借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

『古池や蛙飛び込む水の音』松尾芭蕉の本当の意味を理解し「良縁」を掴む

level006
『古池や蛙飛び込む水の音』松尾芭蕉の本当の意味を理解し「良縁」を掴む

たった一度きりの人生を、「シアワセ」の四文字で飾るための、パートナーである「理想の恋人」。
  
人生を共に歩む、「理想の恋人」を探す時には、松尾芭蕉の俳句を唱えてみると、その答えが見えてくると、命運のパートナーである奥様を21歳の時に獲得、その後45年間ただの一度も飛ばすこと無く一代で大富豪になり、大富豪であり続けた「剣聖」から学んだ。

その俳句は・・・

『古池や蛙飛び込む水の音』。
 
松尾芭蕉の俳句の中でも、もっとも知られているだけでなく、江戸時代から俳句の代名詞として広く知られていた句であるが、その本当の意味を知る人たちは、ほぼいない。
 
一般的にこの俳句の意味は、
 
「古い池に、一匹の蛙が飛び込んだ。水音と共に池の水面に波紋が広がり、やがて、以前にも増して静寂が訪れた。」
・・・とされている。 
 
けれどもこれは、普通の人たちが、そのまま直訳しただけであり、「陰陽の矛盾」の原理原則、全く理解できていない。直訳的に捉えている限り、全く「言霊のエネルギー」を使いこなすことはできない。
 
本来、松尾芭蕉のような天才が作った「俳句」の意味というものは、「陰陽の矛盾」の原理原則を理解できているものだけが、解くことができ、「言霊の持つエネルギー」を、使いこなせることができる。
  
人類最強の武器とも言える、エネルギーを・・・。
 
たとえば、『古池や蛙飛び込む水の音』には、どんな「言葉」が隠されているのだろうか?

「婚活」をテーマに、言語化してみよう。

「婚活」で失敗する女性たち・・・

「鑑定」をしている中で、よく聞く言葉が、「旦那選びを失敗した・・・」という言葉だ。
 
または、「中々良い男性と巡りあえず、今に至ります・・・」
 
どちらにしてもそんな時、「命運のシナリオ」を画面に出して、過去を確認して行くと。。
 
孔明:「19◯◯年に、結婚の話が出ていた男性はいませんでしたか?」
  
Aさん:「あ、はい。いました。」
 
孔明:「その方とは結婚しようと思わなかったかったのですか?」
  
Aさん:「なんかあまり、パッとしない感じで、もっと良い人いるかなぁと思って、見送ってしまいました。。」
 
孔明:「なるほどですね・・・」
 
この先の回答、「あああ、残念。実は最初の男性が、命運のお相手だったのですよ・・・」などと、僕が言語化できるわけがない。僕ができるのは、話を次の話題に変えることだけである。
 
けれども、かなりの割合で、・・・このような返答が返ってくるのには驚かされる。
  
つまり、本当は目の前に、生涯を共にできる「理想の恋人」というものが、すでに出現していたのである。
 
ただ単に、「私はこれだけのレベルなのだから、もっと良い人が私には・・・」というような感じで、自ら手放してしまっているのである。
  
その後は・・・
  
フェラーリやベンツなどの高級車を乗っていて、高級マンションに住んでいて、華やかなパーティーに参加する青年実業家を追い求めたり。
 
気の使い方もうまく、何をやっても優しく対応してくれる、すでに洗練された完成された男性を追い求めたら見事に既婚者男性だったり。
 
・・・すごい人、華やかな人、様々な男性を渡り歩いて行くのだが。結局、時間の経過と共に、自分の眼が「肥えれば肥える程」に。最後には、クズ男しか周りに残っていない状況に陥ってしまうのである。
 
けれどもこれは、現代に限ったことではなく、「命理学」が誕生した、1,000年以上前も、松尾芭蕉が生きた時代も、まったく同じだったようで。「命理学」の中でも、この事例は普遍的な原理原則として言い伝えられているし・・・。(だから僕が年まで的中できる。)
  
松尾芭蕉は、俯瞰レベルの高い見地からこのような現象を、俳句『古池や蛙飛び込む水の音』の中で歌ってくれているのである。

陰陽逆側にある世の中の事象:

「私のレベルに見合う、いえ、私のレベル以上の、理想の男性って誰?」
 
理想の恋人が自分にとって、誰が一番良いのか選びすぎている人。
 
大きな波がやってくる海に飛び込んだり。(=この場合「リッチな青年実業家」)

『古池や蛙飛び込む水の音』松尾芭蕉の本当の意味を理解し「良縁」を掴む

速い川の流れに飛び込んだり。(=この場合「洗練され完成された既婚男性」)

『古池や蛙飛び込む水の音』松尾芭蕉の本当の意味を理解し「良縁」を掴む 

どちらも蛙(婚活している人本人)は、飛び込んでも、すぐに流されていくし、飛び込んだ音も立たず、水面に(良縁の)波紋も広がらない。
 
つまり最終的に大きな水の流れに巻き込まれる・・・。

その後はクズしか眼に入らなくなる。

松尾芭蕉が教えてくれるアドバイス:

 
大波が立つ海ではなく、流れの速い川ではなく、波も流れも立たないひっそりと佇む「古池(的な異性)」を見つけたら、それは安心・安全・安定だから、勇気を持って飛び込んでみよう。
  
『古池や蛙飛び込む水の音』松尾芭蕉の本当の意味を理解し「良縁」を掴む

すると、音が立つと共に、水面の波紋の如く、良縁というものが、連鎖的に広がっていく。大富豪になったり、偉業をなしとげたりする人の、人生というもの。「運の良い人生」というものは、こうして始まっていく・・・。
  
と松尾芭蕉は、俳句『古池や蛙飛び込む水の音』の中で説いてくれているのである。
 
だから・・・
 
今日時点でまだ「良縁」を見つけられていない場合は、運命変更の言霊を毎日唱えてみよう。
 
『古池や蛙飛び込む水の音』
 
『古池や蛙飛び込む水の音』
 
『古池や蛙飛び込む水の音』
  
ということで、「理想の恋人」と巡り合いたい場合、今日言語化させて頂いた、松尾芭蕉の俳句『古池や蛙飛び込む水の音』これを理解頂くのが先決。すると、僕たちが『エデンの園』でお話することも、使いこなせることができるはず。
  
たった一度きりの人生を、「シアワセ」の四文字で飾るための、パートナー「理想の恋人」の獲得につながるかもしれない。

10名以下で開催される「インタラクティブ」なセミナー

『エデンの園(アダム・男性向け)』の内容
<内容>  
第1部:エデンの園 
-成幸をつかむための3ステップ  
-アクティビティ1:魅力発見セッション  
-アクティビティ2:魅力的なプロフィール写真の撮り方  
-独身男性「成幸ロードマップ(戦略術)」  
-自分を愛せるようになる方法  
-女性とお付き合いする準備を整える方法 -女性とのお話&チャット術  
-女性とのデートをする方法  
-出会いの絶対数を上げる方法  
-SNSブロガーで2種類の目標を叶える方法  
-たった一度のデートでお付き合いを開始する方法  
他 
 
第2部: 
-真田孔明四柱推命鑑定士による
生年月日をもとにしたアドバイス  

第3部: 
-平城寿による1to1ミーティング(60分)  
※後日、平城寿と1対1でオンラインミーティングを行い、 
 当日の疑問点について質問をしたり、他の人には聞かれたくない 
 内容を相談することが可能。 
  
『エデンの園(イブ・女性向け)』の内容
<内容>  
第1部:エデンの園 
-成幸をつかむための3ステップ  
-アクティビティ:魅力発見セッション  
-アクティビティ2:魅力的なプロフィール写真の撮り方  
-自分を愛せるようになる方法  
-男性とお付き合いする準備を整える方法  
-男性を見分けるランチデート判別法  
-男性を見分けるイトーヨーカドーの舞  
-男性の判別方法を磨く方法 -出会いの絶対数を上げる方法  
-SNSブロガーで2種類の目標を叶える方法  
-たった一度のデートで男性を判別する方法(攻と守)  
-旅行で結婚対象の男性を判別する方法(国内編・海外編) 
-真田孔明四柱推命鑑定士による生年月日をもとにしたアドバイス 
他  
  
第2部: 
-真田孔明四柱推命鑑定士による
 生年月日をもとにしたアドバイス  
 
第3部: 
-平城寿による1to1ミーティング(60分)  
※後日、平城寿と1対1でオンラインミーティングを行い、 
 当日の疑問点について質問をしたり、
 他の人には聞かれたくない 
 内容を相談することが可能。
 
<参加費用>  
9,800円  
  
<定員>  
 エデンの園 in 大阪:各回10名まで 
 エデンの園オンライン:各回5名まで
  
<お申込フォーム>  
https://hirajoshiki.com/eden-entry  

追伸

オンライン版は匿名・顔出し無しで参加可能なので、他の方に聞かれたくない内容も安心して 相談いただくことが可能。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
クリスマスになると勝手に曲が・・・

クリスマスになると勝手に曲が・・・

平城寿@SOHOです。 ワムの『ラスト・クリスマス』  山下達郎の『クリスマス・イブ』  松任谷由美の『恋人がサンタクロース』

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】5兆円企業クオークグループVIPグン氏誕生パーティー@ジョホールバル

【帝】5兆円企業クオークグループVIPグン氏誕生パーティー@ジョホールバル

2016年2月3日(水)節分の日。マレーシアジョホールバルにある自宅コンドミニアムの中でもシンガポールの日系スーパーメイジヤで

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

認識を新たに自分の人生を改めて振り返ってみて、自分の事件とは何だったのかを改めて考え直しました。 説明を始める前に自分が用いる

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
夫たちへ!俳句『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』を毎日3回共に唄おう

夫たちへ!俳句『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』を毎日3回共に唄おう

『うたた寝に 心地よく鳴る モズの声』   ・・・これは、僕、真田孔明が唄った、オリジナルの「俳句」である。実はこの「俳句」の



dept