借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】「海外生命保険」自分と家族の将来を守る研究その①

僕の場合2003年から、ずっと海外に居住しているので、日本国内の生命保険に入っていません。まあ、あまりにも利回りが悪いので、実際に日本に住んでいたとしても、日本の保険には入っていまないと思いますが。。。

場所を海外に移すだけで、魅力的な生命保険が沢山あることに気付きます。

ただし、海外となったときに、あまりにも無尽蔵に種類があり過ぎて、海の物とも山の物ともつかぬ状態。

そこで海外とI.T.を計略的に活用するためのブログとして、海外での富裕層の人脈を駆使して、彼らが実際にどんな生命保険に入っているのか?研究を続けています。

今回、調査結果をレポートすることにしました。

insurance01

プライベートバンカーから紹介された保険

日本に住んでいると海外で販売されている保険の情報を聞いたこともない、という方が多いのではと思います。

日本では、保険業法によって、支店などを設け、免許を受けない外国保険業者は、 募集や契約を行うことができないようになっています。

この法律によって、日本居住者は、加入の可否にかかわらず、海外の保険商品の情報そのものを、日本国内では得ることができなくなってしまっているのです。

また自分の生命保険に加入する時に1億円の死亡保障金額欄の確認してみて毎月の保険料の高さに驚いた経験があると思います。

今回の重要なキーワードは「高額の死亡保障」です。

プライベートバンカーが、数億~数十億円のお金を預かっている自分の顧客向けに提供しているサービスとは?

こういう所も含めて、情報公開していきます。

たとえば、数億円の死亡保障の保険に入ることは、海外では比較的多くの人が検討するものですが、日本国内ではそうではありません。

日本で「数億円の死亡保障」に加入したら、毎月とんでもない金額の、保険金を支払い続けなければならないからです。

たとえば2億円の死亡保障のある保険に加入するとします。

実際に日本の保険会社に見積もりを依頼頂くと分かりますが、その際に出た見積もりが、40歳男性のケースで、死亡保障2億円当たり1億2,000万円の払い込みが必要になります。

1億2,000万円の現金を一括で用意することは容易ではありません。

ところが、海外に場所を移すとどうでしょうか?

死亡保障2億円あたりの、保険料の払い込みが4,400万円まで下がります。

さらに、プライベートバンクの特別な仕組みを活用することによって、1,500万円まで下げることができてしまうのです。

すなわち、1,500万円の払い込みで、家族や大切な人に億単位の保障を遺すことができるようになるのです。

自分自身のため、家族など大切な人のため、こういうスキームをきちんと理解し、将来的に、活用できるようになりたいですね。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】「海外生命保険」自分と家族のみらいを守る研究その④

僕の場合2003年から、ずっと海外に居住しているので、日本国内の生命保険に入っていません。まあ、あまりにも利回りが悪いので、実

【斬】「海外生命保険」自分と家族の将来を守る研究その②

僕の場合2003年から、ずっと海外に居住しているので、日本国内の生命保険に入っていません。まあ、あまりにも利回りが悪いので、実

【斬】「海外生命保険」自分と家族の将来を守る研究その⑤

僕の場合2003年から、ずっと海外に居住しているので、日本国内の生命保険に入っていません。まあ、あまりにも利回りが悪いので、実

【斬】「海外生命保険」自分と家族のみらいを守る研究その⑥

僕の場合2003年から、ずっと海外に居住しているので、日本国内の生命保険に入っていません。まあ、あまりにも利回りが悪いので、実



dept