借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】50歳から始める同僚よりも優雅な老後を送るための投資方法

「時間を味方につける」長期積立投資の活用方法をさらに追求してみました。

medium_4482067682

安定した給料収入がある現役サラリーマンの内に、もしくは経営者として事業が軌道に乗っている内に、10年後の引退を想定して投資を開始してみます。

今回は50歳になった有塚さんに登場してもらいます。

有塚さんは現在50歳。10年後60歳での退職に備える形で海外の積立型投資を開始しました。

土日の週末を活用することで、金曜日1日だけ有給届けを取得して、飛行機に乗ってアジア最大級の金融大国である香港に来て、積立型投資を契約したのです。

有塚さんが実行したことは次のことです。

  1. 年間5%の利回りでまわるファンド型の金融商品です。
  2. 月々10万円の積立で25年契約を結びました。
  3. 最初の10年間は月々10万円での積立をしました。
  4. 11年目から25年目までの15年間は一切積立をしませんでした。
  5. 11年目から15年目までの5年間は、逆に月々25万円のお金を毎月引き出し続けて使いました。
  6. 年金が至急される60歳から65歳までの5年間を、この25万円を基本として生活していたのです。

  7. 15年目以降はこのお金にテヲツケず、そのまま定期預金の感覚で置いていたのです。

そうしたところ何が起こったのか?

なんと10年間で貯めた分が1,200万円。その後引き出した金額が1,500万円になりました。

さらには、満期の25年目には2,606万円もの受取金が発生しました。

有塚さんは会社からの退職金をもらえた上で、2度めの退職金として75歳の段階で2,606万円をもらうことができました。

60歳で退職後、65歳に年金支給開始になるまでの間、毎月の安定した収入を受け取り続けることもできてしまったのです。

退職した後に、年金が出るまでの間、安定した収入を積み立て続けたお金から受け取ることができました。

有塚さんは50歳という年齢になってからも、「時間を味方につける」ことで、他の同僚たちとは一味も二味も異なる、大きなメリットを得られる優雅な老後を送ることができてしまったのです。

50歳の時に決断をしたことで、退職後に給与で老体にムチを打ちながら、自分よりも一回りも二回りも年下の若い人に頭を下げ続ける老後を送る必要がなくなったのです。

50歳の有塚さんでもこんなに大きなメリットを受けることができた「時間を味方につけること」。当然さらに若ければ若いほど大きなメリットを受けられることができます。

それが長期積立投資などに代表される「時間を味方につける」投資手法なのです。

あなたは一つでも二つでも「時間を味方につける」投資を既に始めていますか?どんな投資を始めていますか?

お年寄りになるとお互い体も頭も動かなくなって来てしまうものです。まだ旅に出かけられる今の内に、海外に出かけて見聞を広げたいものですね。そしてその中で、みらいの自分や家族を守るために、「時間を味方につける」仕込みをできる限り沢山やっておきたいですね。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】公的年金について改めて考えなおしてみた

オフショア積立ファンドは公的年金の変わりにやってしまっている。これが正直なところです。元々のきっかけは2003年から正式に海外

【斬】●●●●●●●●●と●●●●●●●●●●を比較してみた

僕が実際に毎月積立している、オフショア積立ファンドの●●●●●●●●●社の「HARVEST101」と●●●●●●●●●●社の「

【斬】時間を見方につけるとマイホームと子供の学費が手に入る

時間を味方につけると楽してマイホームと現金が手に入ってしまう 「時間を味方につける」長期積立投資の活用次第では、効率的にマイホ

【斬】現代版アリとキリギリス30年間で5倍も差がでる資産

「時間を味方につける」ことが、どの位の僕たちの力になり得るのか? なぜ僕も2010年からこの部分を強化するに至ったのか?この部



dept