借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】下位階層の運命に抗う「狼煙」と共に立ち上がりましょう!

1

つくづく思います。「情報格差社会」の下、僕たちが今、身につけなければならないのは本当の「力」なのだと。

「真実の情報」。勝ち上がっていく上で本当に必要な力なのだと。

実在している格差からなる差別。

「下位階層」の僕たちが信じがちな、マスメディアから発信される類の「情報」では無く、一部の「上位階層」の者たちだけが握っている「真実の情報」。

これを何とか掴みとり、自分たちにとって有利な方向に、働かせるようになること。

これが重要なのだと。

けれども、その部分で問題・・・というか矛盾のようなものが、いくつも発生してしまいます。

代表的な矛盾。

「情報」というものは、ことの他、お金と権力が好きな生き物だということです。

「真実の情報」というものは、いつもごく一部の「上位階層」・・・大金持ちか、特権階級の人のところにしか回ってこない。

通常、僕たち「下位階層」の人間のところには、どうでもよい・・・さらには詐欺まがいのくだらない情報しか、入ってこないのです。

「下位階層」の人間は、普通に暮らしていただけでは、「真実の情報」を掴み取ることができません。

だから、「下位階層」の人間に、「真実の情報」を掴みとりなさい・・・」と言うこと自体、矛盾が生じているのです。

けれども僕の場合、この矛盾を解決させるカギが、法律を含むしくみを理解する部分にあると知ることができました。

理解した上で、逆手に取る。

それを続けて行くことで、全く同じ世界を生きているはずなのに、今までとは、真逆に近しき「情報」の流れる世界が、すぐ間近に存在していたことを体感するに至りました。

キッカケは「たった一つの情報」から

もしもあなたの周りに、自分自身の力で「上位階層」に成り上がった、成功者と言われる人間がいたら、是非とも聞いてみて下さい。

一番最初に気づくことができた、何か特別な「情報」の類はあったかどうか?

恐らくその答えは共通していて、

まず始めに、「たった一つの情報」に気づき、そこを突破口にして突き進んでいった結果、全てが変わり始めた・・・。

そんな体験をしているはずなのです。

「金持ちは、たった一つの情報から始まる。」

僕の場合もかつて、一つの情報を頼りに、恐る恐るではあるが行動に移してみました。

確かに初めの内は頭にボンヤリ、「おやっ?」と感じる程度でした。

けれども、そのボンヤリ靄がかかったような部分に向けて、必死にもがきながら前進を続けて行った結果・・・。

孔明:「んんんんっ!こ、これは!!」

これまで生きていた全く同じ世界なのに、いつの間にか僕自身が、これまでとは「真逆の情報」が流れている場所に、立っていることに気づいてしまったのです。

なぜかその瞬間から急に理解出来てしまいました。

「真実の情報」の持つ力を。

たとえば、生涯収入で5億円を達成することは、その世界の中では困難な目標ではないこと。

さらにその上を目指すための、具体的な方法まで。

不思議なことに、当時、まだ自分が到達もしていないのに、なぜか一気に理解できてしまったのです。

ほんの小さな情報・・・紙一重のキッカケで始まった世界。

「真実の情報」が集まり始めた時から、負のスパイラルから抜け出し、お金と情報の連鎖が面白いようにつながっていったのです。

「下位階層」の運命に抗う覚悟と「狼煙」

僕は今真剣になれているだろうか?

欲望とあきらめ。

意欲と恐れ。

期待と不安。

様々な感情が交差する状況下でも、着実に前進はできているだろうか?

「情報格差社会」。・・・止められないこの流れ。

後、10年、20年後には、1%未満の資産家と、99%以上の貧民を生む可能性だって否定できません。

その時僕は、資産家と貧民のどちらに位置しているのだろうか?

10年後の今日、僕が置かれているのは、鉢巻とマスクを携え、「格差反対!」を誰もいない空に向かって叫んでいるだけの立場か?

それとも、共通目標を達成し、どこか海外の高級ホテルのラウンジで、仲間たちと共にワイングラス片手に乾杯している立場か?

かつて僕はそんな葛藤の中、真剣に自分の運命に抗うことの決意を固めました。

孔明:「必ずやってみせる!!仲間たちと共に!!」

「下位階層」にあたる、サラリーマンの父と、国家公務員の母の下に生まれ、「真実の情報」などとは程遠い環境で育った僕。

「上位階層」の人間が利用している「情報」を掴みとり、逆手に取り続けることで、「下位階層」出身の人間だからできる形を、実現化させてみせる。

たとえ最終的に、僕自身は「上位階層」には到達できなかったとしても、僕が我武者羅になって抗い続けている後ろ姿を、僕の子供たち、僕の仲間たちに見せ続けることで、せめて彼らには「上位階層」に到達してもらう。

その決意を固めたのです。

だから、僕は天文学的確率で、同じ時代に生を受け、サーバー世界を通して、こうして仲間になってくれたあなたにも、僕と同じ用に、今一度決意を固めて頂きたいのです。

「情報格差社会」の中、餌食になり続けるのではなく、「真実の情報」を知り利用できる立場に成り上がることを。

僕があなたにお話することは、「真実の情報」の中の一つでしか無いのかもしれません。

けれども、「金持ちは、たった一つの情報から始まる。」かつて僕が一つの情報を掴みとることができたのをキッカケに、その後の道を切り開いたように、

もしかしたらあなたも、この一つの情報を下に・・・。

そんな僕の想いが込めてお話をさせて頂いているのです。

これはある種の「狼煙」です。

これから僕たち「下位階層」の人間が、本格的に「上位階層」に挑戦する一歩を一斉に踏み出すための「狼煙」なのです。「狼煙」を合図に共に立ち上がり、本当の意味での「下克上」を目指して共に歩みを始めましょう!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】元I.T.バブル長者たちは今。元数千億円の資産家たちの末路

僕はこれまで日本人大富豪「あの御方」に、共通点のある2人のビジネスマンを紹介され、共にディナーをさせていただきました。 彼らに

【斬】なぜ僕の所には「村上ファンド」から投資の勧誘が来なかったのか?

2006年末での運用資産額は4,444億円を超えた資金調達をしていた伝説のファンドがあった。 東京スタイル、ニッポン包装、日本

【斬】富裕層に成り上がった人たちが共通して発する言葉の真理はいかに?

僕が現役サラリーマン中に個人金融資産1億円を突破した時のことです。 当時は完全に現役サラリーマンの常識が世界の常識の僕でしたの

【斬】本当に儲かる話を獲得できるのは誰?金融資本主義の情報勝者

本当に儲かる話はあるのかどうか?本当に儲かる情報を僕は受信することはできるのか? 僕が投資の世界を追求して行く中で、この探求を



dept