借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】究極なまでに「資産」と「現金」を軽視する人たちが大富豪だった

IMG_1550

大富豪と金利生活者の共通点。

彼らは最も、
「資産」を軽視する人たちだった・・・。

「資産」や「元本」神話にとらわれ続ける
世の中の大多数の人たち。

相場の上下に一喜一憂し続け、
お金に恐怖を抱き続けている中。

大富豪と「金利生活者」たちだけが、
投資と共に生きる人生を謳歌している。

何をしていようとも、
毎月お金が着実に振り込まれ続ける。

「金利生活者」側の人間になるために、
大切な認識・・・マインドセット。

僕たちは「松山式」を通して、
身につける必要があります。

大富豪とは究極に「資産」を軽視する人のことだった

「物販大富豪の戦略術」を通して、
僕たちが学んだことがあります。

それは、
物販大富豪とは究極なまでに、
資産や現金を所有しようと
しない類の人たちのことだった・・・

ということです。

これは、日本だけでなく、
香港、中国本土、アジア各国、
僕が出会ってきた大富豪に共通していたことでした。

そもそも、彼らの頭の中には、
金利しか無いのです。

元本がぶっ飛んだとしても、
ノンリスク・・・。

現金や資産を、
金利を払い続け、
金利を生み続ける仕組に変換する。

永遠に金利だけを払い続け、
金利だけを受け取り続ける。

払う金利と、
もらう金利の差。

金利間の差益のみを獲得し続ける、
ゲームを楽しんでいたのです。

「お金を持とうとすると貧乏になる。
 お金を回してあげるとお金持ちになる。」
 
 
この言葉をあなたも、
どこかで聴いたことがあると思いますが、
ここに本質があったわけです。

ノンリスクで金利ゲームを楽しむ大富豪

物販大富豪が、
物販大富豪たる所以。

本業として実体経済に基づく、
物販を行い続ける・・・。

物販というビジネススキームを口実に、
設備資金として、運転資金として、
銀行からの融資で資金調達。

返済期限の無い、1%未満の超低金利で、
お金を引っ張り続ける。

何億円、何十億円、何百億円・・・。

融資で資金調達したお金を。

本業のビジネスに投資するのではなく、
大部分を「毎月分配型の投資信託」に入れて、
融資の金利返済分を余裕で確保する。

元本を永遠に返済することなく、
金利だけを永遠に銀行に返済し続ける。

「日掛け、月掛け、心がけ・・・」
複数の「毎月分配型の投資信託」から、
金利だけを受け取り続ける。

こうした条件下では、
たとえ「毎月分配型の投資信託」が、
破綻してしまったとしても・・・。

永遠に年間1%未満の金利だけを
銀行に返済し続ければよいので、
ノンリスクなのです。

物販大富豪たちの場合、
金利さえ返済し続けていれば良し。

銀行側から「元本を返してくれ」とは、
言ってきませんからね。。。

これが、
「物販大富豪の戦略術」を実行する、
全ての人たちが目指す到達点。

「経営者のための銀行融資e大学」における、
ゴールでもあるのですが。。。

世の中の物販大富豪たちが持っているのは、
資産や現金ではありません。

差益を生む仕組みだけ・・・。

資産とか元本とか、
ある意味どうでも良いことなのです。

銀行から融資受けたお金は、
一円たりとも現金や資産として持たないから、

何十億円、何百億円も銀行融資で資金調達したお金、
はたから見れば単なる借金でしかありません。

たとえば、
分かりやすいのが相続税・・・。

凡人は資産を持とうとするから、
家一件相続するのにも、
大変な目に遭っている。

一方、
借金と差益が生まれる仕組みしか持たない
物販大富豪たちは、
相続税だって超優遇されてしまうのです。

物販大富豪と僕たち凡人、
根本的な認識自体が違ったのです。

ここで重要なことがあります。

実はこの考え方は、
「物販大富豪」という、
神々のような方々の
話だけではなかったのです。

松山さんのような、
「金利生活者」たちも、

まったく同じ認識の元に、
考え、行動していたのですから・・・。

毎月の返済と、
毎月の収入の金額の桁(ケタ)に、
大きな差はあれど、

物販大富豪たちと、「金利生活者」たちは、
まったく同じ認識の元、

金利差益を獲得し続けるスキームを構築し、
淡々と実行していたのです。

「松山式」で僕たちが身につけることができる、
本当に重要な考え方。

物販大富豪にも通ずる、
「金利生活者」ならではの、
大切な、大切な考え方なのです。

つまり、
松山さんが公開してくれた手法。

これを僕たちがそのまま実行することで、

実行して行く中から理解を深めることで、

僕たちは本物の「金利生活者」を目指すことができるのです。

さらには、
世の中の物販大富豪に近しい、
認識を身につけることができるのです。

「松山式」を実行し理解する上で、
一番重要な部分でもあります。

仲間や大切な人に薦められる方法

松山さんが明かしてくれた手法。

「毎月配当型」の案件のお話です。

海外に一歩も出ること無く、
日本の銀行と、日本の大手証券会社の口座のみを使って、
完結させることが可能な方法。

法人を設立しなくても、
仮に現役サラリーマンのまま
であったとしても、大丈夫です。

飛行機に乗って海外に出なくても、
日本に居たままで大丈夫です。

怪しいファンド会社やFX会社に、
お金を飛ばす覚悟で預けなくてもよい。

誰もが知っている、
日本国内の銀行と大手証券会社だけの取引で大丈夫です。

これなら、両親に話しても、
嫁さん(旦那さん)に話しても、
比較的簡単に理解してくれる方法ですね。

けれども、毎月インカムゲインが入る形の、
「金利生活」の仕組みを構築できてしまうのです。

当然リスクはつきものですが、
少なくても「詐欺案件」では無いことは確か。

その部分では安心して臨むことが可能です。

日本の銀行と
日本の大手証券会社を活用した方法。

年利ベースでは
年利12.72%-21.83%をターゲットに、

毎月毎月必ず訪れる配当を、
地道に獲得し続ける。

派手さはそれほどない、
そんな超・地道な運用方法です。

でも、海外投資とは異なり、
家族たちの安心感は勝ち取ることができるはずです。

そして、偶然にも、
「物販大富豪の戦略術」の中で、

物販大富豪が僕に直接訓えてくれた、
「神語録」の中にも出てくる、
「日掛け、月掛け、心がけ」の運用方法。

偶然にも、具体的な案件まで、
いくつかかぶっていたのです。

「経営者のための銀行融資e大学」を
展開している中での、

絶妙なタイミングでの松山さん降臨。

これは何かの運命でしょうか?

派手さは無い、
地味な方法ではありますが、
だからこそこれからの時代に適している方法です。

松山式運用法を全て公開した、

東京某所、松山さんと僕の2人で行った、
公開ゼミナールをプロのカメラマンが収録した、
動画と音声を視聴して、

まずは着実な運用方法を、
身につけてもらいたいと思います。

【松山式で狙う年利12.72%-21.83%の月額配当】

→ http://bit.ly/1fHCYYv

         

追伸

僕個人的には、
松山さんが実際に運用をしている、

毎月配当型の投資信託リストも熱いと思います。

  • 毎月配当型・年間利率21.67
  • 毎月配当型・年間利率21.83%
  • 毎月配当型・年間利率12.72%
  • 毎月配当型・年間利率15.65%
  • 毎月配当型・年間利率17.02%
  • 毎月配当型・年間利率17.96%

(※公開ゼミ(動画・音声)受講者が全員入手できます。)

しかも、
現在進行形でドンドン情報が追加されています。

「物販大富豪の戦略術」で、
銀行から融資してもらった、
自由になるお金の一部を(全額は×)、

この手の毎月配当型の案件に分散しながら入れると、
かなり安定して来ますね。

銀行融資で獲得したお金は、
ビジネスで活用してはダメだとの
物販大富豪からの訓えもありますし。

このリストは色々なところで、
使えると思います。

そして、
今回の公開ゼミナールを機に、
集まった仲間たちと、

大手証券会社が運営している、
毎月配当型の投資信託の類を、

これからもディープに、
探求し合えるとよいですね!

松山さんの英語力を活かして、
海外の大手証券会社から買える、
投資信託も研究して行きます。

そのために、
facebookグループ上にて、
「毎月配当研究所」を設立。

毎月配当型の投資信託に集中する形で、
研究して行くのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】物づくりが実業、金融が虚業は本当か?アメリカの実体から検証する

僕たち日本人・・・ 世界の先進国から見た時、 全国民平均的に特に弱いのが、 「金融工学」の部分である。 その証拠に、 日本から

【融】お金は銀行しか創れない!お金の創造と消滅の仕組

銀行支店長経歴の法人審査部門長 黒田パンサー先生と僕が、 共通して知っていることがあります。 世の中の物販大富豪と呼ばれる人た

【融】1万円からはじめられる「松山式」は時間を味方につけると効果が高まる

安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、 日本にいながら普通の投資信託で 再現性のある形で「金利生活者」を目指せる「

【融】毎月配当型投資信託「松山式」金利生活の鉄則

元銀行マン、松山光が訓える 安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、 日本にいながら普通の投資信託で金利生活を謳歌す



dept