借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】死亡保障金額5,000万円も積立でカバーするのも香港スタイル

「死亡保証金額1億円」の生命保険とまでは行かなくても、ある程度のまとまったレベルで大切な人たちにお金を遺してあげたい。家族を守るために・・・。

1

一括の支払いは難しいけれども、まとまった保障なら欲しい。そんな僕のような人のための「分割支払い」のものがありました!

僕の場合は、相続用の投資にしても、複数通貨に分散して準備を始めています。さらには、まとまった現金があれば、どちらかというと、事業への投資に活用したいというポジショニングで臨んでいます。

そんな僕の場合は、一括で払い込んで「死亡保障1億円」というレベルは、正直いらないのです。

という諸事情があり、香港で生命保険を取り扱っている会社に色々確認し続けていたのですがありました!そんな僕にピッタリのモノが。

「死亡保障金額は約5,000万円」だったのですが、毎月7万円から8万円程度の支払いで、保障を確保することができるものでした。

15年間分割の払い込みで、年間当たりの保険料約100万円です。15年間の累計保険料1,500万円。

仮に僕があの世に行ってしまった場合、受取人に指定された人たちは約5,000万円の保険金を受け取れるのです。

当然、かけ捨てではありませんので、15年支払い終了時に解約すると・・・解約保証金ベースで約1,650万円の保障(年利約0.66%の預金と同じ)。解約予想金ベースで約1,950万円の保障(年利2%の預金と同じ)。

さらには、もし資金が要らなければ、そのまま寝かしておくことで、100歳まで5,000万円の保障が続くということになるんです。

ということで、僕はこのパターンで家族のみらいをある程度保障する決意を固めたのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】保険会社も儲かるが、僕たち個人も超得!香港保険裏のカラクリ公開

香港での保険の常識は、有事に備え運用で増やす。資産を守り次世代に遺す。一方日本での保険の常識は、リスクに対する防具や回避アイテ

【斬】死亡保障金1億円!払い込み額がここまで違日本と海外

「億単位の資産を大切な人たちに遺したい・・・。」そのレベルの想いを、次世代に継承する時の登竜門として「死亡保障金額1億円」の生

【斬】1億円の死亡保証+6,000万円の金融資産+月26万円の収入

「死亡補償金額1億円」の生命保険にも、日本と海外では大きな違いがあることに驚かされました。 なんといっても、払込額が圧倒的に違

【斬】保険仮面Zも1,800万円の差に驚愕!日本と香港の生命保険

僕が家族の保障のために契約する保険・・・年間当たり100万円の積立、15年間累積合計1,500万円の保険料で、死亡保障金額約5



dept