借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】諸葛亮孔明と戦っても真田孔明は負けない理由を告白する

1

極論、「サーバー世界」の中でなら誰でも何にでもなれます。

「後光」を発する凄い人レベルでいいなら当然のこと、その気になれば「神」にだってなれてしまうのです。

だからあなた自身の可能性を信じて、「サーバー世界」で行われている、人類史上最もフェアなルール下のこのゲームに、真剣に、人生をかけて挑んで欲しいということなのです。

たとえば、その時の意気込みは、過去の英霊たちをも凌駕することを視野に入れて・・・。

歴代上のいかなる軍師と戦っても僕は負けません

2004年8月2日。僕は「サーバー世界」のゲームをスタートする時、最初から古の名軍師「孔明」の名をまとって降臨しました。

「そんな凄い御方の名前をまとうなんて、相当な自信がおありなのですね!」・・・仮にそういう嫌味を言ってくる人がいたとしても、僕は自信を持って答えることができます。

孔明:「当然です。僕が古の時代の軍師になんかに、負けるわけ無いでしょ!」

微塵たりも躊躇すること無く即答です。

「傲慢な!古の凄い方々に勝てるだなんて、どこのどいつがそんなことを言えるんだ!」

そう声を大にして罵られたとしても、僕は涼しい顔して返答します。

孔明:「はい。僕が勝てます。100回対戦しても100回勝てますよ!」

なぜ、高校時代、勉強がクラスで3バカに甘んじていた程落ちこぼれだった僕が、さらには大学へ勉強で行けずにスポ薦でかろうじて入った僕が、そこまで自信を持って豪語出来るのか?

それは僕が無謀だからではありません。

今の僕には「サーバー世界」を使いこなす力と、「サーバー世界」に数秒でアクセスできる、銀色に光り輝く神器「MacBook Air」があるからなのです。

「MacBook Air」・・・古の軍師が持っていたどんな神器をも凌駕します。

たとえば、どんな答えだって、Yahoo!とかGoogleなどの検索エンジンを立ち上げるだけで、何でも検索でして答えを導き出すことができます。

過去の様々な対戦パターンだって、心理戦だって、検索エンジンにキーワードを打ち込んで、検索するだけで、複数の答えの候補に辿り着きます。後は相手に合わせて選択と決断するだけです。

人類すべての叡智の結集が蓄積され続けている場所、「サーバー世界」にアクセスし、情報を取り出す力さえあれば、古の軍師どころか、過去人類の長い歴史の中、突然変異で奇跡のような確率で出現した天才たちにも勝つことができるのです。

当時・・・自分の体験出来うることや、人づての情報を頼りにしか、周りの情報を獲得できなかった時代の天才たち。

「サーバー世界」にアクセスできれば、ありとあらゆる情報にアクセスできる現代の凡人の僕。

この両者が戦った場合は、「サーバー世界」の情報検索をフルに活用している、この僕が勝ててしまうのです。

どんなに記憶力の良い天才がいたとしても、所詮は人間の脳です。僕が手に持つ神器「MacBook Air」を通してアクセスできる情報量には勝つことはできません。

だから、「サーバー世界」から情報を引き出す方法を知っている僕が勝てるのです。

そして、これは僕だけではありません。

「サーバー世界」から「MacBook Air」を通して、情報を引き出す方法と、使いこなす方法を知っていれば、誰でも同じように・・・最低限古の時代の軍師レベルには勝つことができるのです。

【編集後記】

古の軍師には勝てても・・・現代の流れの中で、勝てるかどうかは、また別の話です。

情報が誰でも当たり前のように手に入る今の時代は、自分だけ情報が入るわけではなくて、同じように周りの人たちも情報が入るということですからね。

なので、競争のレベルが異常なまでに高度になってしまっているのです。

昔のように単純明快に、物事は運ばなくなってしまっているのですね。

情報を手に入れられない。情報が使いこなせない。

これはお話の土俵にも上がれませんが、情報を手に入れられて、使いこなせるようになったとしても、困難はつきまとうというのが現実です。

そんな中で、どのように勝てるようになるか、それには、毎週積み重ねする類の、鍛錬が必要なのですね。

僕たち「倭僑マレーシア」のメンバーも、頭が硬くなった30代のオジサンたちが、世の中の流れに追いつくべく一生懸命勉強しながら、それを日々の業務の中に活かそうと努力しています。

そんな僕たちと、情報と悩みをオンタイムで共有できる・・・それが、「第二期」の募集開始になった、「WEBインターンメンバー」なのです。

http://5oku.com/intern/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】サーバー世界で稼ぐために必要な3要素を考えてみる

なぜ、かつて僕は2004年8月、「サーバー世界」に降臨しその初月からから「サーバー世界」で稼ぐことができたのでしょうか? 「M

【斬】勉強神話が自体が大嘘というタブーに目を向けてみる

勉強神話に従い「自己啓発」せよ!の大嘘 なぜあの頃から僕たちは、「勉強」に縛られ続けて来たのでしょうか? 絶対的なもの。 僕た

【斬】現実世界の地位獲得&サーバー世界の評価獲得。各ゲームの攻略法

「サーバー世界」で僕たちを形作ってくれる唯一のもの。それが、ブログ、メルマガ、Facebookなどの「WEBメディア」なのです

【斬】サーバー世界に向けてひたすら情報をアウトプット

「サーバー世界」の中での「評価」獲得ゲーム。 ブログ、メルマガ、Facebookなどの「Webメディア」を通して特定の「情報」



dept