借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】リーマンショック後に流行。上場企業の売買が成り立つ理由

1

I.T.バブルの崩壊後、日本で流行したことがありました。

それは僕が「あの御方」と一緒にディナーを共にした、元I.T.バブル長者たちが経営していたような・・・I.T.バブルによって上場した企業を、数億円とか、1億円以下の安い値段で売買されていたのです。

さらには、リーマンショック以降、一般人が上場企業を少ないお金で手に入れることが不可能ではなくなったのです。

I.T.バブルの波に乗って、何億、何十億規模の売上を作り、血の滲むような努力をして、何ヶ月も眠れないような上場直前期を過ごして、やっとの思いで上場させた。。。けれども、個人資産を残すどころか、億単位の借金までこしらえて散っていった彼ら。

そういう、天文学的確率で上場させた企業のオーナーというタイトルを、「ファンド」でたったの数千万円、数億円を集めて、あっさりと手に入れてしまうことができるようになったのです。

リーマンショック以降、一億円以下で買収できる上場企業は数十社以上あり、僕の投資仲間などは買収に向けて動いていました。

超苦労して作る会社とビジネス・・・これが「ファンド」をやっている人たちからしたら、余裕で手に入ってしまうということ。

そして、次月からでも、上場企業の社長や役員になることだってできてしまうということ。。。ここまで理解できた時に僕は、金融資本主義を勝ち抜くための秘訣の全貌を、しっかりと理解することができたのです。

そして・・・

  1. 山田さんの力で、会社の売上が、20億円、30億円・・・と上がって行った。
  2. 田中さんは、山田さんが会社を立ち上げる時に、1千万円を提供した。

どちらのお金が、より一層会社=ビジネスに、力を及ぼしたのか?20億円、30億円の売上か?1千万円の出資金か?

そして、ビジネスのオーナーと呼ばれるのは、山田さんと田中さんどちらなのか?

このお金の価値の違いについて、理解すると同時に、金融資本主義の中で、一番リスクが低く、楽して儲けられるのは誰なのか?

この答え・・・ビジネスオーナーと呼ばれるのは1千万円を提供した田中さんで。この1千万円の方が圧倒的に重く強いということも、腑に落ちる形で理解することができるようになれたのです。

売上などで上がる100億円よりも、資本としての1億円の方が、金融資本主義の世界では「100倍以上の価値を持つ」。

1億円の資本を出せる人>100億の売上を叩き出せる人

こういうパワーバランスが働いてしまうということが分かったのです。。。これが理解できた時・・・僕は、、、どうやったら「儲かる本当の情報」を獲得できるのか?そのヒントが見えて来ました。

そして・・・「当然時間は要するが、僕もこの人生の中で、あの大富豪の仲間入りをすることができるのではないか??」

そう、おぼろげながらに思えるようになれたのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】投資合同会社インフォビークルの本質を考えてみました

次の二人のプレイヤーがいた場合、投資活動に臨むにあたり、どちらのプレイヤーが「強い」のかを考えてみました。 100億円の資産を

【斬】本当に儲かる話を獲得できるのは誰?金融資本主義の情報勝者

本当に儲かる話はあるのかどうか?本当に儲かる情報を僕は受信することはできるのか? 僕が投資の世界を追求して行く中で、この探求を

【斬】稼ぐ系情報商材を熟読しても、巨億の富を築くことが無理な理由

2004年に副業ブロガーとしての活動を開始して以降。お金の情報の分野に本格的に参加することになった僕ですが、その間「インターネ

【斬】「We are the 99%!」空に向かって吠えるだけであなたは満足ですか?

「情報格差社会」・・・とはよく言われているものの、僕たちの周りに存在しているそれは、もはや「格差」どころの話ではないですね。



dept