借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

人間関係に希薄な時代こそ重要な『義理人情』

level001
人間関係に希薄な時代こそ重要な『義理人情』

「ウィンドウズ95」誕生以来、インターネットが普及。
 
その後、メール、Skype、SNS、チャットなどの、インターネットを介したコミュニケーション手段が台頭。
 
人と人とが顔を合わせて語り合う機会も大幅減ったことで、人間関係が希薄になって来た。

仕事仲間だけでなく、家族や恋人でさえ、オフラインで語り合うよりも、オンライン上のチャットを通してコミュニケーションを取る機会の方が増えて来るほど、人と人とのつながりが、ゆるく、機械的になって来た。
 
けれども、そんな時代だからこそ、際立つのではないだろうか?
 
それが、「義理人情」に厚く生きる道である。

3つの要素から成る「信用三角形」

 
香港島が一望できるステーキレストラン。
 
ファーザーが教えて下さったのは、「信用構築の三角形」。
  
お金持ちというものは、お金を稼ぐのがうまいという面の他に、他人から信用され続ける状態を維持できるという面がある。
 
人と人との信用というものは、時間、お金、約束の三角形によって構築されている。

・「時間」にルーズな人は、他人からの信用を得ることはできない。

人と約束した時間にうっかりと遅れたりした人は、他人からの信用をすぐに失う。
 
確かにファーザーは、僕たちとの約束の時間に遅れて来たことは無い。
 
お金にルーズな人は、他人からの信用を得ることはできない。
 
お金の支払いや受け取り、お金の貸し借りに関して、やり取りする金額含めて、

・「お金」にルーズな人は、他人からの信用を得ることはできない。

ファーザーは、銀行への返済を、45年間ただの一度も遅れたことが無いので、各銀行から、絶大な信用を獲得している。
 
また、ビジネスパートナー同士であっても、支払いなどがある時には、決められた金額、決められた日時、決められた方法で、1円の誤差もなくキッチリと支払いを完納させることが求められる。

・「約束事」を守らない人は、他人からの信用を得ることはできない。
 
時間とお金にも直接リンクする部分ではあるが、重要な約束事は当然のこと、「今度飲みましょう!」という軽い約束でも守り通すことが重要。
 
ファーザーも、他人と交わした約束事を45年間守り通しているからこそ。鷹との関係、銀行との関係、ビジネスパートナーとの関係、お客様との関係。
 
45年間積み重ね続けて、一代で大富豪になられた今がある。
 
時間、お金、約束の「信用三角形」。
 
これを、長い年月積み重ね続けることで、結果として得られるのが「信用」。
  
どんなに風貌や言動がヤンチャであったとしても、この「信用三角形」が土台としてガッチリとしていれば、他人からの「信用」は得られる。
 
そして、お金は「信用創造」によって、生み出されるというのが、世の中の原理原則であるが。「信用」のある人のところには、後ろからお金がついてきてくれる形で積み上がり続け、結果として「巨万の富」と化すのである。
 
ファーザーが、45年間ただの一度も飛ばすこと無く大富豪になられた・・・と言うが、「信用三角形」を大切にし続けて来られた結果であるとも言える。

「信用」を貫き通すマインドセット「義理人情」

 
時間、お金、約束の「信用三角形」を構築し維持し続けるために必要なマインドセットがある。
 
それが、「義理人情」である。
 
「義理人情」の精神がある状態でこそ、時間、お金、約束の「信用三角形」が成り立ち、生きてくるのである。
 
ファーザーは「義理人情」を何よりも重んじる御方である。
  
「義理人情」という言葉は、インターネット社会を中心に生きる僕たちにとって、あまり馴染みの無い言葉なので、一度僕なりの解釈として、言語化に挑戦してみようと思う。
 
「義理人情」という言葉は、単語としてひとくくりにされているが、「義理」と「人情」の意味は、本来相反すること。
  
「義理」とは、社会に存在する道理、道徳や習慣のこと。
 
法律(ルール)によって、定められているわけではないが、モラルとして社会的に重んじられていることで。「他人からなにかしてもらった時はお返しをする」といったような人間社会における習慣を指す言葉。
 
「人情」とは、人間の心の中に備わっている欲求の一つで思いやりのこと。
 
「恩」とか「貸し借り」の社会における習慣に関係無く、「無償の愛」にも似た、自分以外の他人に対して優しくすることで。出会ったばかりの人を手厚くもてなしたり、頼み事を聴いてあげるようなことを指す言葉。
 
「義理」と「人情」対極の意味を両有する「義理と人情」。
 
陰陽太極の矛盾によって成り立っている言葉である。
 
「義理人情に厚い人」とは、「社会的な習慣を大切にしながらも、情に厚い人」ということになる。
 
「義理」と「人情」の「手のひらの表と裏」両方が備わった人のこと。
 
僕たちから見たファーザーとは、まさに「義理人情」に生きる御方である。

「ファーザー」の言動から学ぶ「義理人情」の厚さ

 
なぜ、北の物販大富豪こと、北野会長は、僕たち「地下ソサエティ」メンバーたちから、「ファーザー」と呼ばれるのか?
 
北野会長から僕たちに「ファーザーと呼びなさい!」と言ったのではなく、
 
サッチェル:「ファーザーと呼ばせてください!」
 
僕たち「地下ソサエティ」メンバーの口から自発的に飛び出した呼称である。
 
「義理人情」に生きる御方、ファーザーの言動を改めて言語化させて頂きたい。

・ファーザーは「約束」を守る
 
義理人状に厚いファーザーは、人との約束ごとを守る。
 
ファーザーの元々の交友関係上での約束事は当然のこと。
 
まだ知り合ったばかりのメンバーとの約束ごとも、決して忘れない。
 
社交辞令になりがちなことも、キチンと守るからこそ、メンバーたちからの信頼も厚い。
 
・ファーザーは「借り」を憶えている
 
義理人情に厚いファーザーは、他人から受けた「借り」を憶えている。
 
たとえば、僕がファーザーが、マレーシアのオフィスにお越し頂いた時に出させて頂いた3本の赤ワインのことも。いまだに憶えてくださり、口に出してくれる。メンバーが持ってきたプレゼントのことも同じく。
 
「借り」は憶えているのだけれども、「貸し」については気にする素振りもないので、メンバーから信用されるのは当然である。

・ファーザーは「恩」を返す
 
ファーザーがかつてお世話になった鷹から受けた恩。
 
その方がお亡くなりになった後も、ご家族に対しての「お返し」を今なお続けていらっしゃる。
 
「恩返し」は、その対象の方がお亡くなりになった後も、続けることであるということを、背中で教えて下さった。

・ファーザーは「詫び」をキッチリといれる
 
人間誰しも間違いはつきもの。相手に失礼をしてしまうこともある。
 
けれども、ファーザーは、失礼があった時の「詫び」をキッチリといれる。
 
そのお姿、カタギでありながら、業界の御方の如く。当然ながら、再発防止を講じ、今後トラブルが起こらないよう、しっかりと対策を講じている。

・ファーザーは「損得勘定抜き」で行動する
 
そもそも、大富豪であるファーザーが、なぜ僕たちのような、ピーナッツレベルの経営者たちに毎月の時間を割いてくださるのか?
 
株式相場でファーザーが現在進行系で稼いでいる金額を考慮すれば、僕たちに時間を割いてくださること自体が奇跡。
 
この部分を見るだけでも、ファーザーが「貸し借り」や「恩売り」的な浅はかな考えで考え行動していないことが分かる。
 
「地下ソサエティ」メンバーが、「困ったこと」があった時、ファーザーはすぐに、「鷹」とメンバーの面談をアレンジされたことも幾度かある。
 
その時には、ファーザーはわざわざ時間を割いて、同席されている。
  
その際ファーザーは、メンバーたちに、一円の見返りも求めていない。
 
ファーザーには、次世代のため、日本のミライのため、損得勘定抜きで、困っている若手経営者をサポートしたいとか、若手経営者たちに成功して欲しいとかいう、純粋な気持ちが強くあることが分かる。
 
・ファーザーは沢山の「裏切りを経験」したこともある
 
義理人情に厚いファーザーも、これまでの人生、沢山の裏切りを体験したことがある。
 
その時の気持ち、つらさというものを、身にしみる形で理解できているからこそ、他人に対して優しくできるのだろう。
 
他人に騙されたり、相手のいいように利用された時には、惨めな気持ちになる。
 
この気持を理解することで、同じような想いを他人にさせないよう、事前の抑止力的な対処含めて、他人を裏切り者にさせないようにも、努められていらっしゃる。
 
・ファーザーは「他人の願望」を理解している
 
義理人情に厚いファーザーは、自分と関わる第三者の「願望」を理解している。相手の気持ちに立って考えられる「気遣う力」がある。
 
ときには、自分が受けた恩以上のお返しをして、相手を驚かせる。銀行マンたちも、ファーザーと上手に付き合えた人間は、必ず出世・栄転をされる。
 
お金にたとえるならば、「お金」を借りたら、必ず「利子」をつけて返す。末代まで渡っても永遠に・・・といったことである。
 
だからこそ、鷹、銀行、パートナー、お客様・・・ファーザーの周りの人間たちは、ファーザーから決して離れようとしないのである。
 
・ファーザーは「行事ごと」に参加し続ける
  
ファーザーは若かりし頃、自分を「日本の中枢」に君臨された「鷹」につなげて下さった御方の主催する、「パーティー」に毎年出席し続けている。
  
僕も3年前から、出席させて頂いている「パーティー」であるが。なんとファーザーは、ただの一度も休むこと無く、40年間・40回以上も連続で「パーティー」に必ず出席し続けているのである。
 
また・・・
 
ファーザー:「窓口は一つ」
 
今なお、「日本の中枢」に君臨される「鷹」にアクセスされる時は、その方を通すことを守り通しているため、「日本の中枢」の御方々からの信頼も厚い。

・ファーザーには「人望」がある
 
義理人情に厚いファーザーには、人望がある。
 
受けた恩は必ず返し、相手の望むことを叶えようと親身になって考えてくださるファーザー。
 
人望が厚くなるのは当然とも言えるが、これは結果論である。
 
僕もジョホールバルでお会いしたことがあるが、昔ファーザーに助けてもらい、富豪になられた方が、いまだにファーザーを慕って来られる。
 
ただし、人望があるから義理人情に厚いわけではなく、時間、お金、約束から成る「信用三角形」に基づく日々の細部に渡る積み重ねが信用となり、結果として人望となっていくのである。
 
ファーザーの「義理人情」「約束」「借り」「恩」「詫び」「損得勘定抜き」「裏切りを経験」「行事ごと」「人望」・・・他。
  
以上僕から見た、「義理人情に厚い」ファーザーの言動を言語化してみた。
 
これは、僕だけでなく、「地下ソサエティ」を通して、ファーザーを間近で接したメンバーたちも、全員納得する内容だと思う。
 
さて・・・
 
ファーザーと比べれば、今の僕はどうだろうか?
 
時間、お金、約束から成る、「信用三角形」も、「ウッカリ」系でぐらつくことがあるし。「義理人情の厚さ」の部分で自己分析すると、100万円分の札束分位の厚さしか無い。
 
合理性と結果ばかりを重視した人生、根本的な部分が欠如していることが分かってしまった。
  
気がつけば僕も、もう42歳になろうとしているのに。。。 
 
「生き方そのもの」を、改めようと思った・・・。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】「人の心を学ぶための活動」が僕に人生の転機をもたらすのか?

【帝】「人の心を学ぶための活動」が僕に人生の転機をもたらすのか?

「地下ソサエティ」メンバーたちと過ごしたハワイでの日々が終わり、再び自宅のあるマレーシアジョホールバルに戻る。ハワイからシンガ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】あんなに元気だった彼女が「不治の病」に・・・

【帝】あんなに元気だった彼女が「不治の病」に・・・

彼女は「性格最悪」「喧嘩上等」と言われる程気が強く、明るい性格であるが、泣きながら「1人にしないで」と心境を吐露した位、実際は

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】ラスベガス大富豪の訓えカジノのスロットマシーン勝利法

【帝】ラスベガス大富豪の訓えカジノのスロットマシーン勝利法

ラスベガスのギャンブラーの聖地「フクミミラーメン」 ミスターダイモンと合流した、サッチェルと僕。午前中11時半に再集合すること

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
日本銀行「マイナス金利政策」を導入発表「黒田総裁バンザイ!」

【帝】日本銀行「マイナス金利政策」を導入発表「黒田総裁バンザイ!」

その日世界中の人々は再び思い出し恐怖した。。 日本という国が、どれだけ狂気な言動を世界に対して容赦なくできる国なのかを・・・。



dept