借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 物販大富豪からの政治献金案件情報

【帝】1万円から可能!「松山式」は時間を味方につけると効果が高まる

level001

安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、日本にいながら普通の投資信託で再現性のある形で「金利生活者」を目指せる「松山式」。

実は・・・1万円からスタートすることができる。

10万円でもなく、100万円でもない。

たった、1万円からスタートすることができるのだ!!

仮に、今手元にまとまったお金が無い・・・そういう場合でも、まずは「実験」として、感覚をつかむ「訓練」として、1万円からスタートすることができるのだ。

たったの1万円からはじめられる「松山式」

物理的にいくらからスタートできるのか?効率を重視した場合、いくらからがおすすめなのか?

松山氏が現在進行権で、運用している6つの「毎月分配型投資信託」を例に挙げたい。

  • 『毎月分配型A・年間利率21.67%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は8万円から。
  • 『毎月分配型B・年間利率21.83%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は11万円から。
  • 『毎月分配型C・年間利率12.72%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は7万円から。
  • 『毎月分配型D・年間利率15.65%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は8万円から。
  • 『毎月分配型E・年間利率17.02%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は5万円から。
  • 『毎月分配型F・年間利率17.96%』・・・最低購入価格は1万円。効率・手数料を考慮した場合の、松山氏が算出した、おすすめ購入価格は6万円から。

【想定1:まずはやってみよう!編】
もしも、「実験」のため、「訓練」のため、6種類全てスタートしたい場合は・・・。
1万円+1万円+1万円+1万円+1万円+1万円=6万円
合計6万円で「松山式」の運用をスタートすることができるのだ。

【想定2:チビチビやってみよう!編】
もしも、効率・手数料を考慮した場合、松山氏算出の、おすすめ購入価格ベースでスタートする場合は・・・。
8万円+11万円+7万円+8万円+5万円+6万円=45万円
合計45万円で「松山式」の運用をスタートすることができるのだ。

日本国内で銀行口座を開設できれば、日本国内で証券口座を開設できれば、

1銘柄、1万円から・・・

6銘柄、合計6万円から・・・「松山式」は今すぐ誰でも開始できる方法なのだ。

時間を味方につけるとお金は増えていく

「松山式」を実行する時に、もう一つ重用なこと。それは、時間を味方につけることだ。たとえば、600万円分を「松山式」で運用したとする。

松山氏が実際に運用している、合計6種類の「毎月分配型投資信託」で、6等分して分散しながら運用をしたとする。

6種類の年間利回りの平均が17.8%だった場合・・・600万円×17.8%÷12ヶ月=月間当たりの収入は8.9万円。

つまり、運用開始の時期が、1ヶ月間遅れてしまうと、本来発生していたかもしれない収入が、1ヶ月当たり8.9万円ずつ下がることになる。

2ヶ月間で17.8万円、3ヶ月間で26.7万円、半年間で53.4万円下がることになる。

600万円×17.8%=年間当たりの収入106.8万円だ。

つまり、運用開始の時期が、1年間遅れてしまうと、106.8万円本来発生していた収入が、下がることになる。

  • 2年間遅れてしまうと213.6万円↓ダウン
  • 5年間遅れてしまうと534万円↓ダウン
  • 10年間遅れてしまうと1,068万円↓ダウン

実行開始が遅れれば遅れるほど、大きな機会損失を被ることになる。

逆に、時間を味方につけると、お金がお金を稼いでくれる機会が増える。

お金にお金を働かせようと決めたのなら、なるべく早めにやること。これが、時間を味方につけてお金を増やすための、単純かつ効果的なコツなのだ。

時間を味方につけて「複利運用」した「松山式」

「松山式」を実行する時に、もう一つ効果的な方法がある。それは、時間を味方につけて、「複利運用」を行う方法だ。

たとえば、600万円を「松山式」で「複利運用」したとする。受け取った配当を、さらに松山式の案件に再投資していくのだ。

松山氏が実際に運用している、合計6種類の投資信託で、6等分して分散しながら運用したとする。

6種類の年間利回りの平均が17.8%だった場合・・・

600万円スタートで、

1年後:707万円

2年後:833万円
 :
5年後:1,361万円
 :
 :
10年後:3,087万円
 :
 :
15年後:7,004万円

時間が経過すればする程、年数を積み重ねれば積み重ねるほど、増加スピードが加速していくのだ。

まさに、お金がお金を稼ぐ「真骨頂」と言える。年数が後になればなるほど、一年間当たりの膨らみぐらいが、大きなものになっていく・・・。

つまり、早く始めればはじめるほど、時間を味方につける形で、より早いタイミングで、大きく膨らむ金利を楽しめる可能性が出てくるのだ。

  • 時間を味方につける
  • 複利運用でお金にお金を稼がせる

資産運用の世界で、最も再現性のある形で、大きくふくらませる可能性のある方法なのだ。

「松山式」・・・たったの1万円からでも、スタートすることができる。

「松山式」・・・時間を味方につけると、収益を早く獲得できる可能性がでて来る。

「松山式」・・・時間を味方につけて、「複利運用」をすることで、より早いタイミングで、大きく膨らむ金利を楽しむ可能性が出てくる。

僕たちが今すぐ始められる「松山式」。

僕たちが今すぐ始める理由が存在する「松山式」。

なるべく早いタイミングで、始めるかどうか?

結局はここが、大きな勝負の分かれ目になるかもしれないのだ。

限られた人生の中で、今すぐ試みる価値のある方法ではないだろうか?

仲間たちに推奨できる安心な方法

松山氏が明かしてくれた手法。「毎月分配型」の案件のお話。

海外に一歩も出ること無く、日本の銀行と、日本の大手証券会社の口座のみを使って、完結させることが可能な方法。

法人を設立しなくても、仮に現役サラリーマンのままであったとしても、大丈夫。飛行機に乗って海外に出なくても、日本に居たままで大丈夫。

怪しいファンド会社やFX会社に、お金を飛ばす覚悟で預けなくてもよい。

誰もが知っている、日本国内の銀行と大手証券会社だけの取引で大丈夫。

これなら、両親に話しても、嫁さん(旦那さん)に話しても、比較的簡単に理解してくれる方法だ。

けれども、毎月インカムゲインが入る形の、「金利生活」の仕組みを構築できてしまうのだ。

当然リスクはつきものだが、少なくても「詐欺案件」では無いことは確か。

その部分では安心して臨むことが可能。日本の銀行と日本の大手証券会社を活用した方法。

年利ベースでは年利12.72%-21.83%をターゲットに、案件によっては30%超え。毎月毎月必ず訪れる配当を、地道に獲得し続ける。

派手さはそれほどない、そんな超・地道な運用方法である。

でも、海外投資とは異なり、家族たちの安心感は勝ち取ることができるはずだ。

そして、偶然にも、「物販大富豪の戦略術」の中で、物販大富豪が僕に直接訓えてくれた、「神語録」の中にも出てくる、「日掛け、月掛け、心がけ」の運用方法。

偶然にも、具体的な案件まで、いくつかかぶっていたのだ。

「物販大富豪の戦略術」を公開している中での、絶妙なタイミングでの松山氏降臨。

これは何かの運命だろうか?

派手さは無い、地味な方法ではあるが、だからこそこれからの時代に適している方法。

僕と同じ過ちをしてほしくないから・・・

僕と同じショックを経験してほしくないから・・・

そんな想いを込めて、公開するに至った手法である。

元銀行マン松山式運用法を全て公開した、東京某所、松山氏と僕の2人で行った、公開ゼミナールをプロのカメラマンが収録した、動画と音声を視聴して、まずは着実な運用方法を、身につけてもらいたいと思う。

【松山式「毎月分配型投資信託」運用法】

         
追伸1

毎月恒例の「香港・マカオメンズ倶楽部」開催後。メンバー全員がそれぞれの居住地に帰った後、僕が独りマカオにある日本料理レストランで、ランチに蕎麦とサバ塩焼きと枝豆を食べていた時のことだ。

「物販大富豪」から携帯に電話がかかって来た。「物販大富豪」は「東京」から、情報を取ってきたとのこと。

「物販大富豪」の言う「東京」とは、「東京」の「政治家」さんのことである。物販大富豪:「孔明、これで仲間たちに、仲間たちに、カネを儲けさせなさい!」

そう言うなり、すぐさま僕に、メモをするように指示を出して来られた。「物販大富豪」が、漢字とカタカナが交じった具体的な銘柄名がゆっくりと読み上げた。

孔明:
「えーっと、◯◯証券の◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ですね。。。

「それと、◯◯証券の◯◯◯◯◯◯◯◯◯ですね。。。」

「後は・・・◯◯証券の◯◯◯◯◯◯◯◯ですね。。。」

合計3つの具体的な「毎月分配型投資信託」の固有名詞を、教えてくれた。。。

どれも、日本国内の、大手証券会社から、誰もが普通に参加できる案件。「毎月分配型」をうたっていて、年利20%-30%以上の案件だ。

これを、「「複利運用」で回しなさい!」とのこと。。。

毎月分配された収益を、毎月確定させて銀行口座に寝かしておくのではなく、さらに同じ案件に、全額再投資をするという方法である。

これを毎月、毎月、やって行くということである。

物販大富豪:
「まずは「プレミアメンバー」の仲間たちにやらせなさい。。。」

「そしてみんなをとにかく稼がせなさい!」

とのこと。。。よって、「プレミアムメンバー(980札束音声会員)」のメンバーには、「東京献金案件」を一つだけ公開させて頂く。

そして、「東京献金案件」の土台になっている、パーフェクト版「「松山式」毎月分配型投資信託」投資法」には残り2つを合わせて合計3つの案件を公開させて頂く。

まずは、どういうものか確認したい・・・その場合は、毎月980円でプレミアムメンバーになれる、「プレミアムメンバー(980札束音声会員)」のメンバーになって、まずは一つ目の情報を入手。

実際に銘柄名並びに、どこの証券会社で購入できるのか確認いただけると、より納得頂いてから「松山式」に臨むことができるはずだ。

追伸2

僕個人的には、松山氏が実際に運用をしている、毎月分配型の投資信託リストも熱いと思う。

  • 毎月分配型・年間利率21.67
  • 毎月分配型・年間利率21.83%
  • 毎月分配型・年間利率12.72%
  • 毎月分配型・年間利率15.65%
  • 毎月分配型・年間利率17.02%
  • 毎月分配型・年間利率17.96%

(※公開ゼミ(動画・音声)受講者が全員入手できる。)

しかも、現在進行形で情報が追加されて行く。

「物販大富豪の戦略術」で、銀行から融資してもらった、自由になるお金の一部を(全額は×)、この手の毎月分配型投資信託に分散しながら入れると、かなり安定して来るはずだ。

このリストは色々なところで、使えると思う。

そして、今回の公開ゼミナールをキッカケに、集まった仲間たちと、大手証券会社が運営している、毎月分配型の投資信託の類を、これからもディープに、探求し合おう!

松山氏の英語力を活かして、海外の大手証券会社から買える、投資信託も研究して行く予定だ。

そのために、facebook上での秘密グループ「毎月配当研究所」を設立。

松山氏には所長になって頂き、毎月分配型の投資信託に集中する形で、研究して行くのだ。

追伸3

「物販大富豪」から直接教わった3つの「東京献金案件」全てを公開中

「松山式」に関して、分からないこと、確認したいこと、松山氏からへの質問も、facebok上での秘密グループ「毎月配当研究所」の中で行うことが可能だ。

サポート体制が整っている・・・。

それだけではない、「物販大富豪」から僕が直接教わった3つの「毎月分配型投資信託」の銘柄名を公開中である。

これは、「物販大富豪」が東京の「政」を行う方に、多額の献金を上納した結果獲得できた、特別な銘柄の情報である。

ただし、「特別」とは言っても、拍子抜けするかもしれないが、同じくゴクゴク普通の日本の証券口座から購入できるので、「松山式」を活用する形でそのまま参加することが可能だ。

当然ながら僕も、僕のパートナーたちも、3つの「東京献金銘柄」には、分散する形で購入済みである。

2

[その7/全7回]ラスト


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】ザ・献金!物販大富豪が億単位のカネを投じた案件

毎月恒例の「香港・マカオメンズ倶楽部」開催後。メンバー全員がそれぞれの居住地に帰った後、僕が独りマカオにある日本料理レストラン

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】究極なまでに「資産」と「現金」を軽視する人が大富豪の正体

「物販大富豪」をはじめとする大富豪。そして松山氏を代表する金利生活者。彼らにはとある共通点があった。 それは・・・彼らは最も、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】「東京案件」の検証とふり返りを元銀行マンが地下集会で実施

「門」「物販大富豪の戦略術」「松山式」「東京案件」「政治家への道」・・・僕がお話していること、一見バラバラのようでいて、実は全

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】禁断の金融工学セミナー「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」

【帝】禁断の金融工学セミナー「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」

一体僕たちは、何回同じことを繰り返せば気が済むのだろうか? 山に入って猪(イノシシ)を乱獲すれば、猪(イノシシ)はいなくなる。



dept