借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】中国広州で住んでいた家が2.75倍に鬼化けした件

中国広州で住んでいた家の不動産価値が2.75倍に鬼化けしてしまいました。

僕は勤務していた会社の異動辞令で2006年8月に中国広州へ。そこから2010年12月まで中国広州に家族と一緒に住んでいました。

家族は2008年まで香港に住んでいて、それまでは僕だけ中国広州に住んでいました。海外間の単身赴任という形になっていたんですね。あまり前例の無いパターンでしたが、僕が中国本土を攻め落とすことに専念できるよう、当時の上司が「神の手」を使って特別アレンジしてくれていたのです。

それから2008年に家族が中国広州に引っ越して来たので、それまで住んでいた一人暮らし用の家から、家族で暮らせる家に引越しました。

その家が住んでいる間に、バンバン不動産価値が上がってしまったんです。その理由を確認してみましょう。

中国広州・・・過去10年間で急激に成長しまくった都市の一つだと思います。僕が住んでいる間も、ドンドンと発展して行きました。 

IMG_6317

たとえば、中国広州にある高級百貨店。この中で売られているものは全て、相場的に日本よりも1.5倍~2倍位の値段で売られていたりします。 

IMG_6360

それにも関わらず、こんなふうにお客さんがマジで買い物しまくってます。 

IMG_6307

僕が幼い頃、両親に連れられて行った、横浜そごうもこんな感じだったと思います。 

IMG_6316

あの頃の横浜そごうも駐車場に入るまでにもかなり待たされる感じで、百貨店の中に入ると、大人たちが夢中になって買い物をしていたのを記憶しています。 

IMG_6314

中国広州の人たちも今、高度成長期の恩恵を、買い物という形で、楽しみまくっている様子が、百貨店の中を歩いているだけでも、ヒシヒシと伝わってきます。 

IMG_6308

街中が全く別物になりました。 

IMG_6338

僕が中国広州に住み始めたばかりのころは、ドコモかしこも工事現場で、工事のおっちゃんたちの集団ばかりだったのですが、今日時点の広州はあの頃と全く違います。かなり洗練された都市になってきましたね。 

IMG_6341

中国広州にオープンした香港資本の大型ショッピングモールです。 

IMG_6343

ショッピングモールの中はかなり綺麗でブランドショップばかりです。 

IMG_6345

中国広州のHERMESでは、オープン初日に、バーキンなどの超高額バッグが、初日で一気に品切れた・・・という世界でも稀にみる伝説を持っているそうです。 

IMG_6347

ショッピングモールの入り口は、高級車ばかりですね。 

IMG_6348

そして、実はこのショッピングモール。僕が昔住んでいたコンドミニアムの目の前にあるのです。本当に細い道路隔てて目の前です。 

IMG_6359

昔はこの周りは、工事のおじちゃんたちが数百人、道路に座り込んで弁当食べたり、タンを吐いたり、タバコを投げ捨てしたり・・・とかなり凄い光景だったのですが、今となってはそんな面影は微塵足りともありません。

IMG_6357

 写真左側が高級ショッピングモールで右側がかつて僕が住んでいたコンドミニアムです。

実はこのコンドミニアム以前は立地的にかなり最悪でした。周りは工事現場ばかりでガラが悪くて。でも敷地内は綺麗だったし、家賃もそれほど高くなかったので、で家族と一緒にココに住むことにしました。

購入しようとすると、100平方メートルちょっとの部屋のサイズで、150万元位の相場でした。さらに、僕は当時からHSBCプレミア中国の口座を持っていたのですが、当時は銀行の担当者が80%位の融資をしてくれると言っていました。

その対象物件の中に、このコンドミニアムも入っていたのです。150万元のコンドミニアムを銀行が融資80%の融資をしてくれるということは、たったの30万元の自己資本で購入できてしまうことになります。

そして今・・・このコンドミニアムは中国広州で1、2を争う値上りを見せました。当時150万元だったコンドミニアムは408万元に。。もう少し広めの部屋になると、500万元だったり、900万元だったり。。鬼の値上りです。 

IMG_6355

仮にあの頃・・・HSBC中国プレミアがお金を貸してくれる・・・という言葉のまま、購入していたら。80%前後の銀行融資。たったの30万元の自己資金でこの物件を購入。

そして、30万中国元が、408万中国元に・・・実に銀行融資というレバレッジを効かせることで13.6倍になったことになります。(まさに机上の空論ですが。笑)

これが不動産投資の力ですね。銀行が積極的にお金を貸してくれる・・・という時には、ある意味銀行がリスクが無いという判断をしている書庫でもありますので、本来、ガツガツ融資を取りにいかなければなりませんでしたね。

今となっては何を言っても「後の祭」ですが。

ちなみに、僕がジョホールバルで住んでいるコンドミニアムが契約満期に。オーナーが1,000リンギット(約27,000円)アップを要求して来ました。これは、元々の家賃が3,000リンギット(約81,112円)ベースでのアップということで、約133%アップということになります。結局交渉の上、500リンギットアップだけで留めましたが。

僕はジョホールバルにも3軒、銀行融資を駆使して(85%、85%、70%)購入しているので、この値上りは、嬉しいやら、悲しいやら、不思議な気分ですね。笑


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】中国本土でこれまで手がけた不動産投資

遅すぎた中国。気がつけば主要都市での不動産投資のチャンスが喪失していた僕。そんな僕でも色々な経緯もありつつ、これまで次のような

【斬】中国広東省珠海市で購入した購入コンドミニアム

僕が中国本土で購入した不動産物件の中に、広東省珠海市で購入した約119平方米の広さの高級コンドミニアムがあります。  珠海市

【斬】上海、北京、広州、深セン。遅すぎた中国の不動産投資

海外不動産投資。2000年からの正解は、中国本土の沿岸都市「上海」にありました。 仮に2000年度に「上海」に出向き、「上海」

【斬】遅すぎた中国。中国本土で銀行融資をうける難易度の高さたるや

中国本土の不動産投資。上海、北京は有名過ぎて、今さら例にあげるのもなんですが遅すぎました。 そして、広東省の中でも、一番の都市



dept