借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】同僚を差し置いて、優雅な老後を送る抜け駆け自分年金運用法

1

「時間を味方につける」長期積立投資の活用方法をさらに追求する。

安定した給料収入がある現役サラリーマンの内に、10年後の引退を想定して投資を開始する想定をしてみる。

今回は50歳になった有塚さんに登場してもらう。

有塚さんは現在50歳。10年後60歳での退職に備える形で海外の積立型投資を開始した。

土日の週末を活用することで、金曜日1日だけ有給届けを取得する形で、飛行機に乗ってアジア最大級の金融大国である香港に来て、積立型投資を契約したのだ。

有塚さんが実行したことは次のことである。

  1. 年間5%の利回りでまわるファンド型の金融商品。
  2. 月々10万円の積立で25年契約を結ぶ。
  3. 最初の10年間は月々10万円での積立をした。
  4. 11年目から25年目までの15年間は一切積立をしなかった。
  5. 11年目から15年目までの5年間は、逆に月々25万円のお金を毎月引き出し続けて使った。年金が至急される60歳から65歳までの5年間を、この25万
    円を基本として生活していたのである。
  6. 15年目以降はこのお金に手を付けず、そのまま定期預金の感覚で置いていた。

以上を実行したところ、有塚さんはどうなったのか?

なんと10年間で貯めた分が1,200万円。その後引き出した金額が1,500万円になった。

さらには、満期の25年目には2,606万円もの受取金が発生した。

有塚さんは会社からの退職金をもらえた上で、2度めの退職金として75歳の段階で2,606万円をもらうことができたのである。

60歳で退職後、65歳に年金支給開始になるまでの間、毎月の安定した収入を受け取り続けることもできてしまったのである。

退職した後に、年金が支給されるまでの間、安定した収入を積み立て続けたお金から受け取ることができた。

有塚さんは50歳という年齢になってからも、「時間を味方につける」ことで、他の同僚たちとは一味も二味も異なる、大きなメリットを得られる優雅な老後を送ることができてしまったのである。

50歳の時に決断をしたことで、退職後に給与収入を得るがために、再就職をする形で老体にムチを打ちながら、自分よりも一回りも二回りも年下の、若い人たちに頭を下げ続ける老後を送る必要がなくなったのだ。

50歳の有塚さんでもこんなに大きなメリットを受けることができた「時間を味方につけること」。当然さらに若ければ若いほど大きなメリットを受けられることができる。

それが長期積立投資などに代表される「時間を味方につける」投資手法。「生涯収入5億円倶楽部」メンバーとして、みらいを安心・安定を掴み取るための手段の一つとして、考えるべきことである。

たとえばあなたは今、一つでも二つでも「時間を味方につける」投資を既に始めているだろうか?

お年寄りになるとお互い体も頭も動かなくなって来てしまうもの。まだ旅に出かけられる今の内に、海外に出かけて見聞を広げたいものである。

みらいの自分や家族を守るために、「時間を味方につける」仕込みを実行しておくことは人生の中でも重要なことなのではないだろうか?

放ったらかしで4,700万円。早く始めると人はここまでお金に愛される

2

若ければ若い程、さらに、さらに自由に、「時間を味方につける」投資方法を行うことができる。

今回はまだ22歳の大学を卒業したばかりの有塚さんに登場してもらう。。。

有塚:「10年間だけ、サラリーマンとして一生懸命働いて給料をもらって貯めよう。そして10年後に独立開業をしよう!」

有塚さん22歳は、早い段階から独立起業を決意しながらも、社会人としての勉強のため、手に職を身につけるため、ある程度の自己資金を貯めるため、新卒採用でまずは日本の上場企業に就職した。

そして、何も考えていない会社の同期たちをよそに、「付き合いが悪い」などと陰口叩かれながらも、倹約生活をして、有給を活用して香港に渡航。毎月10万円の長期積立ファンドを契約した。

  1. 有塚さんが契約した長期積立ファンドは年間の平均運用利回り9%だった。
  2. 月々10万円の積立で、25年契約を結んだ。
  3. 最初の10年間は月々10万円を積み立て続けた。
  4. 11年目から25年目までの15年間は一切積み立てをしなかった。
  5. 32歳の頃に会社を辞めて独立起業した。
  6. 32歳の独立起業時点から事業が軌道に乗るまでの3年間。毎月30万円ずつお金を引き出した。
  7. ビジネスが軌道にのるまでの間、会社から給与を取ること無く、自らが積み立てたお金を3年間の合計で1,080万円分使った。
  8. 14年目以降はこのお金に一切手をつかず、長期積立ファンドにそのまま定期預金の感覚で置いておいた。

すると・・・長期積立ファンドが満期となった有塚さん47歳の時には、3,620万円のお金を受け取ることができたのだ。

有塚さんが22歳の時に開始してから最初の10年間で積み立てたお金の合計は1,200万円である。途中で1,080万円を引き出した上で、最終的には3,620万円も受け取ることができた。

つまり有塚さんは合計で4,700万円を受け取ることができてしまったのである。有塚さんの場合は事業家としてこのお金を使って、さらに新しいビジネスにも取り組むことができたようだ。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーとしては、有塚さんのように、若い時に「時間を味方につける」こと。その代表である長期積立投資を活用することで、人生の中でさらに沢山の選択肢が出てくるということ、今の内に知らなければならない。

あなたはどうだろうか?既に「時間を味方につける」そんな投資をいくつやられているだろうか?「時間を味方につける」こと。これぞ唯一無二の楽して放ったらかしで儲ける方法。と言うことも可能だ。

お金にお金を稼がせるために、お金に愛されるために、常に長期視点で時間を味方につけて、投資に臨みたいものである。

これから僕たちは、どちらのような生き方を、選択するべきなのだろうか?

今一度よくよく考えないとならない。

僕たち自身の身は自分で守る。

僕たち自身の未来は自分の力で構築する。

この理念を実現化させるためには、どうすればいいのか?

一緒に一歩一歩考えていこう。

その深く考える機会として抜群なのが、僕と、J(ジェイ)こと平城寿氏が、香港入りした時に合わせて開催する、「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」。

これまで実際に100名以上の方々が、旅に参加。

旅に参加した仲間たちと、行動を共にすることで、夜遅くまで語り合うことで、

ご自身の人生の方向性を、定めることができたようだ。

9月度も開催。

9月度は、土日だけの参加でも、OKなように。スケジュールを組み直した。

香港でセミナー形式で金融の勉強を徹底的にした後は、中国本土に入り、中国本土を活用した、物販ブロガービジネスで原資を稼ぐ方法も研究する。

僕たちと共に現地集合して、共に熱く語り合おう!

9月度やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!詳細

9月の【やっぱ金だよ。漢だらけの香港視察!】は、9月は、20日(金)21日(土)22日(日)に開催。

行く場所は、香港と広州である。

9月20日(金)、21日(土)、22日(日)の2泊3日の日程で、僕たちの香港入りに合わせて頂く形で、香港現地で集合、現地解散で開催する。

【旅のスケジュール】

◯9月20日(金)※守りの資産運用希望者のみ

  • 香港時間16時30分(日本時間17時30分):
  • 香港銅鑼湾(トンロー湾)某ホテルロビー集合(現地集合)

  • 17時~20時:守りの資産運用勉強会
  • 20時~22時:中華レストランにてディナー
  • 香港宿泊(銅鑼湾(トンロー湾)推奨)

◯9月21日(土)

  • 香港時間8時45分:香港銅鑼湾(トンロー湾)
  • 某ホテルロビー集合(現地集合)

  • 9時~12時:攻めの資産運用勉強会
  • ランチ後、ホンハム駅より広州東直通列車で移動
  • 広州東駅近く、中華レストランで【宴】
  • 広州宿泊

◯9月22日(日)

  • 中国時間9時30分:某ホテルロビー集合
  • チャーターした運転手付きのバンに乗り込み卸売市場へ
  • 10時~12時:卸売市場1箇所視察
  • ランチ
  • 14時~15時:卸売市場1箇所視察
  • 16時~:ホテル会議室で勉強会
  • 中国現地解散
  • 「守りの資産運用」勉強会
  • 「攻めの資産運用」勉強会
  • 広州の卸売市場&ビジネス活用勉強会

これをたったの2泊3日で実現化させる。

「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」に参加される場合、下記のフォームから申込み頂きたい。

→ http://ul.lc/36am


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】●●●●●●●●●と●●●●●●●●●●を比較してみた

僕が実際に毎月積立している、オフショア積立ファンドの●●●●●●●●●社の「HARVEST101」と●●●●●●●●●●社の「

【斬】●●●●●●●●●社ハーベスト101の目論見書を読むための用語集

●●●●●●●●●社からもらった「ハーベスト101」投資プランの目論見書(商品概要)が、全て英語で書かれていたので、気合を入れ

【斬】●●●●●●●●●のダイレクトと●●●●●●●●●●のミラーを比較してみる

●●●●●●●●●●「Harvest 101」の「ダイレクトファンド」と、●●●●●●●●●●「Premier」の「ミラーファ

【斬】年金代わりのオフショアファンドについて妄想検証してみた

オフショア積立ファンドを公的年金の変わりに運用している僕ですが、これは、どのような考えの下これを考えるに至ったのでしょうか?こ



dept