へと時空が変わる。

これは僕も体感して驚いてしまったことだが、不思議なことに両親が変わると子供が変わる。

マスターヒロさんが『帝王学の教育論』を元に直接勇者である子供にお話したり、教育したりしたわけではないのに、『帝王学の教育論』によって両親の考え方が変わると途端に子供が、難関クエスト攻略に向けて勇者として立ち上がる。

具体的に言えば今日の今日まで「勉強しなさい!」とは一言も言ってないのに、勝手に勉強はじめる勇者である子供。

もしもあの時マスターヒロさんに、『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇なんて、ステキなゲームが存在してるのを教わってもらいインストールしてもらわなかったらやばかった。

人生損していた。

それどころか、子供がゲームの中のNPCキャラのようになってしまってた。

すると、仮に僕が初代として2代目にお金を残せたとしても、親が子供にお金を与えるだけ。

子供は目標も無く何もする気なし。できることは与えられたお金を使うだけ。与えたお金が無くなった時点でゲームオーバー。

そんな典型的な2代目NPCキャラになってしまうところだった。本当に危ないところだった。

と言っても僕たち夫婦の過去を振り返ってみても、正直子供たちに何をどう伝えればよいか分からなかった。

僕たちにとってはじめての子育て。今の延長で将来子供にどういうミライが待ってるのか?僕たちには全く見えてなかった。

当然、「子供のため」は考えていた。ところが、僕たちが「子供のため」だと信じて疑わなかったことが、ミライから逆算した時、全く子供のためになってなかったことが分かってしまった。

本当に、本当に、危ないところだった。

『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇の存在と楽しさを教えて下さったばかりかインストールして下さった、マスターヒロさんのお陰である。

修羅の世界で活躍できる経営者から逆算

「リアルRPGゲーム」『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇に基づいて突然お勉強をはじめた勇者である子供。

これが世間一般的な普通のお受験勉強と違うところは、修羅の世界で活躍できる経営者から逆算されているところ。

全ては子供たちが大人になった後、初代である僕たちの力に一切頼らずとも、自分たちの力で能動的に修羅として稼げるようになるところからの逆算。そのための0歳~18歳。

それぞれの年齢で何をするべきか?

「リアルRPGゲーム」『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇

ゲームマスターでもあられるマスターヒロさんによって完全に体系化されている。そして、再現性は驚くべく物凄し!

もっと早く知ってれば・・・

0歳から始めるべきだった・・・

もっと言えば彼女たちを授かる前から・・・

18歳までのゲームを15歳からはじめてしまった。

ゲーム難易度を極端に上げてしまった。。

勇者である子供に申し訳無さを感じる。

しかし過去には戻れない。

過去を後悔しても全く意味がない。

今からでも遅くはないエネルギーはミライへ。

奇跡のようなことが必然的に当たり前のように起こるのが「RPGゲーム」。

それは、「リアルRPGゲーム」でも同じ。

それこそ勇者なのだから!

本当に変わるべきは勇者よりも先に両親

『帝王学の教育論』我が子の教育0歳~18歳篇。

そして、マスターヒロさんから教わったことを元に、勇者である子供よりも先に両親自身が『帝王学の教育論』をインストールする。

先に子供の方にインストールするのではないのか?違う。

まず、本当に変わるべきは勇者である子供よりも先に両親の「考え方」。

「ドラクエ」のゲーム内の勇者の行動はリアル世界のプレイヤーの「考え方」によって変わるのと同じく。

子供はあくまでも両親の鏡。

勇者である子供の言動を変えるには、両親の「考え方」そのものが何よりも先に変わらないとならない。

一体どういうことなのか?

マスターヒロさんからこのお話をはじめて聴いた時、僕は全く意味が分からなかった。

けれども、18の年齢によるゲーム終了期間まで時間が無い。

残された時間は僅かなので、疑うことよりも先に、素直に言われた通りやってみることにした。

すると・・・

奇跡が起こった。

両親である僕たち自身が『帝王学の教育論』をインストールしはじめてみると・・・。

奇跡が起こった。

本当に、勇者である子供も変わった。

両親の考え方が変わる。

考え方という根幹から派生する枝葉、子供達との日常会話や接し方が全て変わることで、勇者である子供の言動が変わる。

「お勉強しなさい!」

目を吊り上げて、「コードギアスのギアス」や「Fateの令呪発動」的な強制命令などしなくとも、子供たちが勇者として立ち上がる。

目標に向けて日々経験値稼ぎレベル上げやクエストクリアしていくのが、当たり前の日常になった。

つまり、実は「帝王学の教育論」とは子供の教育というより両親の教育論。

「義務教育」は「子供の義務」ではなく「両親の義務」のことを指すのと同じような感じ。

「リアルRPGゲーム」

「ドラクエ」のリアル世界版をプレイするかの如く。実際に両親の血を引きし勇者として活躍してる子供達も充実。

僧侶や魔法使いとしてサポートしてる両親も充実。

全てのクエストクリア「全クリ」。

その先に得られる「エンディング」だけが楽しいのではなく、その過程も楽しいのだ。

こんな楽しい「リアルRPGゲーム」、

子供が0歳~18歳の内限定なのでプレイしないと、何のために子供を授かったのか?人生損するだけだ!

『帝王学の教育論』2代目経営者から逆算した0歳~18歳の教育。先に変わるのは両親の方。

両親の考え方が変わると子供の考え方が必然的に変わり「両親の血を引きし勇者」として立ち上がる!

こんなに楽しく夢中になれる「リアルRPGゲーム」授けて下さったマスターヒロさんに感謝!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】「実は東京案件全部嘘でした・・・」の疑心暗鬼を払拭する企画

【帝】「実は東京案件全部嘘でした・・・」の疑心暗鬼を払拭する企画

「実は「東京案件」全部嘘でした・・・」 もしも僕が突然、告白したとしたら、あなたはどう思うだろうか? 「孔明さんを信じて、「東

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

「私の人生で見て一番のアクニンは彼」byファーザー

心的には純情。    感情的には庶民的。   決断の時はデビル。   凄いきびしい人。   ワタシの人生で見て一番のアクニンは

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】シンガポールのプラチナO氏から東京勤務の激アツ社長募集案件登場

【帝】シンガポールのプラチナO氏から東京勤務の激アツ社長募集案件登場

家族と一緒に、シンガポール経由でジョホールバルに戻った。ジョホールバルに戻る前、シンガポールで一泊して日本の食材を買い出し。。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
『禁サロ』ZOOMオンラインセミナー

『禁サロ』ZOOMオンラインセミナー

今日はスペインバルセロナからHOLA! 『禁サロ』ZOOMオンラインセミナー、本日スペイン時間15時~(日本時間23時~) も



dept