借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】マレーシアジョホールバルで実行する投資を戦略面から再確認

2013-03-09_2217

マレーシアジョホールバルで実行できる投資。月収100万円未満の場合(手取りベース)と、月収100万円以上の場合で異なります。

投資・・・と一言で言っても様々な種類があります。

ジョホールバルだけでも、非常に沢山の投資機会があり、具体的にやるべきことが決まっていないと、あれもこれもやりたくなり、結局は何もできないか、今の自分の身の丈と合わない投資に手を出してしまったりしてしまいます。

そこで、マレーシアジョホールバルの投資について具体的に語る前に、月収が100万円未満の場合の基本戦略を確認。

それに基づいたマレーシアジョホールバルの投資というものを、確認して行きたいと思います。

月収100万円未満の場合実行できるたった3種類の投資

実は、月収100万円未満の場合、本来実行可能な投資は、たったの3種類しかありません。

  • 通貨分散
  • 株式投資
  • 不動産投資

以上3種類、僕がメインエンジンと呼んでいる投資です。

一方、これ以外の種類の投資、たとえば、レバレッジをかける形でのFX(外国為替証拠金取引)投資や、事業投資などは、サブエンジンと呼ばれている投資です。

メインエンジンの投資には、通貨分散にしろ、株式投資にしろ、不動産投資にしろ、契約書を結ぶ先がしっかりとした、大手金融機関である場合が多く、自分の権利がしっかりと守られるのが特徴です。

サブエンジンの投資は、契約書があって無いようなもの、ハイリスクな場合が多いです。この手の類の投資は、月収100万円未満のメンバーの場合、本来手を出してよいものではありません。

けれども現実的には、「お金が無い」と嘆いている方ほど、長期視点で地道に狙っていくタイプのメインエンジンの投資の期待利回りには満足できません。数字的な刺激や魅力が少ない場合が多いからです。

だから、感情的に熱くなれる、ハイリスクなサブエンジンの投資ばかりに、なけなしのお金を突っ込んでしまうのです。リターンの到底予測不明だという事実を見てみぬフリする形です。

事業投資に大金を突っ込んで、投資先の事業が破綻した・・・とか、FX(外国為替証拠金取引)投資に200倍フルレバレジかけて、瞬時に数千万円溶かしてしまったりと。。。よくあることです。

月収100万円未満のメンバーの場合、サブエンジンの投資に手を出してはなりません。あくまでもメインエンジンの投資に集中すべきなのです。

僕が今投資家として活動できているのも、現役サラリーマンの時からしっかりと、メインエンジンの投資に集中特化する形で足元を固めることができたからだと、自己分析することができます。

2004年から2010年の間は、副業ビジネスで徹底的に原資を稼ぎながらも、メインエンジンの通貨分散、そして株式投資の進化版とも言えるファンドをドルコスト平均法で。

2010年から中国、フィリピン、マレーシアを中心に本格的に不動産投資を開始したのです。

その後も月収のレベルが上がっても、通貨や国を分散しながら、それぞれの絶対額を上げながら、通貨分散、株式投資、不動産投資に全力集中して行きました。

基礎が固まってから、ようやく事業投資を中心としたサブエンジンの投資を開始したのです。

だからこそ、今の僕があると言っても過言ではありません。

メインエンジンを中心とした投資戦略を念頭においた上で、マレーシアジョホールバルの今の環境は、メインエンジンに集中特化すべき段階のサラリーマンにとって非常に有効的な案件があります。

マレーシアジョホールバルの不動産投資です。

毎月安定して30万円以上の給料をもらえている現役サラリーマンであれば、現地の銀行融資条件をフルに活用することで、自分では無く、銀行にリスクを背負って貰う形で、自分自身のリスクを最小限に押さえながら、レバレッジを効かせた投資に臨むことができるのです。

必要最小限の自己資本で、個人としては大きな規模の資産構築に挑戦することが可能になるのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】マレーシアHSBCプレミアから銀行融資を受けて不動産購入してみた①

マレーシアジョホールバルで、プレビルド(未完成)のコンドミニアムを3軒購入しました。 1軒目:875,000RM、契約日は20

【斬】5兆円企業クオークグループ超VIP幹部と1対1の対談を行いました

ジョホールバルを活用して資産を構築するにはどうすれば良いのか? 5兆円企業クオークグループ(Kuok Group)の開発事業ベ

【斬】マレーシアジョホールバルの基礎を勉強してみる②

マレーシアジョホールバル。そこは僕が投資用に計3軒のコンドミニアムを購入してしまった地。さらには、家族を引き連れ、拠点として移

【斬】マレーシアジョホールバルに投資用不動産を購入してみた

僕は2010年から2012年にかけて、マレーシアジョホールバル(JOHOR BAHRU)の中心地にプレビルドのコンドミニアムを



dept