借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】香港流複合手法!最強の剣「長期積立」と最強の鎧「生命保険」

1

香港の「長期積立ファンド」と「積立型生命保険」を組み合わせると、凄いことになります。僕たち香港をフルに活用している海外投資家がやっている手法です。

時間をみかたにゲインを狙う最強の剣「長期積立ファンド」

「長期積立ファンド」。これはとにかく複利でのゲインを狙っていきます。時間をみかたにつけて、5年間、10年間、20年間・・・時間を重ねれば重ねる程、見込める金額がアップして行きます。

たとえば、毎月5万円ずつ25年間積み立てて行き(累計1,500万円)、香港の法律で投資家への提示が許されている複利で年間9%で運用できたとすると、25年前後で5,000万円を超えることになります。

将来的に、インフレが起こった場合は、この複利運用の部分がさらに高くなることを見込めるので、インフレに合わせて、さらに大きな金額を狙うことができます。最強の剣に例えることができます。

ただし、これにも弱点があります。運用年数が短期間の内に、契約者が亡くなってしまった場合、死亡補償金はその時の時価総額の101%にしかなりません。この場合、短期間においては、残された家族を守れる可能性が低くなってしまうのです。

短期から長期まで家族を守る最強の鎧「積立型生命保険」

そんな時に登場するのが、「積立型生命保険」。複利運用自体は緩やかですが、「死亡補償金5,000万円」の生命保険に契約した場合、仮に契約終了の次の日に、契約者が亡くなってしまった場合でも、その死亡保証金5,000万円は、残された家族に支払われます。

毎月約7万円ずつ支払うことになりますが、最悪7万円だけ支払った状態で、亡くなってしまったとしても、死亡補償金5,000万円は、残された家族に支払われるのです。

さらには15年支払い終了時に解約したとしても、0.66%から2.00%の預金をしているのと同じ金額が増えた状態で、全額引き出すことができます。

短期から長期まで、家族を守ることができるのです。すなわち最強の鎧に例えることができます。

毎月約12万円で最強の剣と最強の鎧を装備できる

「長期積立ファンド」が毎月約5万円前後(実際は500USD)積み立てることで、その効果を活用することができます。

「積立型生命保険」は毎月約7万円前後(実際は700USD)積み立てることで、その効果を活用することができます。

すなわち、5万円+7万円=12万円。毎月約12万円で「長期積立ファンド」と「積立型生命保険」の両方に、積立続けることができれば、どの時間軸であっても、自分自身のお金を増やす目的でも、家族を守る目的でも、しっかりとまとまったお金を得ることができるというわけです。

万が一の時に備えながら、5,000万円+5,000万円=1億円。みらいの1億円を着実に狙うことができるようになるというわけです。

僕も、盟友のJ(ジェイ)も、この方法で自分と家族の両方の必要最低限のみらいを守る体制を整えているんですね。

香港人も会社オーナーの方々は必ずと言って良いほど、この複合的投資手法で、最強の剣と、最強の鎧を身にまとい、不慮の事故に備えながら、みらいへのゲインを狙っているのです。

まあ、彼らの場合は規模が違いますが。。(僕が直接見せてもらった香港大富豪のパソコンでは、毎月2,000万円ずつ積み立てていることが表示されていました。。。)

追伸

副業ビジネスとして、毎月いくら稼ぎ続ければ良いのか?「長期積立ファンド」と「積立型生命保険」の両方に積立し続けることができる、毎月12万円というのが、まずは一つの目標になってくると思います。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】保険仮面が明かす、良い保険から駄目な保険に契約変えさせる方法

保険仮面Zさんと保険仮面ZZさんが、僕との対談の中で凄い事実を打ち明けてくれました。あれはかなり衝撃でしたよ。 まさかそんな状

【斬】死亡保障金額5,000万円も積立でカバーするのも香港スタイル

「死亡保証金額1億円」の生命保険とまでは行かなくても、ある程度のまとまったレベルで大切な人たちにお金を遺してあげたい。家族を守

【斬】死亡保障金1億円!払い込み額がここまで違日本と海外

「億単位の資産を大切な人たちに遺したい・・・。」そのレベルの想いを、次世代に継承する時の登竜門として「死亡保障金額1億円」の生

【斬】香港の保険と日本の保険は、これほどまでに違うのか!

僕は社会人になってから4年間を日本で過ごし、その後2003年からは当時勤務していた会社の異動辞令によって香港に移住しました。



dept