借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

ANA「ブロンズ」に降格、孔明の「落ち武者」ぶり

level001
ANA「ブロンズ」に降格、孔明の「落ち武者」ぶり

先日、東京羽田からシンガポールに移動すべくANAに乗った際、「あれ?」と思ったことがある。

ANAのプラチナメンバーのカードを持っていることもあり、エコノミークラスのフライトを予約してもチェックインは、ビジネスクラスの専用チェックインカウンター。

・・・ところが、今回はチェックインの際、ビジネスラウンジの説明が無かった。。

手元のチケットを目を凝らして良く良く見ると、「ラウンジ情報」が刻印されていない。

代わりに、今まで見たこともない、「BRZ」というようなマークが入っている。

孔明:「あれ?ひょっとして・・・。」

そう、今回の更新で、ANAの「プラチナ」資格が「ブロンズ」へとダウングレードされてしまったようなのだ。

マレーシアジョホールバルの自宅コンドミニアムに戻ってみると。ANAから封筒が届いていた。

恐る恐る開封して中を見てみると。封筒の中から出てきたのは、品のあるブルー色のプラチナカードではなく。茶色い色の「Bronze」と書かれたカード。

つまり2020年までの期間、「ブロンズ」会員への降格確定である。

・・・とすると、羽田空港でのANAのビジネスクラスチェックインカウンターのスタッフの方々は。僕が実は「ブロンズ会員」だと分かっていながら、何も言わずにチェックインをさせてくれたことになる。

実は「プラチナ」から「ブロンズ」に落ちぶれた僕を人前で傷つけないように・・・。

さすが「おもてなし」の日本の誇る航空会社だと感動するに至った。

「プラチナ会員」の場合、ANAだけでなく、ANAの提携航空会社にて、

  • ビジネスクラスカウンターでチェックイン

  • ビジネスクラスラウンジが使える

  • 空席ある場合の、プレミアムエコノミーへのアップグレード

  • ビジネスクラスと同じ優先搭乗

・・・などの、特別待遇があったが。。。

「ブロンズ」というのは、一応カードだけは、申し訳程度にあっても、

  • チェックインカウンターは最大で「プレミアムエコノミー」のカウンターでチェックイン。 

  • ビジネスクラスラウンジは使えない。

  • 優先搭乗は無し

つまり、会員特典は何も無いのも同じである。

まあ、ANAによる待遇降格処置は、当然と言えば当然と言えよう。

最近はジョホールバル発でアジア直行便が出てることもあり、エアアジアの格安フライト。

ヨーロッパ行くときも、ハワイや米国本土に行った時も、オーストラリア行った時も、エクスペディアで航空会社気にせず可能な限りの格安フライト。

極めつけは、シンガポール~日本往復も、日常的にクレジットカード使うことで勝手に溜まるマイレージを使って、無料チケットを予約。

無料フライトをゲットすることが多くなった。

ANAへのロイヤリティが皆無な一年だった。。

・・・ということで、以後はANAでも、ANAの提携航空会社でも謙虚にエコな立ち振る舞いが求められる。

とは言うものの、よくよく考えれば、エコにはエコなりの楽しみがある。はず。

エコノミークラスチェックインカウンターで長蛇の列に並びんでいる時には、iPadで漫画などをゆっくりと堪能していれば良いじゃないか。

ラウンジを使わずに、空港内にあるカフェで時間を潰してる方が面白いと思う。

どのみち羽田空港では、いつもラウンジで食事をしないで、「六厘舎」のつけ麺を食べてたじゃないか。

ANAラウンジのカレーよりも美味しいカレーは食堂もラウンジの外で食べられる。というか、無理してカレーを食べる必要は無い。

優先搭乗が無くとも、搭乗締切時間直前に行けば、スッと機内に入れる。

プレミアムエコノミーへのアップグレードを期待しない分、アップグレードが無くて失望感を味わうことも無くなる。

さらには、プレミアムエコノミーのタイトルキープのために、無理やりANAのフライトを予約することも皆無になるので、どこの航空会社にも囚われることはなり。

手に入るのは何にも束縛されない心の自由。

そう思えば、再び僕が、ANAやJALの上級会員を追い求めることが皆無になる。

Facebookやブログなどをさまよい閲覧していると、

「ANAのマイレージ修行」で沖縄経由で往復してマイルを溜めたり、長距離フライトに出たり、

「プラチナになりました!」

「ダイヤモンドになりました!」

などと、景気の良い話で溢れかえっているが・・・。

僕の場合は、時代の流れに逆光する形で、「ブロンズ」へのダウングレードという「落ち武者」ぶり全開の投稿。。

かつて・・・

僕にも「ドヤッキー化」していた時代があった。

あの頃の僕は、

「ビジネスクラス以上のフライトしか乗れません!」

「僕は五つ星ホテルしか泊まれないんだけど!」

「500メートル以上歩きたくありません。ヘイ、タクシー!」

「この服と、この服、迷ったら両方買う!」

「今日はどんなご馳走食べようか!」

・・・ありとあらゆるシーンで、贅沢三昧をしていた。

その結果僕は、、、

「110キロおデブちゃんへと変貌を遂げた。。」

今思い返せば、よく嫁さんに捨てられなかったなと。。嫁さんに感謝の意しか浮かばない。 

あの頃と比べると、今の僕はなんとわびしい日々を送っていることだろうか・・・。

「ブロンズ」カードを封筒から取り出し、写真に収めた今日の朝食は、300円のワンタン麺。

ランチを食べることなく、打ちっぱなしに趣き、100球300円。

ディナーは、昨日とは少し変化球をつけて、

  • サバ塩焼き
  • 豆腐サラダ
  • イカ納豆

をお茶をすすり飲みながらありがたく頂戴する。。

最後に納豆を一粒味わいながら口に入れた瞬間、

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

松尾芭蕉の俳句が、フト脳裏に浮かんできた。

ということで、一応僕もブロガーとして2004年~2019年まで、約15年間生き残り続けているが、

その間、周りのお金系ブロガーたちは皆、とてもとても儲かってしょうがないようで、

高級スポーツカーに乗ったり、

五つ星ホテル宿泊したり、

エグゼクティブフライト乗ったり、

高級料理を食べたり、 

シャンパンパーティしたり。

豪勢絢爛な立ち振舞でキラキラ投稿されている中。

同じくお金に関して語りながら、。これほどまでに底辺な生活をしているブロガーもそうそういないのではないだろうか?

そもそも最近の生活ぶり・・・。

  • LCC格安フライトもしくは無料マイルでフライト
  • 格安なマレーシア生活
  • お得なホテル
  • ANAブロンズカード
  • 300円のワンタン麺
  • 300円の打ちっぱなし
  • 2,000円の18ホールゴルフ
  • サバの塩焼き

・・・で、一体どうやって、「ドヤッキー投稿」ができようか?  

過去と今日の僕を比べると、これからペンネームは「真田孔明@落ち武者」と名乗らんとダメだなとも思った。。

でも、「ドヤッキー化」してた時の僕を写真で見ると明らかに「酸性化」しまくっていた。

しかし不思議と、今日、こうして一人、質素でエコな毎日を送っていると、体調も良いし、心も落ち着く。   

・・・ということで、

「最近、真田孔明は落ちぶれたらしいよ!ANAもブロンズカードに降格だし毎日サバの塩焼きしか食べれないんだって!「真田孔明@落ち武者」ってペンネーム変えたとか!」
 
・・・と、どうぞ嘲(あざけ)り笑いながら、僕の噂で花を咲かせて頂ければ幸いである。
 
     真田孔明@落ち武者

「5ポケッツ」&修羅の美学「百の言霊」(LINE@)
https://kitasociety.com/lp/5pockets_line2/

追伸

Facebook非公開グループ「ドヤッキー根絶の会~デスノートに書き込む前に~」

現在、約25名が秘密裏に参加
https://www.facebook.com/groups/683460698752121/

ANA「ブロンズ」に降格、孔明の「落ち武者」ぶり

ANA「ブロンズ」に降格、孔明の「落ち武者」ぶり


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ドナルドトランプ大統領ご自宅「トランプタワー」で財布を無くした真田孔明

ドナルドトランプ大統領ご自宅「トランプタワー」で財布を無くした真田孔明

セントラルパークの目の前、ニューヨークマンハッタンの中でも最も家賃の高く高級な場所の一つ。 ティファニーと、グッチの間に、マシ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
逃げるだけで「一人天国」の成功=シアワセを謳歌できる

逃げるだけで「一人天国」の成功=シアワセを謳歌できる

今日のお話の目次 ・誰がどんな成功=シアワセ望むのかは自由だが・・・ ・皆欲しがらない手に入れやすい成功=シアワセの場合 ・み

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「アメックスセンチュリオン」で支払う「ストリップハウス」の絶品ステーキ

「アメックスセンチュリオン」で支払う「ストリップハウス」の絶品ステーキ

「ストリップハウス」で絶品のステーキ 「ソーホー」で一度「剣客遣米使節団」は解散。各々別行動をすることになった。 僕はしばらく

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
凡人生まれ、凡人育ち

凡人生まれ、凡人育ちでも手に入らないわけがない「座席数」

毎年「東大」に合格する人たちは、約3,000人いるが、この中で、本当の生まれながらの天才的・超人的な「勉強力」を持ち、圧倒的な



dept