借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】MM2Hを利用してジョホールバルで不動産を購入してみた

マレーシアMM2H取得と時を同じくして、2010年から2012年にかけて、僕はマレーシアのジョホールバルの中で投資目的でのコンドミニアムの購入を開始しました。

1

  • 1軒目:875,000RM、契約日は2010年12月29日
  • 2軒目:984,000RM、契約日2011年10月31日
  • 3軒目:657,000RM、契約日は2011年11月2日

以上の3軒です。どれも躊躇する無く、購入したのですが、3軒の物件共にジョホールバルにある金融機関から銀行融資を受ける形で、自己資金にレバレッジを効かせる形で購入したのです。そして、その時にMM2Hの力を味わうことができてしまったのです。

激アツジョホールバルの不動産投資

マレーシアのジョホールバル。過去10年間世界の中でも最も急成長を遂げた国の一つ、シンガポールの中心街から車で40分位の都市シンガポールとジョホールバルの物件価格は約8倍の差があります。

さらには、

シンガポール人:「ええ?ジョホールバルなんかに移住するの?          危ないからやめておきなさいよ!」

と、元僕が勤務していた会社のシンガポール人上司から言われてしまう程。シンガポール人から危険である、発展していない危ない街と認識されている、今まで発展が遅れていた地域でもあります。

けれども現状は、実際に現地を見に行った僕がすぐに気に入って移住してしまう程、既に十分すぎるほど住みやすい環境が整っています。

ジョホールイスカンダルプロジェクトというマレーシア政府の号令の下、マレーシア政府が莫大な国家予算を投じて、ジョホールバルを開発しています。そういう中での一等地の、さらには外国人が住める高級コンドミニアムへ投資をすることは、本当に大きなチャンスを掴み取れると考えたのです。

また、マレーシア現地の金融機関が、コンドミニアムを購入する外国人に、比較的有利な条件で銀行融資をしてくれます。

  1. 不動産投資のルール・環境はあるのか?→ある
  2. どのような物件に投資するのか?→プレビルドのコンドミニアム
  3. 流動性はあるのか?→売買の市場がある
  4. 資金は継続的に移動できるのか?→国内への入金&出金問題無い
  5. 銀行借り入れできるのか?→有利な条件でOK
  6. 税金のルールはどうなのか?→許容範囲
  7. 為替差益は期待できるのか?→円高で期待できる
  8. 人口の増加はあるのか?→毎年伸びている
  9. 継続したインフレはあるのか?→経済成長に伴いインフレが起こっている
  10. 急スピードでインフラは整備されているか?→街が数カ月ごとに変化して行く

全ての条件が揃っているジョホールバルの投資、僕の個人の信用を利用して、銀行からお金を融資をしてもらえる限り、僕はジョホールバルのコンドミニアムを購入することを決意したのです!

会社を辞めたら融資60%に・・・涙

ジョホールバルのコンドミニアム、2010年12月29日に契約した一軒目の時のことです。

僕は既にマレーシアHSBC銀行プレミア口座を開設していたので、マレーシアHSBCプレミアから銀行融資を受けるべく、銀行融資に必要な書類を全て提出していました。最初僕が日本の一部上場企業に勤務しているサラリーマンとして資料を提出しました。銀行融資80%以上・・・という良い回答が得られていました。

ところが、2010年12月31日を持って僕が勤務していた会社を退社した後、僕が何かのタイミングで、「会社を辞めてマレーシアに移住してきました!」と、マヌケにも口を滑らせてしまったのです。。。その後・・・なんと、「銀行融資は60%しか出せません!」という回答が来てしまったのです。個人事業主としての信用の低さを実感しショックを受けました。

60%では、自己資金を沢山投入しなくてはならないので、不動産投資としての効率が非常に悪くなります。これでは、2軒、3軒・・・と買いまし続けることも苦しいです。「うーんどうしよう。」不用意に口を滑らせてしまった自分の愚かさを呪いながらも、悩んでしまいました。

けれどもそのタイミングで、MM2Hの許諾が降りたので、まっさきに銀行の担当者にMM2Hのコピーと共に、証拠の資料を提出しました。すると・・・。

MM2Hパワー!銀行融資が85%にUP!

2

マレーシアのMM2Hを正式に取得。MM2Hのステッカーが貼られたパスポートを、不動産の購入をお手伝いしてくれた業者さんと共に、マレーシアHSBCプレミアの銀行融資担当者のところに持って行きました。

しばらくして、銀行融資担当者から再び連絡がありました。すると、、、な、なんと、銀行融資が85%になりました!!(嬉)

一軒目のコンドミニアムの購入資金は875,000RM。銀行融資85%がつくということは、銀行が743,750RMを貸してくれて、僕は131,250RMの自己資金で購入できることになります。

さらには、2軒目と3軒目の購入を、不動産の購入をお手伝いしてくれる業者さんと共に、銀行融資担当者に聴いてみました。すると、、、なんと、サラリーマンを辞めて独立起業して間もない、社会的には信用も何も無い僕に対して、2軒目も85%、3軒目も70%貸してくれるということです。

うーん。あのサラリーマンを辞めた後の60%通告は一体何だったのでしょうか?これは一重にMM2Hの力を認めなければならないようです。こうして、折角獲得した枠をMAXに活用するためにも、2軒目、3軒目のコンドミニアムの購入も決定したのです。

念のため、リスクを分散する上でも3軒とも異なる物件での購入で・・・

  • 1軒目:875,000RM、契約日は2010年12月29日
  • →銀行融資743,750RM、自己資金131,250RMで購入決定

  • 2軒目:984,000RM、契約日2011年10月31日
  • →銀行融資RM836,400、自己資金147,600RMで購入決定

    3

  • 3軒目:657,000RM、契約日は2011年11月2日
  • →銀行融資459,900RM、自己資金197,100RMで購入決定

    4

・・・無事、マレーシアジョホールバルで外国人が銀行融資を活用して、不動産物件を購入できる3軒の枠を全て使い切る形で、投資用のコンドミニアムを購入することができたのです。

タイミング的にも本当にMM2H様々!といった感じでした。

このように、僕の実体験から見ても、MM2Hを取得すると、マレーシア国内での個人としての信用度が上がり、銀行融資の枠が増加する・・・この噂は本当なようですね!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】MM2Hを利用して日本から日産セレナを輸入してみた

再び僕たちの住んでいるマレーシアジョホールバル(JOHOR BAHRU)から、マレーシアの首都クアラルンプールに行くことになり

【斬】マレーシアMM2Hに必要な残りの書類を香港とジョホールバルで揃えてみた

日本の一時帰国後、僕が次に向かったのは香港です。香港でやることは2点。HSBC銀行プレミアに残高証明を発行してもらうこと。そし

【斬】クアラルンプールパビリオンに一風堂がやって来た!(祝)

マレーシア首都クアラルンプールのパビリオンモール(Pavillion Kuala Lumpur)に、日本の誇る激ウマラーメンチ

【斬】ジョホールバルで滝に打たれて修行したくなった時は滝に行こう!

「滝に打たれて修行がしたい!」そういう時、たまにありますよね。これは、ジョホールバルに住んでいても実現可能です。 ジョホールバ



dept