借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】物販大富豪の戦略術のシミュレーション

1

「物販大富豪の戦略術」。

具体的に僕たちがやる時には、
何をどうすればよいのか?

この部分をリアルに考えましょう。

僕たちがこれから
大富豪を目指すための戦略術を、
一緒に確認して行きましょう。

先進国日本で物販目的の法人を設立する

日本国内に法人を設立する
というところからスタートです。

その時のマインドセット。

法人は幽霊、個人責任はありません。

最悪の場合、失敗したら潰すだけ。

大富豪の方々っていうのは、
法人をこう考えています。

あとは、
「海外法人」で・・・という方法があります。

でも、まずは日本国内で試しましょう。

日本国内でとことんやってみて、
失敗をして倒産をして、
クレジットカードがつくれなくなってから
海外に行けばいいと思うんです。本当に(笑)。

逆に言うと、
日本国内で失敗したからって、
くじけることはないということです。

日本で失敗した後は、
一番近い先進国はどこかなって考えた時には香港です。

香港でも失敗してしまったら、
次はシンガポールに行けます。

シンガポールで失敗したら、
遠くに行ってヨーロッパかアメリカ。。。。

何度でも失敗できるっていうことなんです!

だから僕たちは、
勇気を振り絞って臨むことが可能なのですね。

ということで、
クレジットカードがつくれなくなるまでは
日本国内でトコトン頑張りましょう!

何よりも先に銀行融資で原資を獲得

北陸の物販大富豪が言いました。

「何よりも先に銀行から融資を受けるべきだ!」と。

実際にビジネスで原資を稼ごうとする前に。

法人をつくったらまず最初にやるべきことだと。

たとえば、新規開業資金、
1,000万円とか出たりするようですよね。

新規開業資金を獲得することが、
最優先課題だって言っていました。

ビジネスで稼ぐよりも先に。

ここで重要なマインドセットがあります。

基本的にお金というのは、
銀行から長期間借り続ければ借り続けるほど、
勝手に世の中が返してくれます。

時間の経過と共に、
お金の価値が下がってくるからです。

借金は、長期に渡り、
持っていれば持っているほど、
勝手に、どんどん目減りしていくことになるのです。

ちなみに、
物販大富豪のレベルになると、
銀行から年利0.1%で借りているようです。

大阪の「公開ゼミナール」に来られていた、
物販の会社の次期社長さん。

彼の物販会社の場合は、
0.3%の年利で銀行から借りているようです。

返済期限無しで。

先進国で行う意味は金利の部分にあります。

例えば、僕が今住んでいる
マレーシアジョホールバルだと、
銀行融資を受けた場合。

3%から4%以上のレベルになります。

フィリピンも金利高いです。

でも、
香港、シンガポール、低金利ですよね。

例えば0.1%だけ借りられる国。

3%とか4%を借りられる国。

30倍から40倍違う。

30倍、40倍違うところで
実行する必要があるのです。

だから、新興国ではなく、
先進国でやれという、
数字に基づいたお話なのです。

でも、0.1%とか、0.3%とか、
いきなり、この数字で借りられるわけじゃないですが。。。

兎にも角にも、まずは最初に、
銀行融資を受けるところからスタートということなのです。

定期預金で原資を増やしていく方法

北陸の物販大富豪が、
起業したばかりの頃のエピソード。

最初に、新規開業資金として、
銀行から100万円借りました。

孔明:「その100万円で、物を仕入れたんですか?」

聴いてみたところ、
「違う!」と言われました。

100万円を別の銀行で定期預金に入れて180万円融資を受けて。

180万円を別の銀行で定期預金に入れて300万円融資を受けて。

300万円を別の銀行で定期預金に入れて500万円融資を受けて。

500万円を別の銀行で定期預金に入れて1,000万円融資を受けて。

1,000万円を別の銀行で定期預金に入れて
2,000万円融資を受けたとのこと。

孔明:「そこから物を仕入れたのですか?」

聴いたところ、「いや、投資した!」と
言っていました(爆)。

孔明:「天才・・・。」

そう思いました。

物の見る角度があまりにも
凡人とは違い過ぎたからです。

元本分を銀行に預金しておくと、
銀行はもっと貸してくれるとのこと・・・。

「支店長さん、ななたはいくら貸せるのですか?
 その分だけ僕は預金しておきますよ!」

見せ金として、
パっと他の銀行から借りたお金で、
定期預金入れておくと、

銀行支店長さんとや担当者は、
安心するっていうふうに言っていました。

定期預金で原資を増やしていく方法です。

「最初からビジネスで、原資を増やそうとするな!」
ハッキリと言われました。

定期預金と融資を繰り返して、
増幅させた原資はどうするのか?

投資案件は日掛け、月掛け、心がけ

銀行融資で増やした原資は、
年間20%から30%以上の投資案件で回すと言っていました。

投資案件は、
日掛け、月掛け、心がけ
になるような投資案件に再投資するとのことです。

そんな案件の情報をどうやって獲得するのか?

「わからなかったら政治家に聞け!」

と言っていました。

「政治家に聞く・・・」

漫画の世界だと思っていたんですけど。
本当にそういう感じなのですね。

日本というのは、一体!?

本当に分からなかったら、
不動産買うのでもいいんじゃないか?
と言っていました。

とにかく、
毎月のインカムゲインが上がる投資案件。

遅くても年間1回インカムゲインが上がる投資案件。

もしくは中長期でも、
2、3年とか、3,4年とかの、
ミドルタームで利益が獲得できる投資案件。

以上のお金を生み出す仕組み。

「現金創造機」が完成した後で、
物販を開始するのです。

お金を借りるビークル、
銀行融資を引っ張るためのビークル。

ビークルに実態経済をつけるために
物販ビジネスを行う・・・この発想なのです。

順番的にビジネスが一番後なのですね。。。

なんで物販ビジネスなのか?

それは実体経済だから。

金、物、伝票が全てあるから。

アパレルをやっても
テナントをやってもいいけど、
とりあえず物販だと。

ビークルだけでは駄目なのです。

ビークルが、
実態経済に基づく物販ビジネスを行っていないと。

形あるビジネスをやる。

分かりやすいビジネスをやる。

自分のお父さん、お母さんに説明しても
わかるようなビジネスをやる必要があると。

だから・・・
インターネットビジネスは駄目なのです。

インターネットビジネスで、

情報商材がどうとか、
アフェリエイトがどうとか、
コミッションがどうとかって。

そういう銀行支店長や銀行担当者にとっての、
「宇宙語」を使ってはいけないのです。

自分のお母さん、お父さんが「何それ?」
という感じですぐに理解できなかったら、
アウトだということです。

銀行マンにとって、
未知のものに過ぎない、
インターネットビジネス。。。

確かに想像してみると分かりますね。

仮に銀行融資担当者を、
3、4時間かけて説得できたとしても。

担当者が上司に上申する時に、
説明できなかったらアウトだからです。

それでは駄目なわけなのです。

とにかく、わかりやすい、
金と物と伝票が見えるような
ビジネスをやりましょう!
ココがポイントです。

仮に、そうなっていない場合は、
「実体経済として見えるように」
つくり変えないと駄目ですね。

「実体経済コンバージョン!」

重要です。

ビークルに実態経済をつけるために
物販ビジネスをやるという部分。

物販大富豪になりたければニコニコ納税

日本国内で、中途半端に稼げた人ほど、

なんか少し大人になった感じで悪ぶって、

「俺、ちょっと売り上げ利益を消すため、
 赤字にしているんだよ!
 経費で何とかしているんだよ!」

そういういうのを格好つけて言う方々が多いのです。

「利益が上がりすぎちゃったから、
 税金対策するために法人を立ち上げた・・・。」

っという話をよく聞きます。

けれども彼らは全くもって、
間違っていたっていうわけです。

そういう人たちは、
放ったらかしにしておくと、
物販大富豪への先を閉ざされます。

早くマインドセットを変えないと・・・。

もう、それ以上は伸びることはないです。

重要なのは、
税金は喜んで支払う!ニコニコ払い!

でも、この時のマインドセットって
本当におもしろいですよね。

だって、
物販から上がった売り上げ利益なんて、
そこからの税金払うことなんて、
どうでもいいわけなんですから。

わかりますよね?

「物販大富豪の戦略術」というのは、
信用・信頼を元に、
銀行から融資を引っ張れるだけ引っ張って。

引っ張ってきたお金を再投資して、
そこの収益で稼いでいるわけなのですから。

わかりますよね?

チマチマと物販で商品を売って、
儲けた僅かな利益を消そうとしたって駄目なのです。

だから、税金は喜んで払う。

法人として税金をしっかりと払う。

ちゃんと守る必要があります。

絶対に。納税はニコニコ払い。

あと、社会保険も重要です。

銀行から見られます。

これもしっかりと払いましょう!

「物販大富豪の戦略術」を、
日本国内で遂行するためには、
納税と社会保険はセットです。

変に利益を消そうとする必要はないのです。

黒字はどうどうと黒字で良いのです。

だって、そこが儲けの
ポイントじゃないのですから。

物販大富豪の戦略術に派手さは一切無し

「物販大富豪の戦略術」。

スキームと方程式に基づく形で、

物販で1年、2年、3年、5年、10年っと、
黒字のキャッシュフローをずっと続けて行きます。

4から3引いて1、
8から6引いて2、

ずっと続けて行くのです。

常に売り上げの2倍以上を目処に、
銀行融資を引っ張り続けるということを行います。

売り上げの2倍を目処に銀行融資を引っ張る。

まずは実績をどんどんつくっていく。

借りている実績をどんどんつくっていく。

返済している実績をつけていく。

これをひたすら積み上げていくだけ。

淡々と。ショートカットはしない形で。

ここまでがワンセットです。

「物販大富豪の戦略術」。

実は表からみた、派手さは一切ないのです。

「物販大富豪」とか言うと、
すごくド派手なような印象がありますが、
実はやっていることは全部、地道なのです。

表に出て目立つような感じではない、
そんな特徴があるのですね。

                 真田孔明

追伸

「物販大富豪の戦略術」は、
メール講座を通して、全て無料で学ぶことができます。

ただし、

どうしても文章だけで、
理解頂くには限界があるかもしれません。

僕が「公開ゼミナール」の中で、
お話させて頂いた内容を元に、
何度も繰り返し勉強した場合。

同じ目標を心に抱く、
仲間たちと一緒に、
コミュニケーションを取りながら勉強したい場合。

より深く理解を深めるための教材として、
併せて有料版の動画・音声セットを併用することも可能です。

【日本初!銀行融資を軸にした
 経営戦略術特を学ぶための動画・音声教材セット
 『勝ち組経営者を目指す銀行融資の大学』】詳細
 
第一部:ビジネスエキスパートが明かす
「物販大富豪の戦略術」
(動画・音声:1時間47分48秒)

第二部:ビジネスエキスパートが教わった
「大富豪たちだけが知っている銀行の正体と本質」
(動画・音声:43分24秒)

第三部:銀行支店長経歴の法人審査部門長が訓える
「銀行に愛される経営戦略術」
(動画・音声:2時間25分35秒)

第四部:「経営者のための銀行融資e大学」&
質疑応答(動画・音声:46分20秒)

番外:銀行融資を受けたお金の
再投資マニュアル(動画・音声:45分25秒)

※DVDとCD版も別料金で準備を進めていますが、
 今日時点ではまだ準備ができていません。
 パソコンと高速インターネット接続環境が
 整っている場合のみ入手下さい。

※たとえば、Youtubeの映像が視聴できない、
 MP3音声ファイルの視聴ができない。
 facebookのアカウントを持っていない
 などの場合は、有料版教材セットを
 活用することができません。
 その場合は無料で全て学べる、
 当メール講座だけを活用して下さい。
 
※Paypalでのクレジットカード決済
 のみの対応になります。
 クレジットカードをお持ちで無い場合は、
 入手することができません。

 http://bank-school.com/lp/dvd/

(*決済完了後、10秒程度で自動で連絡フォームが開きますので、
 必ず、フォームへの入力もお願いします。)
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^

有料版を入手頂かくても、
メール講座でお伝えする、
文字情報だけでも「物販大富豪の戦略術」の全てを
理解できるようになっています。

無料で十分に学ぶことはできますが、

有料版を活用すると、

さらなる理解を助ける教材セットが手に入ること。
挫折を防止するための仲間とのコミュニティ部分。

この部分で、
戦略術の実現化を助ける形になりますね!

【編集後記】

【真田孔明のYouTubeチャンネル】をスタートして、
1週間以上が経ちました。

動画コンテンツがかなり充実して来たので、
銀行融資のことを、
動画を使って自習・復習したい場合は、
活用して下さいね!

【真田孔明のYouTubeチャンネル】

http://www.youtube.com/channel/UCGKcz26ClWlyeulh2hXWTnw


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】経営者のための銀行融資e大学の学び舎「非公開グループ」の裏側

経営者にとって、 こんな類の質問を出来る場所は他にあるのでしょうか? 非公開のfacebook秘密グループにアクセス。 書込み

【融】銀行融資に適した会社法人設立と銀行融資提出書類の基本

銀行に愛される はじめての銀行融資です。 「物販大富豪の戦略術」という、 大きな絵図の下、 具体的にどのように、 はじめの一歩

【融】最速最短で結果を叩き出した学校、前代未聞の結果

銀行から愛される会社経営をすることで、 成功率95%以上の融資による資金調達を目指しませんか? 法人融資部門長である銀行マンが

【融】現役サラリーマン戦士が「物販大富豪の戦略術」を活かす方法

はじめは僕も、 サラリーマンを辞めて、 独立起業しようだなんて、 微塵たりとも思っていなかった・・・。 上場企業サラリーマン一



dept