借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】投資合同会社インフォビークルの本質を考えてみました

1

次の二人のプレイヤーがいた場合、投資活動に臨むにあたり、どちらのプレイヤーが「強い」のかを考えてみました。

  • 100億円の資産を持っている投資家
  • 一声で100億円のお金を集められる投資家

こと投資活動においては、後者の「一声で100億円のお金を集められる投資家」が、圧倒的に強い。

たとえ100億円の資産を持っていたとしても、その場合は大抵、すぐに動かせるお金ばかりではない。

一人一人はそれほど力が無くとも、投資家が集まり、投資案件に臨むお金を出し合える。

最終的に・・・一つの投資案件に、すぐに臨める合計金額が100億円になった場合、この100億円の方がダントツで強いことが分かりました。

「一声で100億円のお金を集められる投資家」を中心に、投資家がさらに集まり合計金額が100億円になる。

それを可能にする仕組こそが、「投資合同会社インフォビークル」の仕組なのだということを僕は知りました。

孔明:「100億円の資産を持っている投資家に、大逆転してしまう可能性を秘めた仕組ではないか!」

僕が「投資合同会社インフォビークル」の仕組に魅了されてしまった理由です。

この仕組みを僕自身が勉強して行く中で、日本の法律を勉強して行きました。

「じゃあ、合同会社に入ればいいんですね?」・・・と、適当な「合同会社」を作ったり、入ったりしても、その場合は大抵「単なる乗り物」にしか過ぎないことも分かりました。

法律の部分を完全なまでに攻略していない場合、それは「単なる乗り物」に過ぎません。

「単なる乗り物」投資案件に臨んでも、様々な日本の法的な縛りにより、レーザー光線で一瞬にして焼き尽くされてしまうのです。

そんな中、「単なる乗り物」を、日本の法律のレーザー光線の全てを作動させない、「魔法の乗り物」へと変えられる力を持っている人がました。

それが、僕が軍師業の中で師として仰ぐ「ドクター・サイ」。その人だったのです。

「魔法の乗り物」・・・「投資合同会社インフォビークル」。

これは、ドクター・サイが20年以上の金融・証券業界のコンサル経験の中で独自に開発した、日本初の仕組。

それに纏わる契約書一枚を例に取って挙げても、そこには何百という仕掛けが仕込まれていました。

金融庁の上層部や、金商法の策定にも関わっている一流弁護士とも交流の深いメンバーが中心となって、完璧なる「リーガルチェック」を行い練り上げた仕組です。

「投資合同会社インフォビークル」の本質は「乗り物」

「投資合同会社インフォビークル」の本質は「乗物」であるということを知りました。

「乗物」はそれを運転する人、乗る人、それぞれが共通の意志の下、到達すべき目的地に向かうことが出来て初めて、その持てる「力」を発揮できるもの。

長く困難な道程を、一人の脱落者も出さずに乗り切り、目的地に無事到達するためには、運転する人、乗る人・・・それぞれが、「運転手とお客さん」という関係では無く、「同じクルーである」という共通のマインドセットが、重要になります。

それは「投資合同会社」でも同じことでした。

「投資合同会社」の代表社員と、「投資合同会社」の社員になる社員たち。

「投資を作る側」と「お客様」という関係で臨むのではなく、「全員が投資を作る側」であるというマインドセットが必要になるわけです。

それぞれが統一の意識を胸に秘め、共通の見解の下、同じ目的地に向かえてこそ、初めてその「乗物」としての「力」を発揮する。

「投資合同会社」が別名、「インフォビークル」と呼ばれるのも、そのためだったのです。

様々な情報規制が敷かれている中で暮らす日本居住者の仲間たち、彼らと共に、この仕組成功させて行くためにも、非常に重要なことなのだと、僕は理解することができたのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】下位階層の運命に抗う「狼煙」と共に立ち上がりましょう!

つくづく思います。「情報格差社会」の下、僕たちが今、身につけなければならないのは本当の「力」なのだと。 「真実の情報」。勝ち上

【斬】稼ぐ系情報商材を熟読しても、巨億の富を築くことが無理な理由

2004年に副業ブロガーとしての活動を開始して以降。お金の情報の分野に本格的に参加することになった僕ですが、その間「インターネ

【斬】富裕層に成り上がった人たちが共通して発する言葉の真理はいかに?

僕が現役サラリーマン中に個人金融資産1億円を突破した時のことです。 当時は完全に現役サラリーマンの常識が世界の常識の僕でしたの

【斬】なぜ僕の所には「村上ファンド」から投資の勧誘が来なかったのか?

2006年末での運用資産額は4,444億円を超えた資金調達をしていた伝説のファンドがあった。 東京スタイル、ニッポン包装、日本



dept