借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
門で本当の己を知ると人生は変わる > 伝説の超能力者から学び門力アップ

【帝】お米を使った占術!広東省「ナンバー1?」伝説の占術師おコメさん編 その1

level005
【帝】お米を使った占術!広東省「ナンバー1?」伝説の占術師おコメさん編 その1

陽官門でありながら、強烈な月修門のアビリティを秘め持ち、かつて僕と一旗挙げた経験もありシンクロニティ済みの、ミスターケニーという仲間を再び獲得した僕。

『楽して幸せを得るための中国旅』の活動の一貫として、僕を楽して幸せにしてくれる超能力者を探し、直接会いに行く。

「門総合研究所」からも僕が一番暇人であるということで頼まれているし・・・。

今回早速情報が出てきたのは、超能力者というカテゴリー分けになるのかは不明だが、僕的には雑誌『ムー』を基準に、超能力者カテゴリーに分類する占術師。

中国広東省で「ナンバー1」と呼ばれる、伝説の占術師の元を訪れることになった。

伝説の占術師の名前は「おコメさん」。

なんでも、鑑定をする人が持ってきたお米を・・・炊いて食べるのではなく、鑑定に使うと言う。。。

お米を自由自在に操りながら、占い鑑定を行うのだと。

「お米を使って占いのおコメさん?なんかインチキ臭いな!僕の方がうまく鑑定できるんじゃないか?」

・・・と心の中で思ったが、広東省の現地の人たちが「ナンバー1」と言うのだから、物は試し。どうせ僕には、時間だけは余っているのだから。

言われるがままに、言ってみることにした・・・。

え?広州市内じゃないの?バスで行くの?(涙)

広東省ナンバー1と呼び名高い伝説の占術師「おコメさん」。

広東省ナンバー1・・・をうたうのだから、当然ながら広東省の一番都市、広州市内にいらっしゃるのだと思って、なめていた・・・。

「おコメさんは」なんと、広州市内にいるのではなく、広東省の僻地にいらっしゃるとのこと。広州市内からバスに乗って行くと言う。

広州駅からバスのチケットを買って、「おコメさん」のいる広東省の奥地へ行くことになった・・・。

IMG_6152

チケット購入時・・・

係員:「10分後にバスが出ます(中国語)」

急いでエスカレーターで上に上がり、地方都市の出発口に行ったところ・・・まだバスが来ていないと言う。。急いで損をしてしまった。苦笑

IMG_6155

ゆっくりと椅子に座って待つことにした・・・。

しかし、待てど待てど一向にバスは来ない。一体いつまで待てばいいのか?

まあ焦ってもしょうがない、恐らく今日バスが遅れることも、命運の中で予め決まっていること。

川の流れに身を任せていればそれでいいのだ・・・。

幸いiPadを持ってきているので、iPadに仕込んであった漫画を呼んでいた。

この手の旅に行く時には、気分を盛り上げるために、やはりあの漫画だろう・・・。

そう、『ジョジョの奇妙な冒険』・・・第三章。主人公キャラ空条承太郎はじめ、スタンド使いたちが活躍するシリーズだ。

昔から、ああいう漢くさい旅に憧れていたのだ。

僕は何のスタンドも出せないが、スタンド使いになったつもりで、旅を盛り上げることにした・・・。

そして、待つこと20分間。ようやくバスが来た。

IMG_6157
 
バスに乗り込んで田舎町にいざ出発。

早速遅れるとは・・・これは良い兆しか、悪い兆しか、その時の僕には分からなかった・・・。

ヨングリおじさんのバイクに乗って高速道路を疾走・・・

孔明:
「あれ、なんで僕は今、
こんな場所でバイクに
乗っているんだっけ?汗」
疾走する、
ヨングリおじさんの後部座席で
我に返り、僕は怯え震えていた・・・。

時を遡ること1時間前・・・

バス車内で揺られること、一体どの位が経過したのだろうか?

寝ぼけながら周りを見渡してみると、建物だらけの広州市内とは打って代わり、周りの景色が自然ばかりになって来た・・・。

IMG_6159

自然の景色を眺めていると、建物が見えてきたところ・・・。

ケニー:「そろそろ降りますよ。」

・・・とのこと。

垂らしたヨダレを拭きながら、引き続き寝ぼけながら、バスの外に出た。

孔明:「あれ、ここどこ?」

外は雨が降っている・・・。

そしてなぜか、僕は高速道路の脇にいる・・・。

ここで一体何をするのだろうか?

ボーっとしながら、ただその場につったって待っていた。

これは夢でも見ているのだろうか?現実世界の僕は、まだバスの中なのだろうか?

気が付くと僕の目の前には、「YONGLI」と書かれたヘルメットをかぶったおじ様がバイクを運転していて・・・。僕はその後部座席に乗っていた。。

IMG_6161
 
雨風が顔に吹き付ける・・・。目が醒めていくにつれて、怖くなった・・・。

高速道路をノーヘルで、バイクに乗って疾走している・・・。

孔明:
「これは夢じゃない。現実だ。滝汗」

こんなところでバイクがスリップして、コケて死んでしまったらどうしよう・・・汗。

占い師に、命運を鑑(み)てもらうために来て、命運を途切れさせてしまったら、マジで笑えない。

遅れるバス。高速道路をバイクで疾走。単に占い師に僕自身の命運を鑑(み)てもらうだけなのに・・・。

僕の命運の先には、それほどまでに大きな困難が待ち受けているのだと言うのか?

・・・と独り、酔っぱらいのようにドラマチックな人生を妄想しながら、ヨングリオジサンの背中にへばりついていた。

雨が降っていて、水たまりを通る度に、僕にバシャバシャ水がかかるり、ズボンも靴もグッショリになって来た。

孔明:
「ヨングリおじさん、
 濡れるのは良いけど、
 事故らないでね・・・」

そんな気持ちを込めて、敬意を払い、見知らぬおじさんをヘルメットに書いてあった文字をそのまま・・・ヨングリ(YONGLI)おじさんと呼んでいたのだ・・・。

ヨングリおじさんの背中で揺られること30分間。。。街中らしき場所に到着・・・。

IMG_6163
 
と言っても、かなりのゴーストタウン状態。これが、地方都市に建物建てまくって、ゴースト化している中国不動産の実体か!?

IMG_6164

ゴゴゴゴゴゴ。「いよいよ到着か!お化けでも出そうなただならぬ雰囲気。ここにおコメさんはいらっしゃるのか!」・・・と一人で盛り上がっていたら違かった。

今度は安全なタクシーに乗って僕たちは、いよいよ広東省ナンバー1の呼び名高い伝説の占術師「おコメさん」の元に向かうことになった・・・。

あなた達、これから、おコメさんのところに占いに行くのかい?

IMG_6167

タクシーに乗ること約30分・・・先ほどのゴーストタウンよりもさらに、ゴチャゴチャした、いかにもローカル中国・・・という感じの街に到着した。

 
孔明:
「うわーなんだココ。汗」

街全体が非常に汚い。匂いもヤバイ。。。足元の水たまりには、ヘドロのようなものが沢山・・・。

ミスターケニーの友人のローカルの人に連れられるがまま歩いて行くと、市場のような場所に出た。

IMG_6170

生肉、生野菜、果物、謎の食べ物・・・いろいろなものが並べられている。

雨が降っている中・・・しかも湿度が高くジメジメしていて蒸し暑い中。。

生肉とかが、普通に路上に並べられている光景は圧巻。

特にレバーとか、内臓系はグロテスク。

IMG_6170

IMG_6169
  
これ本当に、食べられるのかな?実は肉って常温で置いておいても大丈夫なのか?

いろんなことを考えさせられる光景だ。ここで僕たちは、「おコメさん」に差し出すための、お米が売られているお店を探した。

中々見つけることができなかったが、ようやく、お米が売られているお店を発見。

1キログラム3中国元でお米を購入した。すると・・・

店主:
「あなた達、
 これから、
 おコメさんのところに
 占いに行くのかい?(中国語)」

・・・と突然言われた。。。

おお、僕たちは単にお米を買っただけなのに・・・。

「おコメさん」はそれほどまでに、有名なのだろうか?

それとも、「おコメさん」が創り出す「場」によって、街中の人たちが、占術師モード発動しているのだろうか?

いろいろなことを考えながら、お米を手にした僕たちは、広東ナンバー1の占術師と噂高い、「おコメさん」がいる建物へと向かっていった。。

雨がシトシトと降る中、グチャグチャの足元。。

そんな中、スリッパのような靴しか履いてこなかった僕は後悔をしていた・・・。

わたしは今日の朝9時から待っているのよ(中国語)

IMG_6171

広東省「ナンバー1」の呼び名高い、伝説の占術師・・・おコメさんのいる建物に到着した。

孔明:
「うわー。なんだここ、
 ヤバイでしょう。。。」

昼間なのに、いろいろな「モノ」が、出てきそうな感じだ。

あまりにも漫画とかドラマのような雰囲気の建物。これは夢でも見ているのではないか・・・とほっぺたをつねってみたら痛かった。

恐る恐る階段を昇っていくと・・・「おコメさん」のアジトの入り口に・・・。

IMG_6173

ゴゴゴゴゴゴ・・・。

中がゴチャゴチャしすぎていて、ある意味雰囲気があり過ぎる。。。

玄関?から中に入り中を見わす・・・。 

いよいよ「おコメさん」対面か・・・!?

緊張が走る瞬間!!

・・・と思ったら、「おコメさん」はランチにでかけていていなかった。。爆

IMG_0821

中には10人位の方々が、おコメさんを待っていた。

ココで僕たちは、「おコメさん」を待っていた方から、非常に恐ろしいことを聴くことになる。

待ち人1:
「わたしは今日の朝9時から待っているのよ(中国語)」

孔明:
「ゲゲゲゲゲっ!」

僕たちの前に、これだけの人たちがいる・・・。

果たして、本当に今日中に、おコメさんに鑑(み)てもらえるのだろうか?

まあ、焦ってもしょうがない。僕には時間だけはあるのだから・・・。

座ってiPadを取り出し、先ほどの『ジョジョの奇妙な冒険』第三章の続きを読むことにした・・・。

ちなみに、この部屋に入ってから、ずっと頭痛がする。。。

これは僕だけではなく、他の人たちも同じようだ。。

「おコメさん」がいなくとも、「おコメさん」のスタンド(byジョジョの奇妙な冒険)の術中にハマっているのだろうか?

思考がうまく働かない感じ・・・。

「場」というものを、取られてしまっている感がある。

こんなところで、果たして何時間ももつのだろうか・・・。

時間はいくらでもあるが、ソッチの方が心配になって来た。。

おコメさん登場。むむむ。頭痛がさらに強くなって来た。。

30分間位待っただろうか?「おコメさん」のアジトに入った途端発動した頭痛が続いている状態で、引き続きiPadで「ジョジョの奇妙な冒険」を読み進める。

すると・・・突然背後から、異様な気配を感じた。

ゴゴゴゴゴゴゴ

IMG_6175
 
なんと、ランチに出かけていたおコメさんが外から戻ってきた。。。

孔明:
「こ、この御方が広東省ナンバー1の呼び名高い
 伝説の占術師おコメさん・・・。」

ゴゴゴゴゴゴゴ

身体がドスンと、しっかりとしている感じだ。 

室内をサラッと見渡す・・・「おコメさん」。

孔明:
「むむむ。頭痛がさらに強くなって来た。。」

そして、お米の入った鉄製の桶が置いてある、机の前に座った。

孔明:
「おおお、
 みんなが待っている
 この部屋の中でやるのか!
 公開型鑑定!?
 これは非常に見もの!」

すると・・・突然。

おコメさん:
「ハッチョイ、ヤッチョイ、◯×▲◆」

いよいよ「おコメさん」の鑑定が始まった。

鑑定を受ける人たちから、その場でお金を現金でもらって、その現金を手に持ち、鉄製の桶の中のコメをかき混ぜている。

何を言ってるのかは全く分からないが、非常にテンポよく、まるでわらべ唄でも歌っているかのように、広東語?か何語か良く分からないが、呪文のようなものを唱え出した。。

ただし、雰囲気盛りだくさんの、嗄(しゃが)れ声であるが・・・。

僕の直感的な憶測であるが、これは干支に基いて、八字にまつわるようなものを、順番に読み上げているのではないかとも感じた・・・。

ゴゴゴゴゴゴ

ますます、おコメさんの、場に飲まれて行くのを感じる。

そして・・・

え?いきなり死後の世界の鑑定!?意味分からない!

おコメさんの鑑定は、完全公開型・・・。待っている周りの人たちに、全部聴かれてしまう。。

一人目はご夫婦らしき方々、なんと、いきなりおコメさんに、お亡くなりになったご家族の、死後の暮らしぶりについて伺いを立てた・・。いきなり難易度高い。。

IMG_6177

そして、死後の世界の暮らしぶりって、それは僕的には、流石にうそ臭いトピック!

けれども・・・おコメさんは、お札(さつ)をおコメに刺し、かき混ぜたりしながら、お米を左手で一握り摘むと、机の上に置いた。

そして、左手でクルクルお米を円状に並べながら、その場で回答をしだした。

おコメさん:
「◯◯さんは、
 川の横でこういう感じで
 亡くなったのよね?(ローカル広東語)」

おコメさん:
「それは、
 ◯年◯月のことだよね?(ローカル広東語)」

相談者:
「はい。そうです。(ローカル広東語 涙)」

おコメさん:
「◯◯さんは、
 死後・・・
 ◯◯してますよ。
 ◯◯を送ってあげなさい(ローカル広東語)。」

普通では当てられないようなことを、さらっとイキナリ当てまくるおコメさん・・・。

ヒー。 生前のことや、死んだ時の具体的な年月や場所などを当てられると、死後のことも信じざるを得ない!?

ちなみに、おコメさんの言う、「送ってあげなさい」は。

紙製のその形を模したものを、相手のことを考えながら、火にくべて送るとのことだ・・・。

イキナリ衝撃的な鑑定の内容を耳にしてしまった。。。

この夫婦は、追加でお金を出す形で、一時間位相談が続いた。。

でも、内容的に飽きない。。

iPadの電源を入れたまま、「ジョジョの奇妙な冒険」のページを開きながらも・・・画面を見る暇も無く、「おコメさん」の鑑定に聴き入ってしまった。。

鑑定中非常に落ち着きの無いおコメさん・・・

おコメさん・・・鑑定中、とにかく落ち着きが無い。部屋自体の窓も全開で、外の音が聞こえるし、待っている人たちが、普通にお話をしている。

そして、突然足を扇風機に当てながら、横を向いてキョロキョロしたり。

IMG_0833

身体を右に左に、鑑定を受ける人とは、全く別のところばかりを見ている。

手もずっとお米を机の上でクルクル回したり。「質問」を投げかける時だけ、相手の顔をみるような形である。

そして・・・その質問の内容が、ドンピシャで当たってしまっているのである。

その後も、お仕事のお話、恋愛のお話、内容的には、昔やっていたみのもんたの「ちょっと聞いてヨ!おもいっきり生電話」のようなものばかりだが。

回答するのが、みのもんたのような、視聴者受けを狙うようなものとは大違いである。

なにせ、質問者が言ってもないことを、

バンバン具体的に、質問形式で答えまくる、おコメさんなのだから・・・。

どの相談者も共通して、一人分、二人分と、続けざまにお金を追加してくるので、終わらない。。。

僕は頭痛に悩まされながらも、「おコメさん」の秒速の鑑定ぶりに、魅入ってしまっていた。。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】宇宙の真理@広東省「ナンバー1?」伝説の占術師おコメさん編 その3

【帝】宇宙の真理@広東省「ナンバー1?」伝説の占術師おコメさん編 その3

『楽して幸せになる中国旅』の中で、お会いすることになった、広東省ナンバー1の呼び名高いおコメさん  八字(四柱推命)、易卦、外

門で本当の己を知ると人生は変わる
タロット占いはどうなのか?@楽して幸せを得るための中国旅香港

【帝】タロット占いはどうなのか?@楽して幸せを得るための中国旅香港

日曜日はどうせ会計事務所はやっていないので、香港でタロット占いに挑戦することにした。華僑が行うタロット占いである。 なぜ、僕が

門で本当の己を知ると人生は変わる
門使いたちが大阪梅田に秘密裏に集結しマズローの欲求5段階説と門の関係について語り合う

【帝】門使いたちが大阪梅田に秘密裏に集結しマズローの欲求5段階説と門の関係について語り合う

日本各地の水面下で暗躍しているマスターレベルの「門使い」たちが、大阪駅ホテルグランヴィア一階のラウンジに一人、また一人と集結。

門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】占い師や医者の言うことを聞くと配役を喪失する

【帝】占い師や医者の言うことを聞くと配役を喪失する

平穏な人生で終える人・偉業を成し遂げる人の決定的な違い 日々、様々な方の相談に乗っている中で、あまりにも第三者の言うことを、鵜



dept