借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】1万円からはじめられる「松山式」は時間を味方につけると効果が高まる

fukuzawayukichi

安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、
日本にいながら普通の投資信託で
再現性のある形で「金利生活者」を目指せる「松山式」。

実は・・・1万円からスタートすることができます。

10万円でもなく、
100万円でもないです。

たった、
1万円からスタートすることができるのです!!

仮に、今手元にまとまったお金が無い・・・
そういう場合でも、

まずは「実験」として、
感覚をつかむ「訓練」として、
1万円からスタートすることができるのです。

たったの1万円からはじめられる「松山式」

物理的にいくらからスタートできるのか?

効率を重視した場合、
いくらからがおすすめなのか?

松山さんが現在進行権で、
運用している6つの「毎月分配型投資信託」
を例に挙げます。

『毎月分配型A・年間利率21.67%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は8万円からです。

『毎月分配型B・年間利率21.83%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は11万円からです。

『毎月分配型C・年間利率12.72%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は7万円からです。

『毎月分配型D・年間利率15.65%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は8万円からです。

『毎月分配型E・年間利率17.02%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は5万円からです。

『毎月分配型F・年間利率17.96%』

・・・最低購入価格は1万円です。

効率・手数料を考慮した場合の、
松山さんが算出した、
おすすめ購入価格は6万円からです。

もしも、

「実験」のため、「訓練」のため、
6種類全てスタートしたい場合は・・・。

1万円+1万円+1万円+1万円+1万円+1万円=6万円

合計6万円で「松山式」の運用を
スタートすることができるのです。

もしも、

効率・手数料を考慮した場合、
松山さん算出の、
おすすめ購入価格ベースでスタートする場合は・・・。

8万円+11万円+7万円+8万円+5万円+6万円=45万円

合計45万円で「松山式」の運用を
スタートすることができるのです。

日本国内で銀行口座を開設できれば、
日本国内で証券口座を開設できれば、

1銘柄、1万円から・・・

6銘柄、合計6万円から・・・

「松山式」は今すぐ誰でも開始できる方法なのです。

時間を味方につけるとお金は増えていく

「松山式」を実行する時に、
もう一つ重用なことがあります。

それは、
時間を味方につけることです。

たとえば、
600万円分を「松山式」で運用したとします。

松山さんが実際に運用している、
合計6種類の「毎月分配型投資信託」で、
6等分して分散しながら運用をしたとします。

6種類の年間利回りの平均が17.8%だった場合・・・

600万円×17.8%÷12ヶ月=月間当たりの収入は8.9万円です。

つまり、
運用開始の時期が、
1ヶ月間遅れてしまうと、
本来発生していたかもしれない収入が、
1ヶ月当たり8.9万円ずつ下がることになります。

2ヶ月間で17.8万円、
3ヶ月間で26.7万円、
半年間で53.4万円下がることになります。

600万円×17.8%=年間当たりの収入106.8万円です。

つまり、
運用開始の時期が、
1年間遅れてしまうと、
106.8万円本来発生していた収入が、
下がることになります。

2年間遅れてしまうと213.6万円、
5年間遅れてしまうと534万円
10年間遅れてしまうと1,068万円下がることになります。

時間を味方につけると、
お金がお金を稼いでくれる機会が増えます。

お金にお金を働かせようと決めたのなら、
なるべく早めにやること。

これが、
時間を味方につけてお金を増やすための、
単純かつ効果的なコツなのです。

時間を味方につけて「複利運用」した「松山式」

「松山式」を実行する時に、
もう一つ効果的な方法があります。

それは、
時間を味方につけて、
「複利運用」を行う方法です。

たとえば、
600万円を「松山式」で「複利運用」したとします。

受け取った配当を、
さらに松山式の案件に再投資していくのです。

松山さんが実際に運用している、
合計6種類の投資信託で、
6等分して分散しながら運用したとします。

6種類の年間利回りの平均が17.8%だった場合・・・

600万円スタートで、

1年後:707万円

2年後:833万円
 :
5年後:1,361万円
 :
 :
10年後:3,087万円
 :
 :
15年後:7,004万円

時間が経過すればする程、
年数を積み重ねれば積み重ねるほど、

増加スピードが加速していくのです。

まさに、
お金がお金を稼ぐ「真骨頂」と言えます。

年数が後になればなるほど、
一年間当たりの膨らみぐらいが、
大きなものになっていく・・・。

つまり、
早く始めればはじめるほど、

時間を味方につける形で、
より早いタイミングで、
大きく膨らむ金利を楽しめる可能性が出てくるのです。

・時間を味方につける

・複利運用でお金にお金を稼がせる

資産運用の世界で、
最も再現性のある形で、
大きくふくらませる可能性のある方法なのです。

「松山式」・・・たったの1万円からでも、
スタートすることができます。

「松山式」・・・時間を味方につけると、
収益を早く獲得できる可能性がでてきます。

「松山式」・・・時間を味方につけて、
「複利運用」をすることで、
より早いタイミングで、
大きく膨らむ金利を楽しむ可能性がでてきます。

僕たちが今すぐ始められる「松山式」。

僕たちが今すぐ始める理由が存在する「松山式」。

なるべく早いタイミングで、
始められるかどうか?

結局はここが、
大きな勝負の分かれ目になるかもしれないのです。

限られた人生の中で、
今すぐ試みる価値のある方法ではないでしょうか?

【松山式で狙う年利12.72%-21.83%の月額配当】

→ http://bit.ly/1fHCYYv

追伸1

たったの1万円から、
「実験」として「訓練」として、
スタートすることができる。

(効率を重視した場合は5万円-10万円)

日本にいながら、
超低リスクで、
まずは感覚を慣れさせる。

運用の世界で、
これができること自体が、
僕個人的には凄いことだと思います。

追伸2

600万円で「松山式」を行い、
年間平均17.8%で運用できたとすると・・・。

運用開始の時期が、
1ヶ月間遅れてしまうと、
本来発生していたかもしれない収入が、
1ヶ月当たり8.9万円ずつ下がる。

2ヶ月間で17.8万円、
3ヶ月間で26.7万円、
半年間で53.4万円下がる。

運用開始の時期が、
1年間遅れてしまうと、
106.8万円本来発生していた収入が下がる。

2年間遅れてしまうと213.6万円、
5年間遅れてしまうと534万円
10年間遅れてしまうと1,068万円下がる。

早く始めればはじめるほど、
機会損失を無くすことができるのです。

限られた人生の時間の中で、
上を目指すためには、
機会損失に対しても敏感になる必要があるのです。

追伸3

「松山式」の「複利運用」。

時間が経過すればする程、
年数を積み重ねれば積み重ねるほど、

増加スピードが加速していくのです。

これを理解できれば、
時間を味方につける形で、
少ない元手でも、大きな挑戦ができるのです。

限られた人生の中で、
今すぐ試みる価値のある方法ではないでしょうか?

【松山式で狙う年利12.72%-21.83%の月額配当】

→ http://bit.ly/1fHCYYv


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】銀行支店長経歴の法人審査部門長黒田先生が立ち上がった理由

「物販大富豪の戦略術」を公開したあの日から、 劇的に変わり始めた運命。 僕の発言の全てを裏付けることができる御方。 絶妙なタイ

【融】銀行融資に特化した至高の職人集団を使いこなす5つのメリット

経営者は常に孤独です。 自分で考え、自分で判断する機会が、 毎日のように訪れます。 個人事業主としてビジネス規模であれ、 株式

【融】シルバー層の創業は日本政策金融公庫と銀行から歓迎される

マクドナルドを世界的企業に育てた、 レイ・クロック氏。 ジャズの演奏家、 業務用ジューサーの営業マンを経て、 50代で外食フラ

【融】現役サラリーマン戦士が「物販大富豪の戦略術」を活かす方法

はじめは僕も、 サラリーマンを辞めて、 独立起業しようだなんて、 微塵たりとも思っていなかった・・・。 上場企業サラリーマン一



dept