借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

「ベーシックサラリーで年収1,000万」の「実力」を獲得する方法

level001
ベーシックサラリーで年収1,000万

目標を「年収1,000万」にするということは、偶然のラッキーや瞬間最大風速で、「”今年だけ”年収1,000万になろう!」ではないはず。あくまでも、「ベーシックサラリー」を、「年収1,000万」にしたい!ということのはずだ。

多少のことがあっても、「年収1,000万」からは、絶対に落ちようが無いという状態。そうでなければ、とうてい、生活水準を「年収1,000万」のものにアップグレードすることなどできない。

逆に、偶然のラッキーや、瞬間最大風速によって達成した「年収1,000万」を、「ベーシックサラリー」であると勘違いして、それに相当の車や自宅を購入したり、子どもをお高い私立やインターに通わせたりすると、「年収」が1,000万から再び下に落ちた後に、大変なことになってしまう。

あくまでも目指すは、「実力」ベースで、「ベーシックサラリー」を「年収1,000万」以上に高めることだ。

「ベーシックサラリー」で「年収1,000万」

「誰もが欲しがるモノ」を手に入れようとする時に発生する概念「実質競争倍率」。その代表格が「年収」であるが、こればかりは「学歴などいらない!」と言っていた人たちでも、社会に出て全員が参加して取り合うことになる。

日本の就業者数6,724万人全員が「年収」を取り合っていて、あなたもそのプレイヤーの一人である。まずは、今の「年収」がいくらなのか?確認頂きたいと思うが。

実は「年収」は極めて合理的に決定づけられていて、社会を出て10年経過した時点の各々の「ベーシックサラリー」は、「実力」との差があまり発生していない。

しかし、確かに例外も発生することもある。偶然のラッキーや、瞬間最大風速によって、本来の「実力」以上に跳ね上がる時。例えば、たまたま買っていた株や仮想通貨が跳ね上がったり。

会社全体の業績が良くて、特別ボーナスが出たり。亡くなった両親から、相続金が入ってきたり。別に、偶然のラッキーや瞬間最大風速が悪いとは言っていない。

ただ、自分の「実力」を図る時には、見なくてはならないのが、いくらまでが自分の「ベーシックサラリー」で、いくらから上が偶然のラッキーや瞬間最大風速部分なのか?どこまでも自分に厳しく、クリティカルに見ること。

仮に自分に甘く優しく、偶然のラッキーや瞬間最大風速を含めて「実力」としてカウントしてしまうと、後でその部分がほころぶ部分となり、結局は取りこぼしが発生してしまうので、他の誰よりも自分自身がしっぺ返しを受けることになる。

ひとつの分かりやすい基準としては、最低この先10年間、どんなことが発生しても、絶対にその「年収」からは落ちようが無いと言い切れる自信のある「年収」だ。

「上位90万人」の「A枠」に入らないと意味がない

仮に10年先まで絶対にこれ以上下には落ちないという年収が日本の平均年収に当たる「415万」だとしよう。

目標年収を「年収1,000万」と仮に定めた場合。次にその「目標」が、達成手段のない「夢や希望」ではなく、具体的な達成手段のある「目標」にできるものかどうかを、冷静に判断する必要がある。

その際理解する必要があるのが、「年収1,000万」のリアリティ。「高年収」の登竜門とも言える、年収1,000万を獲得できる「席」の数は、日本に「約180万席」しか存在しない。

つまり、自分が「実力」ベースで、10年先何が起こっても、「年収1,000万」を取り続けられるまで「実力」を上げられるのかどうか?「年収1,000万=約180万席」ということは、全就労人口6,724万人の約2.6%。

参考数値1,000万より上〜1,500万以下
:180.4万人・2.6%(38.4人に1人)

入手確率が、全就労人口のたった2.6%しかない。この場合は、「実質競争倍率」という概念が発生する。一見すると、6,724万人のほぼ全員で「年収1,000万」を取り合っているように感じるかもしれないが、実はそうではない。

「実質競争倍率」の枠組みに入れていない場合、「競争のライバル」にすら入れていないことを意味する。

1,000万より上〜1,500万以下:180.4万人・2.6%(38.4人に1人)
であれば、「実質競争倍率」は、

「A枠」:180.4万人の内、約50%の90万人が来年も必ず「年収1,000万」を取れる人。
「B枠」:残りの50%の90%が2回に1回の確率で「年収1,000万」を取れる人。90万+180万 ≒ 270万人だけで、「年収1,000万」の席を争っていると容易に想定できる。

つまり、全就労人口6,724万人の中の「平均年収」から、この270万人の中に入れる「実力」をつけなければ、お話にもならないということになる。

目指すは「A枠」一択である理由

「目標年収1,000万」を目指すということは、2分の1の確率でしか、入手できない「B枠」でなれてもダメ。なぜなら、達成できた年があっても、次の年は落とすかもしれないから。

つまり「年収1,000万」を目指すということは、実際は270万人の中に入れれば良いのではなくて、その中でも「上位50%」の、「A枠」:180.4万人の内、約50%の90万人が来年も必ず「年収1,000万」を取れる人。

つまり、90万人の中に入る「実力」を積み上げないと意味がないことになる。そうでなければ、仮に「B枠」で「年収1,000万」になれたとしても。

一体どうして、それを「ベーシックサラリー」と呼び、生活水準を「年収1,000万」のものに上げることができようか?仮に「B枠」で、生活水準を上げてしまったら、毎年「来年落ちたらどうしよう・・・」と怯え続けながら生活をすることになる。

果たしてそれで、「成功=シアワセ」を掴み取ったと言えるのだろうか?

本当に「年収1,000万」の目標を達成したと、自信を持って言えるようになるために。自信を持って、「生活水準」を「年収1,000万」のものに上げられるようになるために。目指すのはあくまでも、どんなことがあっても、毎年必ず取れる「A枠」一択だ。

「フェイク」ノウハウで「実力」は上がるのか?

「再現性」の皆無なノウハウや、「再現性」の希薄なノウハウなど、「フェイク」ノウハウを学んで実行する意味がないのはどうしてなのだろうか?その答えも、「実質競争倍率」という概念に向き合うと見えてくる。

それは、どれだけたくさんの、お金、時間、労力を「フェイク」を元に費やし続けたところで、いつまでたっても、「実力値」が上昇しないからだ。

楽して、簡単に、クリックだけで、できるビジネス。本当にそれにお金と時間と労力を費やし続けて実力が上がるのか?

「修羅」の中に、そんなことを考えて、やってる人がいるのか?本部的な組織から配信される情報を元に、売り買いするだけで、儲かる物販ビジネス(売れる商品リスト)や、儲かる株の銘柄、仮想通貨、FX。

本当にそれにお金と時間と労力を費やし続けて「実力」が上がるのだろうか?例えば、情報を配信してくれる人の、情報が間違ってたり、情報を発信してくれる人たちがいなくなってしまったりしたらどうするのだろうか?

その答えは、本来ならば僕が言語化しなくても、賢明なあなたなら良く分かっているはず。また、1年しか通用しないものでは、全く意味がない。

あくまでも基準は、「10年継続」これが最低限の目安なのだから。

そうすると、今の状態から、ご自身の「実力」を、「年収1,000万」を取っている約180万人の内、その中の上位90万人に「実力ベース」で入るためには、どんな人から、どんな内容のノウハウを学んで実行すればよいのか?答えは自ずと見えてくるのではないだろうか?

上位90万人の「A枠」に入る「実力」アップの方法

「年収」を目標にした時、今の「年収」の状態から、年収1,000万を取れる180万人の内、毎年年収1,000万を必ず取り続けられる上位90万人に入るその「実力」を身につけるにはどうすれば良いのか?

「東大受験」をはじめ、有名国立大学・私立大学を目指す学校の勉強であれば、何をどうすればよいのか?非常に分かりやすいし、ちょっと研究を開始しただけでも、すぐに答えにたどり着くのであるが。

「年収」の世界は、そう簡単ではない。なぜなら、様々な入手経路が存在しているから。

その中で、「「実力」をつけなさい!」と言われても、では、具体的に何をどうすれば、それが自分の「年収基準」に基づく「実力」アップになるのか?この答えを大多数の人たちは知らない。

だからこそ、学歴の世界では、同級生約115万人に対する入手率0.26%。全大学受験生が53万人に対する入手率0.57%。毎年約3,000人いる「東大合格者」を経験を持つ方々でも、その大多数は社会に出てから「年収1,000万」に到達できていない現実がある。

「実力」の具体的な「回答」を持っているのが、僕たちがメンバーとして活動している「地下ソサエティ」。ファーザー、マスターヒロさん、大富豪一族の叡智に集約されている。僕たちが研究しながら実行している、「実力」アップの方法。

☆考え方=脳のOS: 
『成功シンドロームOS』

☆設計図: 
・サラリーマンでお金をもらう 
・ビジネスでお金を稼ぐ 
・銀行融資でお金を創る 
・投資でお金を増やす 
・物販法人でお金を回す 
・おとなの経営学 他

サラリーマンとしてのアプローチでも、物販、サービス、情報など、自営業者としてのアプローチでも、株式投資、不動産投資、投資家としてのアプローチでも、必ず「年収1,000万」枠の、上位90万人の「A枠」中に入るための具体的な「実力」アップの方法。それが、全てに「回答」がある状態で、学びを深めることができるのだ。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
サラリーマンが「令和」時代を生き抜くために・・・

サラリーマンが「令和」時代を生き抜くために・・・

「平成」の後期、日本各地で大企業の「リストラ」のニュースが新聞、雑誌、インターネット上に出回っていた。 銀行・・・ みずほ1万

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

「信用創造・ビジネス・株」の三角形(2019年版)

どのように設計図を構築していくのか? 少しだけ公開させて頂く。 まずは、自分が働く経営者・・・(「金持ち父さん」でいう「Sクワ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
お医者さんの「将来安定」ステータス

「コロナ渦」によってお医者さんの「将来安定」ステータスも終了

「コロナ渦」で毎日テレビでは、コロナ感染者数が報道されているので、さぞお医者さんのところには、患者さんやその予備軍が殺到してい

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ジョホールバルセナイ空港より「モレパ4」にファーザー降臨

ジョホールバルセナイ空港より「モレパ4」にファーザー降臨

ファーザー:「今、車止まってる。どこいるかは分からん。ドライバーが車直しとる。」 バンコクからジョホールバルの「セナイ国際空港



dept