借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】A4書類1枚記載・1時間面接だけで200万円-1,000万円調達する方法

sougyo

A4の書類に記入して、
たった1時間の面接で
200万円-1,000万円の現金を獲得する方法があります。

これほどまでに簡単な、
原資の稼ぎ方が他にあるのなら、
僕に教えて下さい。

日本居住者にとって、
今何よりも優先させて、
取り組むべき重要なことです。

一度、全ての無駄な勉強をやめて、
全てをここだけに集中してもらいたいくらいです。

それは・・・。

「日本政策金融公庫」の
創業資金獲得に向けての活動です。

僕たちが掴んでいる業界の裏。

とある「方程式」にそって「創業計画書」を1枚書いて、
日本政策金融公庫と1時間ほどの面接をするだけで

融資という形で・・・200万円-1,000万円レベルの
をゲットできてしまうのですから。。。

※こちらが「創業計画書」のフォーマットです。
 http://bank-school.com/doc/kaigyou00_110401.pdf

本当に簡単なことです。

かりに利益ベースで200万円-1,000万円の現金を、
稼ごうとした場合。

このご時世で、
効率的な稼ぎ方と言われている、
アフィリとかヤフオクとかを普通に始めたとしても、
稼ぎだすの超大変でしょう。。。

原資がない状態で、
一からスタートだと。

バイトもパートも雇えず、
時間と労力にも限界がある状態で、
取り組もうとすると、

それこそ、
200万円の原資を稼ぐだけでも、
4年とか5年とかかかっちゃいます。

「日本政策金融公庫」から借入れした、
お金は何の苦労もすることなく、

たった一枚の資料と、
一時間ほどの面接だけで、
200万円-1,000万円の
原資を獲得することが、

いきなりできてしまうのです。

200万円-1,000万円の融資を受けたお金の返済期限。

運転資金なのか?設備資金なのか?

によっても変わりますが、
7年間もしくは15年間かけて、
ゆっくり返済していけばいいのです。

絶対にやっちゃいけないのは、
ビジネスの原資を、
まともにビジネスで稼ごうとすることです。

もっとやっちゃいけないのは、
給与収入をコツコツとためて、
ビジネスの原資にしようとすることです。

日本に生まれ育ち、
日本に住んでいるのなら。

日本居住者ならば。

日本の国に頼る形で、
ビジネスをはじめる段階で、
原資を融資で確保することが、
賢い選択でしょう。

今まで払った税金でさえ、
方法を知っていれば、

国からの融資という別の形で、
ある意味での全部回収できますからね!!!

現役サラリーマンでも実現可能な方法があります

「現役サラリーマンなので・・・」

「独立起業はまだ考えていないので・・・」

それは言い訳にしか過ぎません。

すでに結婚をしている・・・という条件を
クリアする必要がありますが、

サラリーマンの人もサラリーマンをヤメずに、
「日本政策金融公庫」から
創業資金として調達することも可能です。

その方法は・・・

自分はサラリーマンとして働いたまま、
奥様(旦那さん)に社長になってもらう形で、
物販ビジネスを推し進めること。

奥様(旦那さん)が会社の代表として
「日本政策金融公庫」から融資を受けるのです。

そして現役サラリーマンの自分は、、、
奥様(旦那さん)についていって、、
言うのです。

「私は現役サラリーマンをつづています。
 これからも続けていくつもりです。
 物販ビジネスの方はうちの家内にやってもらいます!!
 自分はサポートをして行きます!」(ドドーン)

はい。これで融資確定です。

驚く事なかれ。

なんと、「日本政策金融公庫」から見ても、
銀行から見ても、
このパターンは歓迎されているのです。

本人が現役サラリーマンで、
配偶者にビジネスをやっているパターンが、
とりっぱぐれないから。。。

一番、
歓迎されてしまうのです!!!!!(ズじゃじゃーん!!)

「日本のサラリーマン強し!!!」

「経営者のための銀行融資e大学」としての、
秘密ナレッジの一つ公開してしまいました。

ということで、
「日本政策金融公庫」からの、
創業資金獲得。。。

これは何も、
これからサラリーマンを辞めて、
独立起業をしようとする人向けではないのですよ!!!

他人ごとではないのです。

今、日本は銀行も政府も、
歴史的な「融資」確率変動状態に突入しています。

日本銀行が2013年4月4日に、
量的質的金融緩和を発表して以来、
起こっている流れです。

だから最近僕は、

「融資、融資」、、、とお祭り騒ぎのように、
連呼しているのです!

一生に一度あるかどうかの、
超レアな「確率変動モード」だからです。

零細企業や、個人事業主にとって、
数年前では難易度が高かった「融資」。

これが今では、
ポイントさえおさえて臨めば、

誰がやっても、
簡単に「融資」が出てしまいます!

ブラックじゃなければ。

「融資」によって、
資金調達ができれば、
いきなりそこから、ビジネス構築の、
スタートダッシュを切ることができるのです。

今日本国内は、まさに「大融資祭り」の真っ只中なのです!

こういう時代に、
まともに原資を稼ごうとしてしまうと、
バカを見ます。

知っているか?知らないか?

たったのそれだけで、
4年、5年以上もの差がついてしまいます。

当然ながら、

まともに原資を稼ぐスキームを
構築することが、中長期的には重要です。

けれどもまずは四の五の言わずに、
原資を融資から稼ぎましょう!!!!!

「日本政策金融公庫」の創業資金獲得からスタートで!

→ http://ul.lc/3dss

               真田孔明

追伸

「なんで「融資」を?」

「「融資」ってリスクがあるんじゃないの?」

この根本部分が理解していない場合は、

おさらいの意味も込めて、
こちらの合計約45分間の動画を
視聴して下さいね!

(約45分間の動画)
「大富豪たちだけが知っている銀行の正体と本質」
→ http://ul.lc/3f1n


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】松山式運用で南国マレーシアリタイアメント移住を実現する場合

「金利生活者」とはどのような 生活をしている人たちなのか? 松山さんの例に続く形で、 僕が実行している、 南国マレーシアリタイ

【融】必死に働くことしか知らない貧乏経営者と楽して稼ぐ物販大富豪

世の中の大多数の経営者たちが、 どれだけ無駄なことをしているのか? 経営者たちがおかれている、 現状を改めて実感する度に。 経

【融】ヘッジファンドでは「50人ルール」への格下げを逆手にとる

「50人ルール」とは別に、 「50%ルール」というものが存在する。 実は、 ヘッジファンドの器となる合同会社で、 資金調達した

【融】日本の本当の王様である日本銀行の持つ力

僕たちの生まれ育った日本では、 中央銀行がどうやって誕生したのか? 歴史のお話です。 日本では明治時代に、 中央銀行っていう考



dept