借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ひとり社長のための錬金術倶楽部

売り込まずに売れる情報時空の「商品戦略」設計図公開

level006
売り込まずに売れる情報時空の「商品戦略」設計図公開

・物販ビジネスの「商品戦略」

メーカーの香港支社、中国支社勤務時代、僕が企画して商品化したオリジナル商品。
  
世に送り出した物販商品・・・年間約数百アイテム。

  • 金型
  • 生産
  • アジア限定商品パッケージ
  • 説明書

・・・その全てを同時調整しての年間約数百アイテム。
 
同支社の商品点数で言うと、歴代ダントツナンバーワンだった。

しかも、その全てが、ただの一つも在庫を自社に残すことなく、売り切ってしまった。
  
メーカーとしては、通常あり得ない画期的な「商品戦略」がその背景にあった。
 
この単純明快極まり無い商品戦略によって、香港支社在住は、一年たりとも欠かすこと無く、歴代レコードハイ。
 
中国支社移動後も、20年間億単位の赤字だっったところ、たったの6ヶ月間で億単位の黒字化させる。
 
副業ビジネスでも、健康系商品の物販を手がけたが、ただのひとつも在庫が手元に残ること無く、サラリーマンの年収を遥かに超える利益を叩き出した。

・情報販売ビジネスの「商品戦略」
 
2004年~2019年に至るまでの約15年間・・・。
 
お金系、恋愛系、健康系、スキル系、全ての分野に置いて、情報商品をメーカーとしてゼロから企画・作成して世に送り出す。
  
種類は30を超えるが、その全てが利益化してしまった。
 
情報なので、当然ながら無在庫。
 
売れれば売れるほど、利益が積み上がる状態。
 
ただのひとつたりとも、売れなかった情報商品は無い。
 
副業活動の段階でも、「億り人」になった。

・サービス販売ビジネスの「商品戦略」

「門鑑定」スキームはじめ、数々のサービス提供型商品をメーカーとしてゼロから企画・作成して世に送り出す。
 
その全てが利益化してしまった。
 
情報と同じく、サービス提供型なので、当然ながら無在庫。

サービス提供者の、労働力に紐ついた限界数量はあるが、売れれば売れるほど、利益が積み上がる状態。
 
ただのひとつたりとも、売れなかったサービス提供型商品は無い。
 
このスキームを構築したことで、数多くの方々が、サラリーマンの年収を超えるようになった。

モノ、情報、サービスの3種類から成る商品。
 
なぜ、モノでも、情報でも、サービスでも、ゼロの状態から商品化して、世に送り出すことができるのか?
 
なぜ、お金、恋愛、健康、スキル、ありとあらゆるテーマでゼロの状態から商品化して、世に送り出すことができるのか?
 
リアルでもネットでも。自分で販売する商品、第三者のための商品プロデュース。
 
これまで、メーカー的な立場で、ゼロ状態から商品化。
 
そのどれもを、収益化させることができたのか?
 
商品を販売できることと、メーカーとして商品をゼロから創り世に送り出せることは別物。
  
実はここには、真田孔明流の「商品戦略」という「設計図」が存在する。
 

追伸

「5ポケッツ」+修羅の美学「百の言霊」(LINE@)
https://kitasociety.com/lp/5pockets_line2/

5poketsQR


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
セミナー来場予定者たったの4名と聴いて呆然

セミナー来場予定者たったの4名と聴いて呆然

「受講申込み沢山来てますね!」・・・とよく見たところ、会場参加はたったの4名。。   何度も目をこすって画面を見直して見たが、

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
20年の集大成「設計図」が白日の下にさらされる

20年の集大成「設計図」が白日の下にさらされる

なぜ、僕たち2人は、いまだ存続しているのだろうか? 時間と場所の自由を持ち続けることができるのか?   それは、いかなるビジネ

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
4月21日(日)発~22日(月)着の便でメルボルン来れますか?

4月21日(日)発~22日(月)着の便でメルボルン来れますか?

22日(月)11時平城寿@SOHO邸近くのホテル(孔明宿泊)ロビー集合。 24日(水)までの2泊3日に渡り社長のための『黒虎黙

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
世界の「基準値」をインストール頂く2時間++

世界の「基準値」をインストール頂く2時間++

僕の2人の娘たちが、物心ついた時には既に海外に住んでいた。   僕が勤務していた会社の転勤により香港からスタート。   当時勤



dept