借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】僕が3割安い不動産物件情報を一度も獲得できなかった理由

少し考えて見れば分かることでした。

僕のところに「本当に僕が求めている情報」などは入って来ないのだと。

たとえば、僕も日本に住んでいた頃。江東区の自宅マンション購入の他に、日本で日本の不動産投資をしていたことがありますが、僕にとって少しでも有利な不動産を探すために、駅前をくまなく歩いてみたり、情報誌をかき集めてみたり、いろいろと努力をしていました。

1

不動産屋に「安い不動産物件はありますか?」そんな馬鹿なことを聴いてしまったこともありました。

でも、これはお金を稼げるようになって、ビジネスの構造を理解してきた後で、さらには、海外での投資活動をする中で、不動産屋を営んでいる友人が増えたことで、分かったことですが。

そもそも、一介の現役サラリーマンに過ぎない僕のところに、本当の格安優良物件の情報などは絶対に来るわけがなかったのです。

理由は簡単でした。

格安優良物件の情報を取得できるのは、情報を発信する情報提供者である、不動産屋さんだけなのです。物件情報が不動産屋の店頭で僕のところに届く頃には、情報発信者である不動産屋に根こそぎ買われてしまうからです。

そして、僕たち個人投資家が店頭に訪れた時に、不動産屋さんが「市場適正価格」で僕たちに、「再販」してくれるのです。

2

後から聴いたところによれば、不動産屋さんの手元には市場適正価格よりも、4割、3割も安い不動産物件情報が入ったりもするようです。

でも、それを適正価格に戻して僕たちに再販するのが彼らのビジネスモデルです。

こういう不動産屋さんが「悪徳不動産屋」だと言っているわけではありません。不動産屋としての普通のビジネスモデルなのです。

ビジネス構造を考えた場合、当たり前と言えば当たり前のことだったのです。

本当に良い情報を得たければ、その情報を発信する側に回らないと駄目だと知ることができました。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】なぜ僕の所には「村上ファンド」から投資の勧誘が来なかったのか?

2006年末での運用資産額は4,444億円を超えた資金調達をしていた伝説のファンドがあった。 東京スタイル、ニッポン包装、日本

【斬】「We are the 99%!」空に向かって吠えるだけであなたは満足ですか?

「情報格差社会」・・・とはよく言われているものの、僕たちの周りに存在しているそれは、もはや「格差」どころの話ではないですね。

【斬】稼ぐ系情報商材を熟読しても、巨億の富を築くことが無理な理由

2004年に副業ブロガーとしての活動を開始して以降。お金の情報の分野に本格的に参加することになった僕ですが、その間「インターネ

【斬】リーマンショック後に流行。上場企業の売買が成り立つ理由

I.T.バブルの崩壊後、日本で流行したことがありました。 それは僕が「あの御方」と一緒にディナーを共にした、元I.T.バブル長



dept