借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
フランチャイズ本部運営と投資案件 > フランチャイズ本部経営で無利息資金調達

【帝】『We are the 99%!!』と叫ぶことを辞め本物の知恵を身につけ「血の結託」を結ぶ

level003
【帝】『We are the 99%!!』と叫ぶことを辞め本物の知恵を身につけ「血の結託」を結ぶ

なぜ僕たちが今、精神世界が共有できる仲間たちと、共に歩くことを重要視しているのか?

なぜ僕たちが今、「金融工学」と「血の結託」を合言葉に、それぞれ全く別々の道を歩んできた者たちと、集団として一つの塊になろうとしているのか?

それは、既にある種の圧倒的な勝敗が決まっている「金融資本主義」の世の中で、僕たちが生き残ることができる、道へとつながっていくからだ・・・。

知恵無き集団の力は単なる暴徒と成り下がる

あれは2011年のことである、『We are the 99%!!』『ウォールストリートを占領せよ』これらの言葉を合言葉に、デモを繰り返している集団が、世界中に広がっていくのを、インターネットを通して知った。

僕たちが生まれ育った日本でも、この活動は、活発化していたようだ。

この背景にあった、当時の諸事情をまとめると・・・

1970年代から、アメリカ合衆国において上位1%の富裕層が所有する資産が増加し続けている状況。

米議会予算局によると・・・

    「1979年ー2007年の推移」

    ・アメリカの上位1%の収入は、平均すると275%増加。

    ・同じ期間に、60%を占める中間所得層の収入は40%増加。

    ・下位20%の最低所得層では18%の増加に留まった。

    ・下位90%を占める世帯の平均税引き前収入は900ドル低下。

    ・トップ1%の収入は、合衆国の税制が累進的でないため、700,000USD以上増加。

    ・合衆国における高額所得者上位400名の収入はおよそ4倍上昇していながら、平均税率は37%低下。

    「2007年時点」

    ・最も裕福な1%が、合衆国の全ての資産の34.6%を所有。

    ・次の19%の人口が50.5%を所有している。

こうした背景を受け、2011年7月、カナダの雑誌「アドバスターズ」の創始者「カレ・ラースン」が金融機関や政府に対して、抗議の意思を表明するために、金融界の象徴といえる「ウォール街」での行進や、「ニューヨーク証券取引所」前での座り込みを行いながら、デモを呼びかけた。

これをキッカケに・・・。世界中で、「反格差デモ」が起こり、広がっていった。。

最終的に、アメリカ以外の、合計82の国と地域、951都市に広がって行ったともされている。

日本でも「オキュパイ・トウキョウ」として、2011年10月15日、六本木の三河台公園を「占拠」し集会が開かれた他、新宿・川崎・京都でも同趣旨の集会・デモが行なわれたとのことだ。

当時、世界中で勃発を繰り返していた「反格差デモ」に共通すること。あくまでも、僕の私見として・・・

自分の身の回りを取り巻く環境の問題に気づき、「立ち上がる」という行動を起こせたところまではまだ良い。

けれども、だからと言って、「街頭を占拠して大声をあげる」ことしかできないのは、あまりにもお粗末過ぎると思った。

彼らの大多数は、一体何をどうすれば、良いのか・・・その具体的な手段を、知らない、知れない状態に置かれているのだと思った。

だからこそ、「不平等」を掲げ、大きな声を張り上げながら、街を練り歩くことしかできない・・・。

そんな、力に身を任せた、至って原始的な手段にしかたどり着くことしかできず、実態さえ見えない掴めない何かに、一矢報いる大きなことを仕出かしたかのような、自己満足感だけを獲得するに至った。

けれども・・・結局は、警察が強制排除して、関わった人間を逮捕。取り締まりを強化。参加者が減少し、資金も先細りになっていったことで、デモは沈静化。

2012年のクリスマスシーズンには、『We are the 99%!!』の言葉を、一切耳にしなくなっていった・・・。

「ウォール街」を発端に、世界中に広がっていった『We are the 99%!!』の活動・・・デモの結果として、一体何が残ったのか?一体何が得られたのだろうか?

大局の見地から見通すと、何も残っていないし、何も変わっていない。。

当時デモに参加をして、『We are the 99%!!』と、天に向かって大きな声で叫んでいた方々の大多数は、今日もデモに参加する前と同じ日常を送っていることだろう・・・。

知恵無き集団の力は、単なる暴徒と成り下がるだけで、そこからは何も生まれないし変えられないのだ。

全ては棚ぼた的なラッキーであることを認めよう

僕は非常にラッキーだった。

なぜなら、僕には奇跡的に、師匠やメンターが出現し。彼らが僕に知恵を授けてくれたおかげで、混沌とした状態から脱出するための方法を、知ることができたのだから・・・。

正直に言おう。本来なら他の誰よりももっとも『We are the 99%!!』の看板が似合うのは僕だった。

恐らく一歩間違えれば、他の誰よりも僕自身が、『We are the 99%!!』と、血走った眼で、看板をかざし、天に向かって大きな声を張り上げ、デモに参加して街を練り歩くことしか、できなかった人間だったはずだ。

地方公務員教員職一筋の母、サラリーマン一筋の父。

生き残るための知恵として、両親・親戚一同が築き上げ、僕に訓えてくれた「勉強神話」。

大きな富は高い地位によってもたらされる。
     ↓
高い地位は大きな人的資本によって獲得出来る。
     ↓
大きな人的資本は能力を高めることによって育まれる。
     ↓
だから、勉強や啓発活動によって能力を向上し続けなければならない。

大学を卒業し、有名な上場企業や国の機関への就職を果たせば、将来が約束される・・・「勉強神話」を聞かされ続け、大人になった僕が、東証一部上場企業に入り、社会人になった瞬間から目にしてしまったのは、度重なる、上司、先輩社員たちのリストラ・・・。

お世話になった方々が、次から次へと消えていく・・・。

とある年に至っては、当時全社で1,000名に満たない正社員のうち・・・1年間で3分の1の人間が、リストラで入れ替わった・・・。

当然ながら、僕が新人時代にお世話になった方々、僕に営業のイロハを叩き込んでくれた方々も、沢山含まれていた・・・。

僕の10年後、20年後の会社で働く姿を重ねあわせ、大きな衝撃を受けた。

仮に、この状態から解決策を見いだせないまま、毎日一生懸命働いているにも関わらず、昇進・昇級の気配はしない。

一年、また一年、大多数の上司・先輩たちが、リストラ対象となった対象の年齢層に近づいてしまう・・・。

将来、年金さえもらえるかどうかも分からない。安定・安心の道を歩む者にとって、これ以上の苦痛は無い。

混沌とした暗闇の中を、恐れながら一歩ずつ足を踏み出し続ける状態に、精神力が耐えられなくなり。次第に自分の内から外に向けた「怒り」の気持ちへと変貌を遂げる。

一体誰に何を訴えれば良いのか?

分からないので、インターネット上での呼びかけに応じるがまま、デモの集合場所へと趣き、天に向かって大きな声で叫び続ける。

一矢報いた気に浸る。

その状態に、一番ハマっていたのは、本来、他の誰よりも、僕自身だったはずなのだから・・・。

けれども、僕はラッキーだった。

必要とされる時、ドンピシャのタイミングで、その状態から抜け出すための、道筋(こたえ)を持った、師匠やメンターと言われる方々が出現し、混沌とした状態から脱するための道筋(こたえ)と、道筋(こたえ)を実現化させるための、マインドセットを教えてくれた。

たとえば・・・日本国内で、普通の営業の仕方しか知らなかった僕が、マーケティングといいう兵器を知り、使いこなすようになった時。

日本国内の営業しか知らなかった僕が、香港に飛び出し、アジア各国の華僑を相手に営業をすることになった時。

アフター5の時間を有効活用して、インターネットを活用した副業ビジネスを開始することになった時。

アジア各国を活用して、投資の活動をはじめることになった時。

サラリーマンを辞めて独立起業。自分の足で歩き始めるようになった時。

Windows系パソコンから、MacBookに変更した時。

「情報工学」の持つ力を知り、使いこなせるようになった時。

「金融工学」の持つ力を知った時・・・。

奇跡的にも、必ずメンターや師匠と呼ばれる人間が、僕の目の前に出現し、道筋(こたえ)を導いてくれる。

全ては「棚ぼた的」な、ラッキーによるものと断言できてしまうが、そのお陰で、本来『We are the 99%!!』という看板が一番似合うはずだった僕が、「知恵無き集団の力は、単なる暴徒と成り下がるだけだ!」

・・・と声を大にして、逆にこの手のデモの参加を、制止する側に回ることができているわけだ。

知恵を身につけることの、大切さを語ると共に。

勝敗が決まっている世の中で生き残る方法

既に大きな流れの中での、ある種の「勝敗」が決まってしまっている、「金融資本主義」の世の中では、上位側の人間たちは、法律・情報格差と言う名の、安全な防御壁によって、守られている状態。

大多数の下の人間が、無知な状態なまま、何を大きなアクションを起こそうとしても、それは、「企て」や「暴力」として、処理・処置をされるだけ。

引き続き「大義名分」は、「金融資本主義」の「勝者」側のみにあり続ける。

大多数の下の人間が、無知な状態なまま、何を叫ぼうとも、「金融資本主義」の世の中の流れには影響は無し。

世の中は何も変わらないし、未来は何も変わらないのだ。

それでは、一体どういう知恵を身につけば、効果的に生き残り続けることができるのか?

「知恵無き集団の力は、単なる暴徒と成り下がるだけだ!」・・・と言うならば、その具体的な解決策とは?

その道筋(こたえ)が、冒頭に挙げた問いかけに隠されている。

なぜ僕たちが今、精神世界が共有できる仲間たちと、共に歩くことを重要視しているのか?

なぜ僕たちが今、「金融工学」と「血の結託」を合言葉に、それぞれ全く別々の道を歩んできた者たちと、集団として一つの塊になろうとしているのか?

そのために一人ひとりが学ばなければならないこと。

集団となった時に、互いが互いの役割を把握しながら、具体的に遂行しなければならないこと。

ラッキーにも巡り合うことができた、それぞれの道の師匠やメンターから教わったことの集大成を凝縮してお話しているのが、僕の日本一時帰国中に東京・大阪で秘密裏に開催した、地下集会の中に凝縮されているのである。

「知恵無き集団の力は、単なる暴徒と成り下がるだけだ!」

本当の「知恵」を身につけ、勝敗が決まった世の中で、本当の道筋(こたえ)を持ちゲームルールを守りながら戦い続け、生き残り続けるために・・・。

今一度地下集会を収録した、音声・画面キャプチャ・資料などを入手して、僕がメンターや師匠たちから学んだ集大成というものを、共に学んで頂きたいのだ。

「地下集会」
https://www.facebook.com/events/798273896932358

追伸1

「藤原塾」塾生へ・・・3月22日(日)東京某所にて、「集中強化講義」が開催されるので、お見逃しなく。

会場:東京渋谷
・9時30分受付開始

・10時00分~10時50分:
無利息資金調達で金融大富豪 前半

・11時00分~11時50分:
無利息資金調達で金融大富豪 後半

・12時00分~12時50分:
各塾生が立ち上げたヘッジファンドについて
藤原塾生限定案件などに関して

塾生用facebookグループにて、参加方法が掲載されているので。

追伸2

秘密結社「藤原ヘッジファンド」のメンバー(役員)たちへ

秘密結社のメンバー(役員)だけが、アクセスできるfacebookグループ上に、役員会議の開催が発表された。

3月22日(日)「藤原ヘッジファンド」
藤原ヘッジファンド役員会議
会場:東京渋谷
・13時30分受付開始
・14時00分~14時50分:
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯案件に関して
・15時00分~15時50分:
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯案件営業活動に関して
・16時00分~16時50分:
「藤原ヘッジファンド」の今後の展開に関して

通達:まだ確認できていない、秘密結社のメンバー(役員)は、facebookグループを確認頂きたい。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
フランチャイズ本部運営と投資案件
新国立競技場」の91倍飛ばした問題は誰も問題視しないほど世の中はお金に無頓着

【帝】「新国立競技場」の91倍飛ばした問題は誰も問題視しないほど世の中はお金に無頓着

2015年7月17日、安倍首相は2020年東京五輪のメイン会場となる「新国立競技場」の建設計画の白紙撤回を表明した。 総工費が

フランチャイズ本部運営と投資案件
【帝】13万5,000年前オオカミがイヌへと進化成長するキッカケをもたらせたたった一つの「生存のフラグ」

【帝】13万5,000年前オオカミがイヌへと進化成長するキッカケをもたらせたたった一つの「生存のフラグ」

13万5,000年前の岩山。 ボクはニンゲンと対峙してしまった。ニンゲンは大きな石を手にして、振りかざした状態。ボクに石を投げ

フランチャイズ本部運営と投資案件
「ハングリータイガー」で炭火焼き牛肉100%を喰らい力をつけて連日のイベントに臨む

【帝】「ハングリータイガー」で炭火焼き牛肉100%を喰らい力をつけて連日のイベントに臨む

家族と共に東京羽田に到着後、タクシーに乗り込んで実家近くのホテルへ・・・。 チェックインするなり、荷物を置いて外へ。地元横浜の

フランチャイズ本部運営と投資案件
ぼくたちの失敗だらけの事業投資に終止符を打つ時が来たようだ

【帝】ぼくたちの失敗だらけの事業投資に終止符を打つ時が来たようだ

孔明:「こ、これは、驚愕の数字を見込める投資案件ですね・・・」 MAX氏がくれた資料に目を通しながら、つい声を出してしまった・



dept