借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
門で本当の己を知ると人生は変わる > 門総合研究所が立ち上がるまで

【帝】中国で発掘して育て上げた会社がオンラインゲームで当てて1億人ユーザーなった(( ;゚д゚))アワワ

level005

尖閣諸島問題が本格的に再燃したばかりの2012年、『三国殺』という、ユーザー数1億名超えのオンラインゲームを営んでいる北京の会社の経営陣に呼ばれた。

『三国殺』という中国本土では知らぬものがいないオンラインゲーム。経営陣からは、今後の「商品化戦略」と「生産管理」の部分を、アドバイスしてもらいたい・・・とのことだった。

2

僕と一緒同行し、中国本土で第一線で活躍されている華僑の方々との商談の様子を見てみたいという仲間たちを、僕が運営に携わっている秘密倶楽部の中から同行者を募集し、見事当選された3名の仲間たちと一緒に、北京国際空港に到着後、経営陣一行が僕を出迎えてくれた。

元他国での戦争経験があるという屈強なSP護衛の中、3台のメルセデス・ベンツで送迎されて、先方がアレンジしてくれた五つ星ホテルに向かった。

3

尖閣諸島の問題は連日中国本土でも、中国側に有利な形で終始放映されていた。

経営陣:「日本語は話さないで下さいね(中国語)。」

普段はどちらかと言うと大雑把なタイプの彼らも、この日ばかりはさすがにかなり慎重になっていたのを感じた。

無事に彼らの本社ビルに到着。応接室に通された後、彼らがまず最初に取り出したのは、日本の観光ガイドブックだった。

厳戒態勢の中日本観光の計画を立てる中国企業の経営陣

実は彼らは、僕たちとの商談の2週間後に、日本旅行に出かける予定だった。

彼らがオペレーションしているオンラインゲームは、2011年にブレイクして1億人ユーザー超え。巷で言う億万長者へと成り上がった彼らは、観光も、買い物も、食事もアジア最高峰の日本が大好きで、頻繁に日本旅行へ出かけている。

現役サラリーマンとして中国本土に駐在していた時代。中国本土の上層部の人間たちとも密接に付き合ってきた僕は知っている。実は尖閣諸島の問題を騒いでいるのは低所得層・労働者階級の方々が中心で、このように富裕層の方々は全く関心を持っていない。

国営企業に勤務されている方々は、日本旅行を控えるお達しがでているとも聴いたが、特に彼らのように自分で会社を経営している方々にとっては、全く関係が無い。

どこを経由して日本に行こうか?買い物スポットはどこに行こうか?食事はどんな名物料理を食べようか?真剣になって考えていた。

当日の本題・・・本来彼らは僕を役員に迎えてくれようとしたオファーだったが、僕には中国本土の北京に滞在したり、通いつめたりする気は無いので、彼らの会社の中に「商品化戦略」と「生産管理」を行う仕組みを構築すると共に、その場で必要な中国本土の人材数名に電話をして彼らにつなげる形で、僕なしでも彼らが独自に「商品化戦略」と「生産管理」ができるように、つまり彼らの中にメーカー機能を持たせることは完了した。

ちなみに僕がこの時の出張で構築した仕組みは、2014年の今日時点でも、紹介した人材含めて、しっかりと継続されているという。

小売店店主から大富豪に上り詰めた過程

ユーザー数1億人を抱えるオンラインゲーム『三国殺』を運営している彼ら中国本土の経営陣。僕は彼らのことを2004年の頃から知っている。

むしろ僕は、彼らが業界の中で成り上がるための最初のキッカケを構築した人間と言っても過言ではない。

僕が彼らに出会った頃に彼らが営んでいたのは、中国本土の首都北京の片隅にあった10坪もない小さな小さな玩具小売店舗の店主だった頃。当時の彼らは米国の有名な製造メーカーの大人向けフィギュアを、輸入しては細々と販売していた。

僕が市場調査として北京中の玩具小売店舗や百貨店の売り場などを訪問していた時に発見した。店舗の中を見渡して、ピント来るものがあり、その後やりとりをスタート。

当時僕が新たに企画して立ち上げた、アジア市場オリジナルの新しい商品ラインと、幾つかの商品ライン限定ではあるが、正規代理店としての契約を結び、取引を開始したのだ。

その結果・・・その商品ラインが見事に中国本土で大当たりした。業界の中では「超高額」に位置づけられる商品ラインにも関わらず、中国本土としては前代未聞の数字を叩き出すようになったのだ。

この商品がキッカケとなり、個人商店を営んでいた彼らは、中国本土に商品を流通できるほどの力を得た。

僕の担当カテゴリーの中国本土の売上達成率が1,000%を超えると同時に、彼らは一財産を築き上げることができた。

その後彼らは、築いた財を元に、オンラインカフェやナイトクラブ。さらには、テレビの広告代理店などの事業も手がけ。その過程の中で、大人向けのオンラインゲームにも投資。

僕も2010年末に、それまで勤務していた製造メーカーを退社して独立起業をするまで、彼らへのアドバイスは、北京を訪れる度に続けていたが。会う度に彼らは急速に力をつけ成長して行った。

僕が会社を退社して、セミリタイアという形で、中国広州から、マレーシアジョホールバルに移住した直後の2011年度。

彼らが仕掛けていたオンラインゲーム『三国殺』が大ブレイク。なんと中国本土で1億人ユーザーを超える、大人向けとしては中国本土ナンバー1のオンラインゲームへと成長してしまった。

僕と出会ってから約7年間、彼らは大富豪のレベルまで成り上がってしまったのだ。

もちろんこの結果は彼ら自身の実力に他ならないが、かつて、ブレイクする前の彼らを発掘し、僕が正規代理店の販売権を与える決断をしていなければ、今の彼らは存在しなかったかもしれない。

最初彼らが営んでいた北京の片隅の小さな小さな小売店で、アメリカのフィギュアをチビチビと売っていただけでは、明らかに億を掴みとることが出來なかった。

  • 僕が仕掛けた商品で当てて億の現金を掴んだこと
  • 業界で名前が知られているメーカーの正規代理店という信用力を手に入れたこと

この2つを与えたキッカケを与えたのは確かに僕だった。

こちら側は既に日本をはじめアジア各国の業界の中では名が知られているメーカー。相手は中国本土の小さな小さなショップを営んでいるだけの個人事業主。しかも、中心メンバーたちの年齢は20代前半。

体には桜吹雪とかドクロのタトゥーを入れているような、一見すると反社会性的な人物たちとも勘違いされそうな外観の若者たち。けれども、僕はそんな彼らに未来を見出し、正規代理店としての契約を取り交わす決断をした。

一体僕は、彼らの中に何を見出したのだろうか?僕が彼らを発掘できたその秘密は。

これも当時、僕が「華僑大富豪」から教わり、使い始めていた「秘術」によるものだった。

「秘術」を使い彼らを見出し、「秘術」を使い、彼らと僕自身が、上手く「回転」していくように、水面下で処置して行ったわけだ。

「秘術」を導入することによって、彼らの中に存在する、僕と彼らたちの間に存在する、淀みや滞りをうまく「回転」するように流れを変えていく。

これによって、僕自身が彼らたちの力を使って、会社から課せられた売上・利益目標という部分を大きく達成することができ。僕と関わってくれた彼らにも億の現金を掴みとってもらうことができた。

生まれ育った文化も環境もまったく違う僕たちが「秘術」を通して上手につながり、回転をはじめたことによって、相互に大きなメリットを掴みとることができたわけだ。

「秘術」を使って、実際に中国本土で起こったことの証明でもある、エピソードである。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
門で本当の己を知ると人生は変わる

【帝】野々村竜太郎議員を辞職させるな!氏の本当の狙いに気づき僕は号泣した

一見「狂乱」ともとれるべき、野々村竜太郎議員の言動の裏に気づいた時、涙が止まらなかった。周りに人がいるのにも関わらず、人目をは

門で本当の己を知ると人生は変わる

【帝】『黒い奴』も喜んでいる!本当に感謝の言葉しか出てこない

華僑大富豪直伝の「秘術」。「自己分析手法」と「自己成長システム」を用いて、己(おのれ)を知り、己(おのれ)を使いこなすための会

門で本当の己を知ると人生は変わる

【帝】真田孔明著書『黒い奴』Amazon完売のお詫びと対応策の報告

僕、真田孔明の処女作・・・『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』。通称「黒い奴」。 発売日当日午後には、Amazonラ

門で本当の己を知ると人生は変わる

【帝】発売初日にAmazon1位を獲得した孔明の処女作『黒い奴』

KADOKAWA(角川学芸出版)社から6月26日(木)に正式に発売となった、僕、真田孔明の処女作・・・『他では絶対聞けないお金



dept