借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】現実世界の地位獲得&サーバー世界の評価獲得。各ゲームの攻略法

1

「サーバー世界」で僕たちを形作ってくれる唯一のもの。それが、ブログ、メルマガ、Facebookなどの「WEBメディア」なのです。

現実世界の地位獲得ゲームに攻略法があるように、「サーバー世界」の評価獲得ゲームに攻略法というものが存在します。

「サーバー世界」の評価獲得ゲームの攻略法を身につけ、使いこなせるようになることが、「サーバー世界」での評価獲得ゲームに勝利するための近道なのです。

ブログ、メルマガ、Facebookを通して、僕たちが秘め持っている、特定分野に関する想いや情報を発信し続けることで、「サーバー世界」での人格が形成されます。

「サーバー世界」で情報を定期的に、継続的に発信し続けることで、情報を発信し続ける人格に信頼が芽生えるのです。

一人、二人と信頼してくれる人が増え、十人、二十人、百人・・・と信頼してくれる人が増え続けると、評価をしてくれる人が現れます。

さらに、評価がブログ、メルマガ、Facebookそれぞれのツールの仕組を通して、表面化し始めると・・・評価が信頼を生み、信頼が評価を生むのです。

信頼と評価が十分に高まった状態で、誰もが認める価値とお金を交換するのです。

これが「サーバー世界」で稼ぐ仕組です。

たとえば、僕の執筆する文章を読むことができる、言語的知能と論理数学的知能に長けたあなたなら、再現性ある形で実行可能なことなのです。

「現実世界」の地位獲得ゲーム攻略法

自分が変わろうとすると足を引っ張り出すのは、決まって「現実世界」の住人たちです。

深い関係だと思っていた方々ほど、イザという時には一番足を引っ張ります。

たとえば、愛情をもとにした家族や恋人・・・。愛情は憎しみに転落して僕たちの進化成長を全力で阻止しにかかります。

思い出を共有したことで友情を感じる友だち・・・。友情は裏切りに転落して「あいつは変わってしまった」と、他の友だちにあることないことふれ回り始めます。

友人では無いが他人でもない、生きるための社会的組織職場の同僚・・・愛情と友情が入り混じった不思議な空間の中では、僕たち自身の急激な進化成長は、莫大な量の憎しみと裏切りが創出されます。

・・・僕たちにとってこれは、ずっとずっと前から分かっていたこと。既に本能的に理解していたことです。

なぜならばこれは、人類が社会的動物になって以来、先祖代々脈々と受け継がれた血の中にあるプログラムなのです。

だから、「現実世界」で急激な進化成長を遂げることを、自ら控え、ブレーキをかけ続けて来たのです。

本当の自分の意思を口に出すことを控え、情報を発信し続けて周りに影響させることを控え、情報の理解者を急速に増やすことを控え、周りの人間に合わせることで、僕たちが仲間であることを示し続けて来たのです。

考えを合わせ、言葉を合わせ、意見を合わせ、はたまた言葉の音程まで同調させる。そうやって今日まで生きてきたのです。

それが「現実世界」での僕たちです。。。「現実世界」では、お互い社会組織の中では、うだつのあがらない人間を演じ続けるしか道が無かったのです。

社会組織の中で生き残るために。周りに歩調を合わせて行きながら歩み続ける過程で、隙あらば、チャンスあらば、上に取り入り、上を引きずり落として、社会組織の中でより良い地位やポジショニングを獲得して行く。

これが「現実世界」での処世術だったのです。

それでは「サーバー世界」での処世術とは、一体どんなことなのでしょうか?

「サーバー世界」の評価獲得ゲーム攻略法

「サーバー世界」の処世術。それは、他人に媚びることなく、自分本来の意見を情報として発信し続けることです。

他人に擦り寄り意見や波長を同調させるのではなく、とにかく僕たちの秘め持つものを鋭利な刃物のようにトンガラせて、本来の僕たちをむき出しにして、想いを文字情報に変えて情報として発信し続けることです。

情報を、ブログ、メルマガ、Facebookなどの「WEBメディア」を通して、継続的に、定期的にとにかく発信し続けることなのです。

  • 僕たちが欲することだけを情報発信し続けるのも良し。
  • 僕たちが手に入れたい幸せだけを情報発信し続けるのも良し。
  • 僕たちが大好きなことだけを情報発信し続けるのも良し。
  • 僕たちが他人に認められたいことだけを情報発信し続けるのも良し。
  • 僕たちが実現させたい夢を情報発信し続けるのも良し。

実際はどんなことでも良いのです。

重要なのは発信する情報のテーマと視点をこだわりにこだわって、文字情報に変えて具現化させる。

継続的に、定期的に発信し続けるのです。

99%の人たちに嫌われてもいいのです!!

理解してくれるたった1%の人に対してだけ、言霊(ことば)が届けばそれでいいのです。

ブログ、メルマガ、Facebook、などの「WEBメディア」を通して、たったの1%の人だけに向けて僕たちが秘め持っている想いや情報を伝え続けるのです。

たった1%の人だけに向けた情報を、定期的に、継続的に発信し続けることで、情報とそれを発信し続ける人格に対して、その1%の人から絶大な信頼が芽生えます。

1%の言霊(ことば)を受け取ってくれる人、信頼してくれる人が、一人、二人と少しずつ増加する。

さらに、十人、二十人、百人・・・と増え続けて行くと。。。熱烈なまでに評価をしてくれる人たちが現れます。

熱烈なまでに評価をしてくれる人たちの評価が、各「WEBメディア」のツール的な仕組を通して、表面化し始めると・・・評価が信頼を生み、信頼が評価を生む。

いつしか、たった1%の人だけに向けた情報が、信頼と評価の増幅によって、他の人たちにも影響を与え始める。その情報が正しいと、考えてくれる人々の輪が「サーバー世界」の中で広がって行くのです。

広がっていった結果。僕たちは、「サーバー世界」でのより有利なポジショニングを確立させることができるのです。

これが「サーバー世界」での処世術。「現実世界」と比べると非常にシンプルな構造すよね?

実は、「現実世界」と比べてしまえば、「サーバー世界」攻略の難易度は非常に低いのです。

「サーバー世界」では・・・。

  • 他人に媚びれば媚びるほど評価は下がる
  • 尖れば尖る程評価は上がる
  • 誰でも言えるようなことを言えば評価は下がる
  • 現実世界では絶対に言えないようなことを言えば評価は上がる
  • 不規則かつ3日坊主で継続性が無ければ評価は下がる
  • 定期的に継続的に続ける程評価は上がる

「現実世界」の「地位獲得ゲーム」に比べれば、平等かつ公平なのが「評価獲得ゲーム」なのです。

男でも、女でも、若者でも、老人でも、国籍も人種も、生まれも、育ちも関係なく、このシンプルな構造と仕組の中での処世術さえ身につけ活用することができれば、僕たちは非常に再現性のある形で「サーバー世界」での、「評価獲得ゲーム」に勝利することができるのです。

だから「サーバー世界」での活動を開始することは、僕たちにとって無限大のチャンスが開かれていることなのです。

さて、「現実世界」の「地位獲得ゲーム」、「サーバー世界」の「評価獲得ゲーム」。

僕たちはこれから、どちらのゲームに、持ちうる時間・労力・お金の大多数を費やしながら、参戦するのが賢いのでしょうか?

どちらが僕たちにとって「みらい」をもたらす価値あることなのでしょうか?

そろそろ本格的に、決断を迫られる時に来ているのでは無いでしょうか?

【編集後記】

僕よりもだいぶ後のタイミングで、「サーバー世界」にデビューを飾り。

その後、「サーバー世界」で大活躍を遂げ、

凄まじいまでの、信用・信頼・評価を獲得し続けた、J(ジェイ)こと、平城寿@SOHO管理人。

彼の場合は、Facebookを主軸に、ブログ、メルマガと、「サーバー世界」の活動をしていますが。

僕が嫉妬で狂いそうになる程の、実績を叩きだしてしまっています。

「孔明さんのメディアは、本当に反応が高いですね!」

そう言われる僕を超えた反応を、かなり遅れてスタートしたにも関わらず、叩き出してしまっているのです。

その全てを公開したのが、先日日本で開催した、「平城式Facebook10時間合宿」なのです。

これまで合計4回も開催して来ました。

その内、もっとも洗練された、4回めに開催した回を。

テレビ業界で活躍する現役のプロカメラマン、シューティングスター斉藤に収録してもらい。

DVD加工用に編集してもらっています。

そして・・・これを、正式な動画10巻セットとして、販売することが決定しました。

「平城式Facebook」を活用した、ブロガーとして毎月着実に稼ぐ方法が凝縮した10時間。

正商品版は49,800円になる予定です。

けれども、期間限定ではありますが、先行予約価格を設定することになりました。

期限は、シューティングスター斉藤の収録が完成するまで。当日開催した合宿と同じ価格の19,800円で、事前予約することが可能です。

「平城式Facebook」が創りだす、ウネリと嵐に巻き込まれる形で、「サーバー世界」で最高のパフォーマンスを叩き出したい場合は、

下記の専用URLより、決意を僕たちに伝えて下さい。

→ http://bit.ly/16E5KmN


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】愛情・友情・団結によって苦しみ続けている現実世界を理解してみる

なぜ、「サーバー世界」でもまた、「茨の道」を歩み進もうとするのでしょうか? 本来「現実世界」にて囚われ続けていた、しがらみから

【斬】諸葛亮孔明と戦っても真田孔明は負けない理由を告白する

極論、「サーバー世界」の中でなら誰でも何にでもなれます。 「後光」を発する凄い人レベルでいいなら当然のこと、その気になれば「神

【斬】だからブロガーとして活躍できる!僕の文章に隠されている仕掛

今あなたがこうして読んでくれている、僕の書く文章には、とある仕掛けが施されています。 あなたには、これがどういうことなのか、分

【斬】BITからなるサーバー世界とATOMからなる現実世界が混在

延長上で足を踏み入れるべからず!全く異なる2つの世界 僕が知ってしまったこと。。。実は今日時点において、この世界は大きく分けて



dept