レベル
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
level001
2

【帝】銀行融資に適した会社法人設立と銀行融資提出書類の基本

銀行に愛されるはじめての銀行融資「その2」。 「物販大富豪の戦略術」という、大きな絵図の下、具体的にどのように、はじめの一歩を踏み出せば良いのか? ゼロからスタートで、「はじめての銀行融資」を実現させるには、どういう準備 […]

続きを読む

level001
6

【帝】物販で必ず黒字が出続けるビジネスモデルを構築する

「物販大富豪の戦略術」という、大きな絵図の下、具体的にどのように、はじめの一歩を踏み出せば良いのか? ゼロからスタートで「はじめての銀行融資」を、実現させるにはどういう準備を、どういう順番でやればいいのか? これからステ […]

続きを読む

level001
5

【帝】銀行に愛される経営はじめての銀行融資

銀行融資についてより実践に基いてお話させて頂く。 銀行に愛されるはじめての銀行融資というところだ。 ここまで、「物販大富豪の戦略術」について、お金の本質や銀行の本質などもお伝えてしてきた。 そういう大きな絵図を理解した上 […]

続きを読む

level001
4

【帝】これから先駄目な新興国、大丈夫な新興国を見定める

アジア振興各国についての投資戦略について、K先生からお話を頂戴する。 K先生は、年間にあたり約5,000社。年間あたり3兆円ほどを、銀行として、会社法人に対しての銀行融資の決済を行う。 銀行本部奥の院とも、関所とも例えら […]

続きを読む

level001
3

【帝】役員や支店長も中身は知らない銀行融資のブラックボックス

本日も引き続き、元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生からお話を頂く。 年間にあたり数兆円ほどを、銀行として、会社法人に対しての銀行融資の決済を行う。 銀行本部奥の院とも、関所とも例えられる、法人向け融資審査部門のヘ […]

続きを読む

level001
2

【帝】元・銀行法人審査部門長Kが今年一番驚いたこと

元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生から引き続きお話を頂く。 年間にあたり数兆円ほどを、銀行として、会社法人に対しての銀行融資の決済を行う。銀行本部奥の院とも、関所とも例えられる、法人向け融資審査部門のヘッドだった […]

続きを読む

level001
1

【帝】アベノミクスの時に現金を持ってたら貧乏になる理由

本日も引き続き、元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生からお話を頂く。 年間あたり数兆円ほどを、銀行として、会社法人に対しての銀行融資の決済を行う。銀行本部奥の院とも、関所とも例えられる、法人向け融資審査部門のヘッド […]

続きを読む

level001
5

【帝】日本銀行黒田総裁が4月4日に放った黒田バズーカーについて

ここからは、K先生にご登場頂く。元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生。銀行本部奥の院とも、関所ともたとえられる、法人向け融資審査部門のヘッドだった御方。 銀行の中でこの案件はNO、この案件がGOという形で。年間あた […]

続きを読む

level001
4

【帝】優しい王様日本銀行様の忠実な貴族になる方法

日本経済を左右するのは誰か? そして僕たちはどうすればいいのか? おわかりいただけただろうか?今さら反抗したってしょうがないということ。 革命を起こそうったって無理。 そんなことをする必要はない。 なぜなら今の日本の王様 […]

続きを読む

level001
3

【帝】日本の本当の王様である日本銀行の秘め持つ本当の力

僕たちの生まれ育った日本では、中央銀行がどうやって誕生したのか? 今日のお話は、日本におけるお金の歴史である。 日本では中央銀行という考えが、明治時代に日本政府の手によって持ち込まれた。 中央銀行は日本政府の銀行として誕 […]

続きを読む