借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】仲間が3人、コソボに移住してしまった・・・

コソボ(Kosovo)のプリシュティナ(Pristina)に行って、コソボ現地法人を設立して、中心地から約3km地点に約4,000平方米の広さの土地を購入した僕。

その様子をとあるメールマガジンで情報発信、レビューしたところ・・・なんと仲間が3人コソボに移住してしまった。。。(実際は僕が直接知らない方も含めて日本人5人移住・・・)。2012年7月の今日時点においては既に彼らはコソボに住んでしまっている(2012年6月に渡航か!?)。

僕のレビューがあまりにも魅力的だったのか?もしかしたら日本人として初めてコソボに移住してしまったのは彼ら3人かもしれないですね・・・(汗)。

コソボ(Kosovo)のビザからのユーロで永住権!?

日本人の場合、コソボに3ヶ月以内の滞在であればビザは必要ありません。それ以上滞在する場合はビザを取得する必要があります。

僕も車で国境を越えて隣国のアルバニアまで行って来ましたが、大体50kmも走り続ければ国の外に出られるので、ビザが無くとも不便はないかもしれません。

けれども、ビジネスで滞在するためにはビザを取得しておいた方がいいですね。僕は滞在中ビザの申請まではやらなかったので、以後は現地に移住してしまった彼らからのレビューですが、ビザは現地の警察に行って申請を行うとのことです。

必要なのは日本の県警などで出してもらえる無犯罪証明書、パスポート、そして現地法人に勤務する場合、会社の書類なども併せて持って申請するようです。

ちなみに、ここからが凄い情報ですが、コソボのビザを取得して、大体4年から5年継続して保有し続けていれば、コソボの市民権をもらえるようになるらしいのです。

コソボは2017年から2020年の間にユーロ(EU)に加盟することを目指しています。仮にコソボの市民権を持った状態で、コソボのユーロへの加盟が決まったとしたら・・・それは、ユーロ圏内であれば、どこでも住めるということになるのです。

これはヨーロッパ好きにはたまりませんね(僕はアジア好きなので興味ありませんが。笑)。コソボで法人を設立して、その法人を通してビザを取得し、さらには先々コソボでの市民権を取得して、ユーロへの居住へとつなげる。。。そういうことが可能になるかもしれませんね!(※全てコソボに移住した仲間たちによる、現地確認ベースの情報です。結果を保証できる類の情報では無いこと、ご了承下さい!)

尚、最後にコソボに移住した僕の3人の仲間の一人、ノザンヌからメッセージが届いたので、ご覧下さい。コソボの様子を感じ取って頂けるかと思います。

コソボに移住した仲間の一人ミスターノザンヌからのメッセージ

本当にコソボ??…大丈夫なのかな?というのが正直な気持ちでした。

レビューでコソボの安全は目にしてましたが、やはり自分がそこに住むとなり、少し考えました。けれども、私の場合には、好奇心から、行くことを楽しみにしていたような気もします。

コソボに到着した時の印象・・・飛行機から見た時に、小さな丘陵地帯が広がっていて、あまり民家もなく、北海道みたいだ・・・という印象がありました。

実際に飛行機から降りてみて驚いたのは、その暑さと日差しの強さです。これは焼けるかも知れない・・・と思いました。でも空気は乾燥しているので、日陰では非常に過ごしやすいですね。

日本人だということが分かると、空港職員は非常にフレンドリーに対応してくれました。ただこの時点では本当に安全なのかどうか、まだ疑っている自分がいたようにも思います。

<

p>空港の周りには、あまり建物も無いので、大丈夫??と思いましたが、タクシーで数分走ると、徐々に建物が出てきて普通の市街地が広がっていて、買い物にも困らなそうだなーと。

1

※ここに住みます!

実際に数日間過ごして見て・・・物価は非常に安いです。スーパーに行って驚きました。ミネラルウォーターも20円程度。ランチは500円もかかりません。野菜やチーズは新鮮です。魚介類は少ない気がしますが、300円程度があればボリューム満点の一品料理をカフェ・レストランなどで食べることもできます。孔明さんが言っていたように、何を食べても本当に美味しいので、食には困ることは無いと思いました。

2

とにかくなんでも安いです!

今コソボは本当に戦後復興モードのような感じです。まさに建設ラッシュです。どこの建物の屋根を見ても人が乗っていて工事をしています。街の至る所に建設中の建物があります。非常に大きなスーパーも建設中のため、今後の発展が非常に楽しみです。

平均月収300ユーロの割りには、購買力が強く、走っている車も高級車がちらほら見られます。

今後5年間で街並みが大きく変わるような気がします。孔明さんが既にやったように、今の時期にコソボに取り組みをしておくと、かなりプラスになると思いますね。

追伸

コソボ紛争のイメージを持っている方が来られた場合、何よりも、意外にも安全なことに驚かれるかもしれませんね。変な言い方ですが、コソボは既に普通のヨーロッパですね!

3

以上、コソボに移住したばかりの仲間、ノザンヌからでした。

・・・ちなみに、この場では堂々と言えませんが、彼らが移住してしまったことで、凄いことが実現可能になってしまいました。。。それは・・・コソボ現地に行かずに不動産投資が出来るスキームです!AtoZ全て現地に行かずにできてしまうのです!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】コソボ(Kosovo)のプリシュティナ(Pristina)の街中を探索してみる

コソボには5日間も滞在していたので、いろいろと街中を探索していました。コソボ現地法人を設立して、不動産を買うと言っても、待たな

【斬】コソボ復興への貢献「ソーシャルインベストメント」

今回僕が行ったコソボ(Kosovo)への投資は、コソボの戦後復興に貢献する形のソーシャル・インベストメント(社会的投資)という

【斬】コソボ不動産投資のシミュレーションをしてみる

すでにコソボ(Kosovo)のプリシュティナ(Pristina)入りした仲間たち。彼らのサポートを受けながら、コソボ現地に入る

【斬】元紛争地コソボのプリシュティナに不動産購入

不動産投資として、僕はこれまで一貫してコンドミニアムを購入して来ました。けれども2012年7月時点で例外が一つだけあります。土



dept