借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】愛情・友情・団結によって苦しみ続けている現実世界を理解してみる

なぜ、「サーバー世界」でもまた、「茨の道」を歩み進もうとするのでしょうか?

1

本来「現実世界」にて囚われ続けていた、しがらみから脱することさえ出来れば、「サーバー世界」の中で活躍することができる。

その結果として・・・たとえばブロガーとして、Mac Book Air一台だけで、時間・場所・お金の自由を獲得しながら、心の翼を大きく広げ、外に広がる世界に旅立つことだってできるのに。

問題の根源は、「現実世界」から持ち込もうとしている、数々の呪縛のようなものにあります。

「サーバー世界」の中で活躍するために、必要なことは、これまで生きてきた「現実世界」の真実の姿の把握。

「サーバー世界」で稼げるようになるために、絶対に欠かせない前提知識。

そして、僕が気づいてしまったこと・・・「サーバー世界」に足を踏み入れた瞬間に知ってしまった、これまで生きてきた「現実世界」の真実の姿です。

「愛情・友情・団結」は表裏一体

なぜ、「現実世界」は僕たちにとって、これほどまでに過酷なのでしょうか?

正直、初めの内、僕は自分を鬼畜か何かだと思い恐れました。自分自身を非情だと感じてとても怖かったのです。

なぜなら、この世で一番大切で尊いものと教わり続けていたこと。それこそが、僕たちに「過酷」を感じさせる根源なのだと、気づいてしまったからなのです。

たとえば「愛情」・・・「愛情」を元にした家族や恋人との関係。

この中においてだけは、古の時代から自治が認められています。

他人が他人の事情に口を出してはならない程。

有事の時、全ての他人を犠牲にして家族を優先しても、誰も文句は言わない程。強固な「絆」。

人類誕生から今日まで、「現実」世界の核はこの親族ネットワークで構成されています。

けれども「愛情」は、ちょっとしたことがきっかけに、「憎悪」に転落します。

だから僕たちは「現実世界」を「過酷」だと感じるのです。

たとえば「友情」・・・「友情」を元にした親しい友だちとの関係。

社会的動物だった人類。狩猟採集の時代から、過酷な自然環境の中で人類の祖先は群れを作って来ました。

群れから追放されることは死を意味。人はたった一人では生きられません。

あの時代から脈々と続く常識。そして狩猟採集が必要無くなった今、幼少時、学校、私生活、思い出を共有しただけで、「友人」という特別な称号が生まれる形に変化を遂げました。

けれども「友情」は、ちょっとしたことがきっかけで、「裏切り」に転落します。

だから僕たちは「現実世界」を「過酷」だと感じるのです。

たとえば「団結」・・・他人以上友人未満、現代に生まれた経済活動のための社会的組織。

会社の上司、先輩、同僚、後輩、部下。農耕と交易スタートの歴史でもわずか一万数千年。お金を本格的に使い出して100年ちょっと。

この後から生まれ体系化された、人類の新しい組織体系。「愛情・友情」の延長にある「団結」。

けれども「団結」は、ちょっとしたことがきっかけで、「愛情」が「憎悪」へ「友情」が「裏切り」へいろいろな僕たちの感情を巻き込みながら「決裂」に転落します。

だから僕たちは「現実世界」を「過酷」だと感じるのです。

「愛情」「友情」「団結」。物心ついた頃から、学校の先生や周りの大人たちに、教わってきたはずの「一番尊く大切なもの」。

けれども現実に僕たちが体感し続けているのは、往々にして、憎悪・嫉妬・裏切り・復讐・愛情・友情のドロドロの人間ドラマ。

僕たちが人生の中で一番苦しむのは、「愛情」「友情」「団結」の裏返しの部分だったのです。

夕食時に打ち明けた新たな決断に、足を引っ張ろうとする家族を納得させながら。地元飲みの時に、友人が嫉妬しないように気遣いながら。

普段僕たちは、周りの目をきにしながら、恐る恐る歩みを進めています。

自分の脳力、顔、容姿、年齢、体型、言語能力、、、、様々な能力をオールマイティーに発揮させながら。

上司、先輩、同僚、後輩、部下たちとの、上下左右のパワーバランスを気にしながら、

ピラミット型構造の集団組織の中で、より良い地位を獲得するために、序列を上げていく「パワーバランスゲーム」に参加しているのです。

「現実世界」の中では、「お前は何者か?」常に問われ続けます。

集団の暗黙のルールを知らなかったり、何となく漂う空気を読めなかったりすると、組織の仲間たちから排除されてしまいます。

限られたスペースの中で、周りのみんなから認められて居場所を与えられるためには、周りに合わせて僕たち自身を変えていかなくてはなりません。

だから辛いのです。

大切なもの。尊いもの。自分を犠牲にしてでも優先すべきもの。幼い頃からの全ての訓えが、重く心にのしかかり続けるからです。

「現実世界」の象徴国日本

日本の自殺者は何故減らないのでしょうか?

1998年に日本の自殺者が31,755人という大台に到達後、その後一向に約3万人から減ることはありません。

なぜ、毎年それほどまでに多くの人たちが、自ら命を断つ道を選んだのでしょうか?

景気が悪いから?失業したから?いやこれらの数字とは、直接リンクしていません。

貧困に苦しんでるから?それも直接的な原因ではないのです。

真実は、「現実世界」の「愛情」「友情」「団結」を元にして構成された、「集団組織」からなる「パワーバランスゲーム」の先にあったはずの、未来に対する「希望」が失われたからです。

その結果、「絶望」しか手元に残らなかったのです。

たとえば、今、現役サラリーマンの世界が過酷な理由。

それは、業務の量が多い少ないというよりも、その結果に受ける「評価」の部分に本当の問題が隠されています。

「パワーバランスゲーム」の中、決まったルールの下で僕たちが評価されるわけではありません。

「あいつはよくやってるよ。」閉鎖空間の中での曖昧かつアンフェアな評価により、序列やポジショニングの全てが決定されます。

明確化されない競争ルールの中、上司、先輩、同僚、後輩、部下、上下左右からの、極めて曖昧な基準での、相対的な評価を獲得しなければならない日本の人事制度。

僕たちに、想像以上に過酷で無意味な、精神的な競争を強いれているのです。

この仕組の下働き、生きる多くの人たちは、苦しみ続けているのです。

高度成長期の時代にはまだ、未来に希望がありました。

会社のため、組織のため、「愛・友情・団結」を胸に、死に物狂いで頑張りさえすれば、

  • 昇給や昇進
  • 退職金や年金

大嫌いな仕事にも何とか耐えられることができたのです。

未来に希望があったから、僕たちは共に耐え続けることができていたのです。

けれども今、その大多数の仕組は崩壊しました。

未来への希望が崩れ去った後に、手のひらの上に唯一残ってしまったのは、「絶望」という2文字だけだったのです。

僕たちは「社会集団」の中でずっと、常に周りの目を気にしながら生きてきました。

曖昧な基準で競争を続け、大きな成果をあげたとしても、金銭的な報酬で報われることはありません。

さらには、2010年度の僕の「副業会社バレ事件」のように、不幸な形で会社を辞めてしまうと、そこへの再就職の道は完璧なまでに閉ざされてしまいます。

副業も認められず、転職も難しく、閉鎖空間の中で、過酷なノルマや重圧にひたすら耐え続けるしか無いのです。

「社会組織」が、日本の古き良き雇用制度を守ろうとすればするほど、僕たちは苦しみ続けて行く。

「社会組織」が正義化されてしまった恐怖の世界。

「現実世界」の負の部分が完璧なまでに進化してしまった究極の姿。

僕たちが生まれ育った日本国内における「現実世界」の真の姿なのです。

そしてこの話は・・・さらに、僕たちを縛り付けるもう一つの呪縛に連鎖して行くのです。

追伸1

まさに「急がば回れ!」です。

ブロガーとして「サーバー世界」で活躍できるようになるためには、WEBサイト、メールマガジン、ブログ、facebookなどのツールそのものを学ぼうとしても意味がありません。

何よりも先に、これまで僕たちが歩んできた「現実世界」の真理を含めて、理解しておかなければならないのです。

事実、既に「サーバー世界」で王子様、お姫様として、活躍している彼らは、最初から感覚的に気づいたり、理解することができたから、「サーバー世界」で「すごい人」を演じることができるのです。

そして、もしもあなたが、これまで沢山の情報商材を購入し、沢山のセミナーに参加したにも関わらず、まだ「サーバー世界」でまともな結果を出せていないのだとしたら・・・

毎日「Facebook」で「凄い彼ら」の「いいね!」ボタンを押しているだけだとしたら・・・その場合はなおさら、「サーバー世界」と「現実世界」それぞれの真理を、理解しておかなければならないのです。

追伸2

人生が、充実して楽しいと感じるのは、「愛情」「友情」「団結」。これらに直接触れることができた時です。

けれども、どれも一つ歯車が狂っただけで、「憎悪」「裏切り」「決裂」に転落。そして、僕たちを苦しみのどん底に叩き落とす。

僕の場合、これまでの「現実世界」の人生を振り返ってみると、今日時点では、充実して楽しいと感じた時よりも、苦しみのどん底で悩み続けた時の方が多かった気がします。

追伸3

「現実世界」・・・。人が物理的空間の中、限られたフィールドに密集すればする程、集団組織が完成形に近づけば近づく程、評価の基準が曖昧であることが、集団に属する全ての人を、想像を絶する苦しみへと誘います。

たとえば、「あいつはよくやってるよ。」この言葉をもらったことがある人も、この言葉をもらったことの無い人も、共にそれぞれの立場で苦しみ続けるのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】サーバー世界で稼ぐために必要な3要素を考えてみる

なぜ、かつて僕は2004年8月、「サーバー世界」に降臨しその初月からから「サーバー世界」で稼ぐことができたのでしょうか? 「M

【斬】カリスマの正体暴露 サーバー世界のタブーにメスを入れてみた

インターネット上でカリスマと呼ばれる人たちの正体を暴露してみましょう。 「タブーの中にこそ稼ぐ秘訣アリ!」 僕たちがインターネ

【斬】諸葛亮孔明と戦っても真田孔明は負けない理由を告白する

極論、「サーバー世界」の中でなら誰でも何にでもなれます。 「後光」を発する凄い人レベルでいいなら当然のこと、その気になれば「神

【斬】現実世界の地位獲得&サーバー世界の評価獲得。各ゲームの攻略法

「サーバー世界」で僕たちを形作ってくれる唯一のもの。それが、ブログ、メルマガ、Facebookなどの「WEBメディア」なのです



dept