借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

名刀「正宗」を超える日本刀は出現するのか?圧倒的な価値の格差を生む「情報時空」 

level006
名刀「正宗」を超える日本刀は出現するのか?圧倒的な価値の格差を生む「情報時空」 

「物理時空」だけを感じ生きていると、どんどん貧乏に・・・。

「情報時空」を活用できるようになると、お金持ちに・・・。

貧乏状態から脱出して、お金持ちになるために、「情報時空」の力を知る。

組織の中の、上司・同僚たちから、独立起業した後のお客様から。仕事という枠組みの中 周囲から認められて、労働時間あたりの収入を上げたいのだとしたら。「情報時空」の力を知り、使いこなせるようになることが、一番の近道となる。

残業や徹夜をしてまで働き続けて偉いですね!

多くの方々が勘違いしてしまっている。

「仕事の価値」というものは、「物理時空」における作業量的なものにあると・・・。

だから、「残業や徹夜をして沢山働いた・・・」自らの「仕事の価値」を周囲から高く評価してもらうことを、望み続ける。しかし、確かに周りの方々は、

「残業や徹夜をしてまで働き続けて偉いですね!」

と、ねぎらいの言葉はかけてくれるかもしれないが。その仕事の延長上に、会社の組織の中で、認められて、出世に結びつくことは無い。

独立起業した外の世界においても、お客様が増加したり、お客様のリピーターが増えることは無い。

つまり、「残業や徹夜をして、沢山働いた・・・」ということは、残業代をフルカウントしてくれる「奇跡の会社組織」で勤務している以外は、直接の収入UPに結びつかない。

残業代フルカウント可能な、「奇跡の会社組織」で働くことができたとしても。一日10時間当たりの、労働時間*時給の限界という、物理的な障壁によって、それ以上の収入UPは
望むことができない。厳しいが現実。

それでは、なぜ「物理時空」ではなく、「情報時空」の力を知り、使いこなせるようになることが、「収入UP」に一番の近道なのか?

「物理時空」と「情報時空」の力の違いを、「日本刀」を例に挙げて言語化に挑戦したい。

日本一の名刀「正宗」の逸話

古の「名刀」といわれる「日本刀」。鎌倉時代に、相模国鎌倉で刀工をしていた「正宗」。

刀工「正宗」が造りし名刀「正宗」と言えば、日本人であれば誰でも知っているのではないだろうか?

刀工「正宗」死後も、名刀「正宗」を超える名刀は、後の世に現れることがなかったとも言われるほどの伝説。

天の時を知り、人の技術が結晶化した名刀「正宗」。これに対する形で、後の世に「村正」という名刀も生まれる。「村正」の斬れ味は、名刀「正宗」を凌ぐと評価された。

しかし、その「村正」でさえも、名刀「正宗」の伝説を超えることはできなかった。

「水の流れに「正宗」「村正」両刀を立て、川上から「枯葉」を流す。「村正」は見事に枯葉を両断。枯葉は「正宗」を避けて流れ去った。」

名刀「正宗」の持つ斬れ味を圧倒的に超越した何か・・・を表すエピソード。

圧倒的に斬れ味の鋭い名刀、「斬る」という刀の目的を追求した「村正」は、ひたすら殺人の道具に特化してしまい、その域を出ることはなかった。

対して、名刀「正宗」は、孤高の存在の如く、「日本刀」という領域そのものを、超越してしまった。

上杉謙信:「生を必する者は死し、死を必する者は生く」

名刀「正宗」は、「日本刀」として、斬るために生まれながらも、斬ることを超越。名刀「正宗」は小さな自分一人の身を守るために人を斬るのではなく、国と民を護るために、人を斬らなかった。

名刀「正宗」ははじめからそこにいて、そこから一歩も動くことは無かった。

後にも先にも、超える「日本刀」はいないとされる、日本一の名刀「正宗」にまつわる逸話である。

名刀「正宗」を超える日本刀は出現するのか?

「折れず、曲がらず、良く斬れる」

「日本刀」3要素を、非常に高いレベルで同時に実現させた「日本刀」を制造ができる技術を持つ、「日本刀」の刀工が現代にいたとする。

日本刀の原材料となる、鋼の製法、選定、刀剣の鍛錬において、全て完璧なスキルを持っている名工だ。

彼の造り出す日本刀は、名刀「正宗」を超えることができるのか?

そもそも論で、名刀「正宗」の「物理時空」の、本当の力量はどうなのだろうか?

けれども、「折れず、曲がらず、良く斬れる」・・・という3点を、永久に確認することは不可能。古刀の実物から、試料を取って分析することなどが、不可能な状態。

鎌倉時代に造られた名刀「正宗」は、「折れず、曲がらず、良く斬れる」という「物理時空」の刀としての力量を、永久に確認することはできない。

けれども、実際は確認するまでも無い。「物理時空」で数値面として測れる部分で見た場合、

「折れず、曲がらず、良く斬れる」

・・・という点では、現代の刀工が造り出す日本刀の方が、名刀「正宗」よりも、圧倒的に上であることは間違いない。

けれども、

  • 伝説の名刀「正宗」
  • 現代の名工が造る「無名の名刀」

それぞれの、日本刀を握り構えた時、構えた本人のパワーアップする力。対峙した相手に与える影響力。どの面から見ても、「物理時空」の数値が圧倒的に低い名刀「正宗」の方が、自分・他人に与える、影響力は大きいのである。

現代の名工が造る名刀は・・・「物理時空」の事実としては、歴代の日本に存在した、どの刀よりも物凄く優れた斬れ味を持った名刀だったとしても、「物理時空」の事実だけを、鍛錬し磨き上げる形で、最強の日本刀を造り上げることに、成功したとしても、どの名刀でさえ、古の名刀「正宗」を超えることはできない。

斬れ味・殺傷力だけを追求した妖刀「村正」さえ、超えることはできない。なぜなら、名刀「正宗」には、「物理時空」の事実を超越した、圧倒的な、「情報時空」の「物語」が、存在している。

「物語」は、日本国内において、「日本刀」というものの、存在・使命・役割が、圧倒的に高かった時代に、創出された。

多くの日本人の「情報時空」よって、伝説の名刀「正宗」として認識された。この時点で、「正宗」は最強の日本刀という圧倒的な地位を手に入れたのだ。 

だから、たとえその後に、「物理時空」の「折れず、曲がらず、良く斬れる」という部分では、名刀「正宗」よりも優れた名刀が出現しようとも。名刀「正宗」を超える超える「名刀」になることは無い。

たとえ、「物理時空」の「折れず、曲がらず、良く斬れる」名刀を造り出す技術という部分では、現代の名工が造る名刀が、圧倒的に凄かったとしても、「情報時空」上の力・・・存在・使命・役割・認識・・・この部分で、名刀「正宗」を超越することは不可能。

つまり、後にどんな「名刀」が、名工によって造られようとも。引き続き、日本一の名刀が「正宗」のままであるし。現代の「お金」を基準にした、売買価格という部分でも、

現代の名刀50万円 < 伝説の名刀「正宗」◯◯億円???

実に数千倍〜1万倍もの格差が生まれてしまうのだ。

圧倒的な価値の格差を生む「情報時空」

「日本刀」を例に挙げて、「物理時空」の実力よりも、「情報時空」で認識されている力の方が、存在・使命・役割・影響力・付加価値・・・どの面から見ても、圧倒的に、「情報時空」の力が勝っていることが分かる。

名刀「正宗」の一例からも分かる通り。「物理時空」の機能よりも、「情報時空」で表現される「物語」の方が多くの人々からの存在・使命・役割・認識も高くなり、自ずと価値も高くなる。

また、「物理時空」の機能でさえ、「情報時空」の情報に変換された時、はじめて価値となる。

つまり、「物理時空」の機能・スキルでさえ、「情報時空」に存在するとも言える。「情報時空」は、限界雇用と限界費用の概念が働かない世界。

「情報時空」での付加価値が、「物語」とその認識によって、どんどん上がっていくと。「物理時空」に戻した時に、数十倍、数百倍、数千倍、数万倍・・・レベルの価値の差が発生するようになる。

つまり、仕事という枠組みの中周囲から認められて、労働時間あたりの収入を上げたいのだとしたら。

「物理時空」の事実的なものの数値を、必死になって上げていくよりも、「情報時空」の力を知り、使いこなせるようになることが、一番の近道となるわけだ。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】「付加価値」を生み出せると収入の限界突破ができる

【帝】「付加価値」を生み出せると収入の限界突破ができる

すべての「仕事」は、「付加価値」を生みだすから「仕事」と認識される。自分が働くことで、物事に「付加価値」がつくから、「仕事」と

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
独身男女向け『プロフィールカード』

独身男女向け『プロフィールカード』

こんにちは、平城です。  今週末に迫った『エデンの園 in 東京』の「夜の部」に開催する、独身男女向けの交流会「エデンの晩餐会

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
ブロガーとして結果を出せる人、出せない人の違いは「学生時代」にあった

ブロガーとして結果を出せる人、出せない人の違いは「学生時代」にあった

なぜ、ブロガーとして結果を出せる人、出せない人、これほどまでに大きな格差が開くのだろうか? ・・・その理由は、学生時代の過ごし

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
1人の『女優』が誕生しました!

1人の『女優』が誕生しました!

平城寿@SOHOです。 先週末はシンガポールでの『命運の成幸フォト撮影会』でした。シンガポールで開催するのは今回で3回目。 



dept