借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】ある日突然、全てを失なった時僕たちは?

1

ニュースで公的年金の受給年齢の引き上げや、
将来における支給額の減額などが報道される度に。

僕たちの老後を取り巻く環境が、
どんどんと悪化してきていると感じることが多いと思います。

こんな状況下でも。

そして、現役サラリーマンでも。

「時間を味方に」長期視点の投資に臨むことで、
資産1億円の構築は夢ではなくなります。

自分と愛する家族のために。

真の安定・安心スタイル実現を目指すために。

長期のスタンスで投資をする重要性について、
真剣に向き合わなければならないタイミングなようです。

ある日突然、全てを失なった時僕たちは?

もしかしたら、今まで投資とか、資産運用とかを学んで来た中で、
長期スタンスの重要性について考えたことがあるかもしれません。

けれども僕たちは、
改めてこの重要性をよくよく認識する必要があるのです。

長期で投資を行うスタンスを理解する必要があるのです。

僕たちが生まれ育った日本の景気が悪い
・・・低迷し続けていると耳にするようになってから、
一体どの位の年月が経つのでしょうか?

政府から発表されている、
指標的には景気は悪くないとも一説では言われていても。

実感ベースでは、
ずっと景気は悪いままだと感じているのは、
お互い隠せない正直な気持ちだと思います。

それもそのはずです。

1990年代から長期に渡り、
僕たち日本人の平均所得は下がり続けているのです。

不動産価格、株価も下落し、
僕たち日本人個人が所有する資産額が目減りしています。

景気が上向いているという発表があった年もあります。

けれども、
日本における僕たち日本国民の
どれくらいの人たちがそれを実感し、
またメリットを享受できたのでしょうか?

おそらく、
僕たちの身の回りにも「景気がよくて最高」と
言っている人たちなど、

ほとんど見受けられないのでは無いでしょうか?

資源価格は高騰し、
世界的にインフレ基調にあると聞きます。

ただ、
日本の一般的なサラリーマンの収入は逆ですよね。

収入に関しては、
増加しない、あるいは、
減少しているというデフレ基調にあるようです。

インフレが収入に及ばないと、
安心感や、上昇感は、当然得られることはありません。

たとえば、
高度成長期と言われていた、僕たちの父親の世代、
過去の日本の魅力を振り返ってみると。。。

1:終身雇用に裏打ちされた、収入の保証

2:社会保障制度(=年金)の確立

3:右肩上がりの昇給昇進

この三拍子が揃っていました。

偏差値の高い高校・大学を卒業し、
一部上場企業を始め、
大手の企業に就職さえすれば間違えない。

明日の雇用の心配をすることなく、
一生懸命会社に尽くすことが正義。

尽くすことで得られる対価を銀行に預金し、
十分な金利で利殖を行う。

そして定年と同時に年金を受け取り、
積み立てた貯蓄と利息で生活を充実させる。

真面目にサラリーマンとして、
会社に忠義を尽くし、体調を大きく崩すこと無く、
ストイックに無遅刻無欠席を貫き通せれば、
僕たちが安心・安定を謳歌できる人生は約束されていたのです。

たとえば僕の父親も無事に60歳を超えましたが、
勤務していた会社にサラリーマンとして就労し続けていました。

大動脈破裂や、
ガンの入退院を繰り返す形になってしまい、
最終的に退社することになりましたが。

未だに復帰を目論んでいるようです。。

サラリーマンとしては本当に理想的な
人生を歩むことができていると思います。

では、僕たちの世代はどうでしょうか?

僕も1999年入社以来、
約12年間サラリーマンをしていました。

その間、かつて僕たちが教わっていたこととは
全く違う世界が待ち受けていました。

1:終身雇用に裏打ちされた、収入の保証
  → 終身雇用などどの企業も約束出来ない

2:社会保障制度(=年金)の確立
  → 55歳以下の若い世代は支払った額をもらえない現実

3:右肩上がりの昇給昇進
  → 右肩上がりどころか、いつリストラ・左遷されるかも分からない

このようなリスクだらけの状態で、
現役サラリーマンとして、全てを失う恐怖。

自分や家族の生活を人質に取られた状態。

そういう非常に不安定で不健全な状態で
生き続けることを余儀なくされていることを知ってしまいました。

僕が現役サラリーマン中に立ちあげた、
サーバー世界の秘密地下組織、
「生涯収入5億円倶楽部」の、

「生涯収入5億円」の定義のキッカケにもなっていますが、

かつて、大卒上場企業勤務のサラリーマンの生涯収入が、
3億円と呼ばれいたのは今も昔。

今日時点ではその半分にも満たない
1億4,000万円前後になってしまっていると言います。

「社会に守られていた環境」・・・・が、
いつの間にか「自分のことは自分で守らなければいけない環境」
へと様変わりをしていたということです。

本来、

僕たちはみんな気が付いているはずなのです。

けれども、

まだどこかに期待感があり、
きっと政府や政治家が何とかしてくれる。。。

あの頃のように景気は再び上向くはず・・・。

何か奇跡のようなことが起こって、
状況はよくなるはずだ・・・と、
問題の先送りの状態になっているのかもしれません。

けれども、そろそろ僕たちは気づかなければなりません。

時代は確実に変化しているのだと。。。

こんな状況下では政府や政治家は守ってくれません。

僕たちが生き残れるかどうか?

それは良くも悪くも全て
「自分次第」「自己責任」なのだと。。。

こんな環境に置かれている僕たちは、
これからどのように自分自身や、

家族を自分自身の力で守って行けばよいのか?

この大きなテーマについて、
もっともっと真剣に考えなければならないのです。

こんな時代の中。

僕たちは、
自分自身と家族を守る対策は
既に開始しているだろうか?

何度も僕たち自身に問いただす必要があるのです。

3つの崩壊から抜け出すための戦略術

偏差値の高い高校・大学を卒業し、
一部上場企業を始め大手の企業に就職さえすれば間違えない。。。

「生涯収入3億円」というのは、既に過去のものです。

都市伝説と何も変わらない、
使えない「成功法則」であること。

僕たちは、
「平均生涯収入1.4億円」時代の社会に出てから知らされたはずです。

本来現役サラリーマンの核となる部分、
3つの仕組みがとっくに崩壊してしまっていたからです。

こんな時代の中で、一体どうやって僕たち自身や、愛する家族を、
僕たち自身の力で守って行けばよいのか?

その答えの一つに当たるのが・・・

「時間を味方につける!」という投資手法なのです!

「時間」とは、

僕たち全員に平等に与えられた大切な資産です。

人間生まれながらにしての家庭環境や、
得意不得意などいろいろあるのは事実であるが、
誰しも時間だけは平等に与えられているわけなのです。

あの人は一日24時間あるけど、僕には12時間しかない。

そんなことは、絶対にありえないわけなのです。

ゆえに、時間は絶対的な価値と考えることができますよね。

この絶対的な価値を活用せずに、
ただ過ぎていく時間に身を任せることは、
とてもとても勿体無いこと。

時間という概念をしっかりと抑えた上で、
投資活動を行うことで、

僕たちは、
「時間を味方につける」形で、
着実に資産を増やすことができるはずなのです。

たとえば投資を時間軸で見た時、
短期、中期、長期視点のものが存在します。

それぞれにおいて活用の目的が異なります。

重要なのはこの中でも「長期」視点の投資。

僕たちに平等に与えられた、
時間を味方につけた長期投資をコツコツと行うことで、
自分と家族の数十年後を守る力となり得るのですから。

たとえば僕の場合は、
「家族を守る」手段として、
長期視点の投資を、メインエンジンとサブエンジン。

複数ヶ国の複数通貨。
という形で分散を図りながら行なっています。

【真田孔明の投資戦略MAP】
※実際に行なっている投資案件を元にMAP化

「長期」の投資を手がけること。

できる限り早ければ早いに越したことはありません。

少しでも若い内に、
全ての人が平等に持っている「時間」という資産を
上手に活用できたかどうか?

たったそれだけの違いが、
その後の人生を大きく分けてしまうのです。

僕たちは、
もっともっと自分の身は自分で守るという意識を
真剣に持たなければなりません。

僕たち自身と家族の未来は、
僕たち自身の力で守り構築して行くのです。

この崇高なる理念を、
僕たち自身の力で実現化させるためには、
どうすればいいのか?

その答えが「時間を味方に」つけた
長期視点の投資をするということ。

僕たちが今、
本格的に準備を始めなければならないことなのです。

そして、
それを徹底的に向き合う形で、
一緒に勉強すること。。。

これが、僕と、J(ジェイ)が開催している、
「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」
の重要なミッションの一つなのです。

「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」

長期視点・・・のお話は、
21日(土)に、香港某所の会議室で約4時間かけて、
セミナー形式て徹底的に勉強します。

今回の「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」は、
金曜日の深夜に入っても十分ミッションが達成できるように、

21日(土)、22日(日)の2日間だけ、
参加いただけるように手配しました。

今までの人生の延長上を地道に歩んでいくのか?

僕たちと一緒に旅に出て、
新たなら道にも挑戦するか?

最終的な決断はご自身が固めなければなりません。

でも、一つ言えることは、

普段とは違う環境で、
勉強したり語り合ったりすると、

視野が何倍にも広がります。

そんな中で、
ご自身の「みらい」を考えてみることは、
非常に有意義なことだと。

僕は僕自身の経験上思うのです。

9月度やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!詳細

9月の【やっぱ金だよ。漢だらけの香港視察!】は、
9月は、20日(金)21日(土)22日(日)に開催します!

行く場所は、
香港と広州です。

9月20日(金)、21日(土)、22日(日)の2泊3日の日程で、
僕たちの香港入りに合わせて頂く形で、
香港現地で集合、現地解散で開催します!

【旅のスケジュール】

◯9月20日(金)※守りの資産運用希望者のみ

  • 香港時間16時30分(日本時間17時30分):
     香港銅鑼湾(トンロー湾)某ホテルロビー集合(現地集合)
  • 17時~20時:守りの資産運用勉強会
  • 20時~22時:中華レストランにてディナー
  • 香港宿泊(銅鑼湾(トンロー湾)推奨)

◯9月21日(土)

  • 香港時間8時45分:香港銅鑼湾(トンロー湾)
     某ホテルロビー集合(現地集合)
  • 9時~12時:攻めの資産運用勉強会
  • ランチ後、ホンハム駅より広州東直通列車で移動
  • 広州東駅近く、中華レストランで【宴】
  • 広州宿泊

◯9月22日(日)

  • 中国時間9時30分:某ホテルロビー集合
  • チャーターした運転手付きのバンに乗り込み卸売市場へ
  • 10時~12時:卸売市場1箇所視察
  • ランチ
  • 14時~15時:卸売市場1箇所視察
  • 16時~:ホテル会議室で勉強会
  • 中国現地解散
  • 「守りの資産運用」勉強会
  • 「攻めの資産運用」勉強会
  • 広州の卸売市場&ビジネス活用勉強会

これをたったの2泊3日で実現化させる。

「やっぱり金だよ。漢だらけの香港視察!」に
参加される場合、
下記のフォームから申込み下さい。

→ http://ul.lc/36am

                 真田孔明

【編集後記】

夏休み明け・・・の有給休暇を提出するのは、
かなり気が引けてしまうと思います。

けれども、
金曜日に鬼のダッシュで会社を出て、
飛行機に乗って香港に深夜の内に到着し・・・。

土曜日の朝の勉強会から参加する。。。

そういうことが可能な
スケジュール組みを
してみました。

ちなみに僕とJ(ジェイ)さんは、
香港・広州の後はすぐに、
日本へ・・・。

しかもなんと、福岡に入ります!!!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】やっぱり金。香港視察!広州卸売市場を制するものは物販を制す!

「円安は一体どこまで加速していくの?」 「もしもこのままずっと、円安が加速してしまったとしたら。これから海外投資をスタートする

【斬】本気で月収100万円&資産1億円合宿@香港発黄金三角地帯(4月)

月収100万円&資産1億円を一つの短期的な目標として定め。目標に向けて愚直に前進を始めることに特化させた合宿を、アジア

【斬】僕たちしか知らないスタートの合図 5月度「漢旅」in香港・広州報告書②

僕が香港で拠点としているのは、香港島の銅鑼灣(トンローワン)駅。香港の文化、日本の文化、西洋の文化、3つの文化がバランスよく中

【斬】中国珠海を活用すると国際転売セラーの活動はさらに楽しくなる

中国本土を活用すると、格段に物販が楽しくなります。なぜなら、より効率的に低リスクで稼げるようになるからです。 なるべく低いコス



dept