借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】1億円の死亡保証+6,000万円の金融資産+月26万円の収入

「死亡補償金額1億円」の生命保険にも、日本と海外では大きな違いがあることに驚かされました。

なんといっても、払込額が圧倒的に違うのです。その差は大体3,000万円から4,000万円といったところです。

1

払い込みの金額の差が3,000万円として考えて、、、これ、3,000万円も差があるということは、とんでもないことだと思いました。

僕のように香港を始めとする海外の常識になれてしまった場合、この金額をすぐに複利で運用することを考えてしまいます。

仮にこの3,000万円を日本で年利1.5%で運用した場合(日本だとこれがMAXでしょう。。。)と、海外・・・たとえば香港で参加できる案件の中でも低めに年利5%で運用した場合を比較してみると・・・。

2

25年後には日本の3,000万円は4,353万円になっているのに対して、香港で運用した3,000万円は、1億159万円になってしまっています。その差は6,000万円近くにも登っています。

まあ、25年まで待た無くても、15年後を考えた場合でも、日本の3,000万円は3,751万円にしかなっていないのに対して、香港で運用した3,000万円は6,237万円にもなってしまっています。

利益を一度これで確定させてしまい。この6,237万円を生活のために運用してみると・・・。

6,237万円☓年利5%=毎年約312万円 312万円/12ヶ月間=毎月約26万円

以上のように、毎月約26万円の安定収入を手に入れることができてしまうのです。

すなわち・・・海外での生命保険の常識を持つ僕たちからすると、日本での生命保険の常識を持つ方々とくらべてしまうと。。。。

同じ「1億円の保障」を獲得しながら、その差額分を運用することで、約6,237万円の金融資産を構築しながら、毎月約26万円の安定収入を獲得し続ける仕組みを構築できてしまうのです。

うーん。こうやって改めて考えてみると、日本人が疲弊するなかで、香港人を始め華僑の方々が裕福になっていってしまう理由。よくよく分かりますよね!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】保険会社も儲かるが、僕たち個人も超得!香港保険裏のカラクリ公開

香港での保険の常識は、有事に備え運用で増やす。資産を守り次世代に遺す。一方日本での保険の常識は、リスクに対する防具や回避アイテ

【斬】香港の保険と日本の保険は、これほどまでに違うのか!

僕は社会人になってから4年間を日本で過ごし、その後2003年からは当時勤務していた会社の異動辞令によって香港に移住しました。

【斬】死亡保障金額5,000万円も積立でカバーするのも香港スタイル

「死亡保証金額1億円」の生命保険とまでは行かなくても、ある程度のまとまったレベルで大切な人たちにお金を遺してあげたい。家族を守

【斬】死亡保障金1億円!払い込み額がここまで違日本と海外

「億単位の資産を大切な人たちに遺したい・・・。」そのレベルの想いを、次世代に継承する時の登竜門として「死亡保障金額1億円」の生



dept