借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】コソボ(Kosovo)のプリシュティナ(Pristina)の街中を探索してみる

コソボには5日間も滞在していたので、いろいろと街中を探索していました。コソボ現地法人を設立して、不動産を買うと言っても、待たなきゃならないことはあるにせよ、それ自体にそれ程時間がかかるわけではありませんからね。

ということで、暇でブラブラしていた時に収めた写真をシェアさせて頂きますね!コソボが今どんな状況なのか、それを感じ取って頂けると思いますので!

1

コソボの高級住宅地

2

不動産価格の上昇により億万長者も続出だとか。

3

持っている人は持っている。そんな感じだ。

4

今回宿泊したホテル一泊当たり40EUR。

5

湖畔のレストラン

6

山の中のレストラン。コソボのレストランは外観も質が高いものが多い。

7

ホテルの朝食。コソボはパンが美味い。

8

コソボ現地料理。

9

このナンのようなパンは激ウマ!

10

鉄板料理もチーズがふんだんに使われていて美味い!

11

パスタ、ピザ、サラダ・・・高品質な料理が普通に食べられる。

12

ちなみにこちらはカレーとナン。美味くて安い!

13

高級料理・・・コースで一人あたり40EUR。ワイン飲んでも2人で100EUR以下。他のヨーロッパ諸国ではあり得ない値段。

14

中華料理レストランもあった。美味い。

15

スーパーの様子なんでも安い。

16

肉は意外と新鮮で料理しやすく切り分けられている。安い。。

17

乳製品も豊富で安い。

18

ワイナリー

19

コソボ・・・実はドイツにワインを輸出している。水が綺麗で、ぶどう畑も豊富。美味いワインができる。

20

コソボの源泉

21

源泉近くは絶景スポット

22

コソボにはカジノもある。

23

ハローキティは既に知られている模様。

24

流石はトヨタ。既に進出済み!

25

警察の車はトヨタ車が多い。流石に根回しはバッチリといったところか?

ちなみに、コソボ(Kosovo)のプリシュティナ(Pristina)市内を徒歩で歩いていて非常に気になったこと。それは「チナ(チャイナ)」、「ジャッキーチェン」、「ブルース・リー」、「アチョー」とか言われて、あちこちでちょっかい出されてしまうことです。

現地には日本人は当然のこと、アジア人自体がほとんどいません。そして彼らが知っているアジア人は中国人だけなのか?歩いているだけなのに連続でからまれまくっていました。これは正直ウザかったです(苦笑)。

あまりにもそういう方々が多いので、小学校の頃に「カニ歩き」で鍛えた「骨法」の「徹し(とおし)」と呼ばれる「掌打」を繰り出すことで、体で教えこんであげようかと思う程でした・・・。嘘です。実際現地では、ヤンキーにカツアゲされないように、注意深く歩く一般中学生のように、誰とも目を合わさないよう、真っ直ぐ前のみを向いてあるいていました(笑)。

でも、いちいち僕を見るなに、アジア人、よそ者・・・「ガイジン」として、ちょっかいを出してくるのは、それだけ僕たちアジア系の人たちが、この地ではレアだという証拠。。。まだ、日本人どころか、華僑系の人たちでさえ、本格的に入り込んできていない証拠ですね。

ですので、この状況自体が、僕たち「投資」を営む「投資家」にとってみれば、「鉄板リーチ目」的なシグナルだったりしますね!激アツです!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】コソボに現地入りした仲間より。土地がさらに熱いことになっているとの報告

僕は2012年に元紛争国コソボに現地入りして、コソボ現地法人を設立し、法人名義で4,000平方メートルのサイズの土地を購入しま

【斬】コソボのプリシュティナで銀行口座開設してみる

コソボ(Kosovo)の首都プリシュティナ(Pristina)滞在中に、法人名義の銀行口座だけでなく、僕個人名義の銀行口座も開

【斬】コソボのプリシュティナで不動産投資(土地購入)をしてみる

コソボ滞在、僕はコソボ現地法人(株式会社)を設立しました。僕の設立したコソボ現地法人の名称は『WAKYO JSC』です!それと

【斬】元紛争地コソボのプリシュティナに不動産購入

不動産投資として、僕はこれまで一貫してコンドミニアムを購入して来ました。けれども2012年7月時点で例外が一つだけあります。土



dept