借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】人類20万年の食を振り返る「肝臓腎臓強化部」の創部秘話⑬

すべての元凶は飽食時代の産物である現代食にありました。

幼い頃から、アトピー性皮膚炎、湿疹、花粉症、喘息に苦しみ続けていたのも。

35歳を過ぎて100キロ前後をウロウロしてしまっていたのも。

首と肩のコリ、腰の痛みに悩まされ続けていたのも。嫁さんになじられるほど夜の機能が駄目になってしまったのも。

イマイチ何をやってもやる気が起こらなかったのも、すべては過剰に摂取し過ぎた、油、砂糖、炭水化物、肉、アルコール・・・これが僕の体の中で蓄積し続けて来たのです。

僕の体の内臓クンたちは、過剰に摂取し過ぎて、不要なものとして認識。それを排出しようと動き続けてくれていただけだったのです。

肝臓クンも体内で毒化してしまったものを解毒しようと、一生懸命働き続けてくれていた結果、オーバーヒート状態に。その熱が頭の方に行って顔や首の痒みや湿疹を生んだり、眼や鼻の粘膜を覆っているはずの防御壁が出ない状態にいたり。

足の先に向かうことで、水虫を起こしたり、その途中にある股間の痒みや夜の障害を発生させていたのです。

油、砂糖、炭水化物、肉、アルコール・・・本来、過剰に摂取していなければ、僕が幼い頃から悩まされ続けていた障害も、大人になってから抱えた新たな問題も、発動することはなかった・・・。

これはある意味当たり前と言えば当たり前のことだったのです。

20万年の人類史の中では超異常な状態、過剰は毒になる

20万年続くと言われている今の人類。その僕たちのご先祖様はどんな食生活をしていたのか想像してみました。

1

僕たちは毎日、葉っぱをメインに食べていました。

春になると野草、木の芽、貝類を採集して食べていました。

夏になれば川や海で漁をして魚を釣って食べていました。

秋になれば、ドングリや木の実を採集です。

冬になれば、動物たちが弱るので、ウサギやシカ、イノシシを狩りをして、肉を食べることができました。

当時は塩も調味料も何もありません。素材を生で食べたり、煮たり、焼いたり、石蒸しにしてそのまま食べていたのです。

僕たち人類は、およそ20万年間も、季節や気候に合わせた食べ物を採集したり、漁をしたり、狩りをしたりして食べていたのです。僕たちの人体は、食べる時に使う歯を含めて、そのような食事に適合すべく、内臓を中心に進化を遂げてきたのです。

今、僕たちが主食としている米でさえ、紀元前3世紀になってようやく、中国大陸から伝わって来たばかり。実に人類の歴史約20万年の歴史の中では、ついごくごく最近になって登場したばかりなのです。

さらに今僕たちが毎日食べている食事。

年間通して、葉っぱを食べられるようになり、魚を食べられるようになり、木の実を食べられるようになり、そして、肉を食べられるようになりました。

いつでも好きな時に、好きな食べ物を、好きなだけ、食べられるようになったのです。

コンビニエンスストアに並んでいるような加工食品は、20万年の人類史の中で登場したのは、ここ2、30年ちょっとの間です。

2

つまり、20万年の人類史の中では、むしろ今の状態が超異常。食事の進化成長に、僕たちの人体の進化成長が追いついていない状態と言えます。

そんな中で、僕は特に通常よりも異常な生活をしていました。

小学生の頃・・・1年生の頃から、親の財布からお金を盗んでは、日常的に駄菓子にカップ焼きそばを自分の欲望が赴くまま食べまくっていました。

さらには、渋谷や横浜で独り電車に乗って豪遊をしに行った時には、最先端の美味しいものを食べていました。

大人になってからも・・・背脂ギトギトのラーメン、チャーハン、餃子、カルビ、焼き肉丼、カツ丼、カツカレー、かき揚げ丼、ピザ、ポテトチップス、ケーキ、プリン、アイスカフェラテ、赤ワイン、日本酒・・・好きなものを好きな時に好きなだけ食べてしまっていました。

20万年の人類史の中での進化の集大成である今の僕の体は・・・36年間の中で、超とも言える程の異常な食べ物を、異常な量、異常な頻度で体内に押しこめ続けてきたこともあります。

肝臓クンを中心に、内臓クンたちが、ギャーギャーと悲鳴をあげ続けながらも、とにかく悪いものを外に排出することに全力を尽くし続け、毒を解毒することに全力を尽くし続けてくれていたのです。

その彼ら内臓クンたちの努力の結果が、現象としてアトピー性皮膚炎、湿疹、花粉症、喘息、100キロ前後の体重、首と肩のコリ、腰の痛み。嫁さんになじられるほど夜の機能障害を引き起こしていたのです。

これを頭の中で明確でイメージ出来た時。僕が今まで美味しいモノと認識していた食べ物。大好きだった食べ物。その大部分をすべて「毒」として認識することができるようになれたのです。

孔明:「美味しいのはまやかしの美味しさ。これは僕たち人体を壊す毒。」

孔明:「美味しいのはまやかしの美味しさ。これは僕たち人体を壊す毒。」

孔明:「美味しいのはまやかしの美味しさ。これは僕たち人体を壊す毒。」

自ら洗脳をかけるように、繰返し唱え、自分の食欲を抑えるようにしたのです。

※「肝臓腎臓強化部」は、僕たちの日々の精進の結果を基本方針として活動する立身出世を成し遂げたい漢(おとこ)のための秘密組織です。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】セミナー来るより自宅で肝臓を鍛えるのが先「肝臓腎臓強化部」の創部秘話⑩

1 肝臓が弱った状態では、セミナーを受講をしても結果を出せない理由があります。 本来、セミナー会場には、より効率的に賢く生き抜

【斬】日本居住者が●●●●●●●●●●に申し込めなくなった点

香港の金融と保険の正式な免許を持っている社長さんから連絡がありました。2012年8月10日を持って、日本居住者の方がマン島オフ

【斬】アトピー性皮膚炎と首肩の痛みは同一問題 「肝臓腎臓強化部」の創部秘話②

始めて僕が感じたのは、小学校低学年の遠足の時だったのを記憶しています。 突然鼻から息が吸えなくなり、くしゃみがとまらなくなった

【斬】肝臓腎臓強化部の密会内容を収録した音声を暴露

孔明:「「夜元気スクワット」をしてから、朝◯ちするようになりましたよ!」 メンバー:「私も孔明さんに聴いてからやってみたところ



dept