借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

ミスタRが見極め仕入れた商品は必ず売れるヒミツ

level001
ミスタRが見極め仕入れた商品は必ず売れるヒミツ

(3月23日(土)東京渋谷)
 
「5ポケッツ」戦略術を理解すると、ビジネスの概念も巷の常識とは180度変わる。

  • サラリーマンとして「もらったお金」
  • 経営者として「稼いだお金」
  • 投資家として「増やしたお金」
  • 信用創造で「創ったお金」

「もらったお金も、貸してもらったお金も全部いっしょのお金 by 大富豪ファーザー」

全ては「お金の使用権」を増やしてるだけ。
 
となるわけで、
 
もっとも効率の良い方法で「お金の使用権」を増やしていった方が良いわけだ。
 
すると・・・

  • 銀行口座に滞留させてるお金に、一円も税金がかからない

  • 方程式さえ理解していれば、数千万円単位でどんどん滞留させるお金が増えていく

どう考えても、「信用創造でお金を創る」に勝るものは無い。
 
これを理解できると、サラリーマン、ビジネス、投資の目的と基準値が全く変わる。

  • 「信用創造でお金を創る」ためにサラリーマンとして「お金をもらう」

  • 「信用創造でお金を創る」ために経営者として「お金を稼ぐ」

  • 「信用創造でお金を創る」ために投資家として「お金を増やす」

方程式を永遠に成り立たせ続けるための保険でもある「お金を回す」を予備で控えさせた上で、・・・全てが、「信用創造でお金を創る」に集約されて行く。
 
例えば、サラリーマンとして、「お金をもらう」の場合、給料を上げるまでに、悠久の年月を要す。
 
簡単に言えば、ある一定規模の大きな組織の中で、課長や部長など、職位を上げることが求められるが、この難易度はかなりのもの。
 
例えば、投資家として「お金を増やす」。
  
株の売買をはじめれば、「株式投資家」に。不動産を購入すれば、「不動産投資家」に。・・・誰でも簡単に「投資家」自体になることはできるのだが。
 
大富豪ファーザーやマスター長兄ヒロさんのように、「必ず勝つ」投資家。。。
 
「必ず勝つ」という一文を入れるためには、必要な設計図が沢山出てきて、難易度が上がる。
 
経営者として「必ず勝つ」設計図を持っていない人たちが、「投資家」として「必ず勝つ」設計図を手に入れることはできない。。。そういう類のもの。
 
すると、今日時点で、大きな伸びシロがあるのは、個人事業主として、経営者として、「お金を稼ぐ」部分に行き着く。
  
けれども、これまでの常識との大きな違いは、あくまでも、「信用創造でお金を創る」ために経営者として「お金を稼ぐ」だけなのだから。
 
ビジネスで無理して躍起になって利益を上げ続けよう!などと言うことを、考えなくても良くなる。
 
基本的には毎月、金利+α分さえクリアできればそれでオーケー。
  
そうは言っても、チャンスがあるのなら、経営者として「お金を稼ごう!」
 
というような気楽な発想にたどり着く。
 
・・・それでも、「チャンスがあれば、ビジネスで利益も出したいな!」
 
という欲張りさんや、
 
「世の中のため、人のため」にがんばりたい!という強い理念がある場合は、思う存分、経営者として「お金を稼ぐ」ことに傾注しても、それはそれで自由。
 
特に、サラリーマンとしての給料だけでは、なかなか収入は増やせないし、お金が残せない。
 
既存の個人事業主や、経営者としての利益だけでは、なかなかお金が残せない。
 
そういう場合は、設計図を元にしたビジネスで「お金を稼ぐ」という部分に注目するのは、賢い選択肢のひとつ。
 
では、そんな時に、再現性を重視して、利益を出し続けるために、どんなビジネスを始めるのか?
 
その答えは・・・「物販ビジネス」。

  • 安定的に「金利」を払い続けられるため

  • 安定的に豊かな生活を続けられるため

そのための「物販ビジネス」。
 
なぜ「物販ビジネス」なのか?
  
ビジネスには、物、サービス、情報と大きく分けて3種類あり、サービスや情報の販売でも、確かにビジネスは成り立つ。
 
でも、「サービス提供ビジネス」の場合、どんなサービスを提供するのか?
  
しっかりと言語化するなど、メーカー的なお仕事が沢山出てくるので、難易度が上がる。
 
さらに、サービス提供者の時間と労力の浪費という部分での、制限も出てくる。
 
「情報販売ビジネス」には、情報を、動画・音声・文章などに変換して提供することによって、情報提供者の時間と労力という制限はサービスに比べて緩和されるが。
 
形無い情報に価値を生み出し、販売しなければならないので、どっぷりとメーカー的なお仕事に傾注することになる。

メーカーのお仕事は、小売業や卸売業に比べて、沢山やるべきこと求められるため、難易度が急激に上昇する。
 
ゼロからスタートで、商売を軌道に乗せるまでに、学ばなければならないこと。
  
準備をしなければならないこと。
  
正直、かなり沢山ある。
 
その点、「物販ビジネス」は楽。
 
自分が、小売業や卸売業に徹していれさえいれば、メーカーのお仕事を自分が行う必要は無い。
   
ネットを上手に活用して販売できれば、
 
右から左で自分の手間もそれほどかからない。

  • メーカーの仕事をしなくて良い

  • 時間と労力がそれほどかからない

「売れる商品を見極める力」さえあれば、比較的かんたんに売上を上げて、それと共に利益も上昇。
 
では、「物販ビジネス」の要(かなめ)とはどんな部分にあるか?
 
それは、「商品の仕入れ」。

  • 売れる商品を見極める
  • 売れる商品を仕入れる

そんな中、3月23日(土)東京渋谷、ひとりの「修羅」が降臨することになった。
 
実はこの日、「地下」のメンバーたちに向けて、約4時間かけて、「仕入れのプロ」になるための「設計図」が公開される。
  
この日降臨して、セミナーの中で講義頂く「修羅」は、「物販の仕入れの鬼、ミスタR」。
 
ミスタRは、ネット系によくあるような、昨日、一昨日ぱっと出のネット系物販インフォ系の方では無い。
  
当日公開される「物販ビジネス」のスキームは「WEBツール」などを使って、既に成熟期を過ぎた商品を見つけるなどの、浅はかなノウハウでは無い。
 
(↑ツール使ってやった人ならわかるが月に数万円くらいしか売れない。そしてすぐにダメになる。ツールで算出できるタイミングでは遅い。)
 
ミスタRは、20年以上も継続している「仕入れの鬼」。
 
商談会・見本市とリアルの世界から、売れる商品を見極める設計図を武器に、元々年商100億規模の通販会社でサラリーマンとしてバイヤー職に。取扱高は社内ナンバーワン。
 
役職も付き、それなりにサラリーマン生活を楽しんでいたのだが、サラリーマンとしてできることの限界を感じ、独立起業。
 
独自のネットショップをスタート。
 
翌月から手がけた商品が売れて、単月で月商1,000万円を達成。
 
さらには、ネットショップ開業2年目には年商1億円を達成し。
 
以降今日までずっと億の桁の年商を維持されている御方。
 
「国内仕入れ、国内販売」
  
「要」を担っているのが「仕入れ」。
  
日本国内における「展示会」や「見本市」。
  
バイヤー道20年以上の経験から蓄積された将来の「売れ筋商品」を開拓する「設計図」。
  
継続的に20年・・・
 
「継続」できるのは「再現性」があるから。
 
「再現性」があるから「継続」できる。
 
つまり、
 
「再現性」があり、「継続」ができる「設計図」が存在する。

  • 売れる商品を見極め仕入れるための設計図。

  • 仕入れた商品を販売するための設計図。

一度身につければ、一生モノの財産。
 
当時、渋谷会場内で、「仕入れの鬼」ミスタRによって明かされる。
 
日本国内で開催される展示会や見本市の紹介と潜入方法と商談方法。
 
継続的に売れる底力のある商品の見極め方。
 
などなど。
 
ミスタRが、物販ビジネスで永続的に結果を出し続けるための、「設計図」を教えてくれる。
  
僕もミスタRより学ぶべく、会場参加するので、今からとても楽しみだ。

追伸

 
「5ポケッツ」において、「物販ビジネス」には大きくわけて2つの目的が存在する。
 
「5ポケッツ」+修羅の美学「百の言霊」(LINE@)
https://kitasociety.com/lp/5pockets_line2/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】北の物販大富豪は本当に実在する大富豪だった@謁見ディナーワイキキ「アズーア」

【帝】北の物販大富豪は本当に実在する大富豪だった@謁見ディナーワイキキ「アズーア」

ハワイワイキキビーチ、ロイヤルハワイアンホテルの中にある、ビーチ&ダイヤモンドヘッドを一望できる、超高級レストラン「アズーア」

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】別名「日本納税の会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

【帝】別名「日本納税の会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

上海浦東エリアで秘密裏に開催された「地下ソサエティ」のヒミツ集会。一人、また一人と、指定のスタバに「地下ソサエティ」メンバーが

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】『南のセオリー』始動。ボランティア・社会貢献・慈善活動。

【帝】『南のセオリー』始動。ボランティア・社会貢献・慈善活動。

東京某所地下レストランにて@地下ソサエティ 2011年3月11日午後14時46分。宮城県牡鹿半島の東南東沖130km太平洋の海

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
祝!孔明弟追加融資1,000万円記念!人生50年分ショートカット成功!

祝!孔明弟追加融資1,000万円記念!人生50年分ショートカット成功!

「孔明さんの弟の会社2回目融資額が、1,000万で確定しました。やっぱり◯◯は早いですね。合計3,000万の信用創造に成功です



dept