借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

level001
北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

北野会長の訓えの下、物販ビジネスを本業として営む者たちが、特権階級成りへの登竜門とも言える、日本国への納税を追求。
  
「清く正しく美しく」

国、社会、国民のために納税しながら、特権階級への階段を昇る決意を固めた者だけが、立ち入ることが許された至極閉鎖的な地下ソサエティ。

ソサエティメンバー間によって昼夜問わず語られているのは、「金融資本主義」というゼロサムゲームルールの中で、勝つ側であり続けることを、無駄の全てを排除し愚直に追求するための戦略術。
 
その、「地下集会」が、都内某所会議室にて、秘密裏に開催された。。
 
僕は「地下ソサエティ」の中で、北野会長とメンバーたちをつなぐナビゲーター役。北野会長からのお告げを、メンバーにお伝えする役目を仰せつかったわけであるが。

【帝】北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

今日はついつい、途中休憩も忘れてしまい、3時間半ぶっ通しで、北野会長からのお告げを、僕の実際の体験を交えて語り続けてしまった。。。
 
途中お手洗いに行きたくとも、行けなかったメンバーたちには、非常に申し訳無かったが。。

今回のテーマは、株式市場を通して、いかに沢山の納税をすることができるのか?
  
かなりの金額を納税できそうだ。。 

国民の義務を果たすことを、トコトン追求できる地下ソサエティに所属できて僕は非常に嬉しい。
 
その後は・・・その中でも選ばれし精鋭たちが集うプラチナが、場所を某ホテルのロビーに移して、北野会長との謁見宴(ディナー)までの時間を、熱く語り合いながら過ごす。

【帝】北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

【帝】北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿東京某所地下レストランにて謁見宴(ディナー)。

【帝】北野会長の「清く正しく美しく」が体現された後ろ姿

北野会長の降臨に合わせて、北野会長と直接質疑応答できる機会を活用しようと、「地下ソサエティ」のプラチナが集結。

北野会長は、発動した陽創門だけが活用できる、預言者なみの「風を読む力」に加えて、中枢に君臨される「鷹」たちから得られる、「特別な情報」を持たれている。

その力は、世界中で暗躍する、100億円、1,000億円の現金を軽く動かせる、日本人大富豪たちさえも欲し、北野会長と直接お会いすることを懇願するレベルの内容。

大富豪たちはその情報によって、さらに彼らの富を億単位で積み上げている。

当然彼ら大富豪らは、北野会長に対して御礼の気持ちを込めて、ゼロの数が普通ではない「小切手(こぎって)」を渡すが、北野会長は一円の報酬も中抜き的に受け取ることなく、旅費交通費さえ受け取ることなく、全額を「小切手(こぎって)」そのままの状態で「鷹」へと上納。
※注:海外居住者は年間あたり何億円でも合法的に上納できる。上納金額の制限が設けられていない。

「日本を愛する」とか「日本のために」とかを、安易に口にしながらも、実際には何の行動もしない経営者たちが
世の中には多い中、決してその名を表舞台に公表されることなく、自らの身銭を切って、「日本のために」日々暗躍される北野会長の後ろ姿は美しい。

「清く正しく美しく」

それぞれがちょっとばかし、ビジネスの世界で普通ではないレベルで稼げるようになったからといって、まだまだ。。。
  
いかに僕たちが、まだ自分のことばかりしか考えられていない低レベルな経営者なのか・・・リアルに感じさせられるが。僕たちが「日本のために」できること。北野会長が「日本のため」にできるレベルとは雲泥の差があるが。
 
「千里の道も一歩から」

せめてまずは、必ず収益の約20%を1円も漏れることなく、確実に納税し続けることができる、「株式相場」を通して、納税をし続けることから。
 
さらには、仲間たちにも、「株式相場」で収益を出してもらって20%の「納税」。「株式相場」から得た収益を日本国内で消費して「経済」への貢献と「納税」。

そして、世の経営者たちには、「節税」に走ることがどの位無意味なことをしているのか?「納税」をすることでどの位自分にとってもメリットがあることなのか?説いて行きたいと思う。
 
「日本のため」に考え行動できる経営者には、世界にその名を轟かす日本という絶大な力を持つ、国そのものが全面的に味方をしてくれるのだから・・・。

こう、嘘偽り冗談なく、心の奥底から思えるようになったのも、「地下ソサエティ」のプラチナの一員となり、北野会長から直接お話を伺ったからに他ならない。

早速プラチナの中でも3名ほど、北野会長のお力添えを得ながら、「鷹」の直接のお力添えを受けられはじめた方が出てきた。

今回は北野会長から、そのさらなる活用方法のレクチャーも、該当メンバーに向けて発せられた。

しかし、悪人さん(北野会長命名)・・・、最初の「鷹」との直接の謁見中、「お前はメモもとらんのか!」と、あのすさまじい覇気と迫力で直接怒鳴られながらも、平然とiPhoneやiPadを眺めていた・・・北野会長が冷や汗をかいてしまったと。。

さすがは悪人さん・・・けれども恐らく数年後には、「あの時キミはやる男だと思ったよ!」と笑いながら「鷹」に言わせる程、パンパンに詰まった、重い「ルイヴィトン」を手で持って行く算段でも、妄想されていたのだろうか?

当然である。

仮に「鷹」のお力添えを借りることができて、今ある問題を解決し、国の援助を受ける形で、あの事業を都を中心に拡大できるならば・・・その規模たるは、数十億円単位になることは必須なのだから。

プラチナでは北野会長から、20%納税を着実にし続けるために、「居合抜き」で儲け続けるための秘訣が、垂れ流しになっていることもあるが。こうして更に大きな山を掴む手段も惜しげも無く北野会長の口から語られ。「勇気行動実行力」のあるメンバーから率先。
 
「清く正しく美しく」
 
日本という国の「本当の力」を活用しながら、「世のため人のため自分のため」日々の活動に励むのである。

来月は米国ハワイで再集合。。。僕はロサンゼルス・ラスベガス経由で、米国を視察しながら一人旅で行く予定。。。非常に楽しみである。

ちなみに、運営事務局の方に問合せが多いようなので、この場を借りてお伝えしておくと・・・「地下ソサエティ」のプラチナは外から飛び入り的に参加できない。

ゴールドからのアップグレードのルートのみ。

一度「地下ソサエティ」のゴールドになり、配布される資料を活用していると、いかにプラチナが人生を激変させるほどの力を得られる意味のあることなのか?

どれくらい「納税」を通して、日本という国に貢献できるのか?

より深く理解できてしまうため、ゴールドからのアップグレード依頼で、かなりのウェイティング状態になっている。

北野会長の謁見宴(ディナー)というリアル世界のアクティビティが活動の中心になるため、これは致し方無いことである。

ゆえにプラチナとして、日本を本格的に味方につけて納税や上納に貢献したい場合・・・

1年後?2年後?からのスタートを視野にいれて、先にゴールドとして活動をはじめる必要がある。 

北野会長神語録

「地下ソサエティ」メンバーは、この世に存在するいかなる政治・宗教・思想よりも、「北野会長神語録」を最優先に重んじている。

この思想を踏襲できない者は、「地下ソサエティ」メンバーとしてあり続けることを許されていない。

神語録一、自由経済とは取るか取られるか
「金融資本主義」は平等を意味しない。「勝っても負けても自由」を意味する。「地球上の水はそう簡単に増えない」のだから。「金融資本主義」の本質は、予め決まったパイの中の資本を、全国民がプレイヤーとなり取り合うこと。

明確かつ圧倒的な勝ち負けが存在する、過酷なゼロサムゲームである。ソサエティメンバーは物販を武器にそれぞれの強みを活かして、ゼロサムの勝者側の立場を勝ち取るための活動をしている。

神語録一、物販ビジネスを真剣にするな「必死」になれば「必ず死ぬ」
ソサエティメンバーにとって、物販ビジネスは真剣に取り組むべきものではない。

「信用創造」という 「システム」を動かすためのツールに過ぎない。「必死」になれば「必ず死ぬ」事実から目をそらすこ と無く直視し、無駄の全てを排除して目的に沿ったビジネスのみを最小限の時間・労力で行っている。

神語録一、物販ビジネスの基本は「まめによいしょにプレゼント」
ソサエティメンバーがビジネスの中で困惑した時には、すぐさま基本回帰している。男女関係と同じく、 定期的かつ頻度高く、 相手を褒め称える言葉で持ち上げて、 相手が喜ぶ粋なプレゼントを渡す。

これを地道に繰り返すことで、およその物販ビジネスにまつわる問題は、「信用創造」から販売活動に至るまで、良好な人間関係という部分から突破口が開き、うまく運ぶようになる。

神語録一、物販の商売相手は消費者ではなく銀行である
物販の商売相手を間違えると特権階級の仲間入りをすることは永遠にできない。ソサエティメンバーにとっての
物販ビジネスの商売相手は消費者ではない。あくまでも銀行なのだ。

だからソサエティメンバーが構築している全ての物販ビジネスは、消費者ではなく、法律・コンプライアンスに遵守した銀行に歓 迎される「システム」が構築されていなくてはならないのだ。

神語録一、私の欠点は金が余っている!金の使い方を知らない!
ソサエティメンバーが、第三者から金(カネ)の状況を聞かれた時、反射的に返答するのは「私の欠点は金(カネ)が余っていること。金(カネ)の使い方を知らないこと。」という2つの単語のみである。

神語録一、銀行や国から貸してもらった金(カネ)はもらった金(カネ)
大多数の国民は、銀行や国から借りて信用創造した金(カネ)を、相手の金(カネ)だと勝手に自爆的に勘違いをして、一刻も早く金利+元本を返済しようと必死に仕事をする。

一方、ソサエティメンバーにとって、物販ビジネスを武器に、銀行から貸してもらった金(カネ)は「貸して+もらった」金(カネ)であると認識している。

神語録一、趣味は「仕事」、道楽は「貯蓄」、好きな言葉は「節約」
大多数の日本国民は、必死にトコトン「仕事」。死ぬまで「貯蓄」。

ライフスタイルを削ってまで「節約」という、まやかしの思想に支配されている。幼い頃から国や会社組織のために死ぬまで働き続ける「兵隊アリ」になるべく、強制的に教育され続けて来ているからだ。
一方、それらの日本国民を、極僅かな金(カネ)で使う側の立場にいる、特権階級の人間にとっては間逆である。

仕事は趣味に過ぎないし、貯蓄は道楽に過ぎないし、節約は口癖に過ぎない。

神語録一、山を掴むと、金(カネ)はバイ菌のように勝手に増殖する
ソサエティメンバーは、物販ビジネスによって金(カネ)を掴もうとするような愚かな真似はしない。

何よりも先に、社長とセットで会社を立ち上げる。A4の紙切れをプリントアウトする。「信用創造」で金(カネ)を掴む。その後、金(カネ)は余計な目的で動かすこと無く、放ったらかしの状態のまま、環境調整して「適温」に保ち続ける。

すると金(カネ)はバイ菌のように勝手に増殖され続けることを 知っているからだ。

神語録一、特権階級の人間に必要なのは「知恵の光明」
特権階級の人間になれるのは頑張った者でも、商売が上手い者でもない。

知恵がある者だけが「金融資 本主義」のゼロサムゲームの中で常に勝ち続け。金(カネ)を掴み取り続けるシステムを持つ。

その結果、特権階級としてのステージが見えて来る。ゆえにソサエティメンバーは、物販ビジネスでどれだけ時間と労力を浪費させたかどうかではなく、いかに「知恵」を振り絞ったかどうかを重視している。

神語録一、「納税」金額を競い合う秘密のゲームをはじめよう
実は巷の大多数の経営者からは忌み嫌われている「納税」こそが、物販ビジネスにおける特権階級への唯一無二の登竜門だった。ソサエティメンバーが、日本国内で立ち上げた物販ビジネスを営む会社を、ただの一度たりとも赤字にすることなく黒字経営を継続し、永続的に倒産しない会社の「システム」を構築するために必要なことは、

売れる商品を探し求めることでもなく、マーケティングに四苦八苦することでもなく、「納税」の本当の仕組みを学び極めて行くことだった。

金(カネ)を掴み取り続ける「システム」を持つために、国のため、社会のため、国民のため、物販ビジネスを営む全ての優先順位を「納 税」に定めた、秘密のゲームを開始する。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
爆発的な想いの具現化の力

爆発的な想いの具現化の力

女は想いの力が強烈なのに、現実化しようとすると想いと逆の方向に進む。 男は想いの力が短絡で小さいけど、そのままストレートに現実

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
2日目はいよいよはじまる『大人の経営学』

2日目はいよいよはじまる『大人の経営学』

「北のセオリー」と言われている部分のお話でも、普通の経営者の方々は、「そんなお話聴いたことも無い・・・」と驚愕される場合が多い

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】北野流「引き寄せ」の法則「桃太郎のおばあさん」

【帝】北野流「引き寄せ」の法則「桃太郎のおばあさん」

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】別名「風(ルン)を感じ瞑想する会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

【帝】別名「風(ルン)を感じ瞑想する会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

「地下ソサエティ」の謁見は深夜まで続く。場所をホテルラウンジに移して続く・・・北野会長がなぜ釣りとゴルフに勤しむのか? 「正直



dept