借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】実在する3割安い不動産の入手方法とは?

1

勝者になるために世の中に示すこと

「情報格差」の中で、
上位側の人間になるためにはどうしたら良いか?

勝者になるためにはどうしたら良いか?

この部分をまず突き詰めないとならない。

自分自身の規模が大きくなろうが、
小さいままだろうが、
「情報格差」というのは、
生涯に渡り、常についてまわるのだから。。。

あなたも「情報格差」を埋めるために、
こうしてメール講座を受講したり、

様々な方が主催する講座を受講したり、
団体に顔をだしたり、

いろいろと勉強しているのだと思う。

でも、
本当の意味で「情報格差」の上位側の人間になるには、
一体何が必要なのか?

僕たちが今語り合っている
ヘッジファンドのスキームというのは、
実はこの部分に起因するのだ。

重用なことは、
自分自身の姿勢とポジションを変えることだ。

具体的には、

  • 投資意欲があること。
  • お金を出資できる力があること。

これを、世の中に示すことが必要なのだ。

3割安い不動産情報を獲得する方法

同時に、
業界の人間になることも大事である。

業界の人間になるということは、
どういうことか?

不動産というものを、
例にあげてみよう。

たとえば、
不動産業界の人間になるには、
不動産会社になることが一番である。

一般的に、

市場価格より3割安い格安不動産情報を、
僕たちが獲得できない理由は何か?

格安の不動産物件情報など、
一般人の僕が手に入れることなどできない理由は??

本来なら少し考えて見れば分かることだった。

普通に生きているままでは、
「本当に僕が求めている情報」
などは入って来ないのだと。

たとえば、
僕が日本に住んでいた頃。

江東区の自宅マンション購入の他に、
日本で不動産投資をしていたことがある。

僕にとって少しでも有利な不動産を探すために、
駅前をくまなく歩いてみたり、
情報誌をかき集めてみたり、
いろいろと努力をしていた。

不動産屋に「安い不動産物件はありますか?」
そんなことを、
ダイレクトに聴いてしまったこともあった。

当然、その時の不動産屋の答えは、

不動産屋:
「お客さん、
 そんなのあるわけないじゃないですか(苦笑)。」

けれども、

これはヘッジファンドの仕組みを学ぶ中で、
分かったことなのだが。。。

実は、
あの時の不動産屋は嘘をついていたのだ。

実際には、
3割、4割ぐらい安い不動産物件は実在していたのだ。

けれども、

一介の現役サラリーマンに過ぎなかった僕が、
本当の格安優良物件の情報など、
得られるわけがなかったのだ。

理由は簡単である。

格安優良物件の情報を取得できるのは、
情報を発信する情報提供者である、
不動産屋だけだったのだ。

物件情報が不動産屋の店頭で僕のところに届く頃には、
本当に良い物件は、
情報発信者である不動産屋に
根こそぎ買われてしまうからだ。

そして、僕たち個人投資家が店頭に訪れた時に、
不動産屋さんが「市場適正価格」で
僕たちに、「再販」してくれていたのである。

得てして、
不動産業界の不動産屋という、
情報提供者によって、

特別な情報のメリットは埋められ、
僕たちに届く頃には、

「相場しかありませんよ。。。」
という不動産屋特有の言葉とともに、
相場通りの価格で購入することになるのだ。

こういう不動産屋さんが「悪徳不動産屋」
だと言っているわけでは無い。

不動産屋としての普通のビジネスモデルなのである。

ビジネス構造を考えた場合、
当たり前と言えば当たり前のことだったのだ。

本当に良い情報を得たければ、
その情報を発信する側に回らないと駄目なのだ。

情報発信側と受信側。

業界の人間とそうでない人間。

・・・ここにも大きな「情報格差」が存在しているのである。

だとすれば、
僕が不動産屋になればよいのか?

実は、

今さらなる必要はない。

なぜならば、
不動産屋になるのと、
まったく同じ効果だけを得られる方法が存在する。

それが、
僕たちの言うヘッジファンドという仕組なのだ。

・投資意欲があること。

・お金を出資できる力があること。

これを世の中に示すことができる仕組み。

さらに、
業界の人間になることができる。

情報を受信する側でなく、
情報を発信する側の人間になれる仕組み。

「情報格差」の上位側に行くための仕組み。

参加した全員が、
「情報格差」の中での勝者となれる、
ビークル(乗り物)なのだ。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】I.P.O.上場社長の大部分が借金まみれで転落してしまう理由

僕の知り合いにI.T.系の上場企業の社長がいました。 西麻布のとある料亭で、 ディナーを一緒させて頂いたのですが、 ちょうど、

【融】松山式毎月配当型投資法は人生のセーフティーネットを構築する方法

「資産」と「現金」を究極に軽視する人間になること。 正直、僕たちにとって、 非常に大きな心の壁にぶち当たる部分です。 お金は大

【融】毎月勝手にお金が銀行口座に振り込まれる毎月分配型投資信託のロジックを公開

安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、 日本にいながら普通の投資信託で金利生活を謳歌する方法。 お金にとらわれない

【融】役員や支店長も中身は知らない銀行融資のブラックボックス

孔明です。 本日も引き続き、 銀行支店長経歴の法人審査部門長、 黒田パンサー先生からお話を頂きます。 年間にあたり約5,000



dept