借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

「お金」1円も使わずどこまで生きられるのか?

level001
「お金」1円も使わずどこまで生きられるのか?

今日のお話の目次
・なぜ「お金」は園児をも喜ばすことができるのか?
・既に「お金」持っていても「お金」に喜ぶ子供
・フルボッコ我慢して「お金」を選択した幼年期
・孔明長女が道で拾った「お金」が大問題に発展
・赤ちゃんでも警察呼ぶイトーヨーカドー
・「お金」が一切必要ない「信仰」はあるのか?
・高僧になるまでに4,000万かかった法師

・男と女「真実の愛」と「お金」の相対関係
・「お金」1円も使わずどこまで生きられるのか?
・絶対的なルール「お金」で成り立ってる世界
・起きてる事実を客観的に数値化・言語化
・日本は世界一誰にでも平等にチャンスのある国
・A.I.に完全管理されるまでお金はなくならない

一体誰がこんな凄い仕組みを考え、世の中に広めたのか?

改めて考えれば考えるほど、物凄い仕組みだと思う。

「お金」

ゴゴゴゴゴゴ

なぜ「お金」が今のようなあり方になったのか?

歴史は常に勝者が自分に都合よく創るわけなので本当の経緯は分からないが。

物心ついたばかりの幼稚園児から、ボケる直前の年老いたおじいちゃんまで、みんながみんな心の奥底から「お金」を欲しがってしまうのだから。

なぜ「お金」は園児をも喜ばすことができるのか?

両親交えた家族ディナー。

孔明のママが自分の孫にあたる保育園に通ってる孔明弟の子供にお小遣いをあげた。

孔明のママ:「この子はまだコインの方が喜ぶからね!」

と100円玉を10枚位あげていた。

子供はメチャクチャ喜んでいた。

お金の金額がどのくらいなのかはわからないにしても、園児が「お金」に喜んでることは確か。

冷静に考えると物心ついたばかりの園児でさえ、「お金」を欲しがり、もらうと喜べるというのは凄いことだと思う。

だって、大多数の園児を持つ両親は、彼らに対して、「お金を欲しくなりなさい!」とは教えてないはずなのだから。

誰も何も教えてないのに、どこの家の子も勝手に「お金」が好きになってしまう。

好きの度合いは人によって大小あるが、「お金」をもらってニッコリしたり照れたりしたりしない子はいない。

一体これはどういうことなのだろうか?

既に「お金」持っていても「お金」に喜ぶ子供

例えば、僕の実の子供たちが「お金」を好きになったのはいつからなのか?

少なくとも僕も妻も子供たちには「お金を好きになりなさい!」とは過去に教えていなかった。

我が家の場合は、長女誕生と同時に孔明パパ奮闘。

二足のわらじでガンガン稼げるようになり。その余韻もあり、子供たちは生まれてから今日に至るまでただの一度もお金に困ったことがない。

子供たち名義のお金もある程度・・・

銀行口座の残高は子供たちの平均残高としてはゼロの桁が違うと思う。

・・・にもかかわらず、未だに子供たちにお小遣いをあげると子供たちは嬉しそうな顔をする。

これは一体どうしてなのだろうか?

次にさらに年月をさかのぼり僕自身の幼年期を思い出してみよう。

フルボッコ我慢して「お金」を選択した幼年期

メチャクチャお金好きだったと思う。

好きすぎて両親共働きなのを良いことに、「お金」が置いてあるところから勝手に万札を控えめに1枚だけ取り出して。万札握りしめ、1人で切符を買って東横線に乗って渋谷や横浜に買い物に行っていた。

弟はまだ赤ちゃん、犯人は僕一択。

当然、両親に見つかり、フルボッコにされた。

しかし、フルボッコを我慢してでもお金を選択する・・・

それだけ「お金」は幼少期の僕にとっても魅力的だったようだ。

孔明のママは小学校の先生一筋。

69歳超えた今なお再雇用の継続で現役。

小学校の先生継続率だけみるとかなり上位の方ではないだろうか?

そんな日本教育の権化とも言える孔明のママから、僕が幼い頃から「お勉強しなさい!」とは何度も言われたが、「お金を好きになりなさい!」とはただの一度も言われたり教わったことがない。

何度も言われ続けた「お勉強」の方は好きになれず、運動方面に逃げた僕であるが。ただの一度も教わったことのない、「お金」の方は大人になった今日に至るまで一度も嫌いになったことがない。

これは一体なぜなのか?

孔明ママから「お金」好きになる絵本を読み聞かされたわけでもない。

当然本やセミナーで「お金」を学んだわけでもない。

にも関わらずなぜこれほどまでに「お金」を好きになってしまうのか?

人類史上「お金」ほど大きく継続したブームであり続けたものは、「お金」の後にも先にも無いのではないか?

世の中の園児に対して「大学行けるよ、行きたい人!」と尋ねても全員が手を挙げるわけでない。

でも今すぐ「お金あげるよ!」といえば全員が欲しがる。

「教育」一切なしに人類全員が「お金」を好きになるって一体どういうことなのか?

孔明長女が道で拾った「お金」が大問題に発展

長女がジョホールバルの日本人学校に一年だけ通ってた頃、購入したMolek Pine3が未完成だったので当時はストレイツビューコンドミニアムに住んでいた。

そのコンドの敷地内にて。学校から帰ってきた長女が、クラスの同級生たちと遊んでいた際、長女はラッキーなことに50リンギット札(約1,300円)を1枚、道で見つけて拾ったようだ。

財布を拾ったわけではなくどこかから風で飛ばされてきたたった1枚のお札。

お札に名前が書いてあるわけではないので、当然持ち主は絶対に分からない。

そこで、一緒にいた同級生たちに「財宝山分け」的に売店でおごってあげたところ。みんなワクワクドキドキしながら大喜びで盛り上がってたと言う。

しかし、子供たちが帰宅後それぞれの両親に楽しそうに報告したところ。これが大問題へと発展してしまったようだ。

「拾ったお札を子供たちだけでみんなで使ってしまうなんて!(激怒)」

学校の担任をも巻込む「大事件」へと発展。

大人たちによる話し合いの結果、子供たちの両親がそれぞれ使った分のお金を出し合って合計50リンギットに。そして、名前も書いてない1枚の50リンギット札を、孔明長女が拾った元の場所に戻す結末となった。

たった1,300円程の床に落ちてた「お金」でさえ、これだけ多くの大人たちの感情を動かす大騒動へと発展できる。「お金」には物凄い力量ありけり。

1,000円でも、500円でも、100円でも、子供・教育・お金の三角形が絡む問題は往々にして、多くの大人たちをも巻込む巨大な問題へと発展する。

それぞれの大人たちが各々に持ち合わせている「お金」に対する見解や正義がぶつかりあった結果。大抵は全員が「お金」を放棄するという結末になる場合が多い。

そして「お金」に関わってしまった子供たちは大人たちからとてもとても怒られる。

赤ちゃんでも警察呼ぶイトーヨーカドー

大学4年生の部活引退後、卒業旅行行くために、10日程度ではあるがイトーヨーカドーの紳士服売場のアルバイトしてたことがある。

事務室を通って退店する時、赤ちゃん上がりの幼い子が万引したからと警察呼ばれていた。

このように、「お金」を支払うことなく商品を勝手に持っていくと万引。

飲食店で飲み食い後「お金」払わずに出ると食い逃げ。

どちらも赤ちゃんでも警察沙汰に成り得る問題。

「お金」って恐ろしい。

大人には怒られるし、警察沙汰にまで発展する。

裁判も結果はお金で解決。

神様仏様にお祈りしなくても怒られない時代だが。「お金」に対しては全く別物である。

「お金」は怖い、恐ろしい!

この「お金」の持つ「恐怖」そのものが、老若男女全員が「お金」に魅了されるヒミツなのだろうか?

神や仏への信仰と「お金」の相対関係

神や仏の信仰とお金の関係も考察すると面白い。

「お布施するほど「徳」が積み上がるポイント制度」

仏教もキリスト教もその経典的なものの中に、欲張り商人が持ってる財産全部放棄したところゲダツして敬遠なる信者になった

・・・的な物語がサブリミナル的にそっと差し込まれてる。

「お金」という汚いモノを放棄すればするほど、神や仏の御加護があるという理屈は、「物語」は違くてもどちらも全く同じである。

神も仏も両方とも面白い仕組みを採用している。

信者度が深くなればなるほどに、「お金」を教団にお布施することを喜びと覚える。

「お金」を中心に全財産寄付として差し出せて、はじめて正規信者になれる。

チビチビと中途半端お布施の方々は正規でなく信者候補でしか無い。

神と仏のご加護がしっかりあるのは全財産差し出した正規信者のみ。

片足ツッコミ程度の信者への御加護はちょっとだけ。

お布施すればするほど「徳」が積み上がっていくポイント制度の神と仏。

「お金」と「徳」とは反比例。

「お金」を神と仏に放出すればするほど「徳」が上がっていく。

神派でも仏派でもどちらでも共通して、沢山お布施すればする程、上級信者になれる。

「お金」を持てる力がありながら、あえて寄付する度量と器量が、死後にあの世に行った後、または次の生まれ変わり時、神や仏の御加護ポイントに交換される。。

現世は全て差し出されよ、さすれば子孫に徳が残り守られん。

あの世に行けば現世で貯めたポイントで贅沢な生活できる。

来世に生まれ変わった時も「人間確定だ!」

「お金」が一切必要ない「信仰」はあるのか?

信者側にはお布施を促す神と仏の道。

運営陣は全く別のおとなの事情が沢山ある。

集まったお金をどこか恵まれない国や地域の子供たちなどに全額寄付するのではない。

御神体、お仏像、建物や印刷物様々なものをグレードUPするため沢山「お金」がかかるのだから。

「お金」が無ければ神と仏の形そのものも成り立たない。

ということは、「お金」は神と仏を超える万能的な存在なのか?

「お金」が一切必要ない「信仰系」がないか探してみたことがある。

しかしただの一つも存在しなかった。

神も仏も全てがお金の管理下に置かれているようだ。

例えば、お金の代わりに拾って大切にしていたドングリをお賽銭箱に投げ込もうものなら、「バチ当たり行為!」運営側から怒られてしまう。

コインかお札以外でお賽銭箱が受け付けてくれるものは宛名のない「小切手」だけなのだから!

高僧になるまでに4,000万かかった法師

真言密教で10歳から修行をはじめ、高僧になった法師がジョホールバルの僕のオフィスに寝泊まりしてる。

H法師は以前に購入したMolek Pine 4とフィリピンの物件を賃貸に出して、そのささやかな収入で生きるという循環で生きている。

ちなみに仏門の世界で彼がその地位に昇るまでに、なんとご両親は累計4,000万円も学費兼お布施を払ったようだ。

仏門の世界での出世も「お金」はとても大切である。

男と女「真実の愛」と「お金」の相対関係

男「お金じゃないよね、愛だよね!」

女「うん。私もそう思う、大スキ!」

親に養ってもらってる大学生時代。

このような微笑ましい男女の語り合いが成立する時代。

しかし、大人になって社会に出た後、様子が変わってくる。

男→夫「お金じゃないよね、愛だよね!」

結婚後、妻が優雅に暮らせる程稼げてない状態の時に夫が言うと、背中に妻の殺意を感じる日々を送ることになる。

つまり

夫「お金じゃないよね愛だよね!」

これを言えるのは既にお金持ちになった夫が、妻にブランド品を買ってあげるお会計をする時だけである。

女「どのくらい私の事スキ?」

男「大好きだよ!」

学生の頃は言葉だけでも女は受け入れてくれる。

しかし、無料お試し期間が終わり、社会に出て結婚した後は、「大好きの大きさ」を、物資並びに現金の質や量と共に立証し続けないと。

「信仰心=愛」が少ない・足りないと、たちまち妻の心は夫から離れて行ってしまう。

「真実の愛」の認識が男と女では大幅にずれているようだ。

身を粉にして働き続け手に入れた物資並びに現金を、どれだけ思い切って沢山妻にお布施することができるのか?

それを気持ちを込めて、なおかつ後腐れ一切なく渡すことができるのか?

器量と度量の両方が求められるのは、男から女への愛と神や仏への信仰心は、似てるところがあるのかもしれない。

「お金」1円も使わずどこまで生きられるのか?

神も仏も男女の愛も考察すればするほどどちらも全て「お金」の管理下にあるようだ。

男「「お金」なんていらないよね!「お金」無い世界、2人きりの愛だけを貫き通そう!」

これに「ハイ!あなたと一緒ならどこまでも!」とついて来てくれるボーイズ漫画とアニメ中にだけ登場するファンタジーな女子が奇跡的に現実に存在したとして。

本当にただの1円も使わずに、どこまで生きられるのか?

試してみてはいかがだろうか?

ちなみに自分は1円も使わないけど他人にお金を使わせる行為もお金に屈服したことになるのでダメ。

自分と他人のお金もただの1円も使うことなく今の時代生きられるのか?

まず、電気代と通信費が必ずかかる僕たちの大好きなスマホとは永遠にサヨナラ告げる必要がある。

これは寂しい。。

当然家賃は払えないので住む家もなくなる。

絶対に誰も来ない山奥でサバイバルすることになる。

他人から施してもらうのも、奪うのもダメ。

その第三者がお金を使って手に入れたものであれば、所詮は「お金」の枠組みから出てないのだから。

誰の所有権の無い場所から動植物を採り自分の食事とすることになる。

「お金」とのご縁を完全に断ち切らなければ「お金」なんて要らないと言えないから。

陸続きの場所だと、真夜中にコッソリ人里に繰り出し窃盗したりする保証は無いので、お金なんて要らないを立証するために、まずは無人島に泳いで渡るところから。

さらにその無謀とも言える日常について来てくれる女子を探せなければ・・・

「お金じゃなくて愛だよね!」の男性視点の「真実の愛」とやらが実在するのかどうか?立証できない。

そうだ、忘れていた。

無人島に渡る前に、これまで着ていたユニクロの洋服も下着も全部捨て去らないと。

「お金」なんか要らないを立証できない。

  • サバイバルナイフ
  • ロープ
  • 浮き輪
  • ボート

自分か誰かが過去に「お金」で買ったものは一つも持参してはダメ。

そうしないとスタート時点から「お金」に屈服、負けが決定づけられる。

つまり、「お金なんか無くても生きていける!」を立証するためには。完全全裸で小屋も家も無い、無人島からスタートすることになる。

するとまず一日の大多数を、その日食べられる動植物を採るところに費やさねばならないことが分かる。

その状態で神や仏に祈っても何も起こらない。

「お金」あっての神や仏なのだから。

絶対的なルール「お金」で成り立ってる世界

「お金なんか要らない」

一円も使わずに生きようとすればどうなるか?

考察した時に、改めて「お金」のありがたみが分かるかもしれない。

神仏も愛も気持ちも、人と人との協力も分業も、すべてどこかの誰かが創り出した「お金」という概念が元になって成り立ってることが分かる。

「お金」という絶対的なルールがこの世にある上で、神も法も国も成り立ってることが分かる。

起きてる事実を客観的に数値化・言語化

「東大入りたい?」と尋ねても、クラス全員手を挙げてくれるわけじゃない。

でもお金だけは物心ついた幼稚園児からボケる前の老人まで全員欲しがっている。

誰も教育しなくても幼稚園児でも誰かから「お金」をもらえば嬉しい気持ちになれるし。

死が近くなるお年寄りまで「お金」をあの世に持ってこうとしてるのでは無いかと思うぐらい最後の最後まで「お金」に固執している。

つまり、いつも僕が「お金」を手に入れようとすると大変だよ!

おとなの偏差値68、年収1,000万、27分の1

おとなの偏差値77、年収2,000万、250分の1

逃げてたら達成絶対ムリだよ!

これは何もイジワルで言ってるのではなく。単に世の中で起きてる事実を客観的に数値化・言語化してるだけ。

ネット見てると月収500万が簡単に聞こえちゃて夢見てる人多いので夢や希望から目を覚ましてほしいから。

日本は世界一誰にでも平等にチャンスのある国

言葉を受け取る側の今の状態によっては厳しいことを言うかもしれないけど。それぞれの年収というものは別に不平等でもなく、誰でも上に行けるし誰でも下に行けるのでそういう意味では平等。

特に日本では世界にも稀な「新規創業融資」などパパやママがお金持ちでなくてもゼロから上を目指せる仕組みが全部整ってるので、そういう意味では、世界一平等。

そして、今のそれぞれの年収の状態は、過去の人生で歩んだ経緯。

クリティカルに「脳のOS」に基づく「考え方」や日々の言動を見てみると、ちゃんとそれぞれみんな、相応の年収になっている。

逆に、例え両親が金持ちでも考え方ダメだとちゃんと自分の代でドンドン落ちていくし。

年収というのはたまに偶然の異常値が出たとしてもすぐに補正されるようなので、10年という中長期で眺めた時には、意外とみんなそれ相応の年収で落ち着いて行くことがわかる。

その中で、ご自身はどうするのか?

問われているのである。

A.I.に完全管理されるまでお金はなくならない 

人類にとって幸か不幸か?

A.I.にでも完全管理でもされない限り。お金がなくなる世の中にはなりそうにない。

そんな中、「お金持ち」になる考え方を持って行動するか?

それなりを維持し続ける考え方を持つか?

貧乏になる考え方を持ってどこまでも逃げていくか?

全て自分の「成功=シアワセ」の目標と、考え方と言動次第。

「おとなの偏差値」68、年収1,000万、27人で1つの席を取り合う領域。

「おとなの偏差値」77、年収2,000万、250人で1つの席を取り合う領域。

その状態を偶然ではなく必然的に継続させるのは確率論的にはとても難易度が高い困難なこと。

それを夢や希望ではなく達成できる目標に変えるべく、日本一の「無敗継続のOS」をテーマに学んだり研究し合ったり。

僕たちがメンバーとして秘密裏に活動してる「地下ソサエティ」


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「鹿島アントラーズ」の試合観戦@ジョホールバル

「鹿島アントラーズ」の試合観戦@ジョホールバル

「ジョホールの歓喜」の舞台になった「ラーキンスタジアム」にて日本の「鹿島アントラーズ」とジョホールバルの「DARUL TAZI

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】「ジーク◯◯!」+211万3,991円「居合抜き」一撃メンバー

【帝】「ジーク◯◯!」+211万3,991円「居合抜き」一撃メンバー

僕の「居合抜き」一撃+20万9,964円が色あせた。日株式相場を眺めていると、面白い現象を発見することがある。。。今日も再び・

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】お金は後ろからついて来る「矛盾」の言語化に挑戦してみた

【帝】お金は後ろからついて来る「矛盾」の言語化に挑戦してみた

お金は目の前には存在しない。目の前に見えるお金は、砂漠の蜃気楼と同じく幻だから、手を伸ばして取りに行ってはならない。 お金とい

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
理解度が深まるほど熱い「元本返済のいらない不動産投資法」

理解度が深まるほど熱い「元本返済のいらない不動産投資法」

北野流「元本返済のいらない不動産投資法」北野会長との謁見宴(ディナー)の中で、これまでも何度かお話が出てきた手法・・・。 はじ



dept