借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】経済学者マルクスもびっくり!めちゃくちゃ簡単な経済学

1

「経済成長」ってどういうこと?

お金を創造することと、
経済成長って何かつながりがありそうですよね?

経済成長が起こる仕組み。

これも僕たち大多数の日本人は
全く知らない状態で大人になってしまっています。

たとえば、日本最高峰の水準の大学と言われている、
東京大学や京都大学出身者の方々も、
その大多数の人たちは知りません。

一見知っていそうでいて、
実は誰も知らない経済成長の本当の仕組み。

『めちゃくちゃ簡単な経済学』

公開させて頂きますね!

日本政府が経済成長を起こしているのではない

実は、経済成長は、
日本政府がしかけて
起こしているのではありません。

日本の政府が何かをすると、
日本の経済が成長するわけではありません。

確かに、

「昔の日本」は、政府が直接、
経済成長を仕掛けることができました。

けれども、

「今の日本」は違うのです。

その理由は・・・

1998年橋本政権の時「日銀法改正」によって、
日本の中央銀行に当たる、
日本銀行が政府から独立してしまったからです。

つまり「日銀法改正」の日以降、
銀行部門を独立させてしまった
政府には、経済を成長させることができません。

経済への政策というものを、
行えないのです。

銀行がお金を貸し出した時にだけ経済が成長する

最初に答えからお話します。

1998年の「日銀法改正」以降の今の日本では、

民間になった日本銀行が、
民間銀行にお金を貸し出しをして、
お金を新たに創造した時だけ、
経済が成長するのです。

銀行が個人や法人にお金を貸し出して、
お金を新たに創造した時だけ
経済が成長するのです。。

経済成長が起こる仕組みは、
実はたったのこれだけなのです。

【 お金が創造される=経済成長する 】

今日本の経済成長とは、
めっちゃくちゃ簡単な理論のもとで、
成り立っていたのです。

僕たちが大学の授業とかで教わった、
難しい言葉・・・マクロだとかミクロだとか、
マルクスとかサイン・コサインとかなんとか・・・

そういうのは、
全くいらない知識だったのですね。

銀行がお金を創造すると経済が成長する仕組

なぜ、銀行が貸し出しをして、
お金を創造すると、経済が成長するのか?

理由は簡単です。

銀行が貸出したお金には、
必ず利息というものがついているからです。

利息(金利)です。

例えば僕が、
銀行から1,000万円借りたとします。

もしこのお金の利息ゼロだったとしたら、
僕はそのまま1,000万円を使うとなく
放っておく可能性がありますよね。

手元に置いておいてもいいですよね?

タンス預金をしていてもいいですよね?

でも、毎年返済しなければならない利息が、
3%とか、1%とか、0.1%とか
ついていたら・・・。

手元に置いておいたら
勝手に利息分の支払いだけが発生することになります。

ということは、
僕はこのお金をどうするでしょうか?

このお金を僕は必ず使うのです。

必ず、再投資するのです。

100%使います!

だって、使わないと、
銀行に対して利息分だけ払い続けることに
なってしまうのですから・・・。

利息が付いているから・・・。

銀行が創造したお金。
銀行が貸してくれたお金は、
必ず再投資をすることになるのです。

僕たち個人も法人も全員、
必ずすぐに使うのです。

持っているだけで減ってしまいますからね。

再投資して、
利息分の支払い以上に、
増やそうと努力しなければなりません。

僕から投資される形で、
利息付きのお金を引き受けた人も、

その利息以上の金額で、
さらに運用しようとしなえればなりません。

こうして、
銀行が創造したお金。

銀行が個人と法人に貸し出したお金は、
連鎖的に使われていくことになるのです。

だから、

銀行がお金を創造する時。
お金を貸し出す時。

今の日本の経済は、
成長することになるのです。

▼経済成長にカウントされる市場、されない市場

「市場」という言葉をよく聴きますよね?

市場とは、
お金と物の取引の総額のことです。

市場には、
経済成長にカウントされるもの。

経済成長にカウントされないもの。

二種類存在します。

経済成長にカウントされる市場は、
実態経済のお金と物。

製造業の取引などです。

一方、
経済成長にカウントされない市場があります。

金融経済のお金と物。

不動産取引。金融取引。

この市場は、
経済成長にカウントされないんです。

僕たちの中にも、
不動産投資をやっている場合が多いと思いますが、
この市場は経済成長にカウントされていないのです。

「金融商品でFXで1億、儲けました!」

これも、
経済成長にカウントされていないのです。

唯一、実態経済のお金と物。

たとえば製造業の取引が、
経済成長にカウントされるのです。

物販を中心とした取引が、
経済成長にカウントされるのです。

▼銀行の融資分しか成長できない日本

そして・・・

日本の経済は、
銀行の融資の分しか成長できません。

日本の経済は、
銀行が貸し出したお金の分しか成長できません。

どの分野の企業を生かすか殺すか?

100%全て銀行次第です。

政府次第ではなかったのです。

銀行次第だったのです。

1998年橋本政権時の「日銀法改正」以降、
日本の政府は、全く経済成長をいじれません。

今、日本では、銀行だけが経済を操作できるのです。

経済をどうやって盛り上げるか?

政治家や学者が、
テレビで討論したりしているでしょう?

この事実をしっていると、
そういう番組もバカみたいに感じます。

番組を見ていると・・・

「本当にこの人たち、
 真面目に勉強しているの?」

心から思います。

本質を知らないのか?

もしくは、
知っていて演技をしているだけのか?

どちらなのかは分かりませんが、

本来、経済番組はもっと簡単なはずです。

・日銀が民間銀行に貸し出しをしました。

・民間銀行が個人と法人に貸し出しました。

→ 日本の経済が成長しました!(ドドーン)

以上・・・。

日本の経済を成長させるのはどうしたらいいか?

これだけ考えればいいんですからね。

簡単に言うと。

さらに、
特定の分野の市場を成長させたかったら、
そこの業界に銀行が貸し出しをすればいいだけです。

だって、
銀行から融資を受けた分野の企業の方々、
必ず再投資しますので。。。

実に簡単な話なのです。経済成長って本来は・・・。

たとえば、
僕が日本の全てを動かせる
国家レベルの権力者になったとして・・・。

「日本の経済成長をさせてみろ!」

・・・て誰かに言われたら、簡単にできます。

政策は一つしかないからです。

王様孔明:「日本銀行さん、ここの分野の企業に、
 徹底的に貸し出しをしまくって下さい!!」
 
 
ピピピー!(笛の音)終了–!

以上です。

王様孔明、
日本の経済成長をさせることができました。

しかも、特定分野に絞る形で・・・。

これが経済成長の真実の姿です。

経済のお話って、
じつは、めっちゃくちゃ簡単なのです!!

以上、誰でも分かる日本の経済学でした。

はい。それ以外何も知識はいりません。

今日から僕たちは、
本棚から経済学にまつわるありとあらゆる本を
全部燃やしてしまってもOKなのです!

 真田孔明

追伸

もう1つだけ、
僕たちが現状を知っておかなければ
ならないことがあります。

それは、
数の原理から見て、
誰もが銀行から融資を受けられているわけでは無い。

ということです。

銀行は日本で約590行あります。

逆に言うと約590行しかありません。

けれども、
本来、原理を知っていれば、
銀行融資を受けたい法人は、
約230万社ぐらいあります。

590行しかない銀行から、
約230万社がお金を借りたがっているのです。

日本国民は約1億2,000万人います。

本来原理を知っていれば、
銀行融資を受けたい個人は、
約1億2,000万人います。

590行しかない銀行から、
約1億2,000万人がお金を借りたがっているのです。

たった約590行の銀行に対して、

銀行から融資を受けたい約230万の法人。

銀行から融資を受けたい約1億2,000万人の法人。

590 < 230万 < 1億2,000万

数の原理・・・結果として、
世の中大多数の個人と法人は、
銀行から直接融資を受けることができません。

銀行からお金を借りることができません。

でも、
すでに世の中に創られたお金の
回し合いっこには全員参加しています。

約230万の法人、約1億2,000万の個人、
全員お金の回し合いっこには参加しているのです。

直接銀行からお金を借りているのではなく、
様々なものに形を変えた形で、

間接的に・・・間接の間接の間接的に・・・
高い利息のお金やそれが形を変えたものを借りて、
お金の回し合いっこに参加。

そして、
結局は大多数が、
「大きな損」を強いられることになっているのです。

当然この時に「大きな損」を強いられるのは、
約230万の内大多数の何も知らない法人。
約1億2,000万の内大多数の何もしらない個人です。。

直接銀行からお金を借りられる権利を持っていない、
法人と個人が「大きな損」を強いられるのです。。

僕たちは、
この真実もよくよく覚えておかなければなりません。

重要なことをお話しています。
何度も何度もよく復習しておいて下さいね!

なお、「物販大富豪の戦略術」は、
当講座を通して、全て無料で学ぶことができます。

ただし、

僕が「公開ゼミナール」の中で、
お話させて頂いた内容を元に、
何度も繰り返し勉強した場合。

同じ目標を心に抱く、
仲間たちと一緒に、
コミュニケーションを取りながら勉強したい場合。

より深く理解を深めるための教材として、
併せて有料版の動画・音声セットを併用することも可能です。

銀行支店長経歴の法人審査部門長、
黒田哲也先生も、直接登場されます。

【日本初!銀行融資を軸にした
 経営戦略術特を学ぶための動画・音声教材セット
 『勝ち組経営者を目指す銀行融資の大学』】詳細
 
第一部:ビジネスエキスパートが明かす
「物販大富豪の戦略術」
(動画・音声:1時間47分48秒)

第二部:ビジネスエキスパートが教わった
「大富豪たちだけが知っている銀行の正体と本質」
(動画・音声:43分24秒)

第三部:銀行支店長経歴の法人審査部門長が訓える
「銀行に愛される経営戦略術」
(動画・音声:2時間25分35秒)

第四部:「経営者のための銀行融資e大学」&
質疑応答(動画・音声:46分20秒)

特典1:銀行融資を受けたお金の
再投資マニュアル(動画・音声:45分25秒)

特典2:銀行に愛されるはじめての銀行融資
(動画・音声:26分02秒)

※DVDとCD版も別料金で準備を進めていますが、
 今日時点ではまだ準備ができていません。
 パソコンと高速インターネット接続環境が
 整っている場合のみ入手下さい。

※たとえば、Youtubeの映像が視聴できない、
 MP3音声ファイルの視聴ができない。
 facebookのアカウントを持っていない
 などの場合は、有料版教材セットを
 活用することができません。
 その場合は無料で全て学べる、
 当メール講座だけを活用して下さい。
 
※Paypalでのクレジットカード決済
 のみの対応になります。
 クレジットカードをお持ちで無い場合は、
 入手することができません。

 http://bank-school.com/lp/dvd/

(*決済完了後、10秒程度で自動で連絡フォームが開きますので、
 必ず、フォームへの入力もお願いします。)
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^

有料版を入手頂かくても、
メール講座でお伝えする、
文字情報だけでも「物販大富豪の戦略術」の全てを
理解できるようになっています。

無料で十分に学ぶことはできますが、

有料版を活用すると、

さらなる理解を助ける教材セットが手に入ること。
挫折を防止するための仲間とのコミュニティ部分。

この部分で、
戦略術の実現化を助ける形になりますね!

【編集後記】

【10月27日(日)発表会・新ASPの仕組が熱すぎる件】

来る10月27日(東京)。

「経営者のための銀行融資e大学」、
銀行融資書類作成のエキスパートでもある、

加野賢太さんが凄い仕組みを、
東京で発表してしまいまうとのことです。

それは・・・

海外不動産・資産運用専門、
「ライフタイムコミッション」システムを導入した画期的なASP。

「未来人生設計社(F.L.P.)プランナー」です。

「未来人生設計社」は香港法人。

加野賢太さんが代表取締役社長(董事長・総経理)で、
実際に説明を受けましたが、この仕組みは本当に面白いです。

まとめると・・・。

★ステップ1:Webサイトで指定メールマガジンに誘導
僕たちのWebサイトから、ブログから、facebookから、
メールマガジンから・・・

『未来人生設計社(F.L.P)』指定メールマガジンを紹介する。

★ステップ2:指定メールマガジンを通して案件が成約
メールマガジンから始まる様々なキャッシュポイントがあり、
その全てがコミッション報酬対象ということ。

★ステップ3:「ライフタイムコミッション」の収入を受取続ける
一生継続型のアフィリエイト・コミッション報酬が
継続的に発生し続ける!

以上3ステップが基本の流れですが、
この仕組が熱いと感じたところは6つありますね。。

【★1つ目:無料の紹介だから楽:
 質の高いメールマガジンを紹介するだけ】
情報商材系のアフィリでは、1つ何万円もするような、
高額商品を紹介しないと報酬が発生しないので、
ブログやメルマガから誘導しても、
なかなか成約報酬確定に結びつかないです。

でも、『未来人生設計社(F.L.P)』の提供する、
「ライフタイムコミッション」システムでは、
厳選された質の高い無料メールマガジンへの無料登録を紹介するだけ。

後は提携企業それぞれの、
プロの専門家たちがクロージング・成約すると、
無料登録に誘導した人たちに、
報酬が発生するというわけです。

なので、
「私もこのメールマガジンで勉強しています!」といった紹介だけでも、
永続収入を獲得するチャンスが発生するわけですね。

【★2つ目:海外不動産投資・資産運用案件が豊富】
海外不動産投資・資産運用案件専門のASPならではの充実。
海外不動産投資・資産運用案件に特化した
専門のASPだから案件数が豊富ですね。

【★3つ目:徹底的なコストカットにより高額報酬が実現】
『未来人生設計社(F.L.P)』では、海外とWEBを活用した、
徹底的なコストカットの経営方針で、
通常の企業でかかるようなムダなコストを徹底排除し、
アフィリエイターへの報酬へと還元するとのことです。

この部分が、通常よりも高いコミッション報酬を、
通常では考えられない「ライフタイムコミッション」という条件で、
実現させていますね。

【★4つ目:一度の紹介で永続的に収入が発生】
とにかく「ライフタイムコミッション」システムは熱いです。
笑たった一度の紹介が生涯続く「収入」へと
発展するというわけですからね!

今までのASP基準での、アフィリエイトやコミッション営業は、
たった一度のクロージング・成約報酬しか獲得できなかったですが、
このシステムでは、
報酬が発生し続ける可能性があるのが熱いですね!

【★5つ目:一つのメールマガジン登録で全てを網羅】
今回の「ライフタイムコミッション」システムでは、
個別の海外不動産、資産運用案件を紹介する必要がありませんね。

たとえば僕たちがアフィリエイターとして、
読者さんを、指定のメールマガジン登録してもらった時点で、
誘導元判定がされるので、

その後クライアントが参加・購入した案件は全て、
「ライフタイムコミッション」対象。

たった一度の誘導で全ての海外不動産・資産運用、全ての案件が、
「ライフタイムコミッション」対象になるということですからね。

【★6つ目:海外案件でも英語が一切不要】
海外不動産・資産運用案件を日本語だけで紹介可能。
『未来人生設計社(F.L.P)』で取り扱っているのは、
海外不動産・海外資産運用案件が中心。

でも、『未来人生設計社(F.L.P)』は、
日本人のプランナー向けに、
全ての情報を日本語で提供しています。

つまり、英語が苦手な場合でも安心して、
海外不動産投資・海外資産運用のコミッション営業を
お仕事にできるというわけですからね。

・・・以上、6つのポイント、、、
加野さんが立ちあげた「未来人生設計社(F.L.P.)プランナー」
の仕組み非常に画期的だと思います。

F.L.P.この新たな流れによって、
アフィリエイターたちが立ち上がる。

アフィリエイターたちが発信する、
メルマガ、ブログ、SNSを通じて、
より多くの日本人たちが、海外に向けて立ち上がる。。。

今まで、僕が語っていたことで起こった
「海外」へのムーブメントなど、
「序章レベル」でしかなかった・・・

これから、全く新しい時代になりそうですね。

本格的にみんなが海外に向けて動き出す、
新たなムーブメントが起こるような気がします!

・・・来る10月27日(日)。

『未来人生設計社(F.L.P)』董事長・総経理の加野さんが、
東京でアフィリエイター向け説明会を開催されます。

ゲスト・スピーカーとして、
とあるとある大富豪も駆けつけて、
スピーチをされるようです。

『未来人生設計社(F.L.P)』の仕組みとの相性も抜群な、
facebookページを活用した最新ノウハウなんかも、
当日公開されてしまうようです。

そして・・・ポイントは、
なんと・・・参加が完全に無料なのです!(ドドーン)

加野董事長・・・やりますね!

『未来人生設計社(F.L.P)』アフィリエイター向け事業説明会

・日程:10月27日 (東京)
・13:30-15:30(開場 13:00)
・参加:無料
・開場:東京某所
(※事前予約が無いと入れません。)

【会場に入れるのはMAXで70名のみのようです!】
http://ul.lc/3awp

「無料」なので、すぐに埋まってしまいそうですね・・・。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】銀行法人審査部門長黒田パンサーが今年一番驚いたこと

孔明です。 銀行支店長経歴の法人審査部門長、 黒田パンサー先生から引き続きお話を頂きます。 年間にあたり約5,000社。 年間

【融】松山式運用で南国マレーシアリタイアメント移住を実現する場合

「金利生活者」とはどのような 生活をしている人たちなのか? 松山さんの例に続く形で、 僕が実行している、 南国マレーシアリタイ

【融】物販大富豪たちが秘め持つ必殺の銀行攻略法

「物販大富豪」たちは、 必殺の攻略法を持っていたのです。 攻略する相手は銀行。 それぞれの大富豪たちが、 独自の銀行攻略法を持

【融】本当の投資戦略術!メインエンジンは素直に国策に従う理由

共に目指そう、 金利生活を謳歌できる経営者。 このゴールを達成するための、 戦略術をお話して行きます。 銀行融資を受けたお金の



dept