借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】ラディソンBLUホテルセブを家族でトコトン遊び倒す!

今回のフィリピンセブ家族旅行の宿泊先はラディソンBLUホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)でしたが、僕はセブ到着早々、「GBP(グローバル・バックオフィス・フィリピン)合宿」に参加していたため、ホテル・リゾートを満喫できていませんでした。

NewImage

「GBP(グローバル・バックオフィス・フィリピン)合宿」の全てのカリキュラムが終了した後、長女Pismingと次女Mikanと一緒にホテルリゾートを満喫することにしました(嫁さんはマッサージ。)。

まずはビュッフェです。セブの日本人向け情報誌『セブポット』の忠内さん曰く、ラディソンBLUホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)のビュッフェがオススメとのことでしたので、早速行ってみました。

NewImage

なるほど、これは品揃いが充実していますね。

NewImage

そして、どれも手抜きが無い感じです。何を食べても美味しいです。

NewImage

特に娘たちが気に入っていたのは、こちらのパン。ラディソンBLUホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)のビュッフエこれは、セブに住んでいる日本人情報誌の代表の方がオススメされるだけありますね。

NewImage

美味しいものが多すぎて、何を食べて良いのやら、食事コントロール中の僕には逆に酷でしたが(^o^;)

NewImage

娘たち:「プールっ!プールっ!」

娘たち:「プールっ!プールっ!」

NewImage

急かす娘たちに押されるがまま、ラディソンBLUホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)のプールに行きました。

NewImage

セブのホテル・リゾートは、プールも充実しているのが特徴的ですね。娘たちも猛ダッシュでプールの中に飛び込んで行きました。

NewImage

ちなみに、プールや海中でのiPhoneによる写真撮影は・・・必殺のアイテム、iPhone用防水アクティブケース『Waterproof Mobile Case』を活用します。

これで、iPhoneが水陸両用のモバイルギアへと大変身を遂げます。

NewImage

iPhone用防水アクティブケース『Waterproof Mobile Case』(販売元:株式会社わがんせ

NewImage

普段は放おっておけば何かと喧嘩ばかりする娘たちですが、「遊び」の時だけは、結束力が強くなります。

NewImage

2人で仲良くプールの中を歩きまわっていました。

NewImage

海だと色々と砂とかで汚れてしまったり、なんだかんだいって危ないのですが、プールはそれほど汚れないし、何よりも一緒についていれば安全なので、親としては安心ですね。

NewImage

本当のビーチではこういうことはできませんが、プールだとできますね。流石は僕の娘たち。。。気持ちいいスポットを見つけるのだけは得意ですね。笑

NewImage

泳ぎ遊びつかれた後は、プールサイドで休憩です。

NewImage

これぞ常夏リゾートの醍醐味・・・トロピカルな、アップルジュースと、バナナシェイク。

NewImage

さらには・・・プールサイドで食べるピザは格別です。フィリピンセブのピザは、油っこくなくて、美味しいですね。

NewImage

ありました、「肝臓腎臓強化部」の必須アイテム「参鶏湯(サムゲタン)!」・・・のフィリピンセブローカルフードバージョンでしょうか?

どこの国にも同じようなのがあるのですね。

NewImage

ラディソンBLUホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)のプールの隣には、綺麗で広い芝生が広がっています。2人とも裸足になってひたすら踊ったり走ったりしていました。

NewImage

日本料理屋「呑んき」にディナーを食べに行きました。

NewImage

フィリピンセブでも、日本料理レストランが人気らしく、ちゃんとローカルの人達がお客さんとして入っていました。呑んき弁当を注文しました。

NewImage

嫁さんは冷やし中華ですね。どれも美味しかったですよ。

NewImage

そして、シメはフルーツ盛り合わせです。

NewImage

お腹が一杯になったところで、大型ショッピングモールを見学です。

NewImage

流石は高度成長期真っ只中の新興国フィリピン。夜遅いのにも関わらず購買意欲旺盛そうな、ローカルの人達で賑わっています。

NewImage

嫁さんと娘たちがお土産物屋を見つけたようです。

NewImage

フィリピンセブならではの、貝とか海のものが入ったアクセサリーを買いまくっていました。10個で1,000円くらいだと、喜んでいましたね!

NewImage

この大型ショッピングモールには乗物系も盛んです。ゲーセンもかなり大きいです。

NewImage

乗り物系に目がないPismingとMikanは早速乗馬に・・・。

NewImage

そしてゴーカードで飛ばしまくっていました。

こうして僕たちのフィリピンセブの旅は幕を閉じました。嫁さんも娘たちも、フィリピンセブは気に入ったようで、また来たいと言っていました!

5月11日、12日、驚異的な国際転売セラーの全貌が明かされる。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】ビジネスセンスの無い人が稼げる国際転売を効率化させる方法

必ず存在する日本と海外市場の価格差を利用して稼ぐ方法があります。海外の国と国との間の価格差というものも必ず存在します。 国間の

【斬】「国際転売セラー」で可能になる!4倍価格差鞘抜き手法

30円で仕入れた商品が300円で売れたとしたら・・・。それが実現可能だから、「国際転売セラー」になると誰でも稼げるのです。 4

【斬】フィリピン人スタッフを国際転売の外注として使う非常識さが利益を最大化

僕は1999年から日本の東証一部に上場している某メーカーの正社員になりました。 2003年からは香港に人事異動。香港をベースに

【斬】フィリピンセブへセブパシフィック航空で家族旅行

フィリピンセブ(Cebu)へセブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)を使って家族旅行に行きました。 いつもの週



dept