借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】毎月勝手にお金が銀行口座に振り込まれる毎月分配型投資信託のロジックを公開

nomura

安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、
日本にいながら普通の投資信託で金利生活を謳歌する方法。

お金にとらわれない大好きな仕事をしながら、
毎月日本の証券会社からお金が着実に振り込まれ続ける。

元銀行マン、松山光氏が実践している、
「松山式毎月配当型運用法」とはどんなものなのか?

かつての僕と同じ過ちを、
犯してもらいたくないから・・・。

あなたには、
「松山式毎月配当型運用法」の、
スキームの本質をお伝えします。

「松山式」は「オフェンス(攻)」と「ディフェンス(守)」の
2つから成り立っているのですが、
まずは「オフェンス」部分です。

毎月勝手にお金が振り込まれるロジック

なぜ、松山さんが、
翻訳の仕事をしている間にも、
何もすること無く、お金が振り込まれてしまうのか?

それは松山さんが、
毎月分配型の投資信託という案件に絞って、
お金を運用しているからです。

毎月分配型の投資信託とは、
どのような仕組の案件なのか?

具体的な案件を元にイメージしてみましょう。

たとえば、
実際に松山さんが今日時点で運用している、
「毎月分配型・年間利率21.83%」
という投資信託を例に挙げます。

仮にこの投資信託で、
200万円分 運用したとすると・・・

この場合、毎月配当平均は、
200万円×21.83%÷12ヶ月=3万6,383円

年間累計配当は、
200万円×21.83%=43万6,600円
になります。

500万円の運用で、
毎月配当平均9万958円。
年間累計109万1,500円。

1,000万円の運用で、
毎月配当平均18万1,917円。
年間累計218万3,000円。

2,000万円の運用で、
毎月配当平均36万3,833円。
年間累計436万6,000円。

5,000万円の運用で、
毎月配当平均90万9,583円。
年間累計1,091万5,000円。

1億円の運用で、
毎月配当平均181万9,167円。
年間累計2,183万円。

さらに、さらに、

・・・仮に僕が2012年5月に、
一撃でぶっ飛ばした、
1億7,000万円を運用していたとすると・・・。

毎月配当平均309万2,583円。
年間累計3,711万円1,000円。

こういう形で、
毎月口座にお金が
配当として振り込まれるのです。

まったくパソコンに接続できない、
世界一周の船の旅に出かけていたとしても・・・

働くことなく、寝てたり、遊んだりしていたとしても・・・

毎月毎月、配当金が振り込まれるのです。

毎月分配型の投資信託とは、
このような形で、

毎月しっかりとお金が配当として振り込まれる、
タイプの投資案件なのです。

松山さんが、
大好きな翻訳の仕事をしながらも、
「金利生活」を送れている秘密。

それは、

このように、
投資信託の配当が、
毎月、毎月、銀行口座に、
確実に振り込まれ続けているからです。

松山さんが趣味兼本業の翻訳の仕事をしている時も、

松山さんが遊んでいる時も、寝ている時も、

毎月分配型の投資案件は、
休むこと無く、
毎月松山さんに収入をもたらし続けるのです。

俗に言う「不労所得」というやつです。

ただし、
毎月分配型の投資信託は、
元本保証タイプの投資ではありません。

「詐欺案件」はありませんが、
基準価格が下回ることがあります。

そこで考えるのが、
一つの投資信託だけではなくて、
複数の投資信託への分散です。

沢山ある投資信託に分散する

仮に一つの投資信託だけに、
一極集中してしまうと・・・。

万が一・・・ということもあり得ます。

僕が2012年5月に、
1億7,000万円一撃でぶっ飛ばしてしまった時も、

本当の問題はその投資案件が
「詐欺案件」だったこと自体では無くて、

僕が適正な分散を
できていなかったことにあります。

「松山式」の場合は、
この分散の部分が合理的に考えられているのです。

たとえば、
もしもあの時に僕が「松山式」で、
毎月分配型案件に臨んでいたとしましょう。

今日現在松山さんは、
次に挙げる6種類の毎月分配型の投資信託で、
運用を行っています。

  • 毎月分配型A・年間利率21.67
  • 毎月分配型B・年間利率21.83%
  • 毎月分配型C・年間利率12.72%
  • 毎月分配型D・年間利率15.65%
  • 毎月分配型E・年間利率17.02%
  • 毎月分配型F・年間利率17.96%

まずは1億7,000万円を、
6つに分けると約2,833万円です。

2,833万円を、
6種類それぞれの毎月分配型投資信託で、
運用をしたとすると・・・。

  • 毎月分配型A・年間利率21.67
     →毎月配当平均:51万1,653円
      年間配当累計:613万9,833円
  • 毎月分配型B・年間利率21.83%
     →毎月配当平均:51万5,431円
      年間配当累計:618万5,167円
  • 毎月分配型C・年間利率12.72%
     →毎月配当平均:30万333円
      年間配当累計:360万4,000円
  • 毎月分配型D・年間利率15.65%
     →毎月配当平均:36万9,514円
      年間配当累計:443万4,167円
  • 毎月分配型E・年間利率17.02%
     →毎月配当平均:40万1,861円
      年間配当累計:482万2,333円
  • 毎月分配型F・年間利率17.96%
     →毎月配当平均:42万4,056円
      年間配当累計:508万8,667円
  •   

毎月分配型A-F合計:毎月配当平均:252万2,847円

このレベルのお金が、
日本の大手証券会社から、
毎月毎月振り込まれていたことになります。

不労所得として・・・。

そして・・・
1年間累計すると。。。

毎月分配型A-F合計:年間配当累計:3,027万4,167円

十分過ぎますね(苦笑)。

証券会社と案件を分散することで、
より大ゴケする確率が下がります。

リスクはあるとは言え、
「詐欺案件」ではないものから、
これだけ毎月の配当があれば・・・。

これだけ累計で年間達すれば、
十分すぎるのではないでしょうか?

まあ、飛ばしてしまった今となっては、
全ては皮算用でしかありませんが。。。(苦笑)

今日は、「松山式」のオフェンスの部分、
投資信託の運用部分について、
お話させて頂きました。

「毎月分配型投資信託」とは、
どのような類の案件なのか、
イメージできましたか?

明日は、「松山式」のディフェンス部分について、
お話させて頂きますね。

仲間たちに推奨できる安心な方法

このように、
松山さんが明かしてくれた手法。

「毎月分配型」案件のお話です。

海外に一歩も出ること無く、
日本の銀行と、日本の大手証券会社の口座のみを使って、
完結させることが可能な方法。

法人を設立しなくても、
仮に現役サラリーマンのまま
であったとしても、大丈夫です。

飛行機に乗って海外に出なくても、
日本に居たままで大丈夫です。

怪しいファンド会社やFX会社に、
お金を飛ばす覚悟で預けなくてもよい。

誰もが知っている、
日本国内の銀行と大手証券会社だけの取引で大丈夫です。

これなら、両親に話しても、
嫁さん(旦那さん)に話しても、
比較的簡単に理解してくれる方法ですね。

けれども、毎月インカムゲインが入る形の、
「金利生活」の仕組みを構築できてしまうのです。

当然リスクはつきものですが、
少なくても「詐欺案件」では無いことは確か。

その部分では安心して臨むことが可能です。

日本の銀行と
日本の大手証券会社を活用した方法。

年利ベースでは
年利12.72%-21.83%をターゲットに、

毎月毎月必ず訪れる配当を、
地道に獲得し続ける。

派手さはそれほどない、
そんな超・地道な運用方法です。

でも、海外投資とは異なり、
家族たちの安心感は勝ち取ることができるはずです。

そして、偶然にも、
「物販大富豪の戦略術」の中で、

物販大富豪が僕に直接訓えてくれた、
「神語録」の中にも出てくる、
「日掛け、月掛け、心がけ」の運用方法。

偶然にも、具体的な案件まで、
いくつかかぶっていたのです。

「経営者のための銀行融資e大学」を
展開している中での、

絶妙なタイミングでの松山さん降臨。

これは何かの運命でしょうか?

派手さは無い、
地味な方法ではありますが、
だからこそこれからの時代に適している方法です。

僕と同じ過ちをしてほしくないから・・・

僕と同じショックを経験してほしくないから・・・

そんな想いを込めて、
公開するに至った手法です。

元銀行マン松山式運用法を全て公開した、

東京某所、松山さんと僕の2人で行った、
公開ゼミナールをプロのカメラマンが収録した、
動画と音声を視聴して、

まずは着実な運用方法を、
身につけてもらいたいと思います。

【松山式で狙う年利12.72%-21.83%の月額配当】

→ http://bit.ly/1fHCYYv

                 真田孔明

         

追伸

僕個人的には、
松山さんが実際に運用をしている、

毎月配当型の投資信託リストも熱いと思います。

  • 毎月分配型・年間利率21.67
  • 毎月分配型・年間利率21.83%
  • 毎月分配型・年間利率12.72%
  • 毎月分配型・年間利率15.65%
  • 毎月分配型・年間利率17.02%
  • 毎月分配型・年間利率17.96%

(※公開ゼミ(動画・音声)受講者が全員入手できます。)

しかも、
現在進行形でドンドン情報が追加されています。

「物販大富豪の戦略術」で、
銀行から融資してもらった、
自由になるお金の一部を(全額は×)、

この手の毎月分配型の案件に分散しながら入れると、
かなり安定して来ますね。

銀行融資で獲得したお金は、
ビジネスで活用してはダメだとの
物販大富豪からの訓えもありますし。

このリストは色々なところで、
使えると思います。

そして、
今回の公開ゼミナールを機に、
集まった仲間たちと、

大手証券会社が運営している、
毎月分配型の投資信託の類を、

これからもディープに、
探求し合えるとよいですね!

松山さんの英語力を活かして、
海外の大手証券会社から買える、
投資信託も研究して行きます。

そのために、
facebookグループ上にて、
「毎月配当倶楽部」を設立。

毎月分配型の投資信託に集中する形で、
研究して行くのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】経営者のための銀行融資e大学の学び舎「非公開グループ」の裏側

経営者にとって、 こんな類の質問を出来る場所は他にあるのでしょうか? 非公開のfacebook秘密グループにアクセス。 書込み

【融】毎月配当型投資信託「松山式」金利生活の鉄則

元銀行マン、松山光が訓える 安心・安全な日本の銀行×日本の証券会社を活用して、 日本にいながら普通の投資信託で金利生活を謳歌す

【融】大多数の会社経営者が知らない上場させる本当のメリット

企業を上場させた社長さんたちに 入る情報というのは、 ものすごく大きくなる。 これはなぜか? 当然、お金がありそうだというがも

【融】経済学者マルクスもびっくり!めちゃくちゃ簡単な経済学

「経済成長」ってどういうこと? お金を創造することと、 経済成長って何かつながりがありそうですよね? 経済成長が起こる仕組み。



dept