借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】アメブロのテーマを決めてみる

アメブロのタイトルとサブタイトルが決定しました。

あなた:「さて、記事を書きますか!取りあえず自己紹介でも!」

僕:「ちょっと待った!それだけは絶対にやってはなりません!!」

こういうふうに、いきなり記事から書き始めると、もれなく典型的なダメブロが完成します。折角タイトルとサブタイトルは決まっているのに、一体このアメブロは何を語っているのか分からない。もしくは数日後にはネタがつきてしまう。昔少年ジャンプで連載開始数週間で突然の最終回を迎えた駄目コミックのように、あなたのアメブロも最終回を迎えることになります。

僕たちが共に目指すのはダメブロではありません。「神ブログ」です!僕たちは「神ブロガー」になるために、アメブロを始めるのです。

それでは「神ブロガー」を目指す者は、アメブロのタイトルとサブタイトルを決定したら、次に何をするか・・・それはテーマを決めることです。

記事なんかいりません。いかなる記事よりも先にガッチリ固めるべきはテーマなのです。

どうやってテーマ設定するの?

アメブロのテーマは、そのミッションを全部実行していくと、ライフスタイルが達成出来る。ライフスタイルが貫き通せる。という図式になっていなければなりません。

たとえば僕の場合は、非常に欲張りな人生をマニアックかつディープに送りたいので、ライフスタイルを貫き通すためには2012年の今日時点においても合計47のテーマを実行していかないとなりません(裏のテーマ含めると本当はこの倍あるのですが。。。)。

1

【欲張りでマニアックな僕の場合こんなにテーマが・・・】

アメブロ活用ガイド、サーバー世界の処世術、メルマガ書き方指南、Facebook使い方講座、Linkedinで人材獲得、社内クラウド活用術、鬼ブリ外注活用術、本社は社内SNS、Apple製品3種の神器、MacBookアプリ、I.T.お仕事便利ツール、海外Web研、スクリプトコピー、WEBサイト開発現場、会員制SNS組織運営、マーベリックなWEB、Web検定制度、シックスシグマ導入、ブラックベルト資格、インド現地法人IT企業、コソボ法人で土地購、ジョホールバル法人で、マカオ法人再投資術、香港法人で目指す上場、シンガポール法人設立、BVI法人での海外投資、マレーシアMM2Hビザ、フィリピンリタイア、中国銀行5年定期預金、香港の銀行は海外基地、マレーシアの銀行融資、マカオ中国工商銀行、ジョホールバル不動産、フィリピン投資マニア、タイのアユタヤ投資、カナダで憧れ物件購入、海外ロングスティ事業、テキサス油田事業投資、投資合同会社徹底活用、海外楽しむ10のコツ、週末シンガポール、娘たちに未来の安心を、娘たちのApple格闘記、アニメマニア、コミックオタク、ゲーマー、Webインターン制度。以上これでも相当絞ったつもりなんですが・・・。

ちなみに、「その他」は、これまでスタッフの山崎クンが勝手に僕の他の記事を流用して挙げてくれて投稿してくれていた典型的なダメブロ的な記事ありきの記事・・・だったので、全てぶち込みました。証拠隠滅・抹消的にその他へまとめてポイっ!

テーマは40以上無いと駄目ということはありません。でもライフスタイルを達成すること、ライフスタイルを貫き通すことを追求して行くと、どんなに少なくとも20以上のテーマにはなるはずですね。

20以上のテーマ。ここを一つの目安にしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、先にテーマを決めていくと記事数が(0)並びになります。が気にしなくていいです。何も記事が無かったとしても「この人はこういうネタを持っているんだ!」と先にアピールできますよね。

後は自分が決めた曜日・時間に基づいて、自分のペースで記事コンテンツをアップし続ければいいのです。定期的に、継続的に!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】アメブロのランキングをモチベUPのために意識してみる

人間誰しも進化成長するためには、ライバルという者の存在を意識することが重要ですよね!「神ブロガー」を目指すアメブロガーとしての

【斬】ブログ自体は2010年からWordPressでやってますが

アメブロ自体は2012年7月1日から執筆連載投稿開始した僕ですが、実はブログ自体は2010年秋ごろからずっとやっていました。

【斬】アメブロに理想な記事コンテンツの長さを考えてみる

アメブロの記事コンテンツの長さはどの位なのかを考えてみましょう。質問がチラリホラリとありましたのでこのトピックを立ちあげさせて

【斬】仲間の獲得がアメブロ運営の終着点

アメブロのビジネス活用の終着点はあくまでも仲間の獲得と割り切ると凄いことが起きます。日頃過ごしている現実世界ではあり得ないよう



dept