借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
門で本当の己を知ると人生は変わる > 「門」で己を知り己を使いこなす秘訣

【帝】「前世・あの世・来世」の概念にまつわる問題の言語化に挑戦

level005
【帝】「前世・あの世・来世」の概念にまつわる問題の言語化に挑戦

僕たちの心を構成する情報時空。僕たちの身体を構成する情報時空。

人間関係における、不安と悩みが連動して、様々な問題を引き起こす。

過去からみらいに流れる時間の流れを、情報時空で採用していると、「根源」が「過去」に発生しまくり、不安と悩みの影響が加速することになるが。今日はさらに時間軸を広げた、「前世・あの世・来世」という、情報時空上の時間認識と、不安と悩みとの連動について、言語化を深めて行きたい。

人間関係の問題と不安と悩みのまとめ

僕たちの人生を構成するライフスタイルは、仕事・家族生活・余暇の3つの要素から成り立っている。

「仕事」そのものではなく、仕事の中における人間関係。「家族生活」そのものではなく、家族生活の中における人間関係。「余暇」そのものではなく、余暇の中における人間関係。

僕たちは、ライフスタイルを構成する、それぞれの活動自体ではなく、活動を通して関係する、第三者との人間関係にまつわる問題によって、日々、不安と悩みを抱き、苦しみ続けている。

僕たちがこれまでの人生の中で記憶・体感したことが根源となり、僕たちのそれぞれの情報時空の中でで、不安や悩みといった感情が勝手に発動する。

僕たちの心身は、DNAというレベルで見た時に、情報時空・物理時空2つの要素で構成されている。

だから、情報時空で発生したことは、物理時空にも、ダイレクトに影響が出る。心臓のあたりが締め付けられるように鈍い痛みと共に苦しくなる。胃のあたりが締め付けられるように痛くなり、食事もまともに喉を通らなくなる。

自律神経に問題が発生し、落ち着かなくなり、タバコを吸ったり、アルコールを飲んだりして精神安定を図りたくなる。睡眠障害で、眠れぬ夜が続く。

僕たちの、情報時空の中だけに自動的に発生した感情である不安。これが、僕たちの心という情報時空の枠組みを超えて、僕たちの身体、内臓(肝・心・脾・肺・腎)という物理時空に対しても、現象を起こしてしまう。

この際、自分の情報時空の中で採用している時間の流れが、過去から現在、現在からみらいに向かって流れている人たちは、

「過去にこういうことがあったから、みらいにも再び起こるに違いない。」

・・・と、さらに、情報時空の中で発生する不安と悩みを自ら根強くさせてしまう。

応じて、情報時空を通して、自分の物理時空の身体でも、強く症状が発生する。

人間関係における、不安や悩みというものは、過去からの記憶と体感による、「呪縛」とも言える。

実は、この時、「前世・あの世・来世」と言った時間認識が、悪い形で情報時空の中で発生すると、さらに問題が悪化する場合が多い。

「前世」の呪縛が「今世」で発生してしまうメカニズム

人によっては、不安と悩みをを発生させる根源として、自分が生きた0歳からの過去を通り越して、「前世」という情報時空上の概念を、人間関係と、それにまつわる不安や悩み、身体症状の問題に、持ち込んだりする。

キッカケは、その道の専門家と言われる、第三者の意図によって、刷り込まれることが多い。

情報時空の力を悪用する、霊媒師やヒーラーといった、四柱推命鑑定士や、占い師といった人間たちによって・・・たとえば、次のような言い方で・・・

霊媒師:「前世にあなたはこうだったから、今世でもあなたはこうで、それであなたは不安と悩みを抱いているのです。さらに、今身体に発生している症状は、前世でのカルマを現在に引きずって、今も証として残しているのです。私が◯◯すればカルマから脱出できます。100万円になります。。。」

・・・と言った具合に、不安と悩みの根源をこの世に生まれた瞬間を通り越して、「前世」へと、つなげてしまうのだ。

「あなたは、前世で◯◯だったから・・・今世でも◯◯になる・・・・だから今◯◯で悩んでいる・・・」

この言葉を、自分の情報時空の中で、真に受けてしまった日には、人間関係の問題による、不安と悩みの根源が、0歳から今日までの、過去の記憶・体感の領域を通り越す形で、血とか魂の領域にまで深く呪縛として刻まれてしまう。

この領域まで到達してしまうと、最悪である。霊媒師やヒーラーから言われたことが、自分の情報時空にインストールされて、情報時空を通して自分の物理時空である身体に、とてもとても大きな影響を与える。

霊媒師:「前世であなたは右腕が無く片腕だった・・・だからあなたは右腕が調子が悪い・・・。」

・・・と言われれば、しばらくすると、本当に物理時空上の右腕がしびれたりして調子悪くなる。

この物理時空の身体症状を体感してしまった後さらに、霊媒師やヒーラーからの言葉が受け入れられるようになり、

霊媒師:「あなたはその内前世と同様に、癌で苦しむことになる・・・。」

と霊媒師に言われることを、情報時空に対して受け入れてしまうと、なんと、本当に「癌」などの病気が、物理時空の身体で発生してしまうのだ。

「あの世」と「来世」が引き起こす不安と悩み

また、今よりも「過去」になる、「前世」という情報時空上の概念だけでなく、それとは逆に人によっては、不安と悩みの根源を、自分がみらいで死んだ後をさらに通り越して、死後の世界である「あの世」や、生まれ変わった後の、「来世」というものも導入して来たりする。

ヒーラー:「生きている間、あなたはこういうことをしてきた。これは死後の世界も地獄に行くことになるし、来世でも今世のカルマを引きずって、生まれ変わるでしょう。私が◯◯すればカルマから脱出できます。100万円になります。。。」

・・・と言った具合に、「あの世」や「来世」へとつながってしまうのである。

情報時空の中の時間の流れが、過去から現在、現在からみらいに流れている人たちは、ただでさえ、これまでの人生の中で、普通に生きている間だけでも、過去の記憶・体験によって、不安と悩みにがんじがらめになって苦しみ続けているのに。

生まれる前の「前世」の世界や、死後の「あの世」の世界、生まれ変わった後の「来世」の世界まで、不安と悩みの「根源」や、それによる起こりうる「問題」を、つくり出してしまった日には、自分の情報時空の中で、前も後ろも左も右も、過去もみらいも、四方八方ふさがりまくり。情報時空の心の不安や悩み、連動して発生する物理時空の身体の病気的な症状は、最悪な状態になって行く。

この状態まで来てしまったら、最悪である。

ちょっと道で、つまずいただけで、「前世」のせいだし、間違って虫を殺してしまっただけで、「あの世」では不幸になると怖くなるし、ちょっと失敗しただけで、「来世」に影響が出ると考える。

こうなってしまうと、外に出るのも怖いし、人と合うのも怖いし、何もできなくなる。

精神科医だけでは飽き足らず、占い、霊媒師、ヒーラーなどと、悪霊退散、お守りグッズ、全財産を投じる覚悟で、カルト系すべて総動員しないと人生不安と悩みと病気の症状だらけで、生きづらくなってしまう。

僕は個人的に、それぞれの「情報時空」の中で、「前世・今世・来世」という概念を、 
「僕は諸葛亮孔明の生まれ変わりだ!」

「凄い!あなたはあの織田信長の再来かもしれませんね!」

・・と、それがただ単に、仕事・家族生活・趣味の活動の中で、プラスのポジティブな「認識」として、活用できるのであれば、情報時空の「認識力」の力を使って、物凄い「パワー」を発揮にもつながるので、「前世・あの世・来世」があると思うのは自由だし、無いと思うのも自由。

「前世・あの世・来世」に基づいた認識力の力を、使っても自由だし、使わないのも自由。・・・と考えている。

生まれながらの「門」に基づいた概念から発展させる形で・・・

孔明:「もしかしたら、あの伝説の剣豪も、キミのような感じの人間だったのかもしれないね。キミは伝説の剣豪の生まれ変わりかも知れないよ!」

・・・というふうに、情報時空の中に「認識力」を発動させることで、本当にその伝説の剣豪の如く、ビジネスの世界で大活躍できるようになってしまった・・・というケースは多々ある。

かくいう僕も、真田幸村と諸葛亮孔明を、情報時空の中で「生まれ変わりである」と都合よく自分で「認識」することで、物凄い力を発動させているのである。

僕も、門使いの四柱推命鑑定士として、「前世」という概念を、情報時空に連動させる形で、活用させて頂いている。

けれども、「前世・あの世・来世」というものを、不安と悩みを発生させて、相手を「洗脳」する道具にすることは、断固として反対である。情報時空の認識力の、悪用は個人的に許せない。

「前世・あの世・来世」を 悪用するような人たちには、

孔明:「あんたさー。「前世・あの世・来世」を、洗脳の道具にしてんじゃないよ!「前世・あの世・来世」というものは、それぞれの情報時空の中にだけ存在しない。物理時空の中には一ミリたりとも存在しないよ!(キッパリ)」

・・・と、まさに釈迦の如く手の平をかざして、相手の情報時空と、情報時空を通して物理時空に強い影響を与える形で、大きな声で言い放つ所存である。

なぜなら、この概念があるからこそ、古の時代から、「奴隷制」が存在していたし。「奴隷制」は現在も、「労働者」として、条件を緩和される形で、引き継がれている。

奴隷は永遠に奴隷であると諦めさせるために、労働者は永遠に労働者であると諦めさせるために、人間が人間を、支配するための道具として、「前世・あの世・来世」が用いられて来たのが、人類の黒歴史である。

この呪縛を自分の情報時空の中から、抹消するところに、「奴隷」からの脱出、「労働者」からの脱出、可能になるヒントが隠されているのである。

それでは、「前世・あの世・来世」という「呪縛」によって、不安と悩みの感情と症状が、末期症状まで行ってしまった場合、自分の情報時空に、どういう思考をインストールしていけば良いのだろうか?

「前世・あの世・来世」問題にまつわる、問題解決方法の言語化に挑戦していきたい。

物理時空の中に「あの世」は存在しないと判明した

飛行機が発明される前まで、大多数の人間は、「あの世」というものが、雲の上や、地中の深いところ、物理時空上にあると考えられていた。

けれども、人間の文明・科学の急速な発達により、飛行機が開発されたことで、雲の上には物理時空上に、「あの世」が存在しないことが判明してしまった。

飛行機が、僕たちの日常の中に導入されたことで、飛行機の乗ったことがある人たちなら、誰でも目視で確認できることだ。

地中奥深くも、人間の文明・科学の発達で、かなり掘り込めるようになったが、さらに下にはマントルと言った、高熱状態の物質が存在していることが判明してしまったことで、地中奥深くにも物理時空上には「あの世」が存在しないことが判明してしまった。

・・・それでは、地球からはるか遠く離れた、宇宙はどうだろうか?

少なくとも、今日では衛星軌道というものが、地球の周りにはあり、物凄い数の衛生がグルグル回っているが、そこにも「あの世」は物理時空上に存在していない。

月・火星・木星・土星・金星・水星・・・この当たりの星の物理時空上にも、「あの世」は存在していないようだ。

最低でも、地球の中と、宇宙の地球の周りには、物理時空上に、「あの世」というものは、存在しないことが判明してしまった。

それでは、「あの世」というものは、一体どこにあるのだろうか?

次に「来世」のことは、「死後」の世界のことで、誰も証明できないことだが、「前世」を考えてみようと思う。

たとえば、Googleで「世界人口の推移」という単語によって、情報を検索することができるが。「世界人口の推移」を確認してもらいたい。

  • 紀元前8000年頃:500万人
  • 西暦1年頃:3億人
  • 西暦1200年頃:4億5,000万人
  • 西暦1650年頃:5億人
  • 西暦1750年頃:8億人
  • 西暦1804年:10億人
  • 西暦1927年:20億人
  • 西暦1959年:30億人
  • 西暦1974年:40億人
  • 西暦1987年:50億人
  • 西暦1999年:60億人
  • 西暦2011年:70億人

・・・(汗)。70億人もいる今の世界を生きる僕たちにとって、たった2000年前でさえ、自分の「前世」を探すのは、「椅子取りゲーム」よりも遥かに難しそうだ。

「昔は飢えや戦争で、沢山の人たちが死んでいたから、2000年前に人口はたったの3億人しかいなかったんだ・・・。」

・・・と言っても、3億人VS70億人はかなり無理のある数字である。もしくは、

「じゃあ、70億人のほとんどの人たちの「前世」は、生まれてすぐに、飢え・怪我・病気で、死んだ人たちなんだね・・・。ご愁傷様です。チーン!」

・・・ということになる。物理時空上には、「前世」は存在しないことが判明してしまった。・・・それなら、「前世・あの世・来世」というものは、どこにあるのか?

・・・。

・・・。

・・・。

その答えは・・・。

「僕たちの心の中にあるよ!」

「僕たちの心の中にあるよ!」

「僕たちの心の中にあるよ!」

僕たちそれぞれの、心・・・情報時空の中だけに、存在するものなのだ。世界各国に、様々な宗教の中に、統一された「前世・あの世・来世」の基準が存在しない理由。

「前世・あの世・来世」の概念が、すべてバラバラである理由。

それは、それぞれの情報時空の中における、「前世・あの世・来世」の記憶・体感から成り立つ、認識がまったく違うからだ。

僕たちそれぞれの情報時空の中に存在する、「前世・あの世・来世」の概念は、うまく使えれば、僕たちのライフスタイルの人間関係において、快適化させるために活用できるし。「前世・あの世・来世」概念が、マイナスに働くと、僕たちのライフスタイルは、不安と悩みに苦しみ続ける、他の誰かの奴隷のような形で、生きるだけになると言うことなのだ。

「前世・あの世・来世」呪縛からの脱出方法

僕たちの情報時空の中で、不安と悩みが発生する根源を、悪徳系霊媒師やヒーラーによって、「前世・あの世・来世」にまで認識させられてしまった場合からの、脱出方法は・・・。2つある。

1つ目は、「前世・あの世・来世」というものは、物理時空の中には一ミリたりとも、一滴足りとも、存在しないということを理解すること。

僕たちの情報時空の中だけにあり、世界で統一された基準は無く、それぞれの情報時空の中の記憶・体感に基づく認識によって、「前世・あの世・来世」の捉え方がまったくちがうということを俯瞰レベルを高めた状態で、理解すること。

2つ目は、情報時空の時間の流れを、みらいから現在に、現在から過去に、真逆に認識することにある。

北野会長:「答えはすべてみらいにある!(キッパリ)」

「地下ソサエティ」の謁見宴(ディナー)で放つ北野会長のお言葉のように、「自分の情報時空の中で、時間は過去から現在、現在からみらいへと流れているのではなく。時間はみらいから現在、現在から過去に流れているのだ。だから、過去に起こったことが、みらいに起こるとは限らない。みらいは常に白紙で、みらいは今の決断の繰り返しで、これから新たにつくられるのだから!」

・・・と、自分の情報時空における時間の流れを、逆にしてしまう。

生まれて今日まで、生きてきた中の、過去のできごとでさえ、みらいの決定に関係無いのだから。生まれる前の「前世」というものは、もっと関係無くなる。

仮に「前世」という認識を導入していたとしても、

「前世」の私は生まれてすぐに、飢え・病気・怪我で死んだのだから、飽食の今の時代に生まれ変われて、超ラッキー!思う存分、過去を振り返ることなく、みらいから現在、現在から過去に流れる時間の流れの中で、白紙のみらいを謳歌しよう!」

・・・ということになる。「前世」を認識していようが、認識していまいが、みらいから現在に、現在から過去に流れるという時間軸を情報時空に導入していれば、「白紙のみらい」を謳歌できるのだ。

すると、情報時空の中で、不安と悩みが発生することは緩和され。それに伴い、情報時空の不安と悩みから影響がある、物理時空の身体の症状も緩和される。

悪徳霊媒師や悪徳ヒーラーからの、「呪縛」「洗脳」から、抜け出せることになる。

以上、僕たちの心を構成する情報時空。僕たちの身体を構成する情報時空。人間関係における、不安と悩みが連動して、様々な問題を引き起こす。「前世・あの世・来世」という、情報時空上の時間認識と、不安と悩みとの連動について、言語化をさせて頂いた。

仕事、家族生活、余暇を謳歌するための参考までに!

追伸

過去からみらいに流れる情報時空の中の時間。みらいから過去に流れる情報時空の中の時間。俯瞰レベルをひとつ上げた状態で、両方の時間を見れる。

たとえば、過去からみらいに積み上がる、信用・信頼・評価を見る時。たとえば、過去にとらわれず、常に新しいそのものを見る時。このように、両方の時間を体感でき、俯瞰レベルが高い状態から、見れる御方が大富豪になれる。

やはりここでも、「手のひらの表と裏」。「陰」と「陽」の共存に、大富豪の持つ時間の真理があるかもしれない。

追伸2

人生の中で主に関わる、仲間、恋人、友人・・・・自分。「門学」によって、俯瞰レベルが高い状態から、言語化された彼ら・彼女たちを、理解することで。必要以上に「期待」しなくなる。

彼ら、彼女らは、ありのままで生きていることが分かるようになる。だから僕たちは「門学」を通して、研究を続けている。

「門学」は「門総合研究所」の中で研究が続いている。自分のこと、自分と関係を持つ恋人、親友、仲間・・・情報時空の中で、彼ら、彼女たちとの人間関係を、ブロガーとして日々言語化して行くと、徐々に俯瞰レベルの高い状態から、自分と、自分と直接関わる人たちを見れるようになり、みらいから現在、現在から過去へと、時間が流れていることも体感できるようになる。

結果として、過ぎ去った過去に固執することなく、未来に向けて決断できるようになる。ブロガーとしての言語化は、平城寿と共に「情報資産倶楽部」こと『平城式Facebook2.0』の中で仲間たち共に研究を続けている。

北野会長の時間の流れ、普通とは違う「情報時空」の世界。「期待」どころか、常に「ワーストケース」で想定する思考。

サッチェルをはじめ、仲間たちとともに、「地下ソサエティ」の中で北野会長から謁見宴(ディナー)を通して直接教わる形で学んでいる。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】実力偏差値50以下→結果偏差値70の高校合格裏舞台

【帝】実力偏差値50以下→結果偏差値70の高校合格裏舞台

キッカケは1年時に保健室で入手した一つの情報だった・・・ 問い合わせ:「孔明さん、一体何をどうやったのですか?」 「孔明さん、

門で本当の己を知ると人生は変わる
団塊の世代、50代、40代、30代、20代それぞれの傾向を言語化

団塊の世代、50代、40代、30代、20代それぞれの傾向を言語化

2004年から2018年の今日まで、僕はインターネットの中を中心に活動。さらには、1999年~2010年までの約12年間正社員

門で本当の己を知ると人生は変わる
3人の月財門が理解した古の英霊諸葛亮孔明の持つ羽扇の意味

【帝】3人の月財門が理解した古の英霊諸葛亮孔明の持つ羽扇の意味

「そうだ、結局僕たちが裏切られたのは、僕たちが悪かった・・・。原因はすべて僕たちにあった・・・。」   ロイヤルハワイアンショ

門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】「門」を知ると途端にビジネスがうまくいく理由が分かる生ログ

【帝】「門」を知ると途端にビジネスがうまくいく理由が分かる生ログ

「地下ソサエティ」プラチナの経営者山下さん(仮称)と、個別で門について語り合った時の実際のやりとり公開させて頂く・・・。 「門



dept